第一三共株式会社のロゴ写真

第一三共株式会社

  • 4.2
  • 口コミ投稿数(307件)
  • ES・体験記(42件)

第一三共のインターンTOP

第一三共のインターン

インターンの評価

評点をもっと見る
総合評価
5.0
選考難易度
active
inactive
inactive
inactive
inactive
1.0
業界理解
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
会社理解
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
メンターのコミット
inactive
active
inactive
inactive
inactive
2.0
自己成長
inactive
active
inactive
inactive
inactive
2.0
内定直結度
active
inactive
inactive
inactive
inactive
1.0
学生のレベル
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
テーマの面白さ
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
総合評価
5.0
選考難易度
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.3
業界理解
inactive
inactive
inactive
inactive
active
4.5
会社理解
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
メンターのコミット
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.3
自己成長
inactive
inactive
inactive
inactive
active
4.8
内定直結度
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
学生のレベル
inactive
inactive
inactive
inactive
active
4.5
テーマの面白さ
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.8

インターンの内容(9件)

19卒 冬インターン

2018年2月開催 / 3日 / MR職文理
19卒 | 獨協大学 | 男性
第一三共のMRについて知る

グループに分かれてのディスカッションと会社説明会のようなもの。時間がとても長いので気になる点がある際には、その都度質問する機会が与えられていた。積極的な学生が多い印象。第一三共のMRの特徴についてとの説明会と実際に新入社員研修で行う研修を行った。そのあとはMR体験を行い若手のMRを医師に見立てて実際にMRの情報提供を行った。また最終日のプレゼンの個人練習の時間が設けられた。二日目の夜からほぼ眠らずにプレゼンの練習をしている学生がほとんどだった。この日はプレゼン大会のみで、グループ内で一位を決め、決勝リーグを行い優勝者を決めた。プレゼン能力に長けている学生が多くいた。

19卒 冬インターン

2018年1月開催 / 3日 / MR
19卒 | 上智大学 | 女性
製薬業界、MR職、第一三共についての理解、第一三共の製品を新規採用させるためのプレゼンを考える。

製薬業界の理解について、MR職、第一三共についての理解、研修育成制度について。基本的に会社の説明が多く、会社説明会のような感じだった。質疑応答の時間もたくさんあった。選ばれるMRのひとつの要素である聴く力について理解し、その要素を受講する。プレゼンの内容を説明され、グループごとで意見を出し合いながら考えることをした。その作業がメインだった。朝からグループにわかれてプレゼンテーションを行った。そのなかで一位になった人達がみんなの前で発表し、優勝者を決めた。そのあと、社員の方のお話をグループにわかれて聞いた。

インターンに参加してみて

この企業に対する志望度は上がりましたか?

  • はい
  • いいえ
はい
20卒 / 京都大学大学院 /
冬 / 1日 / バイオ人材

最初の会社説明で、第一三共のパイプラインの多さや将来性の高さを強く実感することができたから。また、本インターンシップを開催するほか、新技術であるバイオ医薬...

いいえ
19卒 / 獨協大学 /
冬 / 3日 / MR職文理

NO1の評価がある企業であり志の高い人が非常に多くがつがつしている印象を受けた。また、インターンに参加していた学生も非常にその傾向が強く自分は一緒に働くこ...

いいえ
19卒 / 上智大学 /
冬 / 3日 / MR

転勤がおおいということで女性としてはそこがマイナスポイントだった。やりがいのある仕事である分、大変なことや精神的につらいことが多いと感じ、志望度が下がった...

はい
19卒 / 名古屋市立大学 /
冬 / 3日 / 臨床開発職

人事の方の、1人1人の学生にしっかりと向き合おうという姿勢をひしひしと感じたため。また、企業であるため、常に利益を考えることは前提だが、その中でも社員の方...

はい
19卒 / 東京薬科大学 /
冬 / 3日 / MR職

社員さんはとても穏やかで優しい人が多く、好感を持てたため。現役のMRはもちろん、人事の方々も素敵な人が多かった。加えて、仕事に対しての熱意や成長意欲はとて...

閉じる もっと見る

インターンへの参加が本選考に有利になると思いましたか?

  • はい
  • いいえ
はい
19卒 / 獨協大学 /
冬 / 3日 / MR職文理

インターン参加者のみのセミナーが用意されている。インターンで評価が良い学生はES通過の後に面談などがあった模様。また、面接の回数も減らされていたのでインタ...

いいえ
20卒 / 京都大学大学院 /
冬 / 1日 / バイオ人材

特に特別選考ルートに招待されるわけでもなく、また、本選考で何かが免除されるようなこともなかったから。懇親会で人事と話す時間は多いに用意されているので、顔見...

