MESSAGE
先見力と実行力で、未来を創る”未来創発企業”
株式会社野村総合研究所のロゴ写真

株式会社野村総合研究所

  • 4.1
  • 口コミ投稿数(1159件)
  • ES・体験記(166件)

野村総合研究所の本選考のエントリーシート

本選考の通過エントリーシート

47件中1〜20件表示

21卒 本選考ES

テクニカルエンジニア
男性 21卒 | 千葉大学大学院 | 男性
Q. このキャリアフィールドで実現したいこと、および実現する場として当社を志望する理由を教えてください。(第一希望:テクニカルエンジニア)(400文字以内)
A. A. TEとして実現したいことは最新のIT技術を常に探求し、その技術を活かしてお客様の課題解決に直接的に貢献することです。私自身、Suicaやキャッシュレス決済など、自分の身の回りにおいて生活が最新のIT技術によって便利になっていくのを感じてきました。その中でIT技術の...
Q. このキャリアフィールドで実現したいこと、および実現する場として当社を志望する理由を教えてください。(第二希望:アプリケーションエンジニア)(400文字以内)
A. A. AEとして実現したいことはお客様企業の期待を超えるビジネスITを提供し、その先で社会にインパクトを残すことです。私は自分の考えや行動によって人に驚きや感動を与えられたときに最もやりがいを感じます。その点で、AEとしてお客様により近い立場から、お客様自身も気づいてい...
Q. あなたが大学入学後、最も力を入れて取り組んだことについて教えてください。特に「なぜそれに取り組んだのか」「難しかった点」「その原因」「自分なりに創意工夫した点」を重点的に教えてください。(400文字以内)
A. A. アルバイト先のカラオケ店において主体的に挑戦し続け、売上増加に導きました。店舗が売上低下に直面する中で、私は好奇心と店長への恩返しという理由からバイトのメンバーと売上向上に取り組みました。しかし当初私達が考案した案(SNSによる宣伝、ドリンク割引)は失敗しチームは...
閉じる 質問と回答をもっと見る

21卒 本選考ES

経営コンサルタント
男性 21卒 | 筑波大学大学院 | 男性
Q. キャリアフィールドで実現したいこと、当社である理由
A. A. 私が経営コンサルタントとして実現したいことは、再生可能エネルギーの普及である。日本は欧州や米国と比較して普及が遅れているが、資源や原発の状況から需要は非常に高い。したがってこれを官民の協力関係を最大限に発揮することで解決していきたい。日本では新しい技術を導入する速...
Q. 「乗り越えた困難」、「挑戦し成し遂げたこと」、「最も力を入れた勉強(研究・ゼミ・授業など)」
A. A. 私が力を入れた研究は、○○の開発である。○○の研究は、当研究室での前例がなく、一人で学び研究する必要があった。研究の土台がないため電池を組むための材料検討に時間がかかり、卒業研究の時には苦労をした。孤独感や不安、疲労から、もうやめたいとも思った。しかし研究テーマを...
Q. 企業が抱えている課題と解決策
A. A. 私はイオンのスーパーマーケット事業に注目した。この業界は少子高齢化やネット販売によって規模が縮小すると予想される。必要なことは店舗で買う理由とイオンで買う理由である。前者は商品の選択性や安心感、後者は価格や品揃え、品質である。両者をより生かす試みとして、フランスの...
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 21卒 | 慶應義塾大学 | 女性
Q. 希望キャリアフィールド(第1希望)そのキャリアフィールドで実現したいこと、および実現する場として当社を志望する理由を教えてください。(400文字以内で簡潔に記入してください)
A. A. ITを切り口にして企業及び社会の発展に貢献したい。顧客に寄り添ったITソリューションの提案をすることで、企業の更なる発展を促したい。そしてこの想いを実現するために必要となるスキルを習得したいと考える。以上の想いを実現する場として貴社を志望する理由は二つある。一つ目...
Q. あなたが大学入学後、最も力を入れて取り組んだことについて教えてください。特に「なぜそれに取り組んだのか」「難しかった点」「その原因」「自分なりに創意工夫した点」を重点的に教えてください。(400文字以内で簡潔に記入してください)
A. A. 個別指導塾の塾講師として、担当生徒の学力向上を図る取り組みに尽力した。特に勉強意欲が低い生徒の意識を変えさせて、勉強意欲及び学力向上を図ることが大変であったが、以下の二つのことに意識して取り組んだ。一つ目は信頼関係を構築することである。生徒の心を動かす上で、先入観...

21卒 本選考ES

経営コンサルタント
男性 21卒 | 筑波大学大学院 | 男性
Q. このキャリアフィールドで実現したいこと、および実現する場として当社を志望する理由を教えてください。
A. A. 私は日本企業のデジタル化に貢献し、日本企業が世界で戦うことのできる社会を実現したい。かつて世界トップクラスであった日本企業でさえ、経営面やIT社会を背景に国際的な競争力を低下させている。私は夏に、大手SI事業会社のインターンシップに参加した。インターンシップでの取...
Q. あなたが大学入学後、「乗り越えた困難」、「挑戦し成し遂げたこと」、「最も力を入れた勉強」からいずれかのテーマを選び、具体的に教えてください。特に、難しかった点、その原因、及び自分なりに創意工夫した点を重点的に教えてください。
A. A. 「挑戦し成し遂げたこと」について。私は〇〇市の方々と小学生200人が参加する「科学教室」の運営を行った。そのイベントは、小学生に科学を身近で楽しいと感じてもらうことを目的としたもので、私達は企画をする際二つの軸を設定した。1つはインパクトがあることだ。小学生が楽し...
Q. NRIは、国内外の大企業、官公庁など幅広い顧客と接点を持ち、顧客の課題を発見したうえで、その解決策となる戦略・政策の提言や実行支援を行っています。NRIの顧客となりうる企業を一つ選び、その企業が直面している問題点を一つあげてください。また、その問題の原因と、企業が取るべき解決策について、あなたの考えを教えてください。
A. A. 私は、自動車保険業界が顧客になりうると考える。直面している課題は、高齢者の事故が増えることに対する保証額の増加である。近年、高齢者の自動車での交通事故が増加している。少子高齢化が社会問題となっている中、自動車での交通事故は今後、増加していくと考える。そういった問題...
閉じる 質問と回答をもっと見る

