Img company noimage

日本航空株式会社

  • 3.2
  • 口コミ投稿数(960件)
  • ES・体験記(90件)

日本航空の本選考体験記

本選考体験記

20件中20件表示
Img square screening

18卒 内定入社

事務系業務企画職
Img human 18卒 | 大阪大学大学院 | 女性   内定入社
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. 1、JALの業務企画職の仕事が幅広くて、採用ホームページをよく読んだ上で、自分が携わりたい仕事をイメージしたほうがよいです。 2、JALとANAの違いを説明することです。それは専門書、就活雑誌、就活サイトにはたくさん書かられており、言葉でちゃんと説明すればよいです。 3、日経新聞にはJALに関連するニューズを把握すること。 4、JALの中期経営計画を理解すること。 5、福利厚生をちゃんと調べること。(将来のため) 6、自...
Img square screening

16卒 内定入社

Img human 16卒 | 明治大学 |   内定入社
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. 同業他社との違いをしっかりと把握するために、ホームページを隅から隅まで見ました。JALは安全に関する報告書なども出しているので、それを印刷してファイルに整理していました。あとはエアステージを購読して、ANAとのサービスの違いの特集などを見て企業研究しました。また、工場見学に行って、就活生とは違う目線でJALを見ました。これは就職活動の息抜きにもなり、とても良かったです。周りに流されず、自分が必要と思ったものだけやればいいと思います。
Img square screening

18卒 内定辞退

総合職技術系
Img human 18卒 | 早稲田大学 | 男性   内定辞退
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. 会社説明会や整備場訪問などを通じて,現在の会社の姿勢や社員の方の姿を研究しました。日航というと経営破たんが記憶に新しく,中にはネガティブなイメージを持っている方もいますが,破綻後に復活した日航は経営の理念や会社の財務状況ともに過去と決別した素晴らしい会社であると感じました。仕事も破綻後に入社した若手技術者に多くの仕事を任せていたりするなど、イメージとは全く逆の会社でした。このような会社の本当の姿勢や現場の姿を目にすることは,その後...
Img square screening

16卒 内定辞退

Img human 16卒 | 大阪大学 |   内定辞退
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. 一番重要だと感じたことは社員訪問をすること.私はこの企業を受けるにあたり,3人の社員の方に訪問をさせてもらった.日本には航空会社は2つしかなく,それぞれの企業が行っている業務内容はそれほど違いがないため,必ずなぜ航空会社の中でもうちの企業なのかということを聞かれると思う.そのため,実際に働いている社員の方に会うことで,社風やホームページだけでは得られない情報を集めることが極めて大切だと思う.社員訪問を行うことで選考でも他の学生に比...
Img square screening

18卒 最終面接

総合職
Img human 18卒 | 早稲田大学 | 男性   最終面接
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. 全日空と並ぶ航空会社です。説明会にとにかく足を運びんで情報を得ました。2010年に経営破たんしましたが、そのあと京セラ、KDDIのトップだった稲森さんを会長に迎えて会社を立て直しました。なので、経営理念がこの2社とはほとんど一緒だったりします。京セラとの関係を示してあげると勉強しているなと感じられるかもしれません。人事の中では、このことは常識だからどや顔でいうことではないという人がいるかもしれませんが。経営破綻したことに関しては触...
Img square screening

18卒 最終面接

業務企画職
Img human 18卒 | 小樽商科大学 | 女性   最終面接
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. 日本の航空の歴史に関する知識は、日本航空の選考において非常に有益であった。航空旅客産業は始め、厳しい規制が課されており、JALやANAなどの航空会社は、業務を棲み分けしていた。例えば、現在日本航空は国際線を強みとしているが、こうした歴史的背景が、現在の業務にも関与していることからも、知っていて損はない知識であったと感じている。 また、業務企画職は、業務内容が多岐にわたるため、様々な業務の中で、どの仕事に携わりたいのか、その理由も...
Img square screening

