株式会社明治のロゴ写真

株式会社明治

  • 3.4
  • 口コミ投稿数(355件)
  • ES・体験記(47件)

明治の本選考のエントリーシート

本選考の通過エントリーシート

37件中1〜20件表示
男性 22卒 | 千葉大学 | 男性
Q. 食品企業の中でも当社を志望する理由
A. A. 私は、人々の成長に貢献できる仕事がしたいと考えています。人々の成長の前提には健康の維持があり、その健康には食が大きく関わります。したがって、私は、食生活に密接に関わり、人々の健康を常に支えている食品業界を志望しています。その中でも、御社を志望する理由は2つあります...
Q. 事務営業としてどのような活躍をしたいか
A. A. 私は、1.国内外問わず幅広い年代の人々の成長、2.御社の発展に尽力していきたいです。1に関しては、営業担当として貢献していきたいと考えています。自身の強みである洞察力を生かし、目に見えるニーズだけではなく、お客様が抱える潜在的なニーズまで汲み取ることのできる鋭い観...
Q. 課題から逃げずに、粘り強く取り組んだこと
A. A. 私は、塾講師のアルバイトに打ち込みました。具体的には、自ら考えて学習する姿勢を生徒達に身につけさせました。この背景には担当した生徒達の学習意欲の欠如、更に「こなすだけの学習では意味がない」という自身の価値観を指導に活かしたい想いがありました。最初は、生徒達と授業の...
Q. 自己PR
A. A. 私の強みは、「洞察力」です。その場の状況や人の気持ちを察知しての行動を常に心がけています。この強みは、現在も担当しているレストランのキッチンのアルバイトで発揮されています。人件費の調整により、キッチンでは毎回料理長を含む2人で業務を回さなければならず、常に効率性が...
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 21卒 | 法政大学 | 女性
Q. ゼミナール・研究内容・得意科目
A. A. ゼミナールではスポーツマネジメントについて学びました。特に、男女や性別別の運動習慣の違いを研究しています。健康志向が高まる中、運動実施率の低さに疑問を感じ、インタビューを通した研究を行っています。
Q. 免許・資格・語学力(TOEIC)
A. A. 2020年1月のTOEIC公開テストで、スコア755点を取得しました。
Q. 学外活動(アルバイト・ボランティア・インターンシップなど)
A. A. ○○で接客・販売のアルバイトを3年程しており、その中で傾聴力を磨きました。
Q. ストレス解消方法
A. A. 1人でカラオケに行き、好きな曲を大きな声で歌うことでストレスを解消します。
Q. あなたの長所を教えてください。
A. A. 物事を自分事として捉える点です。その上で、自分には何が出来るかを考え、行動します。
Q. あなたの短所を教えてください。
A. A. マイナス視点で物事を見る点です。克服のため、最初に褒める点を見つけることを意識しています。
Q. 食品企業の中で当社を志望する理由を教えてください。
A. A. 食を通じてより多くの人の健康寿命の延伸をすることで、医療費の削減に貢献するためです。 大学の授業の中で、少子高齢化による「医療費の増大による国内財政の圧迫」という課題を知りました。私は、日本で生きていく1人の若者として、この問題を解決しなくてはならないと強く感じ...
Q. 当社で何をしたいか
A. A. 私は営業職として、強みである「傾聴力」と「課題解決力」を活かし「消費者視点の営業活動」を行い、活躍したいです。 営業職としてのお客様は、量販店や外食・製菓企業など多岐にわたりますが、どのお客様に営業をしても、最終的なお客様は消費者の方です。お客様にはもちろんです...
Q. 学生時代に課題から逃げずに粘り強く取り組んだこと、またそこから得られたことを教えてください。
A. A. ○○の接客・販売のアルバイトで、お客様のお叱りから逃げずに接客を磨きました。 私は「作業が早くて正確なスタッフ」として信頼されており、自信を持っていました。しかし、あるお客様に「態度が悪い」とお叱りをいただきました。お客様に申し訳なさを感じ「変わらなくてはならな...
Q. 自己PR
A. A. 私の強みは「課題解決力」です。 陸上部のマネージャーのリーダーとして、業務上のミスをゼロにすることに取り組みました。 マネージャーが6人から3人に減ったことで、タイム計測でのミスが多発していました。 私は、大会で選手が目標を達成する姿に感動し、選手の目標達成...
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 20卒 | 東北大学大学院 | 男性
Q. ゼミナール・研究内容・得意科目 100文字以下
A. A.