20卒 本選考ES

経営コンサルタント
男性 20卒 | 法政大学 | 男性
Q. 経営コンサルで実現したいこと、及び実現する場として当社を志望する理由を教えてください。(400文字以下)
A. A. 私は将来、人が誰に頼ろうかと考えた時に一番初めに思い浮かぶ人になりたい。このような人は周りの人からの人望が厚いだけでなく、能力が認められている人であると私は思う。これを理想とする上で、近い将来においてまずは能力を確実に身に付けておきたい。能力を身に付けるためには、...
Q. 貴方が大学入学後に乗り越えた困難、挑戦し成し遂げたこと、最も力を入れた勉強からいずれかのテーマを選び、具体的に教えてください。 特に難しかった点、その原因、及び自分なりに創意工夫した点を重点的に教えてください。(400文字以下)
A. A. 私は学生時代にバックパッカーをしており、今まで21カ国(バングラデシュ、イラン、ブラジルなど)を回りました。上記の国は日本でのイメージが実際の治安以上に悪く査証取得の煩雑さや検査続きの国境越え、交通機関の不十分さゆえの不便さも含めて容易な旅はできません。自分の主張...
Q. NRIは、国内外コンサル大企業、官公庁などの幅広い顧客と接点を持ち、顧客の課題を発見した上で、その解決策となる戦略・政策の提言や実行支援を行っています。NRIの顧客となりうる企業を1つ選び、その企業が直面している問題点を1つ教えてください。また、その問題の原因と、その企業が取るべき解決策について、貴方の考えを教えてください。(400文字以下)
A. A. 私はイオン株式会社における、スーパーマーケット事業の不振が問題点だと考える。 原因として、高齢化・晩婚化によるファミリー層の減少、単身・シニア層の増加が挙げられる。イオンは郊外に大型店を構え、子供連れのファミリー層に安い商品を大量購入してもらうコンセプトであった...
閉じる 質問と回答をもっと見る

20卒 本選考ES

コンサルタント
男性 20卒 | 東京大学大学院 | 男性
Q. ・このキャリアフィールドで実現したいこと、および実現する場として当社を志望する理由を教えてください。(400文字以内で簡潔に記入してください)
A. A.  私は日本企業が健全に経営を行い、世界で競争力を持ち続ける事ができる社会を実現したい。近年、かつて世界でトップであった日本企業でさえ、経営戦略の誤り等から国際的な競争力を低下させている。一人の研究者として、日本企業の技術力はまだ世界で戦えると信じており、それに貢献...
Q. ・あなたが大学入学後、「乗り越えた困難」、「挑戦し成し遂げたこと」、「最も力を入れた勉強(研究・ゼミ・授業など)」からいずれかのテーマを選び、具体的に教えてください。 特に、難しかった点、その原因、及び自分なりに創意工夫した点を重点的に教えてください。(400文字以内で簡潔に記入してください)
A. A.  私が最も力を入れて取り組んだのは大学の卒業研究だ。卒業研究では‘物理’と全力で向き合おうと考え、前例がなくその手法開拓から手探りで始める必要のある挑戦的な課題を選んだ。その際、年度末の学会で発表できる成果を出すことを目標に定め計画的に実験を行った。  手法開拓...
Q. ・NRIは、国内外の大企業、官公庁などの幅広い顧客と接点を持ち、顧客の課題を発見したうえで、その解決策となる戦略・政策の提言や実行支援を行っています。 NRIの顧客となりうる企業を1つ選び、その企業が直面している問題点を1つ挙げてください。また、その問題の原因と、企業がとるべき解決策について、あなたの考えを教えてください。(400文字以内で簡潔に記入してください)
A. A.  パナソニックを対象とし、課題をエアコン事業の成長とする。同社は中期経営計画の中で5つの成長事業を定めている。車載電池等の4分野においては技術開発に大きな投資をしており、状勢を静観する段階だと考える。一方でエアコン事業は状況が異なる。エアコンは世界的に技術が飽和し...
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 20卒 | 東京農工大学大学院 | 女性
Q. このキャリアフィールドで実現したいこと、および実現する場として当社を志望する理由を教えてください。 ※エリア職システムエンジニアを志望される方は、志望する地域で活躍したいと考える理由もあわせてお書きください。
A. A. 私は、産業ITソリューションに携わり、豊かな暮らしと低環境負荷社会を両立する社会システム作りに貢献したい。具体的には、地球上に存在するすべての人・モノのエネルギーを管理し、効率よく使用するマネジメントシステムの構築を目指している。環境問題への興味から、LEDの材料...
Q. あなたが大学入学後、最も力を入れて取り組んだことについて教えて下さい。 特に「なぜそれに取り組んだのか」「難しかった点」「その原因」「自分なりに創意工夫した点」を重点的に教えてください。
A. A. 私は研究活動における新規物質の作製に力を入れた。研究者として、0から一を作り出したいという思いから、チームの立ち上げに立候補しリーダーを務めた。研究物質は先行研究が少なく、私の持つ実験装置では作製が難しいとされており、実際に実験を行っても作製は成功しなかった。失敗...
男性 20卒 | 名古屋大学大学院 | 男性
Q. あなたが大学入学後、最も力を入れて取り組んだことについて教えてください。特に「なぜそれに取り組んだのか」「難しかった点」「その原因」「自分なりに創意工夫した点」を重点的に教えてください。(400字)
A. A. カフェアルバイトで、コーヒー豆責任者としてコーヒー豆の売上回復に尽力しました。 限定店舗でのみ販売されるコーヒー豆の撤退を受けて顧客が離れ、売上が減少したためです。私はコーヒー豆目的の顧客増加の必要性を感じ、まず既存顧客の大半を占める高齢層とファミリー層に着目し...
Q. このキャリアフィールドで実現したいこと、および実現する場として当社を志望する理由を教えてください。(400字以内)
A. A. 私は貴社のAEとして、業務理解力やシステム構築の技術力、マネジメント力を十分に培った後、お客様に寄り添い戦略立案や課題解決策提案を行うことでよりお客様の市場価値を高めることができるITコンサルタントになりたいと考えています。このキャリアを実現する場として、以下の2...

18卒 本選考ES

テクニカルエンジニア
男性 18卒 | 東京大学大学院 | 男性
Q. (1) このキャリアフィールド(職種)で実現したいこと、および実現する場として当社を志望する理由(400)
A. A.
私はテクニカルエンジニアとしてお客様に提案するシステムの技術面での知識を深め、技術のスペシャリストとして物理学を学ぶ中で培った原理に遡って考え検証する能力を活かして 貴社のコンサルティングのサポートに貢献したといと考えています。 アプリケーションエンジニアに比べてお客様との距離は遠いですが技術との距離は近いため最先端の技術に精通することができ、キャリアパスを考えた上でも技術の理解を深めた上でコンサルを行うことでより説得力の高い提案が可能になると思います。 特に貴社は金融系のシステム開発で高い水準を誇っており、今後はフィンテックや機械学習の応用など常にホットな話題が絶えなく、知的好奇心を満たしながら働けるフィールドだと思いました。また新人研修や研究費に充てる費用が豊富なため人材を大切に扱い新しい事にも挑戦しやすい環境であり同業他社に比べて最先端なビジネスが行える点に魅力を感じ志望致しました。 続きを読む
Q. (1) 大学入学後力を入れて取り組んだこと。なぜそれに取り組んだか、難しかった点、その原因、自分なりに創意工夫した点(400)
A. A.
私は学部生の間、軽音系サークルに所属し副部長を担当しました。 これまでは学園祭を除くと外部と関わるイベントがなく完全に閉じた環境でサークル活動をしていたので新しい方向転換として他大学との交流を深めるために合同ライブを副部長として企画しました。 今まで合同ライブを企画した経験がないためマニュアルがなくゼロからのスタートでした。引退後も後輩が外部との交流を絶やさないように参照しやすいマニュアル作りに努めました。連絡方法や費用はもちろんのこと、失敗したことや当時の心境を記載することで同じ失敗を繰り返さないための対処法を共有できたと感じています。実際に企画後は学園祭の来場者数や他大学とのライブの機会も増えました。 これまでの良い風習は踏襲することは大事ですが、この様に主体的に新しい風を吹き込むために副部長として企画し実行する経験を活かして新しい事に挑戦し続ける精神を貴社においても大事にしていきたいです。 続きを読む

