バークレイズ証券株式会社のロゴ写真

バークレイズ証券株式会社

  • 3.1
  • 口コミ投稿数(73件)
  • ES・体験記(21件)

バークレイズ証券の本選考のエントリーシート

本選考の通過エントリーシート

5件中5件表示

21卒 本選考ES

投資銀行部門
男性 21卒 | 慶應義塾大学 | 女性
Q. 現在ご応募いただいている部門(投資銀行部門/マーケッツ部門/インターンシップ)を志望する理由、またその中でバークレイズに応募する理由について教えて下さい。
A. A. 【応募部門】投資銀行部門 「日本企業のプレゼンス向上に貢献したい」という思いがあり、その実現のために社会・経済への影響力の大きい投資銀行部門が最適だと考えたからだ。「武田薬品工業によるシャイアー買収」を機に、新聞の一面を飾るニュースの裏に企業の変革の瞬間を支える...
Q. 自分が最も成長できたと思えた経験について教えて下さい。
A. A. マネージャー長として部の体制改革に尽力した経験だ。初戦敗退でチームの士気が低下しており、私も当事者意識が低かった。しかし、私を勧誘して下さった先輩が優勝を目指して練習に励んでいる姿を見て、引退試合で優勝したいと思った。そこで、チーム強化のために毎月マネージャー会議...
Q. 他の応募者の中で、自分が最も極めていると自信を持って言えるコト・モノ及びその理由について教えてください。
A. A. 他者との信頼関係を構築する能力に長けている。これは、個人契約の家庭教師として現在までに7人の生徒を担当してきた経験に起因する。成績を上げることに加え、人として慕われる存在になることを意識した。生徒の良きロールモデルとして発言・態度に気を配り、両親の良き相談相手とし...
閉じる 質問と回答をもっと見る

19卒 本選考ES

マーケッツ部門
男性 19卒 | 東京大学大学院 | 男性
Q. 第一希望の志望部門を選択した理由をご記入ください。300文字以下
A. A.
2つあります。1つ目は顧客との信頼関係を最も重んじる部門であるからです。私はフィットネスクラブのアルバイトにて、顧客に応じた運動プランを提供し、成果を上げることで共有する「喜び」にやりがいを感じてきました。良好な関係を築くために培った泥臭さや相手目線で物事を考える姿勢は貴部門で活かせると確信しています。 2つ目は私の理想像である【自立したビジネスパーソン】に近づけるフィールドであるからです。変化の激しい現代社会においては会社に依存せず、自身にしか発揮できない価値を追求・体現する生き方が必要と考えます。その中で他部署を巻き込むことで、幅広い商品を提供するセールスの業務内容に強く惹かれています。 続きを読む
Q. バークレイズで働きたい理由をおしえて下さい。その際、あなたの思う当社の強みを明記してください。300文字以下
A. A.
貴社の強みであるTransatlanticなカルチャーに惹かれたからです。私は高校のアメフト部の活動や社会人とのフラッグフットボールを通じて、【チームで行なう仕事】を軸に掲げています。チーム内ではメンバー間で互いの欠点を補い合い、時には周囲を巻き込むことで組織全体の成長に寄与してきました。個の力で勝負することが多い同業他社と比較して、貴社は他部署と連携することで提供する質の高いソリューションによって信頼を獲得してきたと説明会にて伺いました。私の強みである「組織内での存在意義を追求し、実行する力」と「愚直に足を運び続ける現場力」は縦横の繋がりを重視する貴社でこそ最大限発揮できると考えます。 続きを読む
Q. あなたの考える金融業界で働くことの魅力についておしえてください。300文字以下
A. A.
2つあります。1つ目は24時間365日変化し続けるフィールドです。金融業界は世界中の政治や産業と密接に関わっているため、就寝時間においても市場は変化し続けています。マーケットの動向に目を配り、仮説・検証を繰り返すことで、高い思考力と視野の広さを培えると考えます。 2つ目は人間力が求められることです。金融はどのビジネスにおいても切り離せない存在ですが、その価値は普遍的であるため同業他社間での差別化は難しいと考えます。この競争を勝ち抜くためには自身にしか発揮できない価値を醸成しなければなりません。そのために自らを徹底的に追い込む必要がありますが、自身の価値が認められた達成感は最も大きいと考えます。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る

