#{company.name}のロゴ写真

日本航空株式会社

  • 3.3
  • 口コミ投稿数(1021件)
  • ES・体験記(90件)

日本航空のインターンTOP

日本航空のインターン

インターンの評価

もっと見る
総合評価
5.0
選考難易度
inactive
inactive
active
inactive
inactive
2.5
業界理解
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
会社理解
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
メンターのコミット
inactive
inactive
inactive
inactive
active
4.5
自己成長
inactive
inactive
inactive
inactive
active
4.5
内定直結度
inactive
inactive
inactive
inactive
active
4.5
学生のレベル
inactive
inactive
inactive
inactive
active
4.5
テーマの面白さ
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0

インターンの内容(8件)

Img square intern

19卒 冬インターン

2018年2月開催 / 4日 / 地上職
Img human 19卒 | 東京外国語大学 | 男性
航空事業・業界、JALを知ることがメインテーマだったように感じる。またその中で与えられたワークのテーマは、「新しい航空会社をつくる場合のコンセプト・路線の策定」「新規事業立案」だった。

前半はインプット作業中心だった。JALや航空業界を知るということに重点が置かれ、JALフィロソフィから始まり、ブランド戦略、国内・国際線路線戦略などを、それぞれの部署の社員が登壇しながら、丁寧に追いかけていく形だった。また、なるべく多くの社員に出会えるよう、1日目・2日目どちらとも社員や内定者との交流会が設けられていた。後半はアウトプット作業中心だった。2日目までのベースを踏まえ、3日目は新規事業の立案に欠くチームごとに尽力した。JALに新規事業のイメージはなかった分、まさにこれからは新たな領域にも手を出していく、という気持ちの表れだったように感じた。4日目は準備ののち、立案したチームご...

Img square intern

19卒 冬インターン

2018年1月開催 / 4日 / 業務企画職(技術系)
Img human 19卒 | 東北大学大学院 | 男性
実務体験とグループワーク

オリエンテーションとして会社説明とJALフィロソフィーの説明を受けた。1日目と2日目には整備場見学も行なわれて、飛行機のかなり近くまで行く事ができ、整備をしている様子を見る事ができた。新規事業を考えるグループワークを行なった。最後に全体に向けて発表を行ない、皆で投票を行い順位をつけた。またインターンシップ終了後は社員の方達と食堂で懇親会を行なった。

Img square intern

19卒 冬インターン

2017年1月開催 / 4日 / 自社養成パイロット
Img human 19卒 | 東京大学 | 男性
パイロットの仕事とは。

パイロットの1日や、パイロットの仕事、それから軽いチームでのグループワークのようなものを行った。また、クレペリン検査と呼ばれる計算のテストも行った。集中力がこれによってテストされると、航空大学校の学生が言っていた。性格診断テストを行われた他、社員さんと面談があった。インターン前半を通じて志望度がどう変わったかを聞かれた。これらを通じて、インターン中に次のステップにいける学生を絞っていくようである。

インターンに参加してみて

この企業に対する志望度は上がりましたか?

  • はい
  • いいえ
はい
19卒 / 東京外国語大学 /
冬 / 4日 / 地上職

理由は2つある。1つ目はJALの挑戦への意欲が感じられたからだ。8.10ペーパー等の問題がやっと解消された今、まさに成長フェーズに入りかけているJALの一...

いいえ
19卒 / 東京大学 /
冬 / 4日 / 自社養成パイロット

自分自身は、ただシミュレータを運転したいという気持ちが強かったため、インターンに参加し、テストや面談、座談会、グループワークを受けただけでパイロットになり...

はい
19卒 / 東北大学大学院 /
冬 / 4日 / 業務企画職(技術系)

今回のインターンシップに参加することで、エアライン業界とりわけ日本航空に対する志望度は格段に上がった。その理由としては、業務内容が魅力的で海外に行くチャン...

いいえ
18卒 / 早稲田大学 /
冬 / 2日 / 自社養成パイロット

パイロットの業務には、多くの人の命を預かるという責任感が伴います。生半可な気持ちでは、たとえパイロットになれたとしてもやっていける自信はないですし、自分は...

はい
18卒 / 上智大学 /
冬 / 2日 / 自社養成パイロット

やはりパイロットの皆さんは仕事に対して全身全霊で向き合っていることを感じ、かっこいいなと素直に思った。我々学生に対しても熱心に質問に答えて下さり、非常に印...

閉じる もっと見る

インターンへの参加が本選考に有利になると思いましたか?

  • はい
  • いいえ
はい
19卒 / 東京外国語大学 /
冬 / 4日 / 地上職

航空業界という、ザックリした印象で語られがちな業界において、インターンの参加によって確かな知識を得られた点では、参加していない人に比べて間違いなく有利だろ...

いいえ
19卒 / 東北大学大学院 /
冬 / 4日 / 業務企画職(技術系)

インターンシップに参加するだけでは特に優遇は無い。しかし参加することで得た学びは本選考において十二分に活かすことができると思う。そう言った点では有利になる...

