MESSAGE
先見力と実行力で、未来を創る”未来創発企業”
株式会社野村総合研究所のロゴ写真

株式会社野村総合研究所

株式会社野村総合研究所

こんな会社です

  • 会社について
  • 当社の強み・当社の課題
  • 向いている人・向いていない人

NRIは日本最大級の経営コンサルティング部隊と、業界最高品質のITソリューション部隊を抱え、”問題解決”を生業とする会社です。

■経営コンサルティング
NRIは日本最大級の経営・戦略コンサルティングファームとして、企業の問題解決を支援する戦略コンサルティング、戦略の実行支援や業務改革を行う業務コンサルティング、産業政策・社会基盤などの政策立案支援を行っています。
企業の「変革のパートナー」として、個々の企業の現状に即した、実効性のある経営戦略の立案を支援しています。
また、戦略立案だけにとどまらず、その確実な実行に向けて、戦略に即した業務プロセス・組織改革等の実行支援も行い、顧客の真の成長のために尽力します。

■ITソリューション
顧客業務の課題解決や新たなビジネスの創造を目的としたシステムの企画・設計および開発を行っています。
NRIのITのソリューションは、単に技術的な知識があるだけでは不十分で、顧客ビジネスへ精通していることも同様に重要だと考えています。顧客業務をリアルに思い描きつつ、真に価値のあるソリューションを創出しています。

・当社の強み

徹底的な顧客志向に基づき、経営戦略の策定から実行まで支援

NRIは創業以来、「顧客の信頼を得て、顧客とともに栄える」という顧客第一の精神を大切にしています。顧客以上に顧客のことを考え・理解し、手触り感のある戦略の策定、またその実行支援まで手がけることで、顧客が真の意味で成長できるように支援するのが我々のコンサルティングの流儀です。そのため、時には顧客にとって耳の痛いことでも、本当に必要なことであれば徹底的に顧客と議論を重ね、納得してもらうことに重きを置いています。

官民連携や業界横断的なプロジェクトに強み

NRIは元々、国内初の本格的なシンクタンクとして創業した経緯があります。1990年代から戦略コンサルティング領域へ、更に近年では業務コンサルティング領域へと拡大してきたことで、今では官民双方に対する高い存在感を発揮しており、NRI独自の強みとなっています。また、シンクタンクとして各業界・産業に対する専門性・ナレッジを50年以上蓄積しており、業界横断的なプロジェクトに対しても、社内の知見を集約し対応することができます。

若手のうちから個として成長・活躍できる環境

NRIでは人を”人財”として考え、長期的な目線で個々人が経営コンサルタントとしてのキャリアパスを描くことに重きを置いています。そのため、若手のうちからなるべく多くの成長機会を与える風土が根付いています。まず1~2年目では、「矢面に立つ経験」として、独力で資料作成からプレゼンテーション、顧客とのディスカッションを経験したり、部署ローテーションを通じて多様なテーマの案件に携わります。3年目頃には「プロジェクトリーダー」として、ひとつのプロジェクトを主導する役割を担います。このように、若手のうちから顧客と接し、仮説構築・検証を繰り返す中で、顧客志向やコンサルタントとしての使命感を早期に身につけることができます。

・当社の課題

グローバル展開へのチャレンジ

NRIではこれまで、日系クライアントの海外展開とともに、主にアジアへの進出を進めてきました。現在ではアジア有数の経営コンサルティングファームにまで成長し、海外案件比率も3割を突破するなど、拡大を続けています。
目下では、アジアに加え欧米においても、顧客のグローバル展開を支える体制を強化しています。日本発の経営コンサルティングファームとして、グローバルの変革パートナーへと飛躍を遂げるべく、今後より一層海外展開を加速させていくことが課題です。

デジタル・トランスフォーメーションへの対応

AIやIoT、ビッグデータ解析等のデジタル技術を活用してビジネスモデルを変革する「デジタル・トランスフォーメーション」は、企業経営にとっての最優先の課題となっています。
NRIでは、経営コンサルティング部門とITソリューション部門の両方を持つ強みを活かし顧客の課題解決に寄与できるよう、両部門の連携にさらに磨きをかけていくことが課題です。

・向いている人

■困難な課題に対しても、前向き・貪欲に取り組める人
■社会・業界をより良くしたいという想いを持ち、顧客の成長のために尽力できる人
■経営コンサルタントとしての基礎的な素養(論理的思考力、コミュニケーション力、胆力)を備えている人

・向いていない人

■失敗を恐れ、主体的に業務に取り組む姿勢のない人
■自分の意見・立場に固執しすぎて、チーム・顧客と建設的な議論ができない人

社員・元社員による会社の評価

評点をもっと見る
総合評価
4.2
成長性、将来性
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
給与水準
inactive
inactive
inactive
inactive
active
4.6
安定性
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.2
仕事のやりがい
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.2
福利厚生
inactive
inactive
inactive
inactive
active
4.6
教育制度
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.3
企業の理念と浸透性
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.1

社員の口コミ・評判

株式会社野村総合研究所の口コミ・評判

ワークライフバランス

投稿日:2019年12月2日
回答者:
  • 30代前半
  • 男性
  • 今年
  • ITコンサルタント

【良い点】最近はかなり改善してきている。以前はやろうと思えばサービス残業はいくらでもできたが、最近はパソコンのログイン時間がログに残ってしまうので、仕組み...