18卒 本選考ES

経営コンサルティング
男性 18卒 | 早稲田大学 | 男性
Q. このキャリアフィールドで実現したいこと、および実現する場としてNRI(若しくはNRIセキュア)を志望する理由をお書きください。
A. A.
私にはなりたい人間像があり、それは、仕事やプライベートに関わらず、会う人々に「この人と関わりたい」と思われるような魅力的な人間になることである。これまでに魅力を感じた人には、「物事を深く考えている」、「周囲に尊敬し合える仲間がいる」、という2つの共通点があった。私は尊敬できる優秀な仲間と切磋琢磨し、目標となる憧れの上司と共に仕事ができる環境に身を置くことが、自分が魅力的な人間になるために必要であると感じる。モノを持たず、ヒトが資本となるコンサルティング業界において、自分の頭で考え、仲間と議論しながら自らの専門性を高める努力を重ねているコンサルタントという存在に憧れを覚える。常に結果が求められる厳しい環境下においても、適切な戦略の立案から実行支援まで幅広く行うことで、結果を出し続けている貴社のコンサルタントの一員としてクライアントの様々な問題を解決するプロフェッショナルな人材になりたい。 続きを読む
Q. ゼミでの研究内容
A. A.
CSRをテーマに、企業経営と社会の関係を考察している。特に金融市場が経営に与える影響に注目している。 続きを読む
Q. 「あなたがこれまでに乗り越えた困難」、「挑戦し成し遂げたこと」、「大学で最も力を入れて勉強したこと」のいずれかを選び、具体的に教えてください。特に、自分なりにこだわった点や創意工夫した点を、その理由とともに教えてください。
A. A.
力を入れた活動として、国立台北大学との共同発表のリーダーを全うしたことをあげる。ゼミの専攻分野が共通する台北大学の学生とCSRに関する英語での発表と議論を行った。私たちのゼミは役割分担するあまり、全体の一貫性を失う傾向があった。同じ失敗は絶対にしたくないと感じ、全体像を共有することを強く意識した。認識の齟齬をなくすために全体ミーティングの回数を倍増させ、不参加者も議論の流れを把握できるようドライブ上で議事録を共有した。目指すゴールが明確化し、全員が目標に向かう思いが強まった。1週間前には、全員で12時間研究に集中し、満足のいく状態で当日を迎えた。趣旨が一貫したプレゼンは、活発な議論を生み、双方の主張を統合させた結論を導き出すことができた。共通目標を持った組織が持つ力は非常に大きく、組織で成し遂げる喜びを実感した。また、メンバーが自発的に活躍できる土壌づくりがリーダーの役割であると改めて痛感した。 続きを読む
Q. あなたの考える企業の経営課題をひとつ挙げてください。また、その課題の原因と解決策について、あなたの考えを具体的に教えてください。(500文字以内)
A. A.
日本の大手ゼネコンに対して、海外事業所における現地の人の採用数の増加を提言する。日本のゼネコンは海外進出を計画している企業が多いが、実際に世界の建設需要と比較すると、日本企業が施工を行っている件数は多くはない。その背景には、日本人の建設業界の人手不足が挙げられる。現状として、世界における建設需要の加速が予測されている。その需要に対してアプローチをするためにも、日本の技術力や工期通りに高い性能の建物を完成させるノウハウを現地の人々が実践することが必要であると考える。そのために、日本で難しい人の確保を人口が増えている海外で行うことで、その問題を解消することができる。また、現在、官民連携となってインフラ輸出を推進しているが、このプランの実行が可能となれば、インフラ輸出に加え、建設技術の輸出が可能となり、このふたつを組み合わせることで、その国々に必要な「都市」をパッケージとして輸出することができる。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る

18卒 本選考ES

アプリケーションエンジニア
男性 18卒 | 同志社大学 | 女性
Q. このキャリアフィールドで実現したいこと、および実現する場として当社を志望する理由を教えてください。(400字)
A. A.
私はAEというフィールドで、ITソリューションを提供することで企業の成長、および日本経済全体の発展に貢献したいと考えています。私がIT業界を志望する理由は二点あります。一つ目はIT企業での一ヶ月のインターンシップを通して、ITというツールによって企業の成長を促進することへの無限の可能性を感じたからです。二つ目は目まぐるしく革新するIT業界であれば常に挑戦、成長できると思うからです。その中でも貴社を志望する理由は三点あります。一点目は規模が大きく幅広い分野の事業領域に関わることができるため。二点目は上流工程からシステム開発まで一貫して携わることで顧客に最適なソリューションを提供できるノウハウがあるため。三点目は1dayジョブやセミナーでお会いした社員の方々が大変いきいきとされていて、魅力を感じたからです。自分の強みである粘り強さを活かして顧客の理想を徹底的に追求したいです。 続きを読む
Q. あなたが大学入学後、最も力を入れて取り組んだことについて教えてください。特に「なぜそれに取り組んだのか」「難しかった点」「その原因」「自分なりに創意工夫した点」を重点的に教えてください。(400字)
A. A.
塾講師のアルバイトで、担当した中高生計4人を当初の予定より偏差値が高い志望校に合格させたことです。取り組んだ理由は二点あります。一つ目は高い目標を掲げ達成したかったから。二つ目は生徒に自分で決めた限界を突破してほしかったからです。難しかった点は、生徒のモチベーションを上げることです。どの生徒も能力はあるにも関わらずモチベーションの低さが課題でした。そこでヒアリングをした結果、解けない問題ばかりで自信を失っていたり、現状に満足していたりとそれぞれに原因が違っていました。しかしこれらは勉強面でのサポートに加え精神面でのサポートをすることで解決できると考えました。例えば、現状に満足している生徒には授業の中で、自分の経験から高みに挑戦することの意味を話しました。自信がない生徒は質問が苦手だったので、表情の変化を見逃さず、こちらが先に気付き再度解説を行って疑問が解決できない不安を取り除きました。 続きを読む

