株式会社テレビ朝日のロゴ写真

株式会社テレビ朝日

  • 3.7
  • 口コミ投稿数(145件)
  • ES・体験記(68件)

テレビ朝日の本選考TOP

テレビ朝日の本選考

本選考体験記(11件)

20卒 5次選考

総合職
20卒 | 大阪大学 | 男性
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. A. テレビ朝日に入社したいという思いだけでなく、自分がテレビ朝日で何をしたいのか、何ができるのかを伝えることが大事だと思います。また、その際にキー各局の特色は自分なりの考えをしっかりもっておくことが大事だと思います。ネットの普及により人々の時間の使い方が多様化し、相対...

19卒 2次面接

総合職
19卒 | 國學院大學 | 男性
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. A.
一番意識したことは他のキー局との違いです。テレビ朝日の特徴や強みを知るところから始めました。就活サイトなどにも違いなどは多少載っていますが、意外といいなと思ったのが普通の視聴者が見るような各テレビ局の違いをまとめたサイトです。アナウンサーの起用法だったり、他のライバル局と違ったジャンルのテレビ番組をこの時間帯に放送しているといったちょっとした情報が載っています。個人的にテレビ朝日はMCの起用法が特徴的だなと思っていたので、こういう情報が面接などで小ネタとして使えたので、こういうサイトを見るのも対策としては面白いと思います。あとは、マスコミ系専門の就活本が売られているので、マスコミ系を受ける学生はマストで買ったほうがいいと思います。テレビ朝日で過去に聞かれた質問なども載っていました。 続きを読む

18卒 2次選考

総合職
18卒 | 早稲田大学 | 男性
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. A.
企業の新卒採用ホームページを熟読し、テレビ局の業務への理解を高めました。説明会や採用イベントに参加し、内定者から具体的な選考の流れや、面接内容を聞き把握しました。テレビ局でのアルバイトも経験し、実際の業務を間近で見ることで、少しでも現実と想像のギャップを埋めるようにしました。テレビ番組をひたすら見て、各局ごとにどういったジャンルに力を入れていて、強みはどんなところにあるのかを研究しました。視聴者目線だけでなく、ここはもっとこうしたらいいのではないかなど、制作者だったらどう考えるか想像して実際に考えをまとめたりもしました。また、OB訪問で実際の業務での苦労ややりがいを聞いておけば良かったなとも思います。 続きを読む

直近の本選考の選考フロー

志望動機

20卒 志望動機

職種: 総合職
20卒 | 大阪大学 | 男性
Q. テレビ朝日を志望する理由を教えてください。
A. A. 人の心を動かし、人を繋ぐようなコンテンツ制作や開発に挑戦したいからです。 中でも、大勢の人が同時に盛り上がる最大のコンテンツはスポーツだと考えています。 2020年の東京五輪では、追加種目であるサーフィン、スケートボードなどをはじめ、あらゆる競技に注目が集まる...

19卒 志望動機

職種: 総合職
19卒 | 國學院大學 | 男性
Q. テレビ朝日を志望する理由を教えてください。
A. A.
志望動機は二つあります。まず一つは翌週の放送が楽しみになるバラエティー番組を作りたいからです。ただ見て「面白かった」だけではなく、見た後に余韻が残り、つい思い出し笑いをするくらい心に響き、笑えるバラエティー番組を作りたいです。翌週の放送を糧に一週間を頑張ろうとする人を一人でも多くつくることを目指します。実際、私自身も翌週の放送を糧にして、困難な1週間を乗り切ろうと気持ちを起こさせてくれたことが何回もあるので、今度は作り手側に回り、そんな人を一人でも増やしたいです。そしてもう一つは、コアなファンが楽しめるスポーツ番組を作りたいからです。私はヨーロッパサッカーが好きなのですが、これを専門に扱う地上波番組がないので、前から不満に思っていました。ヨーロッパサッカーに限らず、MLBやテニスなど世界的に人気にも関わらず、それを専門に扱う地上波番組がないのは非常にもったいないと感じています。なのでコアなファンでも楽しめるスポーツ番組を作りたいです。 続きを読む

18卒 志望動機

職種: 総合職
18卒 | 早稲田大学 | 男性
Q. テレビ朝日を志望する理由を教えてください。
A. A.
宣伝部で番組のおもしろさを伝えたいと考えています。「しくじり先生・関ジャム・フリースタイルダンジョン」など、様々なジャンルのおもしろい番組が御社には揃っていて魅力的です。すでに存在している番組のおもしろさをもっと多くの人へ広め、御社の番組が1番おもしろいということを人々に伝えていきたい。そのために、SNSなどのWEB媒体によるアプローチに加えて、メディア媒体に番組の情報を掲載してもらったり、出演者に番宣をしてもらったりするパブリシティによって魅力を発信していきたいと考えています。番組のおもしろさが伝わり、視聴率も上がることで、スポンサーにも貢献でき、また新たに番組をおもしろくするための資金が増えるという好循環を回し、テレビを盛り上げたいです。 続きを読む

16卒 志望動機

技術職
16卒 | 早稲田大学 |
Q. テレビ朝日を志望する理由を教えてください。
A. A.
私は小さい頃、時代劇を好んで見ていました。これは祖父が時代劇を見ながら私に話しかけてくれ、番組の良さや祖父の考え方を感じ取れた経験があったからです。私は御社で一家団欒の中にあるテレビの存在を受け継ぎたいと考えます。特にドラマ作りに携わり、カメラワークにこだわりを持つことで、独特の存在感を放つ描写を行うことで、僕の時代劇のような、長い間心の片隅に生きるメッセージ性の強いドラマを作ります。 続きを読む

エントリーシート

21卒 本選考ES

総合職
21卒 | 早稲田大学 | 女性
Q. 入社して実現したいこと
A. A. 「1日1テレビ」を実現させたい。毎日、どんな番組でも、わずか数分でも、とりあえずテレビをつけてしまう、そんな風に生活の中にテレビがあることが当たり前になるような社会を目指したい。貴社の番組には人気で質の高い様々なコンテンツがあるが、現代の人々にとって、そもそもテレ...