株式会社野村総合研究所の口コミ・評判

福利厚生、社内制度

投稿日:2019年12月2日
回答者:
  • 30代前半
  • 男性
  • 今年
  • ITコンサルタント

【良い点】野村証券と同じ健康保険に属していることもあり、福利厚生は非常に充実していると思う。国内に3カ所直営保養所があり、格安で利用することができる。ハワ...

株式会社野村総合研究所の口コミ・評判

年収、評価制度

投稿日:2019年12月2日
回答者:
  • 年収??万円
  • 30代前半
  • 男性
  • 今年
  • ITコンサルタント
  • 主任クラス

【良い点】おそらく給与は同業他社と比べてそんなに高くないと思うが、年2回の賞与が高く、比率としては給与:賞与=6:4。半年ごとの評価によって賞与にが差がつ...

株式会社野村総合研究所の口コミ・評判

事業の成長・将来性

投稿日:2019年11月24日
回答者:
  • 30代後半
  • 男性
  • 10年前
  • 経営企画

【良い点】セキュリティ関連のグループ子会社がありますが、これからの社会にとって非常に必要性の高い分野を事業のターゲットにしていてとても将来性が高いと思いま...

株式会社野村総合研究所の口コミ・評判

年収、評価制度

投稿日:2019年11月24日
回答者:
  • 年収??万円
  • 30代後半
  • 男性
  • 10年前
  • 経営企画
  • 主任クラス

【良い点】基本的に同じ業界のなかでは、外資系などの特殊な会社を除けば、ベース年収が非常に高い会社です。また、仕事が出来れば色々と責任あることを任されるよう...

みんなの就活速報

会員番号:692945さん / 理系

3次面接以降に進んだ学生の就活速報

投稿日:2019年12月1日
面接官/学生
面接官 4人学生 1人
連絡方法
メール1週間以上
雰囲気
和やか
質問内容
なぜこの会社か?なぜこの業界か?学生時代のエピソード将来やりたいこと自己紹介(自己PR)

人によって温和さに違いがあるようだ

会員番号:588814さん / 文系

2次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2019年11月29日
面接官/学生
面接官 2人学生 4人
連絡方法
メール3日以内
雰囲気
厳し目
質問内容
その他

しっかりとロジックを詰めていれば問題ないです

会員番号:467357さん / 文系

1次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2019年11月27日
面接官/学生
面接官 1人学生 3人
連絡方法
メール1週間以上
雰囲気
厳し目
質問内容
その他なぜこの会社か?自己紹介(自己PR)

ロジカルにわかりやすく自分の考えを伝えることが重要だと感じた

会員番号:726396さん / 理系

1次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2019年11月22日
面接官/学生
面接官 1人学生 3人
連絡方法
メール3日以内
雰囲気
和やか
質問内容
その他

エントリーシートの内容に関する質問

会員番号:734751さん / 文系

1次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2019年11月20日
面接官/学生
面接官 1人学生 3人
連絡方法
メール1週間以内
雰囲気
和やか
質問内容
その他なぜこの業界か?自己紹介(自己PR)

ホワイトボードに他の学生の発言をまとめるというタスクがあり、印象的だった

会員番号:738934さん / 文系

1次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2019年11月20日
面接官/学生
面接官 4人学生 3人
連絡方法
メール即日
雰囲気
和やか
質問内容
その他

落ちたと思ったが受かっていた

会員番号:782562さん / 文系

1次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2019年11月19日
面接官/学生
面接官 1人学生 3人
連絡方法
メール3日以内
雰囲気
和やか
質問内容
その他なぜこの業界か?自己紹介(自己PR)

割ときびしめであった

会員番号:527269さん / 理系

1次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2019年11月15日
面接官/学生
面接官 1人学生 3人
連絡方法
メール1週間以内
雰囲気
厳し目
質問内容
学生時代のエピソード自己紹介(自己PR)

ロジカルシンキングを見られていた

会員番号:750265さん / 理系

1次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2019年11月14日
面接官/学生
面接官 1人学生 1人
連絡方法
メール1週間以内
雰囲気
和やか
質問内容
学生時代のエピソード