はい
19卒 / 東京大学 /
冬 / 4日 / 自社養成パイロット

最終日まで残らない限り、人事から特に別選考や何かの連絡が来るわけでもない。最終日まで残り、見事シミュレータを運転した人の中からは数名本選考のタイミングで別...

はい
18卒 / 早稲田大学 /
冬 / 2日 / 自社養成パイロット

パイロットのインターンシップに参加したことがある方が、インターンシップを通じて優秀な人は本選考で優遇するといっていたからです。ただ、ほとんどの学生は優遇さ...

はい
18卒 / 上智大学 /
冬 / 2日 / 自社養成パイロット

5日目にはシュミレータに乗ることができる。動かすだけでかなりの費用がかかる本格的なものなので飛行適正など見られ、優秀な学生はインターン終了後に身体検査とい...

閉じる もっと見る

参加後の就職にどう影響したか

19卒 / 東京外国語大学 /
冬 / 4日 / 地上職
参加前
インターン参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい。

なるべく多くの人と関われる、事業領域が非常に広い、若いうちから裁量権がある、などの理由から、IT・人材・コンサル業界などを志望していた。その中でもどちらか...

参加後
インターンへの参加がその後の就職活動へどう影響しましたか?

大企業でのインターンを体験して、自分としては、やはり若いうちからどんどん仕事を任せてもらえて、否が応でも成長させられる環境にいた方が、より刺激ある社会人生...

19卒 / 東北大学大学院 /
冬 / 4日 / 業務企画職(技術系)
参加前
インターン参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい。

インターンシップ参加前はエアライン業界を中心に日本航空やANAホールディングスなどの事務系総合職、技術系総合職、自社養成パイロットを志望していた。参加後も...

参加後
インターンへの参加がその後の就職活動へどう影響しましたか?

このインターンシップに参加して、エアライン業界への志望度がますます高くなった。さらに日本航空の魅力をよく理解することができ、何としてでも入社したいと思うよ...

19卒 / 東京大学 /
冬 / 4日 / 自社養成パイロット
参加前
インターン参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい。

大学2年生ということもあり、特に志望業界というものはなかった。その時に気になったものにどんどん手を出していくという形だった。しかしながら基本的には自分自身...

参加後
インターンへの参加がその後の就職活動へどう影響しましたか?

就職活動自体には特に影響は与えなかった。しかしながら、最終日のシミュレータに乗ることができなかったという悔しさがあり、翌年はANAのインターンに応募するこ...

18卒 / 早稲田大学 /
冬 / 2日 / 自社養成パイロット
参加前
インターン参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい。

総合商社やパイロットなど世間一般的に見て、すごいといわれるような業界を志望していました。インターンシップに参加する前までは、自分の価値観に基づいた就職活動...

参加後
インターンへの参加がその後の就職活動へどう影響しましたか?

パイロットを強く志望しないようになりました。あこがれや自分の勝手なイメージで就職先を決めようとする傾向が、自分にはあったと思います。しかし、インターンシッ...

閉じる もっと見る

インターン当日の感想

参加して学んだこと

19卒 / 東京外国語大学 /
冬 / 4日 / 地上職

私はJALは大好きだが、経営破綻後、なかなか見通りが見えない中で、JALはどこに向かっていくのか不安に思っていた。だが社員の方との交流や、プレゼンの中で、...

19卒 / 東北大学大学院 /
冬 / 4日 / 業務企画職(技術系)

エアラインの技術系総合職の仕事内容、および日本航空でのキャリアパスや働き方を知る事ができた。また日本航空の社員の方々が大事にされている考えや業務に対する姿...

19卒 / 東京大学 /
冬 / 4日 / 自社養成パイロット

パイロットにとって最も大切なのは、土壇場でも集中力を切らさないことだと感じたこと。また、チームとうまく関係を作ることはやはり大切なのだと感じた。インターン...

18卒 / 早稲田大学 /
冬 / 2日 / 自社養成パイロット

インターンシップに参加して初めて、自分とは全く異なるバックグラウンドを持った優秀な大学生の人たちとのグループワークを経験しました。はっきり言ってうまくいく...

閉じる もっと見る

参加して大変だったこと

19卒 / 東京外国語大学 /
冬 / 4日 / 地上職

ワークのテーマが、非常にざっくりとしたものだったため、いかにJALの持つアセットを活用した上で適切なペルソナ策定をすべきか、ややてこづった。また、時間にか...

19卒 / 東北大学大学院 /
冬 / 4日 / 業務企画職(技術系)

説明会、整備場見学、実務体験、グループワーク、座談会、懇親会と短い期間ながらも大変濃い内容となっていたため、頭の切り替えが大変で、体力的にも後半はかなりき...

19卒 / 東京大学 /
冬 / 4日 / 自社養成パイロット

自分自身が当時2年生だったこともあり、インターン慣れしていると思われる学生たちについていくのが大変だった。また、当時の自分にはただただパイロットという職を...