18卒 本選考ES

投資銀行部門
男性 18卒 | 上智大学 | 男性
Q. バークレイズを志望する理由を教えてください。 300文字以下
A. A.
私がバークレイズを志望する理由は二つある。一つ目は、世界に与える影響力の大きさである。御社はロンドンに本拠を置きつつ、世界中にある拠点でトップレベルの業績を誇っている。二つ目は、そのネームバリューと信頼度の厚さである。バークレイズは2001年から2016年まで世界最高峰のサッカーリーグであるプレミアリーグ、2009年からテニスの世界年間総合ランキング上位8位の選手が出場するATPツアーファイナルのスポンサーを任されている。これは幼少期からサッカーとテニスを経験していた私が、バークレイズという御社の名称を他会社よりもずっと前から存じていた理由であり、御社で働くことに強い憧れを抱いている。 続きを読む
Q. 第一希望の志望部門を選択した理由をご記入ください。 300文字以下
A. A.
投資銀行部門を第一志望とする理由は二つある。一つ目は、国境をも超える大規模な仕事ができるためである。中でもM&Aアドバイザリー業務に興味がある。M&Aは動く金額も大きく、会社の将来を左右する重要な戦略である。クロスボーダーの案件も増え、これほど社会へインパクトを与える仕事は他にないと考える。二つ目は、ハードワークとチームワークが必要な仕事だからである。17年間サッカーを続ける中で、高いレベルで切磋琢磨することが早いステップアップにつながり、仲間と取り組むことで生まれる責任感がチーム個人双方の成長に直結した。チームで粘り強く仕事に取り組む姿勢が必要とされる貴部門はまさに私が求め続ける環境である。 続きを読む
Q. 投資銀行部門志望の方のみお答え下さい。ご自身にとって今までの最大チャレンジは何ですか。内容と更に、どう対応したのか教えて下さい。また、その経験を踏まえ、困難なことに取り組む上で、あなたが最も重要だと考えることは何ですか。(400文字以下) 400文字以下
A. A.
私が所属するサッカー部は、一度リーグ最下位となり、降格を経験したことがある。この時私はケガを理由にプレーすら出来ずに、メンバーの悔し涙をピッチ外から見ていた。そこで何かチームに貢献できないかと考えた結果、他のケガ人と共に相手チームの分析を徹底して行うことにした。次に対戦するチームの試合をビデオに撮り、分担して特徴を洗い出した。そしてまとめたものをミーティングで全員に共有し、試合に備えた。相手の偵察に行くため自分たちのチームの試合を応援することもできず、分析に膨大な時間を取られ、最初は気持ちが切れそうになった。でも他のケガ人が頑張っているのを見て、自分も貢献しなければという思いを持ち続けることができた。結果として、チームはより相手を知った戦いができ、無敗優勝で昇格を達成した。この経験を通じて、困難なことに取り組む上で最も重要なのは、何ができるかを把握し、仲間と粘り強く続けることだと考える。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る

17卒 本選考ES

投資銀行部門
男性 17卒 | 一橋大学 | 男性
Q. バークレイズに興味をもったきっかけ 200文字
A. A.
きっかけは2つある。まず、他社のサマーインターンを通じて投資銀行業務に魅力を感じたことと、チームで仕事をしていくという環境で働きたいという想いから、投資銀行業界を志望するに至った。数多くある投資銀行の中でも、一つ目として貴社は欧州のみならず中東や東南アジアまで世界中にネットワークを持っていること、二つ目として、投資銀行業務においては大きな伸び白を残している銀行であるということから特に興味を持った。 続きを読む
Q. 金融業界の変化と志望部門への影響をまとめてください。 300文字以下
A. A.
最近、欧州を中心に大型のグローバルM&Aが活発化している。その理由として、幾つかの産業は転換点を迎えつつあり、M&Aの活用による業界再編への期待が高まっていることや、それを実行するための資金調達の選択肢が幾つかあり、かつ、比較的低いコストで調達することが可能であることが挙げられる。このような状況の中で、欧州のみならず中東や東南アジアまで世界中にネットワークを持っている御社の投資銀行部門、特にグローバルM&A部門の重要性が今まで以上に高まってきていると思う。過去に比べて顧客の質が多種多様になり、活躍の場が増えていく中で、投資銀行部門で世界一を目指すという貴行の目標に是非貢献したいと感じている。 続きを読む
Q. 投資銀行部門志望の方のみお答えください。 ご自身にとって今までの最大のチャレンジは何ですか。内容と更に、どう対応したのかを教えてください。 300文字以下
A. A.
それは、サークルの新歓代表をつとめた時のことだ。責任者である私は、自分の意見をサークル全体の意見として主張したが、うまく集団を動かすことが出来なかった。周囲を信頼できず、個人プレーに走ってしまったこともあった。このままではいけないと思った私は、皆の話を全て理解しようとした上で、周りにどう行動してほしいか、それがなぜかを伝えるように心がけるようにした。一方的に意見を押し付けず、相手を尊重しようした結果、チームとしてうまく機能するようになり成果を出すことが出来た。この経験を通じて私は、チームの中で自分の意見を発信し、相手の意見を理解しようとする姿勢をとることでチームをうまく動かす大切さを学んだ。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る

