大成建設株式会社のロゴ写真

大成建設株式会社

  • 3.0
  • 口コミ投稿数(561件)
  • ES・体験記(57件)

大成建設の本選考のエントリーシート

本選考の通過エントリーシート

25件中1〜20件表示
男性 21卒 | 北海道大学 | 女性
Q. 長所短所
A. A. 長所は、幅広い年代の方と話が弾むことです。放送局のアルバイトでは、二十代から八十代の方に街頭で声をかけてクイズコーナーの参加者を募集しています。初対面の方でも、お話が弾むと出演してくれることが多く、コミュニケーションに自信があります。短所は細かいことが心配になり、...
Q. 関心があること
A. A. 私は海外旅行や海外の文化に興味があります。大学時代、四か国を旅行したり、交換留学生の学習支援活動に携わり、五か国の友人を作りました。彼らからは、日本にいては当たり前だと感じていたことを考え直すきっかけや、新たな柔軟な考え方を学びました。
男性 21卒 | 関西大学 | 男性
Q. ・長所短所
A. A. 私の性格が最もわかるその例が、高校時代の水球部での経験です。競技性に魅せられ、熱中した私は、3年間毎日朝1時間、夜1時間半の自主練習を繰り返しました。チームで近畿大会4位や個人としても兵庫県代表選手とされ活躍しました。しかし、学力の面で、学内320人中311位とい...
Q. ・関心がある事
A. A. 災害などの緊急事態が起こった場合の行政行為に関心があります。東日本大震災を始めとする自然災害が、度々起こるこの日本において、行政はどの様な行動を取る事が被害を抑える事に繋がるのを知りたいと思ったからです。その為に、日本や海外の災害に対する行政対応の行動を分類し、そ...
Q. ・学生時代の重要なニュース
A. A. ・75年前と今の差を感じ、見つめ直した活動。 ・福島県が第2の故郷になるまで寄り添った1年間。 ・必死に教えた生徒が大学の後輩となる。
Q. 細かく話す ・1
A. A. 私は大学生活を通じて、戦没者遺骨収集活動に取り組んでいる。中学生の頃から、祖父の影響から、戦争や平和に関心があった私は、テレビで見た遺骨収集に参加したいと考えた。 その活動中、頭蓋骨に銃創があり壕に倒れた姿のご遺骨のそばに校章を見つけた。「私と同じ学生だ」そう気...
Q. ・就職の軸
A. A. 私は、人が当たり前を体感できる空間を作りたいと考えています。大学生活で被災地に多く接し、当たり前の『対極』を多く見ました。被災者の方にお話を伺ってみると、口々に仰られたのは、「普通に過ごしたい」という言葉でした。この経験により、自分が今過ごす空間が普通で当たり前を...
Q. やりたい仕事 成し遂げたい事
A. A. 私は、現場事務をしたいと考えています。 理由は①私の目標である当たり前を創る場の最前線に位置している。②様々な価値観や性格を持つ人と関わりながら、竣工した時の喜びを共有できる。という2点です。 多数の人達と関わる事になる現場では信頼関係を築く事や、沢山の知識を...
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 21卒 | 東洋大学 | 男性
Q. 志望理由・身に付けたいこと 400文字以下
A. A. 「スーパーゼネコン」と呼ばれる貴社の業務内容と、果たしている役割を知りたいと思っています。また、建築業界の知識を深めたいと考えています。なぜなら建築業界に勤めている父から、どれほどゼネコンが街を支えているかを聞き、より深く建築業界について知りたいと思ったためです。...

21卒 本選考ES

技術系総合職
男性 21卒 | 九州大学大学院 | 男性
Q. 学生生活を通じて最も力を入れたことを1つあげ、具体的な行動とその成果について述べて下さい。(最大800文字)
A. A. 私の学生生活を通じて最も力を入れたことは、4年次の最初に行われる研究室配属の事前調整を自主的に行ったことです。このことを通じて調整力、リーダーシップが自分にあることに気付きました。この研究室配属は毎年、それぞれの利害があり2,3時間ほどもめると聞いていました。最初...
Q. あなたの夢と、その夢を大成建設でどのように実現していきたいと考えているか述べて下さい。
A. A. 私の夢は東京の慢性的な渋滞を無くすことです。そのために現在検討されていることに大深度地下利用法による東京外郭環状道路の建設に関わりたいと思っています。  東京の渋滞は東京に用事が無く通過するだけの交通いわゆる通過交通が原因の一つとして挙げられています。その通過交...