ESの内容の深堀

会員番号:785289さん / 理系

1次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2019年11月13日
面接官/学生
面接官 1人学生 1人
連絡方法
メール3日以内
雰囲気
和やか
質問内容
学生時代のエピソード

冬季インターンシップの一次面接通過

インターン情報(ES・体験記)

  • エントリーシート
  • インターン体験記

株式会社野村総合研究所

コンサルタント
内定
Q. ・あなたが大学入学後、「乗り越えた困難」、「挑戦し成し遂げたこと」、「最も力を入れた研究・ゼミ」からいずれかのテーマを選び、具体的に教えてください。特に、そのテーマにおける難しかった点、及び自分なりに創意工夫した点を重点的に教えてください。 (400字以内で記入してください。)
A.  私は学部の卒業研究において挑戦的な課題を選び、学会での発表を実現した。  卒業研究では、私が’修める’と決めた学問である物理と全力で向き合おうと考え、前例がなく実験手法の開拓から手探りで始める必要のある最も挑戦的な課題を選んだ。未知の手法開拓ではネックであると考えられる部分を洗い出し、それを試し、その結果からより良い方法へ改善していく作業を網羅的に行うという莫大な努力が必要であることを学んだ。そこで年度末の学会までに発表できる成果を出すことを目標にモチベーションを保ちつつ、計画的に研究を行った。またそれに伴い、通常のカリキュラムであれば週2日のところを週6日で研究するといった継続的な努力も行った。  その結果、通常修士以降で行う日本物理学会での発表を、学部4年の時点で実現することができた。この経験から、暗中模索の状態から結果を出す方法やモチベーションの保ち方などを学んだ。

株式会社野村総合研究所

SE
通過
Q. あなたが大学入学後、「乗り越えた困難」、「挑戦し成し遂げたこと」、「最も力を入れた研究・ゼミ」からいずれかのテーマを選び、具体的に教えてください。 特に、そのテーマにおける難しかった点、及び自分なりに創意工夫した点を重点的に教えてください。(400字)
A. カフェアルバイトで、コーヒー豆責任者としてコーヒー豆の売上回復に尽力しました。 限定店舗でのみ販売されるコーヒー豆の撤退を受けて顧客が離れ、売上が減少したためです。私はコーヒー豆目的の顧客増加の必要性を感じ、まず既存顧客の大半を占める高齢層とファミリー層に着目しました。豆を使った抽出は難しいと先入観を抱く人が多いことを逆手に取り、手軽に本格的な味が楽しめる抽出器具を店全体で提案することでコーヒー豆の販売に繋げました。また、新規顧客として店先を往来する人にも着目しました。自店の立地が複合商業施設の出入口付近であるためその人数は多く、潜在的なニーズが存在すると考えたからです。具体的には、ピークである15時頃に毎日店頭にて五感で楽しめるテイスティングを実施し、往来する人の関心を獲得しました。 結果、その年の冬限定コーヒー豆の売上で東東海の全店舗中第3位の記録を打ち立てました。

株式会社野村総合研究所

経営コンサルタント
通過
Q. あなたが大学入学後、「乗り越えた困難」、「挑戦し成し遂げたこと」、「最も力を入れた研究・ゼミ」からいずれかのテーマを選び、具体的に教えてください。特に、そのテーマにおける難しかった点、及び自分なりに創意工夫した点を重点的に教えてください。(400字以内で記入してください。)
A. 私はサークル活動でメンバーのモチベーションが下がった時にそれをどう保つかに苦労したことがありました。活動は長期休暇を利用して昼には自転車で観光地を巡りながら夜にはキャンプ場で自炊やテント泊をするというもので、私はその旅をよく企画していました。私が三年夏に企画した旅は二週間に渡り、参加者も通常より多く14人でした。人数や日数が多いと困難も多く、特に観光スポットが少ない日が続いたときにメンバーの士気を保つのが難しかったです。このとき移動するだけの日になってしまうことが退屈になる原因だと考え、それを避ける方法を考え実践しました。具体的には休憩回数を増やして会話する時間を多くしたり、当初のルートを変更して観光地に寄れるようにしたり、海沿いで泊まる日には花火をするなどのイベントを設けたりして楽しんでもらう工夫をしました。その結果、そのときの参加者には次からも私の企画を選んでもらえるようになりました。

本選考情報(ES・体験記)