18卒 本選考ES

テクニカルエンジニア
男性 18卒 | 早稲田大学大学院 | 男性
Q. このキャリアフィールド(職種)で実現したいこと、および実現する場として当社を志望する理由を教えてください。※エリア職システムエンジニアを志望される方は、志望する地域で活躍したいと考える理由もあわせてお書きください。(400文字以内で簡潔に記入してください)
A. A.
最先端のITへの理解を深め、顧客の問題解決のためのシステム開発において、技術面で開発をリードしていける存在になりたいと考えています。 私たちは、ITを利用しようと思えば、利用できる環境にいます。そして、ITを適切に利用すれば、私たちが抱える問題の多くを解決することができます。しかし、多くの人は、ITに対する認識不足や知識不足が原因で、ITを自身の問題解決に活用出来ずにいるように感じます。私は、こうした人々の問題解決を技術面から支えていきたいと考えています。こうした考えから、私はTEを志望しました。 また貴社は、業界のリーディングカンパニーを顧客としているため、世の中に与える影響が大きくなります。同時に、前例にない規模、質のシステムが求められるため、先端技術が必要な場面も必然的に増え、TEは重要な役割をになうと考えます。そのため、私は貴社を志望しました。 続きを読む
Q. あなたが大学入学後、最も力を入れて取り組んだことについて教えて下さい。 特に「なぜそれに取り組んだのか」「難しかった点」「その原因」「自分なりに創意工夫した点」を重点的に教えてください。(400文字以内で簡潔に記入してください)
A. A.
私が最も力を入れたことは研究活動です。私の研究内容は、◯◯の開発です。私は、この研究テーマに決めるにあたり、機会学習(ソフト)とセンサー(ハード)の知識を学べること、そして、その知識を活かして、日常的に感じる人々の不便を解消する機能を創ること、新規性があること、この三点を軸に思案し、実行しました。 研究を進める上で、最も困難となったのは、ソフトとハード面の知識不足です。私は、研究室配属以前にそれらに技術的に触れたことがなく、専門知識はゼロからのスタートでした。その中で私は、何事もまず自ら学び、わからない点をはっきりさせるよう心掛けました。その上で誰かに意見を求めるときには、何がわからないのか、何故それを知りたいのかを伝え、その時私が求める答えや新しい視点からの考え方を引き出せるよう工夫しました。 続きを読む
Q. 得意科目、その他(50文字まで)
A. A.
数学と物理が得意だった為、応用物理学科に入学。修士では、機械学習とプログラミングを中心に学習。 続きを読む
Q. アルバイト、ボランティア(50文字まで)
A. A.
学部では、塾講師と結婚式場のアルバイトを経験。修士では、学部生の授業のTA。 続きを読む
Q. 趣味、スポーツ(50文字)
A. A.
趣味は、海外ドラマや映画鑑賞。スポーツは、スノーボードやサッカー、たまにテニスをします。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 17卒 | 東京工業大学大学院 | 男性
Q. このキャリアフィールドで実現したいこと、および実現する場として当社を志望する理由を教えてください。500字
A. A.
私はテクニカルエンジニアとして貴社の基盤サービス本部に所属し、上流工程からシステム基盤設計に携わり多様なお客様に対してソリューション提供を行いたいと考えています。貴社では業界の中でも特に豊富な顧客層を有しており多様な仕方で社会に貢献ができるものと考えています。また私は技術革新についていくことで自分の成長を促したいと考えています。貴社のような高品質なシステムの構築に関わることで最新の技術知識が必要となり業務を通して習得していけるものと思います。 中でも特に私が興味あるのは「データマイニング自動化ソリューション」のシステム基盤構築です。私は学部時代から大学院にかけて人間行動に興味があり理論研究を重ねてきたこともあり、データ分析構築に興味があります。その際貴社の強みである「トータルソリューション」が活きてくると思います。社会・産業の予測をし、業務改善の為にはどのようなデータ分析が必要となるのかのコンサルティングから入り、それを実装することでお客様にとって最適なシステムが構築できるものと考えています。 続きを読む
Q. 現在の研究テーマやゼミの内容、もしくは学生時代に最も力を入れて勉強したことについて説明してください。 自分ならではの創意工夫をした点、自身にとっての気付きについても、具体的にお書き下さい。 (500文字以内で簡潔に記入してください)
A. A.
 私の修士論文における研究分野は、“協力の進化”という分野で、中でも“相互扶助制度”に関する研究を行っております。これは集団から個人に対する協力行動の研究であり、個人から個人あるいは個人から集団への協力行動といった既存の研究には見られなかった知見が得られると考えられます。  創意工夫した点としては、理論研究では明らかにできなかった“偶然”の要素をシミュレーションによって浮彫りにしたこと、当分野では疎かにされがちな現実社会との対応関係についても考察したことが挙げられます。  この研究で気づいたことすなわち研究結果としては、“間接互恵性”というメカニズムが個人から個人への協力行動のモデルに比べて、ここで扱っている集団から個人への協力行動のモデルの方が有効にはたらくことが分かっております。このメカニズムは、自分の他者に対する協力がその他者から直接返ってくるわけではないが、巡り巡って誰かから協力をしてもらえる、というものです。実はこの間接互恵性には何百通りもありますが先行研究を援用して検討すべきものを8種類に絞り効率的に研究を行えたことも工夫点であると思います。 続きを読む
Q. これまでにあなたが挑戦したことについて教えてください。 なぜそのような挑戦に至り、どのように困難を乗り越えようとしたか、周囲にどのような影響を与えたかについても、具体的にお書きください。 (500文字以内で簡潔に記入してください
A. A.
私は分野横断研究ができる大学院に入学し、修士論文とは別に廃棄物処理に関する共同学際研究に挑戦しました。 私はよくある“文系”“理系”という自分の可能性を狭めてしまう態度に不信感を抱いていました。課題解決には専門に限ったアプローチをするのではなく、それに必要な知見ならば専門に囚われず積極的に取り入れるべきだと常々思ってきました。私はそれが実現できる専攻に入学し、指導教官を含めた3人の研究者によって始められていた共同学際研究のチームに加わることになりました。 このような取り組みは私の理想ではありますが、それだけに困難も付きまといました。それはそれぞれの研究者の元々の専門によって考え方が異なることでした。その場合扱う課題に対して適切な考え方を採用する必要があります。私が研究に加わった際、研究チームの方々が私の専門分野の概念を他分野の考え方で捉えてしまっており、それを私が指摘し研究の方向性を変更するに至りました。 それ以来私は院生でありながら周囲に研究者として認められ、他大学に研究者としてセミナーに招聘されたり他の研究でも指導教官から信頼され一任されたりすることが多くなりました。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る