21卒 本選考ES

事務系総合職
男性 21卒 | 早稲田大学 | 男性
Q. 長所・短所200字
A. A. 長所は、目標を持って挑戦ができるところです。8年間続けた軟式野球ではスタメン入りや全国大会優勝を目指し、自転車では全国を走りつくすことやフランスの大会を完走することを目標にしてきました。 短所は、人前で緊張するところです。これにより、ぎこちない発表になることが多...
Q. 好きなこと、関心のあることを自由に述べる200字
A. A. 私は自転車が大好きです。旅やサイクリングで皆と楽しむこともできれば、一人でも大会を目指すといった様々な遊び方があり、食や観光等とのシナジーもあることから楽しみ方や遊び方が無限大です。その中でも最も関心のあることは、ジャパニーズオデッセイという14日間で約2400k...
Q. 学生時代の中で重大ニュース3つ
A. A. (1)自転車旅で友達が肺炎になってしまった (2)3年間で自転車を30000km漕いだ (3)高校生の頃から憧れ続けてきた、4年に1回フランスで開催されるPBP(パリブレストパリ)という1200kmを90時間以内に自転車で走破する過酷なロングライドを完走した
Q. 重大ニュースの内、一つについて述べてください500字
A. A. 自転車旅サークルにおいて、一年次、旅の行程を計画し実行する企画者として5人で鹿児島を目指して旅に出ました。しかし、落車による怪我や体調不良が原因で5人中2人の離脱者を出してしまいました。体調不良による離脱は肺炎によるもので、救急車で運ばれる前から苦しんでいましたが...
Q. 企業選択で重視している点
A. A. 1.何かを達成しやりがいを感じられるか  野球や自転車を通じて、何かを達成した時に喜びややりがいを感じてきたため、日々の繰り返しではなく、達成しやりがいを感じたいと思っています。 2.目標を持って挑戦できる環境があるか  野球や自転車を通じて、自身で目標を設...
Q. 当社でやりたい仕事や成し遂げてみたいこと
A. A. 日本や海外のインフラに携わることで、円滑な交通の維持・実現によって人々の生活を豊かにしたいと考えています。学生生活を通じて、私は日本全国を自転車で旅をしてきました。旅の中で、橋やトンネルといったインフラにより日本中を快適に移動できることを実感しました。また、阿蘇を...
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 20卒 | 上智大学 | 男性
Q. あなたの長所短所は
A. A.
私の長所は、多種多様な人々を巻き込みながら、共に目標に向かって努力できることだ。これまでも〇〇位や〇〇位の〇〇クラブでキャプテンとして、小学校から高校までは〇〇や〇〇として、国内外長期インターンでは責任者として他者を巻き込んできた。 短所は、決断を下す際に慎重になりすぎてしまう点だ。そのため、重要事項を洗い出し、各々に判断軸を設け、クリアされ次第提出することを意識し、対処している。 続きを読む
Q. 自身の学生時代の最大ニュース
A. A.
〇〇でプロジェクトリーダーとして〇〇人をまとめ上げ、〇〇を0から作ったことだ。大学〇〇年時の〇〇カ月間ベンチャーでインターン生として行った。自分が将来国内外問わず活躍できる人材になるため、この環境が最も成長できると考えた。始まった当初の目標は、学生に自社を知ってもらうのみだったが、自分はこの〇〇を経て最低〇〇名は〇〇な人材を採用する事を提案し、達成した。最初は何故日本から来たばかりの若造がと言われ、彼らも非協力的であった。その状況で、自分はどう彼ら信頼を得てチームとして成果を上げられるか考えた。意識したことは主に2点ある。1.自分をさらけ出し、かつ相手を偏見なしに0から理解すること:自分はこういう人間だということを趣味や家族構成、幼少期の経験など含め強みから弱みまで包み隠さず知ってもらおうとした。2.自分のプロジェクトに対する熱い想い等を行動で示した:正確さ、速さ、質の高さを意識し、仕事に取り組んだ。これらのことを経て彼らとの関係を築くことができ、成功に繋がった。このように自分は、多種多様な他者と関係を築き、巻き込みながら、目標達成に向けて努力できる。 続きを読む
男性 20卒 | 筑波大学大学院 | 男性
Q. インターンシップ経験の有無
A. A.
Q. 保有資格
A. A.
普通自動車第一種運転免許 続きを読む
Q. ゼミ・研究内容
A. A.
情報化施工による建設現場の最適化 続きを読む
Q. 長所と短所(200字以内)
A. A.
私の長所は、一度掲げた目標を達するまで継続して努力し続ける忍耐力だ。私は留学経験から、情報化施工による土木施工現場の最適化研究に興味を抱き、より専門的に研究を行える環境を求めて他大学院へ進学した。卒業研究と並行して、隙間の時間を有効活用することで目標を達した。短所は、細部にこだわり全体を見失うことがある点だ。困難に直面した際には、一度冷静に一歩下がり、全体を見直すよう心掛けている。 続きを読む
Q. クラブ・サークル・アルバイト・課外活動など(50字以内)
A. A.
体育会の部活動で副部長を務めた。学部間の垣根を越えた交流を行い、高校時代の経験を生かして貢献した。 続きを読む
Q. 趣味・特技など
A. A.
スポーツ全般・誰とでも良好な関係を持つことができ、周囲を巻き込んで動かすことができる 続きを読む
Q. 学生時代のあなたの重大ニュースを3つ挙げて、その中の1つについて詳しく説明 (500字以内)
A. A.
1.高校時代にある部活動のキャプテンとして全国大会に出場し、県の選抜選手に選出された 2.大学生時代に部活動で広報活動に力を入れて、部の発展に貢献した 3.大学生時代に自身の目標を叶えるために他大学院へ進学した 2.私は大学生活4年間、体育会の部活動に参加していました。私の入部当初は部員数の確保が難しい状況であり、部の存続の危機に面していました。私自身大好きな競技であったため、必ず部の再建の力となりたいという強い気持ちで入部を決意しました。入部当初は部員数も少なく、十分な内容の練習が行えていないと感じたため、私は広報活動に特に力を入れました。特に未経験者の勧誘を積極的に行い、部の専用ホームページやSNSアカウントを作成して、未経験者にも広く認知されるように努めました。その後、私は入部した未経験者に対する個別指導を全体練習とは別に行うことで、未経験者に対するフォローを行いました。その結果、部員数は私の入部当初の3倍となり、部全体での練習内容も充実させることができました。これらの成果が認められ、最終学年時には副部長に任命され、その際には部長を務めた経験を活かしたフォローを行いました。この頃は、卒業研究に加えて、他大学院入試へ向けた準備や学部生代表としてオープンキャンパスで登壇する予定もあったため、身体的・精神的に厳しい時期でありましたが、時間管理を徹底することで全てのタスクを完遂することができた。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 20卒 | 法政大学 | 男性
Q. 長所・短所
A. A.
私には「課題解決力」がある。この長所を活かした場が電話営業の長期インターンだ。効率を重視した架電を行うという課題を見出し、その解決のため、お客様の気持ちに寄り添った姿勢を見せるなどといった工夫を実行した。一方で、私は緊張しやすい。特に人前で話す際は頭の中が真っ白になり、言いたいことをきちんと伝えられなくなる。これを克服するため、人前で話す機会を多く作り、事前に原稿を用意せずに喋るようにしている。 続きを読む
Q. 学生時代におけるあなた自身の最大ニュースを3つ挙げ、その中の1つについて詳しく述べてください。
A. A.