18卒 / 早稲田大学 /
冬 / 2日 / 自社養成パイロット

周りの学生のレベルが高く、私にはパイロットの知識がなかったので、初めのうちはグループワークについていけなかったことです。私は、与えられた資料に基づいて考え...

閉じる もっと見る

印象的なフィードバック

19卒 / 東京外国語大学 /
冬 / 4日 / 地上職

決して学生の意見を否定せず、まずは良かった点をしっかりと褒め、その後さらに改善策を示してくれた手法が良かった。またグループ数が多いながらも、担当者の方は各...

19卒 / 東北大学大学院 /
冬 / 4日 / 業務企画職(技術系)

特に印象に残ったフィードバックはなかったが、社員の方々の安全に対する意識の高さと、JALフィロソフィーへの思いの強さが印象的であった。またANAについては...

19卒 / 東京大学 /
冬 / 4日 / 自社養成パイロット

「英語ができる」という点が特に評価された点。やはりパイロットの職務を全うする中で、英語でのコミュニケーションは必須なのだと感じた。面接の中で、英語でのやり...

18卒 / 早稲田大学 /
冬 / 2日 / 自社養成パイロット

パイロットはお客様の信頼や安全を重要にする職であるために、非常事態が起こったらどんなリスクであれまずは乗客の安全を優先するのが当然だと、おっしゃっていたこ...

閉じる もっと見る

選考対策

直近のインターン選考フロー

インターンES

Img square es

18卒 インターンES

業務企画職(地上職 技術系)
Img human 18卒 | 慶應義塾大学大学院 | 男性
Q. 自分自身のどういう所が好きですか。その理由も含めて教えてください。(好きなところ)
A. まず、努力して最後まで諦めない粘り強さがある所です。懸命に物事に取り組むことで幸福感が得られるためです。次に、笑顔を絶やさない所です。前向きに生きると物事が良い方向へ進むと考えるためです。
Img square es

18卒 インターンES

自社養成パイロット
Img human 18卒 | 慶應義塾大学大学院 | 男性
Q. 自己PR
A. 親しみやすさと忍耐強さが持ち味だと考えます。前者は、韓国の工場見学で幹事を務めた際に、メンバーに対して笑顔を絶やさずに思いやりを持って接することで安心感を与え、親しみやすさが強みであることを実感したためです。後者は、高校時代に文武両道で名門大学に進学した先輩に出会った際に、努力の大切さを学び、努力をポリシーに生活してきたためです。
Img square es

17卒 インターンES

事務企画職
Img human 17卒 | 一橋大学 | 男性
Q. 志望理由
A. 周囲の連携を以て企画を実現して、人々の生活を影で支えていくことに興味を持ち、志望した。私は大学でのサークルや、大手広告代理店の下での活動を通じ、人々を影から支え人々のために企画を考えることにやりがいを感じている。また、貴社はもう一度お客様に愛される会社になることを本気で目指していて、将来そのような貴社の成長に携われることは魅力的であると思う。インターンに参加することで貴社で働くイメージを掴み...

インターン面接

Img square intern

19卒 冬インターン 最終面接

2017年1月開催 / 4日 / 自社養成パイロット
Img human 19卒 | 東京大学 | 男性
Q. 大学で頑張ったことは何か。
A. カナダでワーキングホリデーをした際、夜レストランで唯一の日本人サーバーとして働いた。英語母語話者の同僚が冗談でお客を笑わせチップを稼ぐのを見て、私も真似してみたが英語で注文を取るのが精一杯で、冗談もうまく伝わらなかった。英語力で劣る自分が与えられる価値を考えたところ、相手の立場で先回りして考えることなら負けないと気づき実践した結果、現地人サーバーを凌ぐ程のチップを稼いだ。
Img square intern

19卒 冬インターン 最終面接

2018年1月開催 / 4日 / 業務企画職(技術系)
Img human 19卒 | 東北大学大学院 | 男性
Q. なぜ日本航空のインターンシップを志望するのか
A. 航空機の運営に関わることのできるエアライン業界に興味を持っており、その中でも日本航空は経営破綻から見事に復活しており、その点に興味を持ち志望しています。また日本航空の掲げるJALフィロソフィーに関しても現場においてどのように活かされているかも興味があります。インターンシップを通して日本航空の業務内容や会社や社員の方々の雰囲気を知り、今後の就職活動の役に立てたいと思います。
Img square intern

19卒 冬インターン 最終面接

2018年2月開催 / 4日 / 地上職
Img human 19卒 | 東京外国語大学 | 男性
Q. 数ある企業の中で、どうしてインターンシップ先としてJALを選んだのか教えてください。
A. 世界一を生み出してきた職場に身を置きたかったからです。これまでJALは、顧客満足度やサービスにおいて、常に世界トップの評価をされてきました。ですがそうなると、自然と顧客の期待度も上がり、その高くなる要求に次々と応えていかなければならないという難しさがあります。それでもJALは常に私たちの期待を上回る継続力で、顧客の喜びを生んできました。そんな世界一を生んだ環境で、実際に社員の方々と机を並べて...