16卒 本選考ES

セールス
男性 16卒 | 早稲田大学 |
Q. 志望理由を教えてください。その際に、バークレイズが競合と比べて何が異なるのか明記してください。 300 文字以内
A. A.
 私は、世の中の流れを把握できる且つ業界横断的な環境で働きたいという理由から金融業界を志望しています。そして特に外資系投資銀行を志望する理由は、私の強みである体力と柔軟性がより生かせると考えると同時に、よりタフな状況で自身の成長に最大限努めたい思いがあるからです。  その中でも貴社を志望する理由は、日本経済にも貢献できる環境が最も整っていると考えるからです。私は貴社に対し、アジアとりわけ日本に力を入れている印象を持っており、特にマーケットに強い点で他社と差別化が図られていると考えます。貴社であれば海外だけでなく日本も含めたグローバル視点で日本ひいては世界経済に寄与できると考え、志望します。 続きを読む
Q. 金融業界で起こっている近年の変化について、どのような角度からでも良いので説明してください。また、その変化が応募部門にどのような影響を与えていると思いますか? 300 文字以内
A. A.
  世界的にはリーマンショック以来落ち込んでいる各国GDP成長率が先進国を中心に緩やかに回復する傾向が、日本では異次元緩和による銀行貸出の回復、株価の堅調、長期金利の低下等が、昨今の情勢として見て取れます。また今年に入り頭打ちの状況にあるものの、近年日本市場における外国人投資家のシェアは増加しており、日系企業はそれに伴いコーポレートガバナンスの強化やROEの向上が強く求められるようになってきたと認識しています。  それはMarkets部門に投資家の多様化・顧客ニーズの複雑化という影響を及ぼし、特にSalesにおいてはニーズを正確に汲み取り顧客とより強固な関係を築く重要性が一層増していくと考えます。 続きを読む
Q. バークレイズのバリューについてどの程度理解されていますか?ひとつ以上のバリューを用いて実際に取られた行動を教えてください。 300 文字以内
A. A.
  私は学生時代、自身の掲げた目標の達成とチームの成長・結果に最大限の努力を注いできました。例えば高校では、学業において学年首席の成績を残しながらも、サッカー部の主将として60名弱のチームを牽引した経験を持ちます。毎日の予習復習と週6日の練習や遠征を3年間欠かさずに続ける中で、時間的・精神的に両立を困難に感じる場面は多々ありましたが、決して言い訳をしない信念と逆境の状況も楽しむ気概でもって乗り越え、継続的に努力を重ねてきました。  斯様なチームの目標達成やよりよいアウトプットの為に最大限の努力を注ぐ姿勢が自身の強みであり、また貴社のバリューにも通じる点であると認識しています。 続きを読む
Q. あなたは何マニアですか?他人よりも深く何かを突き詰めたもしくは今現在も突き詰めていることがあれば教えてください。また、どの程度突き詰めたのかを読み手がわかるようにしてください。内容はアカデミック、スポーツ、趣味何でも構いません。 300 文字以上 500 文字以内 
A. A.
 私は「討論」に関しては他人よりも突き詰めてきたと考えます。私は幼少期、負けず嫌いな性格から何かと論理付けて親の注意に反論することが多かったことを記憶しています。斯様な背景もあり、情に訴える主張より論理的な主張に自身の納得感が大きいことを日々強く認識すると同時に、日常生活の中で答えがない事象に関して友人と討論することを多く経験してきました。そういった中、大学に進学し現在所属するゼミに入りましたが、そこでディベートに出会いました。これまでの経験からかディベートと親和性が高く、最大限注力することができたと同時に試合では常に高評価を得てきました。  このディベートの経験によって以前よりも幾何か論理的な主張や思考が可能になり、他者を説得することも多少得意になったと自負していますが、それ以上に日常のコミュニケーションや他社との関係構築においてロジックに執着し過ぎないこと、時として論理性以上に情熱や熱意が必要となることを学べたことが個人的には大きな収穫でした。他者よりは討論を多く経験してきましたが、依然として未熟であることには変わりない為、より説得力ある言説の実現に努めていきたいと考えます。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
5件中5件表示