日本中央競馬会のロゴ写真

日本中央競馬会

  • 3.4
  • 口コミ投稿数(59件)
  • ES・体験記(14件)

日本中央競馬会の本選考TOP

日本中央競馬会の本選考

本選考体験記(3件)

19卒 2次面接

総合職
19卒 | 同志社大学 | 男性
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. A.
日本中央競馬会はその名の通り競馬を運営している会社であるが、競馬に力入れているだけではなく、ほかにどのようなことに力を入れているかをしっかりと調べておくべき。実際に競馬が好き、競馬をずっとしているというだけではあまり面接官に響いていない印象だったので、日本中央競馬会が力を入れている、女性向けの競馬イベントや家族できていただけるようなレジャー施設になるということについても力を入れておられるのでそういう分野についても自分のしたいこと、変えていきたい所というのを考えておいたほうがいい。また日本中央競馬会は半分国の企業のようなところもあるのでお金の仕組みやどのように収益を上げているのかなどもしっかりと確認して企業研究したほうがいい。 続きを読む

18卒 2次面接

総合職
18卒 | 東京大学大学院 | 男性
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. A.
自分の趣味であった「競馬」を仕事にしたいと思い、この会社を志望していた。競合他社が無い希少な会社であるため、この会社をよりよくするためのことをかなり深くまで考える必要がある。「JRAの利益増加のために何ができるか」については自分なり、就職サポートの人なりと相談しつつ、かなり多くのケース問題を自分で考え、答えを練っておくといいと思う。絶対に抽象的な表現はしていけない。競争率が高いだけに、他の学生が簡単に思いつく内容では到底及ばない。OBOG訪問については一切行っていないため、その点だけはよくわからない。1次面接前と2次面接の後に筆記試験があるが、満点を取るレベルまで対策すべき。いくら面接が良くても、筆記試験で点数が低いと簡単に切られると思う。 続きを読む

直近の本選考の選考フロー

志望動機

19卒 志望動機

職種: 総合職
19卒 | 同志社大学 | 男性
Q. 日本中央競馬会を志望する理由を教えてください。
A. A.
私が日本中央競馬会を志望したのは単純に競馬が好きだったからです。私は毎週競馬をして競馬場にもたびたび足を運ばせいてもらっています。最初は競馬はただのギャンブルだと思って楽しんでいたのですが、競馬を知るうちにだんだんとギャンブルという面だけではなく、日本中央競馬会さんの宣伝や広告で一頭の馬のドラマであったり、ジョッキー、調教師の方の競馬にたいする情熱という部分にひかれていくようになりそういうところに身近に接していきたいと感じたため志望しました。また私は入社すれば競馬のギャンブルという面だけでなくそういう競馬の熱いところについてもっといろんな人に楽しんでいただくために発信をしていきたいと考えております。 続きを読む

18卒 志望動機

職種: 総合職
18卒 | 東京大学大学院 | 男性
Q. 日本中央競馬会を志望する理由を教えてください。
A. A.
競馬が好きという大きな思いから貴会を志望しました。私は小学生の頃に没頭した競走馬育成ゲームをきっかけに、今となっては競馬の予想はもちろん、毎週のように競馬場に足を運んでは競馬の写真を撮るようになり、「自分から競馬を取ったら何が残るのか」と考えるほど私の中身の大部分を競馬が占めています。いざ就職活動を始め、自分のやりたいことを見つめ直した時に「競馬を仕事にしたい」という気持ちが芽生え貴会の企業セミナーに参加したところ、平常業務や開催業務といった競馬の運営についてお聞きすることができ、競馬に関わる仕事の広さを知りました。私に競馬の楽しさ、感動を与えてくれるのも運営している貴会で働いている人たちのおかげてあることを感じ、人々に感動と興奮を与えられる「文化」と言うべき日本競馬を守っていきたいと考えるようになりました。私の競馬が好きという情熱を競馬開催の運営に注ぎ、競馬ファンだけではなく多くの人に競馬の魅力を与え続けていきたいと思い、貴会を志望しました。 続きを読む