17卒 最終面接

Img human 17卒 | 慶應義塾大学 |   最終面接
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. 日本航空は JALフィロソフィーを掲げていたり、経営破たんを経験していたりと、他社とは違い独特な企業文化を持っていると強く感じたので企業のHPやOB訪問を通じてそういった部分を理解するように努めました。しかし、グループ面接のときに「JAL再生の本を読みました!!」などの企業研究アピールを強くしている学生に対しての面接官の反応が薄かったので、あまり自分から聞かれてもいないのにこれだけ企業研究をした、といったことを面接官にアピールする...
Img square screening

17卒 3次面接

Img human 17卒 | 大阪府立大学 |   3次面接
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. やはり日本航空の最大のライバルである全日空との「差別化」を自分なりに理解することが、最も重要で難しいと思います。面接でも必ず聞かれることだと思うので、きちんと話せるように企業・業界研究を進めるべきだと思います。そのためには説明会はもちろん、できる限りインターンシップや社員訪問を活用した方がいいと感じました。また私は、それぞれの会社ついて書かれている本、また航空業界の雑誌をネットで調べ購入するなどして、できる限り多く読みました。
Img square screening

18卒 2次面接

自社養成
Img human 18卒 | 早稲田大学 | 男性   2次面接
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. どんな会社にしていきたいのかを深く考えることが最も大切のように感じました。例えば、私ななら、お客様が飛行機を利用する際、真っ先に貴社が頭に思い浮かぶ、そんな存在感のある会社にしていきたいという目標がありました。なぜならば、各航空会社は路線を拡大し、就航都市が増えている現状が今後も拡大していくことが予想されます。したがってお客様は目的地に向け複数の選択肢があり、選ばれるには安全性、正確性、質の高いサービスが求められると言えるからです...
Img square screening

18卒 2次面接

客室乗務職
Img human 18卒 | 安田女子大学 | 女性   2次面接
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. グループ面接では、受けている他社と日本航空を比較して答える質問が来ました。「他社を受けていますか?」「他社とJALの両方の良い点を教えてください。」「改善したらよいと思うJALのサービスやおもてなし」など、日本航空についてや他社をきちんと比較して企業研究しておくべきだと思います。また、「日本らしさとはなにか?」という質問もありました。日本航空は「和」や「日本らしさ」、「おもてなし」という言葉を多く利用しているイメージがあります。そ...
Img square screening

18卒 1次面接

地上職事務系
Img human 18卒 | 早稲田大学 | 男性   1次面接
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A.  web説明会に参加しておいたほうがいい。パイロット以外、どんな仕事をしている全くわからなかったが、この説明会でしっかりわかりやすく教えてくださった。ホームページはしっかり読んでおくべき。正直なところホームページの情報量が多すぎて、途中で妥協してしまった。そのため、面接ではしっかり自分の言葉で話すことができず、うわべだけの回答になっていたのかもしれない。  将来やりたいこととこの会社でできることは全く別物だと考えて良いと思う。私...
Img square screening

18卒 1次面接

地上職事務系
Img human 18卒 | 早稲田大学 | 男性   1次面接
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. 地上職事務系(ANAだとグローバルスタッフ職)の仕事内容は多岐にわたっており、その中でジョブローテがなされるほか、ESや面接においても、興味ある仕事について語ることを求められます。旅客サービスに関する仕事でけでなく、それ以外の貨物関係や運航関係もチェックし、社員の方のお話を伺いました。「なぜほかの航空会社ではないのか」は必ず聞かれると予想していたので、JALにあってANAにないものや、ANAにあってJALにないものを探そう、という...
Img square screening

18卒 1次面接

客室常務職
Img human 18卒 | 北星学園大学 | 女性   1次面接
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. 私は北海道だったので、日本航空の説明会がなかったので、直接東京まで聞きに行った。また、実際に飛行機を利用してみるのは一番ためになると思います。もちろん会社のことを調べるのも大切ですが、実際に飛行機に乗り客室乗務員のかたに話をうかがうことや、自分で感じた他社との違いも感じる事が出来ると思います。毎年志願者で飛行機を利用する人が多いので、客室乗務員のかたも対応になれていらっしゃるので、寄り添って話を聞いてくださいました。あとは、私は自...
Img square screening