17卒 本選考ES

エリア職システムエンジニア(福岡)
男性 17卒 | 京都大学大学院 | 男性
Q. ◆このキャリアフィールドで実現したいこと、および実現する場として当社を志望する理由を教えてください。 ※エリア職システムエンジニアを志望される方は、志望する地域で活躍したいと考える理由もあわせてお書きください。 (500文字以内で簡潔に記入してください)
A. A.
ITを駆使するスキルを習得し、社会に大きな影響を与える仕事がしたいです。私は趣味のプログラミングで、システムを提供し感謝される喜びとやりがいを知り、今後より多くの人により大規模なシステムを提供したいと考えています。そこで貴社のエリア職システムエンジニアを志望する理由は次の3点です。1つ目は貴社がリーディング企業を顧客に持ち、その根幹を担うシステムを生み出しているからです。数々の一流企業にソリューションを提供している貴社だからこそ、社会に与えるインパクトが大きいと考えます。2つ目は、福岡ソリューションセンターがトップレベルの技術者集団で構成されるからです。優秀な方々に囲まれながら、技術力と知識に飽くなき追求をできる環境が、好奇心旺盛な私の成長に繋がると考えました。3つ目は私の故郷である福岡に根付いて仕事ができるからです。私は福岡で生まれ育ち、大学進学のため一度福岡を離れましたが、やはり人の温かさや食の豊かさ等から、福岡への愛着を拭えず、福岡に骨を埋めたいと考えています。以上の理由から、福岡に拠点を構えながら、最先端ITに携われることに大変魅力を感じ、貴社の福岡エリア職を志望致しました。 続きを読む
Q. ◆現在の研究テーマやゼミの内容、もしくは学生時代に最も力を入れて勉強したこと(500文字以内) 現在の研究テーマやゼミの内容、もしくは学生時代に最も力を入れて勉強したことについて説明してください。自分ならではの創意工夫をした点、自身にとっての気付きについても、具体的にお書き下さい。(500文字以内で簡潔に記入してください)
A. A.
私は電磁界解析のコスト削減を主な研究目的としています。近年電気電子機器を設計開発する過程で電磁界解析が必要とされています。電磁界解析は対象を解析格子と呼ばれるもので切り分け、それら格子上で数値計算を行うのですが、微細な構造を持つ素子を解析する場合、格子全体が微細化し、膨大な計算コストがかかってしまいます。その解決策として、所望の領域のみ格子を細分化する手法が既に提案されていますが、精度や解析の安定性に課題を抱えているのが現状です。そこで私は、細分化格子の様々な構成法に取り組み、精度及び安定性の向上を図っています。私がこの研究において工夫を加えたのは、計算結果をいかに可視化するかという点です。具体的には、解析で得られた数値データを動画データに変換することに尽力しました。電磁波は目に見えないものであり、動画にすることでより明確に現象を理解できると考えたからです。この結果、それまで気づかなかった現象も発見できました。私はこの経験から、データは見方によって得られる情報が異なるものだと知りました。私はデータを従来と異なる角度から分析する力で、貴社の業務においても他者と違った視点を提供できます。 続きを読む
Q. ◆あなたが挑戦したことについて教えてください(500文字以内) これまでにあなたが挑戦したことについて教えてください。なぜそのような挑戦に至り、どのように困難を乗り越えようとしたか、周囲にどのような影響を与えたかについても、具体的にお書きください。(500文字以内で簡潔に記入してください)
A. A.
私は所属していたテニスサークルで、会長職として幹部の意識改善に挑戦しました。私の代の幹部たちは遅刻や欠席が多く、それが原因で練習開始が遅くなり、新入生に悪い印象を与える場面が目立ちました。また、コートでは他のサークルの活気に圧倒されて、新入生の集客数も芳しくない状況でした。その状況を改善すべく、私は自ら率先して、以下のことを実践しました。一つ目はサークルに一番に集合し、一度も休まないことです。部活動ではないため参加は任意ですが、私は誰がいつサークルに来ても会長がいる状況を作りたいと考えたからです。二つ目は誰よりも大きな声を出すことです。これはサークルの活気上昇に直接繋がるからです。上記のことに真摯に取り組むことで、次第に幹部たちの遅刻が減り、同期が「会長を見習って声出そう」と周囲を鼓舞する場面も出てきました。また以前より賑やかになり、新入生の数も増えていきました。幹部終業式では多くの人に「坂田が会長でよかった」という言葉を頂き、その達成感を今でも忘れません。このことから私は、主体的でひた向きな努力の継続が、周囲の意識改善につながり、ひいては団体の士気向上に結びつくことを学びました。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る

17卒 本選考ES

コンサルタント
男性 17卒 | 東北大学 | 男性
Q. ◆このキャリアフィールドで実現したいこと、および実現する場として当社を志望する理由を教えてください。500文字以内で簡潔に記入してください)
A. A.
私は様々な分野において自らの頭で価値を生み出すことで、目の前で困っているお客様を笑顔にできるビジネスパーソンになりたい。もう少し具体的に言うと、目の前のお客様のニーズに対して、お客様に寄り添いつつも、お客様の目線より上のところから物事を見渡すことで、お客様のニーズにその期待以上の成果を以て応えることができるビジネスパーソンになりたいと考えている。これを実現するために御社を志望する理由は以下の五つである。 ①私の目標の実現には御社が積み上げてきた様々な分野に対する深い知識・経験が不可欠と考えていること。 ②分野毎の配属でありその分野の業務を総合的に行っていること。 ③異なる分野でもつながりがあり、タスクによっては分野を横断してチームが組まれること。 ④育てる文化・フラットな文化・自由な文化と若手が成長する風土が整っていること。 ⑤社員の方が明るい人が多く、これなら大変な仕事であっても楽しく仕事に打ち込めると感じたこと。  勿論上記の目標を達成するには私自身が受動的ではなく、能動的に働く必要がある。容易な目標ではないが、御社で働かせていただけたらこの目標のために猛進していきたい所存である。 続きを読む
Q. あなたがこれまでに「1.乗り越えた困難」、「2.挑戦し成し遂げたこと」、「3.大学で最も力を入れて勉強・研究したこと」のいずれかを選び、具体的に教えてください。 特に、自分なりにこだわった点や創意工夫した点を、その理由とともに教えてください。 (400字以内)
A. A.
3、大学で最も力を入れて勉強・研究したこと=教育の正義の実現に向けて  私は一年生の時から、研究者を志していたこともあり研究室に通い、誰よりも勉学に励んできた。それは、全ての人々が幸せに生活するにはどうすればいいかを明らかにしたかったからだ。 私の多岐に渡る関心領域の中でとりわけ力を入れたのが教育哲学である。ここではその中の正義論について述べたい。正義論は教育における正義とは何かというのを検討するものだ。私は税金を基本的に認めず自由(市場)に任せるべきとする、リバタリアニズムという立場から検討している。教育の正義論はこれまでリバタリアニズムの立場から検討がなされたことはなく、私が世界で初めてであると自負している。 このような研究は論理力・知的体力・創造力を大きく必要とする。御社に入社した暁にはこれら力をフル活用して現実の問題と徹底的に向き合い社会の発展に寄与したいと思っている。 続きを読む
Q. NRIは、企業、官公庁などの幅広い顧客と接点を持ち、顧客の課題を発見したうえで、その解決策となる戦略・政策を提言しています。 あなたがNRIのコンサルタントになったとしたら、誰(企業、官公庁、地方自治体などの具体名を挙げてかまいません)に対してどのような提言をしたいですか。 課題、提言内容、そのように考えた理由を論理的に教えてください。(500文字以内)
A. A.
 私が提案したいのは、住友商事に対して、世界規模の教育ビジネスを行ってはどうか、ということである。まず、課題だが、住友商事は今岐路に立っている。住友商事については昨年・今年と資源系での赤字が報道されたが、資源系だけで見たら三菱商事や丸紅なども赤字を出している。これは企業内の問題ではなく、従来のように資源系で大きく儲けられなくなったことを示すものであろう。国際経済の変動の中で、総合商社も変革を求められている。人事面での取り組みも急務だが、とりわけ必要なのは新たな分野における事業開発であろう。 そこで住友商事に提案したいのが世界規模の教育ビジネスの展開だ。これを提案する理由は三つある。一つ目が社会のみならず、世界を飛び回る商社マンが多い社内においてもニーズがあることである。二つ目が住友商事はB tо Cの事業を長年地道に取り組み続けており、教育ビジネスの展開ができる素地があることである。三つ目は教育ビジネスというような短期的で展開させるのは難しいが、地道にやっていけば大きな利益が見込まれる事業は住友商事が得意とするものであり、また、現在求めていると感じたからである。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る

