株式会社講談社のロゴ写真

株式会社講談社

  • 3.5
  • 口コミ投稿数(257件)
  • ES・体験記(32件)

講談社の本選考TOP

講談社の本選考

本選考体験記(3件)

18卒 2次面接

総合職
18卒 | 早稲田大学 | 男性
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. A.
とにかく各出版社の作品を片っ端から読み比べて特徴を分析しました。そこに関しては明確な答えがあるわけではないので、自分なりにこういう違いがあるということを、自分の言葉で説明できるように言語化の準備をするといいと思います。また、講談社の筆記試験は非常に難しいことで有名なので、知り合いで講談社の新卒採用を受けた経験のある人からどういった問題が出て、どのような対策をしていたのかを聞いていました。講談社主催の説明会には必ず顔を出すようにして、人事の人に覚えてもらう努力もすると良いかもしれません。採用ホームページは毎年力を入れているとのことだったので、熟読しておく必要はあると思います。とにかくたくさんの作品に深く触れることが重要です。 続きを読む

17卒 2次面接

17卒 | 國學院大學 |
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. A.
講談社の売り出している作品をチェックしておくのはもちろんのこと、芸能や漫画など、さまざまな分野の話題を聞かれますので、世間の常識に疎いと自覚されている方は、テレビや新聞などをよくチェックしておいた方がいいと思います。自分の家の本棚にある講談社の本をチェックしておくこともいいですし、ブックオフなどに行って、講談社の作品を手あたり次第見てみるのも参考になるかと思います。また、同業他社と比べた違いも押さえておくといいでしょう。 続きを読む

直近の本選考の選考フロー

志望動機

18卒 志望動機

職種: 総合職
18卒 | 早稲田大学 | 男性
Q. 講談社を志望する理由を教えてください。
A. A.
御社の魅力は3点あります。1点目は、ミスiDを主催している点です。ミスiDは、ありきたりのアイドルオーディションではない。出てくる女の子たちにはとがった個性がある。笑顔を見せない子、女子から嫌われる女を極め逆に気に入られる子、面接に大遅刻してくる子。強い個性がそろっていておもしろいです。そんな子達を見つけるミスiDを主催する講談社も、一癖も二癖もありそうでおもしろそうだと感じました。2点目は、講談社が出版するマンガに好きな作品が多い点です。人間の奥底を描いた作品が好きな私にとって、「悪の華」や「新宿スワン」を発行する講談社は魅力的です。3点目は採用サイトのキモかわいいキャラクターたち。正直絵は下手だがインパクトは大きく、楽しくてユニークな講談社の雰囲気を感じました。以上の理由から御社を志望しています。 続きを読む

17卒 志望動機

企業名: 講談社
17卒 | 國學院大學 |
Q. 講談社を志望する理由を教えてください。
A. A.
私は小さい頃から本が好きで、出版関係の仕事に就きたいと考えていました。中でも御社の作品はずっと身近にあり、中学生の頃は修学旅行の班行動で、見学に来るほど入れ込んでいました。当時見学した際に、担当してくださった編集者の方が、とても丁寧で、遊び心溢れつつも、やるときはしっかりとやるという御社の社風を感じました。私自身も、さまざまなアイディアを考えたりすることが好きですが、ここぞという時にしっかり力を発揮する猪突猛進タイプなので、御社に合っていると思い、志望致しました。 続きを読む

エントリーシート

21卒 本選考ES

総合職(編集)
21卒 | 早稲田大学 | 女性
Q. あなたが選んだ第1、第2志望分野のなかで、やりたい仕事とその理由を具体的に書いてください。
A. A. 第1志望:文芸 恩田陸先生×正木香子さんによる『フォントのためのミステリー』 恩田陸先生に文字のフォントを題材とした密室劇を書いていただきたい。正木香子さんの『文字の食卓』とコラボ。装幀家・奥定泰之さんの講義や正木さんの著書を通して、文芸とフォントの相互作用を...

20卒 本選考ES

総合職 営業
20卒 | 関西大学 | 女性
Q. 講談社を志望するにあたっての決意を簡潔なフレーズで書いてください。
A. A.
旋風を巻き起こす! 続きを読む

20卒 本選考ES

総合職
20卒 | 専修大学 | 女性
Q. あなたが選んだ第一、第二志望分野のなかで、やりたい仕事とその理由を具体的に書いてください。
A. A.
第一志望やりたい仕事:青い鳥文庫の編集 子どもたちに本を好きになってもらいたくて志望しました。私は小学校低学年の頃、本が嫌いでした。しかし、たまたま教室にあった青い鳥文庫の名探偵夢水清志郎事件ノートシリーズ『踊る夜光怪人』を読んで本って面白いと思うようになりました。それから作者のはやみねかおる先生の当時発売されていた作品を全て読みました。そして、他の青い鳥文庫作品やそれ以外の本も読むようになって、気が付いたら文学部で日本文学を専攻していました。本が嫌いな子は面白いと思える本と出会っていないだけなのだと思います。多くの子どもたちに面白い本を届けたいという思いから志望しました。 第二志望やりたい仕事:コミック編集 理由は2つあります。1つめは仕事は人生の多くの時間を費やすことなので、好きなことを仕事にしたいからです。私は漫画が好きで様々な漫画を読んできました。2つめは新しいものを生み出して人の心を動かす仕事がしたいからです。漫画から与えてもらった楽しさや感動を、今度は私が人に与えられたらと思いました。漫画はジャンルを問わず好きなのですが、自分が仕事として1番貢献できると思ったのが少女、女性コミックだったので志望しました。 続きを読む

面接

  • 1次面接
  • 2次面接

18卒 1次面接

総合職
18卒 | 早稲田大学 | 男性
Q. 好きな作品は何ですか。
A. A.
悪の華 田舎町の閉塞感や思春期独特の行き詰まる様子がよく伝わる細かい描写や、登場人物の人間性、主人公が「仲村さん」へ抱く感情や捉え方、主人公の一人称による語りなど全ての表現に作者のこだわりを感じます。絵も好きです。 ヒメアノ〜ル  恋愛の話とサイコキラーの話のバランスが絶妙。日常と狂気の距離は非常に近く、側にいる人がどんな人間かわからない。怖いけど、先が気になります。古谷実らしさが全開で書かれていて好きです。 橋本奈々未の写真集「2017」  乃木坂46の橋本奈々未らしさが詰まった作品でした。消えてしまいそうな儚さと、目を釘付けにする美しさ。アイドルらしくないという、彼女の持つ不思議な魅力をうまく写し出していて、何回も見返してしまう最高の作品です。 続きを読む

17卒 1次面接

17卒 | 國學院大學 |
Q. 編集ではなくなぜ営業なのですか。
A. A.
私は何かを他人に広めるということに興味があるからです。出版物で言えば、編集者の方が作った作品がどんなに良くても、それを適切に広めていく人がいなければ、多くの方に手に取ってもらえません。私は、素敵な作品を、どうしたらもっと多くの人に伝えられるのかを考え、広めていきたいと思っています。そのため、私は編集ではなく営業として、出版社、書店、取次店と関わりながら、出版物の魅力を伝えていく仕事をしたいと思います。と答えた。 続きを読む