16卒 1次面接

Img human 16卒 | 立教大学 |   1次面接
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. 1度破綻している企業なので、なぜ破たんするに至ったのか、たくさん本も出ているので同業他社と比べながら入念に調べたほうがいいと思う。そのうえでどうすれば今後客を獲得できるのか、コスト的に実現可能な範囲内で自分の考えを作っておくことが必要。とくに自分は客室乗務職を希望していたが、接客のアルバイトをしていたほうがある程度有利なのかなと感じた。英語での面接もあるので、簡単な会話もできると良し。
Img square screening

16卒 1次面接

Img human 16卒 | 早稲田大学 |   1次面接
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. JALは就職人気ランキング上位のため、ミーハー層も含めてかなり多くの学生が受ける企業である。しかしながら選考はわかりやすく公平なものであり、ミーハー層に産めれない努力が必要である。(そこが人気の理由なのかもしれないが。)自分は業務企画職志望であったが、GoogleニュースでJALというキーワードを登録してニュースを毎日チェックしたり、一般に公開されている工場見学に申し込んで会社の雰囲気をつかもうとした。また、OB訪問が非常に有意義...
Img square screening

16卒 1次面接

Img human 16卒 | 早稲田大学 |   1次面接
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. HP、説明会、パンフレットをくまなく見た。また過去の破たんのことも詳しく調べた。破綻からの復活を語るのには外せないJALフィロソフィも読み込んでおくのが大事。社員の方がどのような想いで働いているのかわかる。また、説明会では、他社と違い、会社に対する愛や情熱が溢れるものだった。愛社精神がすごい会社であることは間違いないので、会社のことをなるべく調べて情報を得たほうがいい。OBOG訪問も志望度が高ければしたほうがいい。
Img square screening

16卒 1次面接

Img human 16卒 | 早稲田大学 |   1次面接
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. 同業他社との違いに関連した質問が面接においては多くあると聞いていたので、企業研究としては実際のパイロットの方々の発言を雑誌・インターネットの記事を中心に調べることに力を入れました。企業研究をする際には、会社自体の経営戦略など新卒としての入社を志望する学生としての自身の立場から飛躍しすぎないような言い回しをできるよう、実際の発言を引用・参考にするように心がけました。実際の面接でも、なぜ日本航空でなければならないのかという点について深...
Img square screening

16卒 1次面接

Img human 16卒 | 立教大学 |   1次面接
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. 実際に飛行機に乗る機会を作って、機内サービスや客室乗務員の方々がお客様のどのようなことに気を配っているのかをよく観察する。エアステージという雑誌を読んで、過去問などから企業研究を深めていく。日本航空の経営破綻についての理解を深めるために、その時に出た雑誌の記事や新聞記事、本などを読む。経営破綻前後で変わったことを親や周りの年配の方に聞く。
Img square screening

16卒 1次面接

Img human 16卒 | 早稲田大学 |   1次面接
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. 日本の航空会社ということで企業研究をする上で最も必要とされるのは、なぜ全日空ではなく日本航空であるのかを理由も含めて明確にすることである。しかし、HPを見て比較できることはそれぞれの歴史の違いを知ることくらいである。そこで私は業務企画職を志望するにあたり選考の早いパイロットの選考を受けてる友人に話を聞いたり、GDのあとに行われる座談会で直接社員の方に違いを聞くと言うことを行った。しかし、あらかじめOB訪問や説明会で深堀しておくほう...
Img square screening

16卒 1次面接

Img human 16卒 | 名古屋大学 |   1次面接
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. 特にエアラインでやる仕事は多岐に渡り,元からエアラインに興味がある人でない限り業務内容をつかみにくい.また,説明会も頻繁では無いため,できるだけ多くの説明会に参加し,疑問に思った点は常々潰すこと.質問の際には率直に「こういう仕事やこういう取り組みがやりたいが可能か?」とぶつけた方が後々の面接の際に役に立つかもしれない.また,人物重視で大学名を記載せずに選考を行うため,学歴に関係なく選考に進むことが出来る.そのため,テストセンターな...
20件中20件表示