私は大学〇年から、○○を扱う企業で長期のインターンを行っている。大学卒業後、「お客様目線の営業」を行うために、学生の内から営業の経験を積みたいと考え、 参画している。そこで、○○という前例のない課題に、学生6名のチームで取り組んだ。インターン生に任されたのは、提案資料の作成だった。手探り状態で検討していく中で、お客様にご納得いただける提案資料を作成するために、私がチームリーダーとして以下の工夫を提案し、チームとして実行に移した。 1.お客様のニーズを知るために、お客様にヒアリングを実施 2.チームで協議したことをお客様に共有し、お客様のニーズに適しているかを確認 上記の行動をもとに、チームとしてお客様のご要望を満たした提案資料を作成することができたと考えた。実際に私がお客様のもとに出向き、提案を行ったところ、お褒めの言葉を頂けた。以上の経験から、営業を行う上で、お客様の立場や生活状況などをきちんと把握し、自分と置き換えて考えなければ、お客様のニーズを完全に満たすことは不可能だと理解した。貴社においても、お客様にご満足いただける営業を行っていく。 続きを読む
Q. 就職活動にあたり、あなたが業界選択で重視している点について具体的に述べてください。
A. A.
私は、中学生の時に行われた○○で苦労して制作した作品が県で入賞し、達成感を得た経験から「ものづくりに関与したい」と考える。特に、ものづくりに直接関わることで「手触り感を得ることができるか」を重視している。また、貴社のインターンで現場を見学させていただき、建造物が建設されていく様子に感動したことから、「地図に残る仕事」に携わりたいと考える。 続きを読む
Q. 当社でやりたい仕事や成し遂げてみたいことをお聞かせください。
A. A.
私は、貴社においてお客様に納得いただける営業を行い、お客様との信頼関係を構築することで、大規模な建築物の建設を受注したい。ゼネコンの営業は、お客様のニーズの収集から始まり、そのニーズに応えてお客様と一緒に建築物を構想していき、時には建設中の現場も訪れる。そのため、ゼネコンの営業ならば、一つの建物の建設に対して一貫して関与することができ、上記のものづくりの手触り感を得られると考える。ゼネコンの中でも貴社は、「よりお客様を大切に考えている」と感じる。貴社は、競合他社よりも最も勤続年数を経てからでなければ営業をやることができない。その背景にはお客様第一の考えがあるということを理解した。それは、貴社の社員の方から「営業をやる前に長い期間をかけて経験を積まなければ、お客様から信頼していただくことは難しい」と伺ったことからも実感している。このようにお客様を中心に考えた営業を実践されている貴社だからこそ、○○を扱う企業での長期インターンで培った「お客様に寄り添う力」を活かし、私もお客様の満足度を追求した営業を行うことができると考える。また、貴社は競合他社と比べ、最も「現場を重視している」と感じる。貴社だけが国内外で独立採算制を採用しており、現場第一だと感じる。現場を大切に考えている貴社で、私は営業を行うまでの間に、様々な現場で作業所事務として現場の知識や経験を身につけたい。営業でお客様のご要望に応えるためには、現場の専門的な知識も当然必要になってくるため、率先して知識を吸収していく姿勢を大切にする。現場で学んだことをもとに、お客様から信頼いただける営業を実践し、最終的にはお客様から大規模な建築物の建設を任せていただけるようにしたい。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 18卒 | 上智大学 | 男性
Q. 学生時代の重大ニュース×3(うち1つ500)
A. A.
テニスサークルに入った時の目標であった大会で三年目にして優勝。 アルバイトにて一人の深夜営業を任される。 あえて上智大学総合グローバル学部に一期生として入学。 私は大学生活の中でテニスに没頭し、地道な努力を継続することによってサークルに入った時からの目標であった大会での優勝を実現した。高い目標を立てたのは良いものの、一年次の頃は実力不足で、二年次の頃は序盤で相手にリードされて焦りからミスをして弱気になってしまい、共に二回戦で敗退した。しかし工夫した練習を積み重ねることによってそれが自信に繋がって徐々に改善されていった。 例えば月に十時間以上、週に一回以上を目標とした自主練習では、初めは自分より上手い人を誘っていたが、練習で負けてばかりでは試合で勝てないと感じた。なので、自分と同じ位の実力の者と試合することによって勝率を上げ、より多くの勝利の経験を重ねた。それによって自分のプレイに自信を持てるようになった。さらに少ない敗北を通して、何が原因で負けたのかをより詳細に分析し、修正すべきことが明確になった。このように自分の弱点を意識しながら練習し、地道に自信をつけたことこそが試合で強気なプレイを可能にした。その結果、三年次の大会では、途中で競った試合もあったが、練習の成果が生かされ、三年目にして優勝することができた。 続きを読む
Q. 長所短所(200)
A. A.
私は非常に高い目標を立て、それに向かって努力を続けることができる。現状に満足することなく、狭く深く取り組むことができる。しかし目標が高すぎる故に最終的に達成できないことや、広く浅く物事に取り組むことができないことが私の短所である。例えば大学受験では浪人時に目標を上方修正したので第一志望は不合格だった。また大学ではサークルとアルバイトがメインだったので学業に全力を注ぐことができなかった。 続きを読む
Q. 業界選択で重視していること(150)
A. A.
質の高い技術力やノウハウを駆使して目に見えるものを扱う業界を志望している。グローバル化が進んでいる今日で海外進出が求められる中、質の高い技術力やノウハウは他国と競合する上で必ず活かされるだろう。そしてそれらを背景に仕事をする時、高いレベルの営業等を行うことが求められるので、自分の成長にも繋がると考えている。 続きを読む
Q. 当社でやりたい仕事や成し遂げてみたいこと(700)
A. A.
私は将来的に御社で営業のプロフェッショナルとなり、海外も視野に入れて仕事をしたい。そのために、まずは若いうちに複数の異動の中で自分の特徴である努力を続け、そこから多角的な思考と変化に適応できる能力を身に着けたい。それらの経験から自分がどんな仕事をしたいのか、自分にどんな仕事が向いているのかある程度分析しているだろう。もしかすると将来の自分の選択が営業ではないかもしれないが、現時点では営業のプロフェッショナルとなって自分にしかできない仕事やフィールドとして難易度の高い海外での仕事に挑戦したい。 私が現在営業を志望するのは、大切な人・組織に対して時に自分を犠牲にしながら尽力し、相手の信頼や支持を得ることができるという自分の能力が生かせると考えるからだ。私は現在のアルバイト先で一人で深夜のカラオケ店営業を任されており、店長が大事にする御客様第一主義に則って営業している。例えばある時、深夜営業は午前三時までだが、常連の方が私に営業時間の延長を依頼した。店長が昼から営業しているので深夜の営業時間の延長にはあまり応じない事に対して、私は毎日バイトしている訳でなく体力もあるので営業時間を三時間延ばした。その時彼は喜び、私がいる日に来ると仰って下さった。このように責任感を持って取り組んで信頼や支持を得る私の能力は営業の仕事で最も生かすことができると考え、志望している。 これらの夢と経験から、私は御社で「地図に残る仕事。」の営業のプロフェッショナルとなり、海外の経済発展の一端を担うような仕事も視野に入れたキャリアを歩みたい。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 18卒 | 法政大学 | 男性
Q. 長 所 ・ 短 所