18卒 志望動機

総合職
18卒 | 早稲田大学 | 男性
Q. 日本中央競馬会を志望する理由を教えてください。
A. A.
貴会を志望する理由は2点あります。 1点目は、民間企業とは異なる特殊法人という形態です。日本政府の監督下にある特殊法人として、貴会は国庫納付金を納め、畜産振興や社会福祉に貢献しています。また、お客様に競馬を楽しんでいただくため、公正確保を追求しています。その「公共性」と「公正確保」という理念のもと、「お客様に楽しく、快適なレジャータイムを過ごしていただく」ため、高水準のサービスを提供しています。利益ではなくお客様を第一に想う姿勢に魅力を感じます。 2点目は、競馬という無限大の可能性を持つレジャーに携われるからです。競馬には人それぞれにあった楽しみ方が沢山存在しています。「馬の美しさの鑑賞・レーススポーツとしての競馬観戦・お金を賭けるギャンブル・競馬場の食事やイベント」など、ありとあらゆるレジャーが詰まっている、それが競馬だと考えています。競馬が好きという共通の思いを持った仲間と共に、何万人ものお客様を集めるレースを毎週企画運営し、来場してくださったお客様に楽しんでいただくことにやりがいがあると考えています。競馬の魅力をより多くの人に伝え来場していただくことで、ワクワクや感動を届けたく、志望しています。 続きを読む

18卒 志望動機

総合職
18卒 | 早稲田大学 | 男性
Q. 日本中央競馬会を志望する理由を教えてください。
A. A.
競馬というエンターテイメントで人々に感動をもたらしたいからです。そう強く思うようになったのは2013年10月にフランスを訪れ凱旋門賞を観に行ったことがきっかけでした。その時の衝撃は一生忘れられません。自分の中でギャンブルとしての競馬からエンターテイメントとしての競馬に変わった瞬間でした。そのような経験から人々に感動を与える競馬に仕事として携わりたいと思うようになりました。エンターテイメントを提供する団体の中でも貴会を志望する理由は、競馬が好きなことはもちろん、唯一無二の事業内容と働くスタイルに魅了を感じたからです。唯一の競馬運営機会として、貴会でしかできない仕事が多くあります。また平常業務と開催業務の2つに関われることに魅力を感じました。2つの業務に関わることにより多くの人と関わることができる上に、常に新鮮な気持ちを持ってやりがいを感じながら働けると思ったからです。 続きを読む

17卒 志望動機

総合職
17卒 | 早稲田大学 | 男性
Q. 日本中央競馬会を志望する理由を教えてください。
A. A.
 私には「仕事を通じて、人々の幸福に寄与する」という夢があります。なぜなら、居酒屋でのアルバイト経験より、私の仕事で多くの人々が笑顔にあるのを見てきました。それが私のやりがいであると実感したからです。貴会は日本における唯一の競馬会として国民の余暇を支えていると考えます。また、全国規模でのレジャー活動をしている為、多くの人々の幸福に貢献しています。スポーツ的側面とギャンブル的側面を持っている競馬において、野球・サッカー観戦で味わえる感動と夢やロマンを追い求める興奮をより多くのお客様に味わってもらうために尽力したいと考えています。余暇という領域で、人の精神的な幸福に大きく貢献していることに魅力を感じ、貴会を志望しました。 続きを読む