  • エントリーシート
  • 本選考体験記

株式会社野村総合研究所

コンサルタント
通過
Q. ・このキャリアフィールドで実現したいこと、および実現する場として当社を志望する理由を教えてください。(400文字以内で簡潔に記入してください)
A.  私は日本企業が健全に経営を行い、世界で競争力を持ち続ける事ができる社会を実現したい。近年、かつて世界でトップであった日本企業でさえ、経営戦略の誤り等から国際的な競争力を低下させている。一人の研究者として、日本企業の技術力はまだ世界で戦えると信じており、それに貢献できる仕事に就きたい。そのため、企業の経営戦略に広く関わりその発展に貢献できる、コンサルタントという職を志望している。  貴社では戦略の立案から実行まで含めた包括的な支援を行う事ができる。戦略のみで机上の空論となるのでも、実行支援ばかりでただの労働力になるでもない貴社のスタイルは圧倒的な魅力を持っている。  また貴社は、長期的な目線から社員を育成する社風であり、それ故社員もみな長期的な問題意識を持ちながら高い当事者意識で仕事をしていると感じた。私もそのような環境で、優秀な人々と刺激し合いながら自身の目標とするコンサルタントへ成長したい。

株式会社野村総合研究所

AE
内定
Q. このキャリアフィールドで実現したいこと、および実現する場として当社を志望する理由を教えてください。 ※エリア職システムエンジニアを志望される方は、志望する地域で活躍したいと考える理由もあわせてお書きください。
A. 私は、産業ITソリューションに携わり、豊かな暮らしと低環境負荷社会を両立する社会システム作りに貢献したい。具体的には、地球上に存在するすべての人・モノのエネルギーを管理し、効率よく使用するマネジメントシステムの構築を目指している。環境問題への興味から、LEDの材料として省エネルギー化に貢献する半導体材料の研究を行っている。加えてこの物質は、PCの小型軽量化など生活を豊かにする材料としての側面も持ち合わせていることを学び、豊かな生活と省エネルギー社会の両立の可能性を感じた。多くの企業との取引がある貴社においては、半導体という一側面からのアプローチではなく、各社の持つ技術を組み合わせて新しい技術を生み出す力を有する。そのマネジメント力と私の知識を融合して、暮らしの豊かさと低環境負荷社会を両立させることのできる更なる高効率なエネルギーシステムを実現し、便利で豊かな世界の消費電力削減に貢献したい。

株式会社野村総合研究所

SE
通過
Q. あなたが大学入学後、最も力を入れて取り組んだことについて教えてください。特に「なぜそれに取り組んだのか」「難しかった点」「その原因」「自分なりに創意工夫した点」を重点的に教えてください。(400字)
A. カフェアルバイトで、コーヒー豆責任者としてコーヒー豆の売上回復に尽力しました。 限定店舗でのみ販売されるコーヒー豆の撤退を受けて顧客が離れ、売上が減少したためです。私はコーヒー豆目的の顧客増加の必要性を感じ、まず既存顧客の大半を占める高齢層とファミリー層に着目しました。豆を使った抽出は難しいと先入観を抱く人が多いことを逆手に取り、手軽に本格的な味が楽しめる抽出器具を店全体で提案することでコーヒー豆の販売に繋げました。また、新規顧客として店先を往来する人にも着目しました。自店の立地が複合商業施設の出入口付近であるためその人数は多く、潜在的なニーズが存在すると考えたからです。具体的には、ピークである15時頃に毎日店頭にて五感で楽しめるテイスティングを実施し、往来する人の関心を獲得しました。 結果、その年の冬限定コーヒー豆の売上で東東海の全店舗中第3位の記録を打ち立てました。

会社情報

基本データ
会社名 株式会社野村総合研究所
フリガナ ノムラソウゴウケンキュウショ
事業内容 ◆コンサルティング
◆金融ITソリューション
◆産業ITソリューション
◆IT基盤サービス
設立 1965年4月
資本金 186億円
従業員数 6,130人
※NRIグループ12,708人/2018年3月31日現在
売上高 4245億円
※連結/2017年3月期
上場市場 東京証券取引所1部
代表者 此本 臣吾
本社所在地 〒100-0004 東京都千代田区大手町1丁目9番2号
事業所 【国内事業所】
東京、横浜、名古屋、大阪、札幌、福岡など

【海外拠点】
ニューヨーク、ロンドン、モスクワ、北京、上海、香港、大連、シンガポール、ソウル、インド、タイ、インドネシアなど
関連会社 【関連会社】
NRIネットコム(株)、NRIセキュアテクノロジーズ(株)、NRIサイバーパテント(株)、NRIワークプレイスサービス(株)、NRIデータiテック(株)、NRI社会情報システム(株)、NRIプロセスイノベーション(株)、NRIシステムテクノ(株)、(株)だいこう証券ビジネス、NRIみらい(株)、日本智明創発ソフト(株)、ブライアリー・アンド・パートナーズ・ジャパン、NRIリテールネクスト(株)、NRIデジタル(株)
電話番号 03-5533-2111
お問い合わせ先 <株式会社野村総合研究所 人事部採用課 >
お問い合わせはE-mailで受け付けています。
E-Mail:nri-rc-n@nri.co.jp
URL http://www.nri.com/jp/
自社採用ページURL https://working.nri.co.jp/2019/