A. A.
私の長所は誰よりも結果にこだわるところです。その原点は幼い頃から双子の兄と比較され、常に私は結果を出 すことを心がけてきたことに起因します。スーパーマーケットのアルバイトでは、お客様を満足させることにこ だわり「新鮮な野菜の見極め方」という売り方を提案しました。一方、短所は頑固で相手の意見を受け入れない 時があることです。自分の答えだけが正解ではないと考え、常に自分を客観視することを意識しています。 続きを読む
Q. 趣 味 ・ 特 技
A. A.
趣味:料理、ランニング、英語の勉強。特技:新鮮な野菜を見極めること、 長距離走、英会話 続きを読む
Q. クラブ・サークル、 アルバイト・課外 活動など
A. A.
ランニングサークル、スーパーマーケット 続きを読む
Q. 学生時代におけるあなた自身の重大ニュースを3つ挙げ、その中の1つについて詳しく述べて下さい
A. A.
1日本文化を紹介する国際交流イベントを開催し、日本への嫌悪感を取り除くことに成功 2スーパーマーケットのアルバイトで農産部門、 3全国売上第1位を達成 英語学習を習慣に落とし込み、TOEIC920点獲 1の詳細私は留学中に初めて日本へ嫌悪感を持つ中国人と台湾人に出会い、日本人という理由だけで口を聞いても らえませんでした。その悔しさから少しでも実際の日本を知って欲しいと思い、私は国際交流イベントの リーダーに立候補しました。彼らが嫌悪感を持っている原因はマスコミ等の第3者からの印象操作だと仮 定し、実際の日本人を知ってもらうことを目標に掲げました。まず、海外での接客を通じ日本は世界一礼 儀正しい国だと実感したことから、日本独自の「おもてなし」の文化を発信しました。また、ストッキン グ相撲や浴衣の試着体験等を行い、誰でも楽しめるように工夫しました。時にはメンバーとイベントに対 する価値観の違いによって衝突しましたが、誰よりも一所懸命働き、また自分と相手の方向を一致させ共 通の価値観を作り出すことで解決しました。多国籍で構成されたメンバー全員で「日本の良さを絶対に伝 える」という想いを共有した結果、彼らに「あなた達のおかげで日本を好きになった」と言ってもらえま した。人を巻き込むには、方向性や計画の決定等の方針面と主体的な行動を促す等の精神面両方の環境を 整え、粘り強く行動で訴えかけることが大切であると学びました。 続きを読む
Q. 就職活動にあたり、あなたが業界選択で重視している点について具体的に述べてください。
A. A.
志望業界:建設業界、製薬業界、プラントエンジニアリング業界、商社 私が業界選択で重視している点は4つあります。 ①日本の長所を活かし、強い日本を世界に発信できること ②多種多様な価値観や背景を持つ人と協働できること ③グループで一丸となって、一つの物を創り上げること ④福利厚生がしっかりしており、長く勤める環境があること 続きを読む
Q. 当社でやりたい仕事や成し遂げてみたいことをお聞かけください。
A. A.
私は「日本の長所を活かし、強い日本を世界に発信する」という夢を貴社で達成したいです。私は2度の米国留学から日本が好きであると実感し、日本の技術力は海外の一部で評価される一方で、実際には市民権を未だ得られていないと痛感しました。そこで、留学中に出逢った東南アジア出身の友人が彼らの生活基盤を創った日本の「ものづくり」に感謝していたことから、高い技術力で世界中の人々の生活水準を向上させ、且つ商品やサービスを通じて先進国・新興国問わず認知してもらう機会が多い建設業界を志望しています。その中でも、ボスポラス海峡横断鉄道トンネル貫通等、高い技術力を持ち国内・国外問わず顧客様のニーズを充足し、また環境問題にも積極的に取り組んでいる貴社であれば、私の夢を達成できると感じました。具体的には発電所・空港等、生活の基盤となる建物の建設に携わりたいです。私はスーパーのアルバイトでお客様のニーズを汲み取り「新鮮な野菜の見極め方を教示する」という売り方を提案した結果、「相手の目線に立った思考力を活かし、創意工夫する」という強みを培いました。関係者の人間性や状況を考慮した提案を行う等、まずは国内で自ら主体的に行動し関係者を巻き込んでいきたいです。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 18卒 | 横浜国立大学 | 女性
Q. あなたの学生時代における重大ニュースを3つ挙げ、その中の1つについて詳しく述べて下さい。
A. A.
サークルでの冊子制作のシステムを改革し、質向上に貢献 初めての海外でフランスに1か月の留学に ベトナム縦断で気づいた日本の技術力 詳細(最大500文字) 所属サークルで冊子編集長を務めた際、20名弱のメンバーをただまとめるだけでは編集長が誰でも変わらないため、改善できる点がないか考え、メンバー間にあった制作スキルの差を埋めることで冊子全体のレベルを向上したいと考えた。まず差が生まれる原因を知るため1人ずつと話し合いを行った結果、意欲はあるがやり方が分からない、教えてもらう申し訳なさを感じていると分かり、【教える側が責任を持って付きっ切りで指導出来るペアでの制作を提案】。手間がかかるとして否定的な人もおり、日程の迫る中で全員の賛同は得られなかったため、制作段階においてペアで制作していない人に対して、私自身が仮のペア役としてフォローにまわることで効果を示そうと考えた。その際も話し合いで聞いた“教えてもらう申し訳なさ”を感じない様、何でも訊きやすい雰囲気を心がけた。その結果、出来上がりの質、本人達の感想も好評で、当初ペアでの制作に否定的だった人達も賛成してくれ、この号以降も特に新入生が多く関わる際にはペアで冊子制作される様になった。この経験から、【常に問題意識を持ち、問題の解決に向けて粘り強く行動】することで、組織全体を改善出来ると学んだ。 続きを読む
Q. 長所・短所
A. A.
長所はリスクを恐れずに何事にも挑戦していく点。短所は細かい部分まで意識しきれないことがある点。具体例としては海外未経験にも関わらず、フランスでの1か月間留学に挑戦したことが挙げられる。この経験から現地の生活や文化のイメージをより具体的にすることが出来た一方、日本での会話練習が足らず現地での生活に困ることも多々あった。今後は挑戦からより多くの学びや成果を得るためにしっかりと準備を行っていきたい。 続きを読む
Q. 当社でやりたい仕事や成し遂げてみたいこと
A. A.
国際営業として現地の人々に寄り添った建築物をつくりあげていきたい。理由としては2点ある。1点目は国内や海外の都市を多く訪れる中で、未熟なインフラ設備や、現地で活躍する日本企業の姿を見かけ、日本の技術力を生かして発展途上国の生活を改善したいと考える様になったからである。2点目は海外という事業スピードの早い環境で、“適応力の高さ”という自分の強みを生かし、自身の成長、会社への貢献に繋げたいからである。業界内でも貴社はカンボジアのきずな橋など、生活を変える象徴的な工事を多く手掛けており、海外プロジェクトに関わるチャンスが多数ある。私も貴社に入社し、それぞれの国や地域のニーズに適応した建築物をつくり、人々の暮らしを少しでも豊かにしていきたい。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 18卒 | 早稲田大学 | 男性
Q. 人生の重大ニュース3つ
A. A.
ゼミでの国立台北大学との共同ワークショップを成功 年間300日のマラソン練習を通して、大学入学から目標にしていたフルマラソン2時間38分自己ベスト更新 カナダでの留学を通して、ホストファミリーと信頼関係を構築 続きを読む
Q. 詳細(500)
A. A.