エントリーシート

18卒 本選考ES

総合職
18卒 | 早稲田大学 | 男性
Q. 長所と短所をお書きください。
A. A.
長所:人当たりのよいコミュニケーションで、世代や価値観の違う人とも友好的な関係を築く点 同年代の学生と信頼関係を築くのはもちろん、自分よりも上の世代や下の世代の人とも信頼関係を築くことができます。これまでの生きてきたなかで、様々な人と交流する機会が多かったことが理由です。小学生のころから毎年地元のお祭りに参加して、町内会のおじさんおばさんと御神輿を担いでいます。アルバイトでは塾講師として、小学生から高校生まで教えていました。そうした経験から、この長所が磨かれました。 短所:時に考え過ぎて期限ギリギリになってしまう点 何事においても十分な準備を整えますが、つい準備することに夢中になってしまい、締め切り間際になってしまうことがあります。準備に夢中になってしまうこともふまえた、スケジュール設定を心がけています。 続きを読む

18卒 本選考ES

総合職
18卒 | 早稲田大学 | 男性
Q. あなたが好きなこと(もの)を1つ選び、その魅力をPRしてください(除く競馬)。
A. A.
私が好きなこと(もの):インドという国 PRする対象によってインドの魅力は異なります。 【観光地としてのインド】 インドの魅了の一つに「一言では言い表せない多様性」が挙げられます。「15マイルごとに方言が変わり、25マイルごとにカレーの味が変わる。100マイル行けば言葉が変わる」というインドの有名な言葉があります。州が異なれば、言語も肌の色も食事も気候も異なるのです。こんな国は他にはありません。1度の旅で、複数国を旅した気分になる。これがインドの魅力です。 【英語留学先としてのインド】 インドは世界一コストパフォーマンスの高い英語留学先です。コスト面に関して言えば、語学学校の授業料は安いところで月数万円、1年間通っても10万円台で英語を学べるのです。1日5時間、週5回の授業でこの料金設定です。留学=お金がかかるという概念を覆されませんか?また第二公用語を英語とするインドには英語を話す機会にあふれています。人との距離が近いため、街を歩けば英語で話しかけれすぐに友人ができます。買い物するにも交渉するのが当たり前です。インドで留学すれば、英語力だけでなく、積極性やコミュニケーション能力も養えるのです。 続きを読む

面接

  • 1次面接
  • 2次面接

19卒 1次面接

総合職
19卒 | 同志社大学 | 男性
Q. 今の就活状況と、その就活に関して自己採点して教えてください。
A. A.
私は3月から多くの説明会に参加させていただきいろんな業界、企業を見させていただいてたんですけれども最終的にエントリーしたのは9社のみでいまそのうち1社から内々定をおいただいております。またあと二社は最終選考待ちで、ほかの6社は日本中央競馬会さん含め一次選考や、筆記試験を通過、エントリーシート通過という状況です。自己採点としましては80点くらいかなと思ております。なぜかというと自らがしてみたいと思う仕事ができる会社のみを受けて順調に選考を通過しまだどこも落ちてないからです。ただ残りの20点は今選考を受けるうちにもっと様々な業界や、同じ業界でも2、3社受けて違いを見ておけばよかったなとすでに後悔している点があるからです。 続きを読む

18卒 1次面接

総合職
18卒 | 東京大学大学院 | 男性
Q. 自分が好きなことを1つ紹介してください。
A. A.
私が好きなのは家庭用ゲーム機でのオンラインFPSゲーム(First Person Shooter, 一人称視点シューティングゲーム)です。一人称視点である故の臨場感、オンラインでの世界同時対戦が大きな魅力であり、さらに海外では「e-Sports, electronic sports」として認知され、それを職業とする「プロゲーマー」もいるように競技性の高いところも魅力の一つです。このFPSゲームにはただ敵を倒すのではなく「陣地取り」や「ターゲット破壊」といったルールがあり、試合に勝つために「チームメイトとの連携」「ゲーム内要素の把握」といったことが重要です。普段は友人とともにオンラインで会話を楽しみながらFPSゲームを行うことが多いですが、時には試合で勝つためにゲーム内要素の詳細な把握や応用研究など真剣に取り組むこともあります。実際に強いチームと対戦し、接戦の末に勝利した時の高揚感や達成感は体を動かすスポーツで得られるものと同じぐらい気持ちいいものです。 続きを読む