はい
19卒 / 上智大学 /
冬 / 3日 / MR

人事の方と仲良くなり、かおを覚えて頂いたので有利になると思う。また、入社2年目のかたもそのようなことをいっていたので確信した。それでも全員通るわけではない...

いいえ
19卒 / 名古屋市立大学 /
冬 / 3日 / 臨床開発職

正直、有利となるかは分からない。優遇選考や早期選考はないはずである。しかしながら、人事の方に顔と名前を憶えていただけることは事実であり、その点では有利に働...

はい
19卒 / 東京薬科大学 /
冬 / 3日 / MR職

MRと関われるセミナーはインターンシップ生限定であった。しかし参加するためにはES、Webテストを通過しなければならずそれが通れば十分有利であると思う。選...

閉じる もっと見る

参加後の就職にどう影響したか

20卒 / 京都大学大学院 /
冬 / 1日 / バイオ人材
参加前
インターン参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい。

製薬業界や医療機器メーカーを中心に、ヘルスケア事業に取り組んでいる会社を中心に見ていた。また、健康食品事業に取り組んでいる食品メーカーや、ヘルスケアアプリ...

参加後
インターンへの参加がその後の就職活動へどう影響しましたか?

バイオ医薬品についてしっかりと理解することができ、バイオ医薬品を取り扱っている製薬企業に着目するきっかけになった。また、第一三共についても非常に将来性が高...

19卒 / 獨協大学 /
冬 / 3日 / MR職文理
参加前
インターン参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい。

製薬業界一本で考えており、第一三共、武田、アステラス、大塚製薬や外資のアストラゼネカ、ファイザーなどの企業を中心に見ていた。業界の中でもTOPレベルの企業...

参加後
インターンへの参加がその後の就職活動へどう影響しましたか?

実際に製薬企業1本で考えていたが、インターンに参加しMR職が医療に対して貢献できる点の少なさや、がつがつした雰囲気が自分には合わないのでないかと考えるよう...

19卒 / 上智大学 /
冬 / 3日 / MR
参加前
インターン参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい。

志望業界、いきたい会社が全くなかったので、知っている会社をかたっぱしから受けることにした。製薬業界は祖母が詳しかったのでそこから受けてみようかなと思った。...

参加後
インターンへの参加がその後の就職活動へどう影響しましたか?

製薬業界、第一三共の会社の雰囲気はとても良いと感じた。ただ、給料が良い分、残業も多いとうことを社員のかたから聞いた。また、転勤がおおいということで女性とし...

19卒 / 名古屋市立大学 /
冬 / 3日 / 臨床開発職
参加前
インターン参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい。

インターンシップ参加前は、製薬企業のMR職・開発職・研究職やCRO業界を考えていた。人とコミュニケーションをとることが好きであることと、製薬企業の開発職は...

参加後
インターンへの参加がその後の就職活動へどう影響しましたか?

今回のインターンシップに参加して、製薬企業の臨床開発職への志望度が急激に上昇した。想像以上に重要な職種であることなど、多くの魅力を知ることができたため、難...

閉じる もっと見る

インターン当日の感想

参加して学んだこと

20卒 / 京都大学大学院 /
冬 / 1日 / バイオ人材

バイオ医薬品についての詳細な理解を講義によってしっかりと理解することができて良かった。また、医薬品を製造するにも、第一三共だけで業務を行うのではなく、多く...

19卒 / 獨協大学 /
冬 / 3日 / MR職文理

MR職について深く学ぶことができたこと。NO1の評価を得ている企業の指針について学ぶことができたのはよかった。また、文系の大学のため周りにMR職を志望する...

19卒 / 上智大学 /
冬 / 3日 / MR

MRの仕事についてとても詳しくなった。また、他の企業のMRと第一三共の何が違うのかが分かったので本選考の面接で有利になる情報がたくさん得られた。また、プレ...

19卒 / 名古屋市立大学 /
冬 / 3日 / 臨床開発職

より詳しい第一三共の情報を得られたこと。上記の設問にも記載したが、おそらく本選考時の説明会よりも詳しい説明を受けられた。また、社員の方々がどのような思いを...

閉じる もっと見る

参加して大変だったこと

20卒 / 京都大学大学院 /
冬 / 1日 / バイオ人材

今回は第一三共のほかにグループ会社2社が来ていたが、3社が業務をどのように分担しているのかを理解するのが大変だった。各会社の説明は先輩社員の業務内容が中心...

19卒 / 獨協大学 /
冬 / 3日 / MR職文理

インターンシップの初日からピリピリした雰囲気が常に流れており、合宿型のため食事中も気が抜けなく精神的につかれた。また、学生が他の学生に対してライバル視し過...