17卒 本選考ES

経営コンサルタント職
男性 17卒 | 東京大学大学院 | 男性
Q. このキャリアフィールドで実現したいこと、および実現する場として当社を志望する理由を教えてください。
A. A.
私はコンサルティングを通じて実現したいことは2つある。1つはグローバル化が加速する中で日本企業の成長を支援することだ。理由は、専門性を武器に企業の課題解決を支援していくことで、社会に新しい価値を創造し日本経済に貢献するのにやりがいを感じるからだ。 2つ目は顧客の立場に立って苦楽を共にする中で真に顧客から感謝される存在になることだ。これは一人の生徒の人間性に向き合って課題を解決して学力向上のために指導する家庭教師の経験に起因する。相手のために配慮し時に厳しくしながら、相手に行動してもらい実際成果が出たときに大きな喜びを感じる。 実現する場として貴社を志望する理由は3点ある。1点目は徹底して顧客の立場に立ち未来を見据えながら提案をするという貴社の理念に共感すること。2点目は貴社の風土である育てる・フラットな文化に魅力を感じること。これは研究室での経験で、若手でも自由に意見を言い合い挑戦できることが生産性を生み出し成長につながると感じたからだ。3点目は貴社が様々な事業領域を抱えており、好奇心が広く新しい環境にチャレンジしていきたい私の欲求を満たすとともに様々な未来を創るチャンスが多いと考える。 続きを読む
Q. あなたがこれまでに「1.乗り越えた困難」、「2.挑戦し成し遂げたこと」、「3.大学で最も力を入れて勉強・研究したこと」のいずれかを選び、具体的に教えてください。 特に、自分なりにこだわった点や創意工夫した点を、その理由とともに教えてください。
A. A.
私が乗り越えた困難は、英語が苦手で留年の危機にあった生徒の点数を40点以上伸ばしたことです。 その生徒への他教科の指導から生徒の能力は十分あるとわかっていました。ヒアリングの結果、点数が低い主原因は今まで英語のテストで良い点数を取ったことがない故にモチベーションが低いことだと考えました。 モチベーション向上のために3つの工夫をしました。1つは些細なことでもたく褒めること、もう1つは生徒の趣味や学校行事の話を親身に聞き雑談を盛り上げることです。特に、英語の小テスト対策をして良い点数を取ることで一歩ずつ成功体験を積ませることを重視しました。これは自分が家庭教師をされたときや受験勉強をしていたときの経験によるものです。 その結果、40点以上伸ばして過去最高となる80点台の点数を取ることが出来ました。 生徒の人間性に向き合いながら、生徒のモチベーションや学習態度を改善させました。 続きを読む
Q. NRIは、企業、官公庁などの幅広い顧客と接点を持ち、顧客の課題を発見したうえで、その解決策となる戦略・政策を提言しています。 あなたがNRIのコンサルタントになったとしたら、誰(企業、官公庁、地方自治体などの具体名を挙げてかまいません)に対してどのような提言をしたいですか。 課題、提言内容、そのように考えた理由を論理的に教えてください。(500文字以内) ※この設問も含め、記述内容は面談の題材として使用します。 ご自身が議論し易い顧客や課題を自由に設定してください。過去の応募内容と重複しても結構です。 ※知識や情報の正確性は問いません。ご自身の考えと、その根拠をお書きください。
A. A.
日本の製薬産業発展のために日系製薬大手に提言をしたい。日本の製薬産業の課題は、欧米企業と比べた際に新薬開発力(開発資金とインフラ)に大きな差があり今後その差はますます拡大する恐れがあることだ。これは有効な新薬を開発した企業が利益を数十年間独占する製薬業界の特殊性が関係し、開発力の低下→新薬開発ペースの低下→売上げの低下→開発力強化への投資が低下→開発力の低下、という負のスパイラルが懸念される。もう一つの課題として、日系企業の多くは海外販売網が不足しており、せっかく有効な新薬を開発してもその価値を活かしきれていない。 そこで有効な解決策は早めに欧米企業と資本提携をすることと考える。提携により両社の研究開発力を強化できるとともにお互いの海外販売網も活かすことが出来てWin-Winの関係ができる。表面上の提携ではなく、身内となりお互いの利益を一致させることで相互の機密情報・リソースを共有できる。今から欧米企業と同等の開発資金を用意するのはほぼ不可能、また新薬の種をもつバイオベンチャーの多くは既に欧米企業に投資されていることから、欧米企業との差が拡大し過ぎる前に資本提携をすることを提案する。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 17卒 | 京都大学大学院 | 男性
Q. このキャリアフィールドで実現したいこと、および実現する場として当社を志望する理由を教えてください。 ※エリア職システムエンジニアを志望される方は、志望する地域で活躍したいと考える理由もあわせてお書きください。 (500文字以内で簡潔に記入してください)
A. A.
超上流からトータルソリューションできるうえ、証券取引を支える技術力のある貴社で金融システムを発展させたいです。もともと、大きな構造物を作りたいと思い、高専の土木工学科に入学し、大学に編入しました。ただ、大学生の時にアルバイトしていた会計事務所で、利息にかかる税金を自動で計算するプログラムを作り社員の方に喜んでいただいた経験から、モノを対象とするより人に喜んでもらえるほうがおもしろいなと思うようになりました。また、システムの中でも、会計事務所での経験や講義で勉強した経済学が面白かったこと、経済のニュースを読むのが好きなことから、金融関連に興味を持ちました。金融を担当しているSierの中でも、優秀なコンサルタントが多数在籍しているため超上流からアプローチができる点、利益率が高い、つまりより人に喜んでもらえる付加価値の高いシステムを作ってきたうえ、即時性のある日本の大手証券会社の取引を支えてきたという実績がある点、優秀な人が多く自己成長しやすい場があるという3点から、貴社でよりよい金融システムの発展を担いたいと思いました。 続きを読む
Q. 現在の研究テーマやゼミの内容、もしくは学生時代に最も力を入れて勉強したことについて説明してください。 自分ならではの創意工夫をした点、自身にとっての気付きについても、具体的にお書き下さい。 (500文字以内で簡潔に記入してください)
A. A.
私は、公共工事のコストダウンのためにPC橋の新しい補強工法を研究しています。私の研究である構造形式は、接合される側の強度が高い場合成立します。しかし補修の際に用いる形式であるため、接合される側の強度が低い場合の破壊挙動も知る必要があります。強度の低いブロック同士を接着した供試体と、低いものと高いものを接着した場合とで、実験値と解析値の強度の大小が異なる結果になりました。このままでは結果にならないと思い、まずは自分で原因を探しましたが、見当たりませんでした。そこで、共同研究先の方にアドバイスをいただき、解析で応力がどのようにブロックにかかったのかを辿ると、実験では強度が高いブロックに応力が集中しているが、解析では要素ごとに応力を判定するため、強度が低いブロックに集中していることがわかりました。また、実験の写真を見直した時に、供試体が似通った場所で破壊していることを見つけました。詳しい解析結果を観察していると、特定の箇所に応力が集中して破壊していることがわかりました。この経験により、色々な角度から自分で物事を考えることと、わからなければ思い切って詳しい人に聞くことが大切だと感じました。 続きを読む
Q. これまでにあなたが挑戦したことについて教えてください。 なぜそのような挑戦に至り、どのように困難を乗り越えようとしたか、周囲にどのような影響を与えたかについても、具体的にお書きください。 (500文字以内で簡潔に記入してください)
A. A.
私は、様々な年代の方々と物事を円滑に進める力があります。高専の卒業研究の際、他研究室の先生と学生、共同研究先の企業の方々と毎週1回実験をする機会がありました。なんとなく実験を終わらせることもできましたが、高専生活の集大成である卒研をよりよいものにしたいと思い、取りまとめ役を自ら志願して行いました。はじめは、知らない相手に緊張してしまい指示がうまく伝わらなかったり、作業員の手伝いをするあまり適切な指示が出せず全体の進行が遅れたりしてうまくまとめることができませんでした。そこで、まず自分は作業を行わず実験の全体の流れを見渡すようにしました。また、作業員の方は年上ではあるがあくまでも指示される立場であることを意識し、簡潔かつ明確に指示を行うことを心がけました。その結果、最終的に実験時間が3/4に短縮しました。また、実験も無事に成功し、最後にはこの高専に研究を頼んでよかったと言って頂きました。貴社においてもこの経験は、プロジェクトの詳細設計やプログラミングの部分を遂行する際に役立つと確信しています。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る