これは、専攻を同じくする国立台北大学との共同プロジェクトで、それぞれがCSRに関する発表をし、それを基に英語で議論を行った。以前、私たちのゼミは役割分担するあまり、全体の一貫性を失う傾向があった。同じ失敗は絶対にしたくないという思いのもと、このプロジェクトで、私はリーダーを務め、全体像を共有することを強く意識した。メンバーとの対話を重ねながらいくつかの改善を行った。認識の齟齬をなくすために全体ミーティングの回数を倍増させ、不参加者も議論の流れを把握できるようドライブ上で議事録を共有したことだ。メンバー全員が自発的に動ける土壌づくりをしたいという思いがあったからである。結果として日を重ねるごとに目指すゴールが明確化し、全員が目標に向かう思いが強まった。1週間前には、全員で12時間研究に集中し、満足のいく状態で当日を迎えることができた。趣旨が一貫したプレゼンは、活発な議論を生み、双方の主張を統合させた結論を導き出すことができた。共通目標を持った組織が持つ力とは非常に大きく、組織で成し遂げる喜びを実感した。また、メンバーが自発的に活躍できる土壌づくりこそがリーダーの役割であると改めて痛感した。 続きを読む
Q. 長所・短所(200)
A. A.
長所は目標実現の努力を継続できることである。10年間長距離走を継続する過程で、努力がタイム向上という結果に表れることにやりがいを感じ、努力の重要性を認識した。年間300日以上の練習の成果で、先日のフルマラソンでは目標だった2時間38分の自己ベストを出すことができた。短所は、リスクのある物事に対する行動が慎重であることだ。多様な経験をしたい思いはあるが、慎重であるためチャンスを逃していることが多いと感じる。 続きを読む
Q. 就職活動で重視している業界
A. A.
建設、プラントエンジニアリング、鉄鋼 続きを読む
Q. 企業選択の際に、重視している点。
A. A.
私が重視しているのは2点ある。 1点目は、社会に貢献するのだという信念を持って取り組める仕事ができる点だ。どんなに困難な状況でも、自分の仕事が社会に貢献するのだという自負があれば乗り越えられると考えるからだ。 2点目は、一人一人に役割があり、チームで成果を求める仕事で点だ。ゼミやスポーツの経験を通して、共通目標を持ったチームが生み出す成果物の大きさを実感した。大きな物事では絶対に一人では成し遂げられないと考えている。 続きを読む
Q. 当社でやりたいこと
A. A.
成し遂げたいことは、自分が建設に携わった構造物を通じて、人々の生活を豊かにすることだ。昨年、フィリピン人の友人に会いにフィリピンにいったことがある。彼とフィリピン発展の歴史について話し合った際に、私は交通インフラの重要性を強く認識した。実際にフィリピンでは常時、交通渋滞が起きており、日本では当たり前の交通が存在してはいなかった。インフラが社会の発展を支えていること強く感じた。社会インフラとなる巨大構造物は人々の生活を豊かにする。羽田空港のターミナル増築や、トルコのボスポラス海峡トンネル建設など巨大なプロジェクトに携わってきた貴社の一員として、人々の生活に貢献したい。 貴社でやりたいことは、様々な地域のプロジェクトに携わることだ。チャンスがあれば海外プロジェクトにも加わりたい。現場事務として色んなプロジェクトで経験値を積んだら、その後は営業でクライアントや周辺地域の発展に寄与するソリューションを提案する仕事に取り組みたい。様々な角度から、「人々の生活に貢献する」という私の夢を実現したい。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 18卒 | 同志社大学 | 男性
Q. あなたの学生時代における重大ニュースを三つ取り上げ、その中の一つについて詳しく述べなさい。 詳細 (最大500文字)
A. A.
「関西六位のチームを日本一へ」 「日経ビジネスの定期購読」 「勧誘活動」 「今しかできないことに本気になり自分自身を成長させたい」という思いから体育会ボート部への入部を決意し、日本一になるべく滋賀にある部の寮に入り、講義のある日は早い時で朝4時前に起きて週6日早朝と夕方に2部練制で活動しています。二回生の夏に腰の故障が原因で対校艇(一軍)を降りることを余儀なくされ、いつ怪我が治るかも分からず自分自身のボート部での存在意義を問う日々が続きました。ただ途中でやめてしまえば今までの努力がすべて無駄になってしまう、「自分の決めた道を正しい道にできるのもまた自分自身である」という強い覚悟をもって入部していたことや、主将や主務が怪我で練習できていない私を戦力として認め気にかけて下さったことも励みとなり、二か月間に及ぶリハビリや漕ぎの見直し、肉体の強化(12キログラムの増量)等徹底する事ができました。このような試行錯誤の末、70人いる部員の中から勝ち抜き見事対校艇での復帰を果たし、次のシーズンでは雲の上の存在であった昨年の全日本王者である明治安田生命に勝つことができました。全力で取り組んだ部活動を通じて目標に向かって何事も徹底的に考え最後までやりきる力を獲得しました。 続きを読む
Q. 長所・短所(二つで最大200文字)
A. A.
私は「かなり好奇心が強く、今に全力を尽くす」人間です。突然30キロメートル走ったり、タイムトライアルをするなど他の人にとってはしんどさが先行してやらないようなことであっても、楽しみを見出して自分の限界に挑むことが多々あります。短所としては、一つのことに集中しすぎて周りが見えなくなってしまうときがあるので、周りの意見も素直に聞きつつ、自分の頭で考えてよりベストな行動をするよう心がけています。 続きを読む
男性 17卒 | 創価大学 | 男性
Q. 学生生活における最大のニュースを3つ挙げてください
A. A.
マカオ大学でアジアビジネス論を履修し、専攻外応用レベル・半数が欧米人の中上位10%の成績 マカオ大学で、中国伝統競技のドラゴンボート部に初心者・唯一の外国人として入部 留学中至る所で中国人に日本の批判をされて、日系企業で日本への印象を何とかしたいと志す 続きを読む
Q. その中の1つについて詳しく述べてください。500字以内
A. A.
私は今後GDPで世界の中心となるアジア市場と仕事で関わりたいと思っており、その為の知識を得ようと多国籍なマカオへの留学を決めました。しかしアジアについての授業は応用レベルしかなく、加えて履修者の半数が欧米人の為、経済学専攻の私は全く授業について行けませんでした。それでも困難を覚悟しての留学なので、目標を諦めたくないと思い、以下の2点に取り組みました。 1点目は経営学の基礎からの習得です。まず、400頁にわたる英語の経営学書4冊を、毎日5時間ずつ読み込みました。そして分からない箇所があれば、毎回の授業後に質問して納得がいくまで取り組みました。 2点目は英語のディスカッション力強化です。まずCDや動画を利用して、毎日2時間発音とリスニングを徹底して鍛えました。更に留学生の交流会を5回主催する等、実践的に英語を話す機会も作りました。以上の取り組みを実践した結果、毎回授業で行われる議論では、周りのメンバーから当初よりも遥かに議論出来る様になったと評価され、更に授業で上位10%の高成績を修める事が出来ました。 続きを読む
Q. 長所と短所200字以内
A. A.
向上心が私の長所です。留学先でしか出来ない異文化体験をしたく、初心者・唯一の外国人としてドラゴンボート部に入部し、3時間漕ぎ続ける持久力と広東語を身に付ける事が出来ました。一方結果へのこだわりが強い為、内省的になりすぎる短所があります。以前部活について行けない自分が悔しく眠れない時もありましたが、常に結果を前向きに捉える考えを徹底した結果、留学修了まで諦めずに部活を続ける事が出来ました。 続きを読む
Q. 就職活動において、業界選択で重視している点について具体的に200字