19卒 / 上智大学 /
冬 / 3日 / MR

最終日の発表に向けて案が何度も白紙になり夜遅くまで班で残って作業しているときは正直はやく終わって欲しいと思った。体力的にも厳しいし、半日でプレゼンテーショ...

19卒 / 名古屋市立大学 /
冬 / 3日 / 臨床開発職

グループワーク前にしっかりと講義は受け、必要な知識はインプットしたが、治験の計画立案(かなりの誘導があったが)は誰もやったことがなかったため、方向性の議論...

閉じる もっと見る

印象的なフィードバック

20卒 / 京都大学大学院 /
冬 / 1日 / バイオ人材

バイオ系の人材を非常に求めているということを強く訴えかけられた。現在、薬の形態はバイオ医薬品が主流となってきており、そのため非常にバイオ系の人材がほしいと...

19卒 / 獨協大学 /
冬 / 3日 / MR職文理

時間にこだわるということである。グループディスカッション、プレゼンにしても与えられた時間の中で高いパフォーマンスが求められるので時間を分割して捉えて作業を...

19卒 / 上智大学 /
冬 / 3日 / MR

MRは相手の期待を超えることが大切だということ。相手も分からない求めていることを奥から引っ張りだして気付かせてあげることをしたときにやりがいを感じることが...

19卒 / 名古屋市立大学 /
冬 / 3日 / 臨床開発職

ワークの中で「もっとリーダーシップをとれたのではないか」というご指摘をいただいたこと。自分が遠慮してしまっていた部分を見事に言い当てられたため、素直に反省...

閉じる もっと見る

選考対策

直近のインターン選考フロー

インターンES

20卒 インターンES

開発職
20卒 | 大阪大学大学院 | 女性
Q. 当社・開発職インターンシップに参加を希望する理由・目的をご記入ください。300文字以下
A. 私は貴社のインターンシップを通して開発職の業務を深く理解したいと考えています。私は薬学部時代の授業において、医薬品の学術的基礎知識、新薬開発までのプロセスや現代を取り巻く医療問題について学んできました。その中で新薬の承認・上市には多段階のフェーズで主要項目の達成が必要であること、開発職がその重要な役割を担っていることを学び興味を抱きました。また、数ある職種の中でも実際に新薬の誕生に立ち会うこ...

20卒 インターンES

MR
20卒 | 明治大学 | 男性
Q. 志望理由
A. 理由は3つあります。1つ目は専門性が高く、それに見合った成果が得られるMRに魅力を感じたからです。2つ目は、私は粘り強い性格であるため医療従事者を相手に粘り強く交渉するMRに適性があると考えたからです。3つ目は製薬という業種に将来性を感じたからです。医療従事者に専門的知識を元に製品を提供し、無数の病気を治す手助けができるMRは今後一層需要が増すと考えました。中でも業界大手で今後需要が増すであ...

インターン面接

19卒 冬インターン 最終面接

2018年2月開催 / 3日 / MR職文理
19卒 | 獨協大学 | 男性
Q. MR職に対するイメージを教えてください
A. 医薬品の情報提供を行う職業であり、MR認定試験などが課されるなど高い専門知識が必要な職業であると感じています。また、製薬企業の営業という側面も兼ね備えているため、コミュニケーション能力、そして数字に対してシビアに考えて追及することが求めらえる職業だと感じています。また、医師の先にいる患者さんのことを常に思いやる優しさも必要な仕事であると考えます。

19卒 冬インターン 最終面接

2018年1月開催 / 3日 / MR
19卒 | 上智大学 | 女性
Q. 学生時代一番力を入れて取り組んだことを教えてください。
A. 学生時代に力を注いだことは集団塾講師のアルバイトです。塾講師を始めたばかりの頃は自分が理解している情報をいかに子供に上手く伝えるかということや、子供との距離の縮め方が分からず苦労しました。しかし、先輩方のアドバイスや指導方法を基に自分なりの試行錯誤を行うことで、上手な指導方法や子供との距離の縮め方が分かるようになり、現在では集団指導も任せていただくまでになりました。また、授業の指導力の向上の...

19卒 冬インターン 最終面接

2018年1月開催 / 3日 / 臨床開発職
19卒 | 名古屋市立大学 | 男性
Q. なぜ第一三共のインターンシップなのか。
A. 抗がん剤の開発職に興味があるため。第一三共は、「がんに強みを持つ」というコンセプトを掲げている。私は将来「画期的な抗がん剤の開発」を通して世界中の患者さんを救いたいという強い思いがあるため、抗がん剤のパイプラインが豊富であり、抗がん剤の開発に関われる可能性が高い第一三共の開発職を志望しており、その実態を知るためにインターンシップに応募しました。