17卒 本選考ES

アプリケーションエンジニア
男性 17卒 | 同志社大学 | 男性
Q. このキャリアフィールドで実現したいこと、および実現する場としてNRI(若しくはNRIセキュア)を志望する理由をお書きください。(500字以内)
A. A.
私は貴社のAEとして、IoTやタブレット端末等の増加に伴う通信量の増加により、ますます高速化が求められる通信インフラの整備事業に携わりたい。私は、所属しているアカペラサークルでの楽譜の共有方法を、従来の紙媒体からPDFやmidiといった電子媒体にし、OneDriveによるクラウドを利用する事でスマートフォンを持つサークル員が「いつでも、どこでも、誰でも」楽譜を共有できるシステムの提案を行った。この経験からITを利用する事で大幅に無駄を省き、多大なる利便性を享受できると実感し、将来この利便性を享受する側から提供する側にまわりたいという思いが生まれた。また、そういったITの利便性を最大限に発揮するためにはITの基盤となる健全な通信網が不可欠だと考え、システムにおける業務領域を担当するAEを選択し、通信インフラの整備事業に携わりたいと考えた。その中でも、創業以来約50年間培ってきたリサーチ力、知識、ノウハウという強みと、社員の方にOB訪問する中で感じた「納期までの限られた時間内でより良いものを顧客に提供する」という業務に対する誠実さ、顧客のことを常に第一で考えている姿勢を持つ貴社であれば、顧客に対して最適な提案を行うことができると考え、貴社を志望した。 続きを読む
Q. あなたが「乗り越えた困難」、「挑戦し成し遂げたこと」、「大学で最も力を入れて勉強したこと」からいずれかの1つを選び、具体的に教えてください。特に自分なりにこだわった点や創意工夫した点を、その理由とともに教えてください。(400字以内で記入してください。)
A. A.
アルバイト先の焼肉店の研修を歴代最速で明けたことだ。私は三回生の7月から寮の先輩の紹介で焼肉店に働き始めた。私は「自分の頑張りと成果→先輩の評価」、「スピード感ある目標の達成→今まで自分に足りなかった経験なので自身の成長に繋がる」と考え、創業から7年の歴史上最速で研修を明けるという目標を立てた。目標達成の為に研修を明ける条件である①質の高い接客、②豊富な肉の知識、を踏まえた上で対策を練り、①を満たすには接客において社員の評価が最も高い4回生の先輩の接客をよく観察し実践に移す、また疑問に思った事は4回生の先輩に聞くようにした。②を満たすには継続して自学自習する事が最も効果的と考え、配布された肉の部位に関する参考書を熟読した。上記の二点を継続して実践した結果、2か月16日という店舗開業以来最短の日数で研修明けを果たし、寮の先輩の評価も上がり、目標は達成された。この中で私はお客様目線で接客を行う事の重要性、継続は力なり、という事を学び、業務に真摯に取り組んできた結果、現在はバイトリーダーに任命され、店舗の売り上げに貢献すべく「時給以上の価値のある接客を行う」という意識を持たせるよう後輩の教育に励んでいる。 続きを読む
Q. 現在の研究テーマやゼミの内容、もしくは学生時代に最も力を入れて勉強したことについて説明してください。特に、自分ならではの創意工夫をした点や自身にとっての気付きがあれば、具体的にお書き下さい。(500字以内)
A. A.
私が卒業研究において取り扱うテーマは、「日本の労働人口の約49%がAI、ロボットで代替が可能になる事から生じ得る失業問題に対する現代の経済システムの再考」である。私本テーマを選択するにあたり①卒業研究は一年間という長い期間を費やして作り上げるものなので、自分の関心を反映したものにすることで研究への取り組みを意欲的なものにする。②就職活動により研究を進める時間が割かれることから、研究内容と志望職種とをできる限り関連性を持たせたものにし、自分がこの先約3〜40年付き合っていく事になる仕事への理解を深める機会にする。という二つの工夫を反映させた。これにより、民間シンクタンクの発表する情報社会の現状や、数年後の動向予測に関する研究報告書、具体的には第230回NRIメディアフォーラム等の資料、を読み業界理解を深めることができると同時に、研究の参考資料の分析を行うことができ、研究と就職活動を同時進行させて限られた時間を効率的に使うことができている。この中で私は課題に対するアプローチにおいて重要なのは「有限な時間の効率的活用」と実感し、貴社におけるシステム開発における進捗管理を計画通りに進め、お客様の納期に遅れることのない高品質なシステム提供に貢献したい。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 17卒 | お茶の水女子大学 | 女性
Q. このキャリアフィールドで実現したいこと、および実現する場として当社を志望する理由を教えてください。(500文字以内)
A. A.
今までになかった新たなビジネスの分野を開拓し、人や企業の「こうなりたい!」という希望を叶える助けになりたい。ITは今までになかった、また出来なかったサービスや価値を作り出す力がある。大学で少子高齢化社会の問題についての研究をしているが、IT技術を使えば潜在的な労働力を活用したり、場所を移動することなく仕事ができるようになったりすることが可能であり、高齢者や子育て世代の就業も容易になるだろう。「こうであったらいいなあ」という理想が実現に近づく、可能性に満ちた分野である。貴社は長年培った高い技術力ときめ細やかな分析力を持ち、多くの業界動向を熟知し、顧客の現状から課題を読み取り、問題解決や新たな提案を行うコンサルティングにも強みがある。そのような貴社で自分の強みである、「人とコミュニケーションを取り、潜在的なニーズを聞き出せること」が活かせると思い志望した。相手の要望や状況をくみ取り分析することに加え、専門知識や技術を身に付け、顧客のビジネスを応援したい。また新しいシステムに基づくビジネスチャンスを共に拓いたりすることに取り組みたい。 続きを読む
Q. 現在の研究テーマやゼミの内容、もしくは学生時代に最も力を入れて勉強したことについて説明してください。自分ならではの創意工夫をした点、自身にとっての気付きについても、具体的にお書き下さい。(500文字以内)
A. A.
経済学と法学のゼミに属し、消費者、生活者の視線から社会問題を考察し、その解決策を探る研究に取り組んできた。卒業論文のテーマは、高齢化社会と子供の貧困についての考察である。日本は少子高齢化時代に入った。高齢者に対する社会保障費は財政に重い負担だ。一方、少子化に対する政策、財政支援は高齢者に対してほど厚くはない。また、子供の貧困は先進国である我が国においても低いとは言えない。国の将来を考えると、子供に対して、またその親世代に対しての支援が必要不可欠である。高齢化社会において、若い子育て中の世代は高齢者を支えるための社会保障費の負担は重く、子供を産み育てる環境が整っているとは言い難い。高齢者といえども働ける間は働いてもらえるようにし、自立を促し、子育て世代に社会保障費を回すようにするなど、子供を安心して産み育てることのできる社会にしていかなければならないと思う。子供の貧困は子供自身には責任のないことであり、不当なことに思われる。このような見地から現状の分析と解決方法を探りたい。 続きを読む
Q. これまでにあなたが挑戦したことについて教えてください。なぜそのような挑戦に至り、どのように困難を乗り越えようとしたか、周囲にどのような影響を与えたかについても、具体的にお書きください。(500文字以内)
A. A.
二年後期の授業で学生45人のリーダーとして参加し、起業家と大企業のビジネスマッチングイベントを作り上げたことである。起業家の働き方を知る機会であり、主体的に関わりたいと思い、リーダーに立候補した。学生は4グループに分かれて活動したが、活動中、情報共有が上手くいかなかった。どのグループもグループ「内」の情報共有、意志疎通はできていたが、グループ「間」はできていなかった。授業の回数という制約があり、直接話す機会が少なかったため、私はSNSで情報共有に取り組んだ。直接会うときには、「人と話すことが好きで、人の名前と顔、話の内容をずっと覚えていられる」という私の特性を活かして、メンバーを観察し、各々の性格に合った声掛けをし、メンバーの進捗を把握するよう心掛けた。グループ「間」の情報共有もできたため、イベント当日はメンバー全員が、自分の仕事だけでなく、他の人の仕事も理解し助け合うことができた。団結して共同作業を行うには、(1)全員の意志疎通、情報共有(2)自ら率先して動き信頼を得ること(3)現状に満足せず、常に問題意識を持ち、解決していく姿勢が重要だと学んだ。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る