A. A.
志望業界:建設会社、重機械メーカー 業界選択で重視している点は2つあります。1点目に、留学経験からモノづくりを通して日本へのファンを増やしたいと思った為、仕事で海外に行く機会が多い日系メーカーを志望しております。2点目に、私はこれまで社会貢献に大きなやりがいを感じて来た為、社会に広く、直接的に影響を与えられる業界を志望しております。 続きを読む
Q. 当社の仕事を通して、やりたいこと、成し遂げたいこと
A. A.
私は将来国際営業として中国市場を開拓したいです。交換留学先のマカオ大学で、中国人から何度も領土・歴史問題の批判をされる事があり、日中関係の深刻さを痛感しました。一方で日系企業を絶賛される事もあり、日系企業がモノづくりで中国の暮らしを豊かにし、日本への好印象をもたらしている事を学びました。この経験から、私も日系企業で日本のファンを増やす仕事をしたいと強く思い、特に社会の発展に直結する建設会社の仕事にやりがいを感じます。職種では、まず作業所事務と国内営業を経験して知識と実力を付け、その後国際営業としてアジア地域の受注を増やす役割を担いたいです。現状として中国の建設市場は外資への規制が厳しいですが、日系メーカーの工場建設の受注を他社より増やして行く中で、将来の規制緩和に向けた経験と人脈を積みたいです。その後は自身の語学力を活かしながら、日系企業の強みである高い品質とサービスに対する現地顧客のニーズを掘り起こして参ります。特に中国市場の営業は、受注に至るまで試行錯誤の連続だと思いますが、私の強みである地道で粘り強い姿勢を貫き、貴社でこれらの目標を実現して参ります。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 17卒 | 日本大学 | 男性
Q. あなたが学生時代に得たものを教えてください。
A. A.
グローバル化する社会の中で建設業界も例外ではなくグローバル化しています。オリンピックや震災復興の需要はあくまで一時的なものであり、その後必ず海外進出が必要となると考えそうした社会の中で必要になってくる能力が何かと考えたときに語学力と異文化への理解が大事だと思いました。そこで大学3年次に休学をしカナダに語学留学をしました。苦手なリスニングを克服するためにバス停でバスを待つ間ネイティブの方に話しかけてネイティブの英語に触れたり、カフェでネイティブスピーカーの会話を聞くなどあらゆる方法を試しました。その結果、苦手だったリスニングを克服し語学学校のクラスも入学時は5段階中3番目のクラスだったのですが1番上のクラスに上がることができました。カナダでは語学を学ぶだけでなく様々な国の人たちや日本とは異なる文化とも触れました。韓国や台湾といったアジアの国の人々からブラジルやコロンビアなど地球の裏側の国の人々とも接しました。そんな中で日本では信じられないような事も彼らにとってはごく普通なのだという事、また逆に日本では当たり前の事も彼らには当たり前でない事を知ることもできました。異文化に触れ、彼らとコミュニケーションを取っていく中で始めは不審に思えたことも彼らと接していく中で受け入れられるようになり、彼らと良好な関係を築くことができました。以上の経験から私は困難に直面したときに粘り強くあらゆる方法を考え困難を乗り越える力、初めての事や慣れていない事に対して物怖じしない積極性や行動力、異文化への理解を得ることができました。 続きを読む
Q. あなたの長所、短所を教えてください。
A. A.
私の長所は何事にも疑問を持ち、常に新しい発想ができる事です。アルバイトでは物のレイアウトを変えることで作業効率が上がり生産性が向上することを上司に提案し実行するなどしてきました。短所は変化を求めるあまりに周りの仲間の理解が追い付かないまま物事が進んで行ってしまう事なので、常に周りに気を配りより良い変化を求めていけるように心がけています。 続きを読む
男性 17卒 | 慶應義塾大学 | 男性
Q. 学生時代における重大ニュースを3つ挙げ、その中の1つについて詳しく述べて下さい。
A. A.
①大学生の読書離れに反発、年間250冊読破②ルアーフィッシングで100cm越えのシーバスを釣る③ゼミの仲間と富士山登山に挑戦 「学生生活実態調査」という新聞記事を見たのがきっかけだった。4割の大学生が全 く本を読まないという、自分にとっては衝撃的な内容であった。子供のころより本が好 きで、学校の昼休みや、帰宅後図書館に行きよく本を借りてきては読んでいた。大学に 入学し周りの友達を見ると、確かに本を読んでいる学生は少ない。電車の中でも、本を 読んでいる人は1割もいない、ほとんどがスマートフォンでゲームかインターネットを 見ている。私はごく少ない1割に属する人間で、本には親しみを持っていた。本が人の関心から薄れていくのをさびしく思った。「自分だけは読書離れはしない、とことん本を読み上げる」そう決意を固め、私の年間250冊読破計画はスタートした。年間250冊、1日平均0.7冊、本のページ数にもよるが、始めてみると大変な計画であった。電車の中、授業の合間、アルバイトの休憩時間、時間が許す限り読書に集中した。人は何がそんなに面白いのか、他にやることないのかと不思議がる。途中何度も、友達の誘いやテレビの誘惑に負けそうになったが、男が一度決めたこと、何とか達成してやるという強い気持ちで、開始から364日目、何とか達成できた。 続きを読む
Q. 長所・短所(最大200文字)
A. A.
私の長所は、準備を怠らないことだ。特に目標達成に向けての準備は、何事においても重要なことだ。百貨店でアルバイトをしていた時、東北地方の物産展があり、事前に東北地方の細かい地名や歴史を調べた。東北出身者のお客様と村の名前や駅名で話が合い売上アップに貢献できた。短所は、物事を考えすぎることだ。考えすぎると時間ばかりを費やし非効率だ。時間を意識し、すばやい判断をくだすよう心がけている。 続きを読む
Q. 就職活動にあたり、あなたが業界選択で重視している点について具体的に述べてください。
A. A.
志望業界:建築業界 重視している点:「チームワークで社会を創造する」という点を重視している。チームで目標達成に向け努力し合い、成し遂げたときに皆で喜びを共有することが好きだからだ。互いに協力し、よりよい生活環境をつくり、社会を支えていく。努力の成果が建築物という形となり、後世まで引き継がれる。そのことにやりがいを感じ、建築業界を志望している。 続きを読む
Q. 当社の仕事を通じて「やりたいこと」や「成し遂げたいこと」をお聞かせください。
A. A.
プロジェクトの一員として職務に就き、建築物の完成を皆で喜びたい。その理由は大きく2つある。 1つ目はプロジェクトを通し、経験を積むことで自分自身を成長させたいからである。建築工事現場では、様々な人たちが厳しい環境の中、完成に向け作業を行っている。困難に立ち向かい、まだ見ぬ完成を信じ日夜努力する。一人ひとりの汗や苦労の結果、工事は完成する。大勢の人の努力をともに感じ経験することで、自分自身に磨きをかけ成長したい。その成長こそが、貴社への貢献であり、自分自身の目標だ。 2つ目は、後世に残るような大プロジェクトに参加し社会貢献したいからである。近年は、東京や都市部で大規模なプロジェクトがたくさんあり建築ラッシュだ。東京オリンピックをはじめ、都内の大規模プロジェクトを貴社が受注し建築を開始している。学生時代で学んだ社会保障をプロジェクトに何らかの形で活かせればと考えている。未来に向けての街づくりや、住宅環境問題、高齢化問題等様々な問題があるはずだ。プロジェクトの一員として、問題を解決することで社会貢献をしたい。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る

