ゴールドマン・サックス証券株式会社のロゴ写真

ゴールドマン・サックス証券株式会社

  • 4.4
  • 口コミ投稿数(337件)
  • ES・体験記(44件)

ゴールドマン・サックス証券の本選考の面接の質問・回答

本選考面接

  • 1次面接
  • 2次面接

18卒 1次面接

IB
18卒 | 東京大学大学院 | 男性
Q. 学生時代頑張ったことを教えてください
A. A.
部活動です。私は大学で50人を超える部活動の副将を務め、部の目標達成に心血を注ぎました。私の役割は部の重要な事柄に対する意思決定と決めた方策の実行の二つでした。前者に関して、絶対的な正解がない中で何を行うべきか決断する必要があり、私は常に理想と現状の差を様々な観点から分析し、その差を埋めるための方策を考え続けました。例として、各練習の目的の明確化が重要であると考え、メールやWebによる練習メニューの目的の事前共有や練習中の声掛けによる目的の意識付けに取り組みました。後者に関して、様々な考え方を持つ50人以上の部員に、決めた方策について納得して付いてきてもらうために、私は何故その方策が必要なのかを説明してその必要性を理解してもらうこと、自分が誰よりも本気で練習に取り組み、本気度を見せることの二点を心がけました。最終的にチームは目標を達成し、私も大きく貢献することができたと感じています。 続きを読む
Q. ゴールドマンサックスの投資銀行部門を志望する理由を教えてください
A. A.
最初に何故投資銀行部門か、を説明します.私が投資銀行部門を志望する理由は、私が貴社を志望する理由は、①私の描く将来像を達成する上で最高の環境が整っていること、②M&Aとうスケールの大きな業務に関わることができること、③研究で培った論理的思考力と部活で培った体力と粘り強さという自身の能力が生かせる環境であること、の三点です。次に、その中でもゴールドマン・サックスを志望する理由は、①チームワークを大事にするカルチャーに私が共感していること、②業界No1の自負を持って働きたいと思っていること、③お会いした社員の方が仕事に誇りを持っており尊敬できる方ばかりで一緒に働かせて頂きたいと感じていること、の三点です。 続きを読む

16卒 1次面接

16卒 | 早稲田大学 |
Q. 学生時代頑張ったこと
A. A.
交換留学の経験を挙げました。現地の授業において現地生が300人いるクラスの試験で1位をとった経験や、留学生ながらに現地のサッカーチームに所属した経験などを挙げました。注意した点としては、英語力が重視される部分があると考えていたために、その点をアピールできるように経験を語った点や、サッカーチームに参加した経験などを通じて積極的に徹底的に物事の取組む性格をアピールした点など、意図を持って経験を述べるよう意識しました。 続きを読む
Q. 投資調査部の業務においてはどのような働き方が必要とされると思うか
A. A.
キャリアを通じた粘り強さが肝要であると考えています。入社後数年間は先輩社員の方々について、その社員の方々から多くを学ぶべくひたすらに業務に食らいつき、またその後においても徹底的に業務に取り組むという働き方を通じてアナリストとして答えを探していくという働き方が必要とされると考えるためです。回答に際して注意した点としては、事前にインターネットや本などを通じて見聞きした、アナリストの方々の発言を参考にした上で回答した事です。 続きを読む