17卒 本選考ES

コンサルタント
男性 17卒 | お茶の水女子大学大学院 | 女性
Q. このキャリアフィールドで実現したいこと、および実現する場としてNRI(若しくはNRIセキュア)を志望する理由をお書きください。
A. A.
コンサルティング業務は未来を予見し問題点を抽出し、解決方法を計る仕事です。「明るい未来を、創ること」、それを次の世代に引き継ぐこと、それが人間の究極の使命です。御社の未来創発という企業理念に深く共感し、御社であれば、「明るい未来を次の世代に引き継げる」と思い、志望いたしました。私自身、当事者意識が薄い状態で、社会の問題は他所の誰かのもので勝手に解決されると思っていました。しかし、ある出来事があり、未来を創る当事者意識が出てきました。コンサルティング業務はクライアントの利益を追求しながらも、公共性の高さを重んじ、予測、立案、提言は政策にも反映されるものです。最善の答えをクライアントに提示することに、一貫した哲学がなければ何の説得力もありません。コンサルタントはそのような一貫した哲学を持つものであると私は考えます。大学院の学びの中で、私は産・官・学の連携の重要性を感じ、また重要でありながら分断されることが多いのが現実です。コンサルティング業務は、産・官に大きな影響を与えることができます。そして、それらを繋げると同時に学の方への繋ぎとして、私の力が一助となれば、幸いです。 続きを読む
Q. あなたがこれまでに「乗り越えた困難」、「挑戦し成し遂げた」、「大学で最も力を入れて勉強したこと」のいずれかを選び、具体的に教えてください。特に、自分なりにこだわった点や創意工夫した点を、その理由とともに教えてください。(400字以内)
A. A.
「グローバルな人財となるため」 高校の恩師は社会の教師でした。彼の授業の中で世界との繋がりが深い今、宗教について学ぶ必要があると感じました。どの国の根本にも宗教があり、それを知ることは相手を知るために肝要です。私は学ぶにあたり、客観的な視点のために宗教的中立性と寛容性にこだわりました。また、私の主専攻は紀元前3世紀から続く哲学です。哲学は「万学の祖」でありながら、現在は斜陽です。そこで1970年代に学問として認められた女性学に注目しました。そして、「男性主体の哲学の世界に女性主人公の物語」を加えるため、創意工夫し、現在制作中です。また、哲学は「知を愛する」という意味です。理系贔屓の今、哲学を選んだ理由は、理系分野が置き去りにした問題に触れる必要があるという考えと、その汎用性の高さです。何事に取り組む場合でもその知識がスタートを優位な位置にします。そのため、私は「知を愛する」ことに力を注いでいます。 続きを読む
Q. あなたの考える企業・地方自治体などの経営課題をひとつ挙げてください。また、その課題の原因と解決策について、あなたの考えを具体的に教えてください。(500文字以内)
A. A.
「生まれも育ちも葛飾」 自分の出身区である「葛飾区」に提言します。2014年には葛飾区の保育園不足率は1.2%と、23区内では低いです(ダイアモンド2014.10.06)。他にも子育て政策に関しては充実していますが、子育ての中で重要な「教育」について、特に公立学校での「教育の質」についての問題があります。私が5年間講師をしていた塾は区内にあり、そこで多様な生徒を受け持ちました。公立学校に通う子ども達は「授業がつまらない。授業が成立していない。」と話していました。彼らは現在、学校だけでは勉強ができていない状況にあります。区は人口減少社会の中で区民人口を増やすためにもより「教育」に力を入れる必要があります。そこで、より子どもが気軽に勉強に触れられる場を作る、例えば、子どもを集めて、気軽に出入りできる勉強会等を開催し、シルバーの方やアルバイト・ボランティアの大人、大学生と接する時間と場所づくりを提案します。それは、家庭に居場所のない子や問題を抱えている子を見つけるきっかけともなり、「社会全体で子どもを育てていく」モデルとなりえます。教育の質が上がれば意識が上がります。そこで生まれ育ったことを誇れることこそ、魅力的なことです。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
47件中1〜20件表示