17卒 本選考ES

土木総合職
男性 17卒 | 早稲田大学 | 女性
Q. 「学生生活で得たもの」を1つあげ、それを得る為に最も力を入れた行動について具体的に述べてください。 ・「学生生活で得たもの」(50文字)
A. A.
望まない状況であれ、見方を変えて物事に取り組む力 続きを読む
Q. ・「(具体的な行動)」 (800文字)
A. A.
私は所属サークルで200人規模の合宿幹事を務めました。就任当初は合宿に対し、疲れるだけであまり楽しくないというイメージを抱いており、幹事に対しても前向きな感情は抱くことができずにいました。しかし、私が合宿に対して抱いていた負のイメージは他のサークル員も共通して抱いているということが分かりました。そこで私は負のイメージを逆手にとって改善していけば参加者全員が楽しめるのではないかと考え、活動を進めることにしました。 合宿の満足度が低いことに対する原因をサークル員にアンケートをとって調べてみたところ、3年生だけが主体となって楽しんでしまっていることと、合宿運営の負担が一部の人間に偏ってしまっていることが主な原因であることが分かりました。したがってその2点について改善策を講じることにしました。まず、3年生だけが主体となって楽しんでいることに関しては、合宿のチーム分けにおいて、1~3年生の部署や関係性のバランスを見て、チーム全体で仲良くなれるようなチームにすることを意識しました。また、合宿運営の負担が一部の人間に偏ってしまっていることに関しては、合宿を運営したいというメンバーを学年問わず集めて、運営チームをつくりました。チームの中で個々人の適正に合わせて、合宿の各行事の担当になってもらい、行事の準備から実施に至るまでを取り仕切ってもらいました。 以上の改善策を講じた結果、アンケートによると、例年よりも多くの参加者が楽しんでくれたことが分かりました。また、サークル内での合宿に対する意識が変化し、合宿についての会議が開かれるなど、合宿をよりよくしようという雰囲気が醸成されつつあります。 私はこの経験から、自分にとって望まない状況であれ、見方を変えて取り組めば、充実感を得られるのだという事を学びました。 続きを読む
Q. ◆長所・短所(200)
A. A.
私の長所は「聞き上手」なところです。人の話を聞くときは、どんな話であれ、一度自分の中で受け入れて咀嚼するようにしています。そして、相手が伝えたいことを掴んだうえで自分の意見を伝えるようにしています。私の短所は「思い立ったらすぐに行動」なところです。深く考えることなく行動し、失敗することが度々あります。最近では、行動の度に成功や失敗の原因を反省するように努めています。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る

16卒 本選考ES

総合職事務系
男性 16卒 | 明治大学 |
Q. ●・あなたの学生時代における重大ニュースを3つ挙げ、その中の1つについて詳しく述べて下さい。
A. A.
①海外ホームステイ「オーストラリア 2ヶ月間の語学研修」 ②議員インターン「議員事務所で学んだ2年間の経験」 ③大学創立者出身地学生派遣プログラム「福井県鯖江市、鳥取県鹿野町でのまちおこし」 続きを読む
Q. ●詳細
A. A.
議員インターン「議員事務所で学んだ2年間の経験」 私は大学での学業以外にも社会との接点を持ってきました その中で、私はその場の状況や相手に応じて柔軟に行動するように努めてきました 議員事務所でインターンをしていた際は、重要法案の採決などによって急遽スケジュールが変更になることがありました 作業の量が増え、スケジュールがタイトになるため、優先順位を付けることや、秘書の方と相談しながら業務を調整することで、作業に遅れが出ないようにしました また、議員事務所では、来訪者が多く一般の方から役所の方まで幅広い人と接します そのため、日頃から言葉使いや身だしなみにも気を遣い接客してきました 貴社に入社したら、お客様は勿論、同僚や先輩社員からも信頼されるよう、丁寧に業務にあたりたいと思います 特に私が希望している営業職は、直接接客できる職です。これまでの経験を活かし、お客様から頼られる営業となり、社会人としても成長したいと思います。 続きを読む
Q. ●長所・短所(最大200字)
A. A.
私の長所は、場の状況に応じた提案力がある点です 大学のゼミナール協議会で、学部内の企画、運営を行っていた時、活動キャンパスが違うため情報共有が難しいという問題があり、私は引継ぎ帳などの作成を提案し、情報共有を図り、全員で取り組めるようにしました 一方で、自分の積極的な発言から、周りが発言しにくい雰囲気を作ってしまう点があったことから、皆が意見を出しやすい雰囲気を作ることを心がけて活動を行いました。 続きを読む
Q. ●業界選びの軸(200字)
A. A.
「新しい事業を生み出す仕事」 私は、新たな事業を生み出す仕事がしたいという思いから、建設業界を志望しています 学生時代に、大学の学部公認団体であるゼミナール協議会で、ゼミ対抗スポーツ大会や就職活動の講演会を企画・運営をした経験からこのような仕事観を持っています なかでも建設業界は、人々が生活する上で不可欠で、関わりの場ともなる建造物を作り上げることに魅力を感じているため、第一志望です。 続きを読む
Q. ●入社して成し遂げたいこと、やりたいこと(600字)
A. A.
日本の技術力の高さを生かし、世界規模で新事業を生み出す仕事をしたいと考えています。大学1年の時にオーストラリアへ2ヶ月間の語学研修に行った際、現地の友人たちが、私の持つ日本製品に対して非常に強い関心を抱いている姿を目にしました。私は、日本の国際競争力は落ち、「Made in Japan」と世界で評価されたのは遠い昔の話だと思いこんでいましたが、世界的に見た日本への関心は薄れておらず、未だ高いものだと実感した瞬間でした。以上の経験より、世界規模の新事業を通して、日本の技術力の高さを世界に発信するため、将来的に国際営業をしたいと考えています 特に大成建設では、現在海外事業の健全な成長に向けた基盤を中長期的に強化しています。また、空港開発などの社会インフラの建設に強みを持っているとお話を伺い、私もこのような事業を通じて、世界経済の基盤を支える一員になりたいと思い志望しました 貴社に入社したら、お客様は勿論、同僚や先輩社員からも信頼されるよう、丁寧に業務にあたりたいと思います。特に最初に経験する作業所事務は、様々な業務を行うだけでなく、異なる立場の労働者をまとめなければなりません。学生時代で得た経験を生かし、周囲を巻き込めるようなビジネスマンになり、社会人としても成長したいと思います。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 16卒 | 早稲田大学 |
Q. 得意な科目
A. A.
1. キューバ社会主義について(ゼミでの卒業論文のテーマ) 2. なし 3. なし 続きを読む
Q. あなたの学生時代における重大ニュースを3つ挙げ、その中の1つについて詳しく述べて下さい。
A. A.
1. 転職支援企業でのインターンシップで会社の業績上昇に貢献した。 2. テニス大会運営団体に所属し大学の20以上のサークルが集まる個人戦の運営を統括した。 3. ゼミを下級生に紹介するイベントで幹事長としてゼミの説明やブースの設営を行った。 続きを読む
Q. 上記の詳細(最大500文字)
A. A.
私は大学3年生の5月から12月にかけて医療系の転職支援企業で営業のインターンシップに注力していた。営業のインターン生は私を含め4名おり、病院や転職を希望する会員への渉外業務はほぼ全て我々インターン生が行っていた。8月、会社の業績が突然大きく落ち込んだ。私は、我々営業のインターン生がお客様目線を意識して仕事ができていなかったことが問題の原因だと考えた。そこで、会社全体の目指すべき価値観をお客様目線に統一することを目的に「朝の30分ミーティング」を提案した。この価値観を会社全体で共有するだけでなく、実現するための具体的な改善策についても皆で議論を重ねた。ミーティングを重ねる度に他のインターン生もお客様目線を徐々に意識するようになっていき、それに応じて仕事にもお客様目線を意識した工夫が取り入れられるようになった。結果として、10月には業績の落ちた8月の2倍以上となる400万円以上の売上げを達成することができた。この経験で私は、当事者意識をもって物事に挑戦することの大切さを学んだ。インターン生という立場であっても当事者意識をもって提案をすれば、会社全体の業績上昇に貢献することもできるのだ。 続きを読む
Q. 長所・短所(最大200文字)
A. A.
<長所>「当事者意識をもって物事に取り組める」私はインターンシップ以外にも、学生団体でのテニス大会運営やゼミ活動に常に当事者意識をもって取り組んできた。どんなことでも始めたからには熱意をもって取り組める点が自身の長所だと考えている。<短所>「感情が表に出やすい」特に怒っている時など表情や口調に感情がこもってしまうことが多い。場を険悪な雰囲気にしてしまうこともあるため気をつけるようにしている。 続きを読む
Q. 就職活動にあたり、あなたが業界志望で重視している点を教えてください。
A. A.
志望業界:ゼネコン、デベロッパー、プラントエンジニアリング 重視している点(250文字程度?):「自分の努力が明確に形として残る業界」 私は自身の努力の結果が目に見える形で残ることに大きなやりがいを感じる。この業界でなら自分の努力を建造物として残すことができるため、自分に合っていると考えた。中でも「つくる」という点において文系の自分でも最も密に関わることができるのはゼネコンだと感じたため、第一志望業界とした。 続きを読む
Q. 当社を通じて「やりたいこと」「成し遂げたいこと」について記述してください。(500文字程度)
A. A.
「貴社の作業所事務として、海外のインフラ整備案件に携わりたい」 ◎なぜ作業所事務なのか ①現場を間近で眺めることが出来るから。自分の頑張りが建造物として形になっていく様を近くで見ることが出来るため、大きなやりがいを感じられると考えた。 ②マネジメントに興味があるから。現場で多くの人をマネジメントできるのが作業所事務の魅力だと感じている。業界の中でも特に現場主義の方針が強い貴社であれば、作業所事務としての自身のマネジメントスキルを大きく成長させ、将来的には貴社に還元できると考えた。 ◎なぜ海外市場なのか 未開拓な市場を自らの手で切り拓いていきたいから。私は新しいことに挑戦することが好きな性格であり、未だ多くの可能性を秘めた海外市場に魅力を感じる。私が先陣を切って海外の案件に携わり、そこで得た知見を貴社のノウハウとして蓄積させていきたい。 ◎なぜインフラ整備案件なのか より多くの人の生活に役に立つものをつくりたいから。私はインターンシップの経験から、自分の頑張りが人の役に立った時の喜びの大きさを肌で実感した。インフラ整備を通じてひとりでも多くの人の生活をより豊かにしたいと強く思った。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る