21卒 本選考ES

映像・インターネット技術部門
21卒 | 慶應義塾大学大学院 | 男性
Q. テレビ朝日に入社して実現したいことを具体的に書いてください。 〔300字以内〕
A. A. 私は、送出や回線の仕事に携わることで、テレビ朝日の番組を確実に視聴者に届けるための役割を果たしたいです。4K・8K放送や、ハイブリッドキャストといった新たな放送規格・技術にも対応し、放送価値を高めるための技術スタッフの基盤として、大きな責任を持つ仕事を任されたいと...

21卒 本選考ES

総合職
21卒 | 中央大学 | 男性
Q. テレビ朝日に入社して実現したいことを具体的に書いてください。
A. A. 私はテレビ朝日に入社し、世界に笑顔を届けるという私の人生の目標を貴社と共に実現したいと考えます。私は幼少期より人々を笑顔にすることが好きでした。また、笑わされることも好きでした。このような自分を形作った原体験としてテレビを通した映像体験があり、そして現在に至るまで...

19卒 本選考ES

総合職
19卒 | 國學院大學 | 男性
Q. 入社してやりたいこと
A. A.
ヨーロッパの主要リーグにスポットを当てたサッカー専門番組の制作をしたいです。主に週末に行われた主要リーグの試合をダイジェスト形式で毎週レギュラー放送する内容です。 現在の地上波には欧州サッカーリーグ専門の番組は無く、ファンがお金をかけずに情報を得るには、インターネットに頼るしかありません。 よりレベルの高いサッカーを紹介し、サッカーに興味をもってもらうことができ、貴局の強みである日本代表の試合の視聴率アップにも繋がると思います。貴局は日本サッカーのイメージは強いので、さらに欧州サッカーのイメージも浸透させることが出来れば、サッカー分野では貴局の右に出る局はないと思います。 続きを読む

19卒 本選考ES

総合職
19卒 | 立命館大学 | 男性
Q. テレビ朝日に入社して実現したいことを具体的に書いてください。 (300文字以内)
A. A.
若者向けの流行やファッションを発信するバラエティを作りたい。司会者にお笑い芸人を起用し、コメンテーターは今話題の10代から20代の若者タレントと大御所といわれる幅広い年齢層を用意する。若者だけに通用する言葉の文化や昔と今の服装の違いなどに対してスタジオで議論する。貴社は他キー局と比べてトップの視聴率を誇っているため、スケールの大きな番組制作を行うことができる。それに伴う世間への影響力も強いため、現代の若者のマナーや常識を見直す機会を若手のうちに作りたい。 続きを読む

グループディスカッション

卒業年度
人数
時間
テーマ
 
2020卒
6人
20分
消費税の名称を変更するなら何にするか。論破せよ。
詳細

面接

  • 1次面接
  • 2次面接

20卒 1次面接

総合職
20卒 | 大阪大学 | 男性
Q. 好きなテレビ番組はありますか。
A. A. TBSテレビ「SASUKE」です。私が思うSASUKEの醍醐味は熱い人間ドラマです。SASUKEオールスターズをはじめ、様々な肩書きを持った出場者たちが己の限界に挑む姿、またその挑戦が一発勝負であることで生み出される大きな臨場感。その中で出場者たちが視聴者の想像を...

19卒 1次面接

総合職
19卒 | 國學院大學 | 男性
Q. 自己PRをしてください。
A. A.
私の強みは向上心です。何事も高みを目指して取り組みます。大学二年生の時に、eco検定という環境問題に関する検定を受ける機会があったのですが、試験まで一ヶ月半程しかない中、何事も高みを目指す癖があるが故、本番では9割以上の点数で合格することを目標にしまして、試験を受けることを決意しました。一カ月半という短い時間で、さらに大学の授業やアルバイトもあり、勉強時間を確保するのは簡単ではなかったのですが、試験を受けるときに決意した9割以上をとるという目標が私を突き動かし、最後まで諦めることなく、隙間時間を見つけては勉強して、無事本番で90点をとれて合格できました。このような経験からも、向上心は私の強みであると思っています。御社に入社してからも、この強みを活かし、番組制作においてよりクオリティの高い番組作りができるよう貢献したいと思っています。 続きを読む

18卒 1次面接

総合職
18卒 | 早稲田大学 | 男性
Q. どうして弊社を志望するのですか。
A. A.
御社の取り組みがとりわけユニークだと感じています。おもしろい番組が多いことは当然ですが、ドキュメンタリーとバラエティを掛け合わせたしくじり先生は、非常に画期的でおもしろいです。人には話したくないような失敗談やトラウマを、ゲストに話してもらいそれをうまく笑いにつなげる。教科書に見立てた台本のできが良くないと不可能だと思います。また、サイバーエージェントと共同で立ち上げたAbemaTVが御社を志望する最大の理由です。「これからはネットでの映像視聴がメインになる時代が来る」。そう確信して真っ先にそこに力をいれ、成功もしている御社で、テレビを盛り上げるためにどんどん新しいことに挑戦したいと強く思えました。 続きを読む