16卒 本選考ES

総合職(事務)
男性 16卒 | 早稲田大学 |
Q. 長所・短所
A. A.
長所は「自らが口にした約束を何が何でも成し遂げる事」です。「体験授業」では授業前に苦手を 克服させる事を子供と約束し、達成出来た為39人に入塾してもらえました。約束守ることで生徒 との強い信頼関係を築けています。短所は「約束に拘るあまり自分を蔑ろにしてしまう事」です。 成績を上げるという約束を果たす為、三者面談をしたりその生徒用の問題をつくったりしたあまり 、その学期に私はC評価を二つも得てしまいました。 続きを読む
Q. 学生時代におけるあなた自身の重大ニュースを3つ挙げ、その中の1つについて詳しく述べてください。
A. A.
1卒業研究としてのアプリケーション開発と運営 2塾講師のアルバイトで21名全生徒の成績を上げた 3塾の体験授業を任され、42名中39名を入塾させた 1 大学二年生の六月から取り組んでいる卒業研究です。「不要な教科書を持っている学生と必要としている学生 とをマッチングさせるサービスの開発と運営」を行っています。この研究の目的は、早稲田大学人間科学部の 学生の教科書所持率を8割に向上させることです。キッカケは、私が履修していた講義にて、教科書を持参す る学生の割合が半数以下であったことです。それにより、建設的なグループワークが行えず歯痒い思いをしま した。友人に話をしてみると、同様の不満を感じる人が多くいた為、何とか解決できないかとサービスを提供 する為のandroidアプリ開発を決意しました。androidは機種により大きさやバージョンが多様 な為、何台もの機種に向けた開発を求められます。私はそれを一台しか持っていないことに加え、プログラミ ングに不案内だった為、androidを持つ人やプログラミングの知識を持つ人の力を借りる必要がありま した。自分一人では、満足に結果を出せません。そして、自分が動かず人に頼るだけでは、誰も手を貸してく れません。その為、この研究活動を通して「自律してやり抜く事と周囲に頼る事のバランス感覚」を得ました 続きを読む
Q. 就職活動にあたり、あなたが業界選択で重視している点について具体的に述べてください。
A. A.
志望業界:人の暮らしや社会の発展を支える仕事ができる業界 このような「お節介」は塾講師のアルバイトに端を発しています。私は個別指導塾での塾講師のアルバイトにて、「人を陰から支える仕事の喜び」を痛感しました。具体的には、生徒一人一人の受験や定期試験という挑戦を裏からサポートしてきました。その生徒が志望校に受かったと聞くと「この子の為に頑張ってきて良かった。これからも生徒みんなの為に頑張ろう」と強く思います。これこそが私のお節介の原動力になります。そのため、人の役に立てる仕事ができることを重視しています。 続きを読む
Q. 当社の仕事を通じて「やりたいこと」や「成し遂げたいこと」をお聞かせください。
A. A.
ジプトやトルコなどの新興国に「社会の発展や人々の豊かな生活の基礎」を造りたいと考えています。昨年の夏にエジプトに旅行に行き、カイロやギザ、アブ・シンベルなどに一か月ほど滞在しました。その時、ガタガタの道路、崩れかけの橋、ボロボロのホテルや空港を目の当たりにしました。現地の人にこれらについて話を伺うと、「不満はあるがどうしようもない」と諦めた様子でした。また、エジプトと同様の新興国が多い事を帰国した後に知りました。その時、単なるお節介ですが、見事なホテルや綺麗で使い勝手の良い空港、安心安全な橋をそのような国々へ提供する事で、その国の経済発展や便利な生活に寄与したいと思いました。 貴社は、生活者の為、そして国の為そして地球環境の為に「ものづくり」を通じて、人・社会・地球を陰ながら支えていると考えています。生活者にとって普段は意識されないかもしれないが、貴社の事業は確実に社会の発展や人々の豊かな暮らしを支えています。そのため、規模はかけ離れていると思いますが、貴社での海外営業の仕事にも、私がアルバイトで経験した同様のやりがい・喜びがあると確信しています。よって私は貴社にて海外営業を行いたいです。畏れ多くも貴社の海外営業も同様ではないかと考えています。私は貴社で夢を実現したいと思っています。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
25件中1〜20件表示