食用利用に向け、深海魚の成分分析を行っています。現在多くの深海魚が混獲されていますが、その特異な姿形から価値が低く、絶命した状態で海に返されています。この無駄を無くすため、成分分析を行なっています。 続きを読む
Q. ストレス解消方法 45文字以下
A. A.
布団に潜って、周りに聞こえないようにして、大声で好きな歌を歌うことです。 続きを読む
Q. あなたの長所を教えてください。 45文字以下
A. A.
挑戦に失敗して落ち込んでも、すぐ立ち直りまた新しい挑戦ができることです。 続きを読む
Q. あなたの短所を教えてください。 45文字以下
A. A.
人に嫌われたくないという思いが強く、忙しい時でも人の頼みを断れないところです。 続きを読む
Q. 食品企業の中で当社を志望する理由を教えてください。 400文字以下
A. A.
貴社の事業を通じ「単なる美味しさだけでなく、健康を世界に届けたい」からです。私のような学生も、普段から健康を考えて生活しています。そのために発酵食品を積極的に取ったり、出来るだけ減塩の調味料を選んだりしていますが、この健康ブームは日本に限ったことではありません。インドネシアやタイなどの発展途上国でも、値段は高いですが、健康を意識した店が出始めています。そのため、今後ますます健康に結びつく食品が、途上国においても注目を浴びていくと予想されます。この健康需要に最も的確かつスピーディーに対応できるのは、多くの企業の中でも貴社だと考えています。40年以上前から東南アジアに進出しているという実績や、「Beyond Meiji」を掲げて更なる成長を目指す姿勢は、それを裏付けています。そんな基盤を持つ貴社に入社し、美味しさだけ無く、健康という付加価値を世界中の人々に届け、生活を支えていきたいです。 続きを読む
Q. 当社で志望した職種(技術系の場合は第一志望として選択した仕事内容)において、具体的にどのように活躍したいか教えてください。(400)
A. A.
研究開発:商品開発 研究開発を通じて貴社の製品理解を深めたのち、その知識を活かして海外事業やマーケティング分野で活躍したいです。私は、多くの人に求められるような存在になりたいと考えています。その理由は2つあり、一つは人に感謝された時や、喜んでもらえた時に幸せを感じるからです。もう一つは、将来AIなどに多くの仕事が代替されても、自身の価値が失われないからです。しかし、そういった人材になるためには、自身の強みを活かして多面的なスキルを身につける必要があると考えています。私の強みとして、理系的な知識を持っていること、起き上がり小法師のようにすぐ立ち直れること、が挙げられます。そのため、一つ目の強みを活かして、まずは研究開発を通じた知識理解を進めていきたいです。そして、ある程度の知識が付いた段階で、マーケティングや海外事業といった新分野にも挑戦していきたいです。二つ目の強みは、この挑戦の中で活かしていきたいです。 続きを読む
Q. 【技術系のみ回答】第二、三志望とする仕事内容を選択した場合、具体的にどのように活躍したいか教えてください
A. A.
生産技術 こちらも研究開発と同じように、ゆくゆくは生産技術職で学んだ知識を活かして、海外事業やマーケティングという分野に携わっていきたいです。こちらの場合も、理系的な知識と起き上がり小法師のような心という二つの強みは、十分に活かしていけると考えています。 続きを読む
Q. 学生時代に学んだこと(研究内容・授業など)を当社でどのように活かすことができると考えているか教えてください。 400文字以下
A. A.
私は、アジア地域への更なる海外展開において、学生時代の2つの経験が活かせると考えています。一つは研究における経験です。もともと深海魚の研究がしたいと思って入学しましたが、そのような研究室は無く、教授に頼み、サンプルを一から決定し、研究資金の確保まで自身で行いました。ゼロから始まりましたが、「好奇心を持って自分から行動する」事で現在も研究を続けられています。ここから、何事も「好奇心を持って行動する」ことが大切だと学びました。もう一つは留学生と触れ合った経験です。私の周りにはイスラム教の学生が多くいます。彼らには宗教的に食べ物の制限があり、買い物の際はいつも原材料を気にしています。教科書で読むだけでなく、こういった文化の違いを、身を以て経験することが出来たおかげで、「文化理解の大切さ」を学ぶ事ができました。この好奇心・行動力と深い文化理解は、貴社の更なる海外展開に活かせると考えています。 続きを読む
Q. 学生時代に課題から逃げずに粘り強く取り組んだこと、またそこから得られたことを教えてください。 400文字以下
A. A.
●●大学国際祭りのPRリーダーとして、これまでの活動を見直し、来場者数の増加を目指した経験です。まず実践するにあたり、1.PRの活動量が十分でないこと2.行なったかどうかを重視し施策の効果が意識されていないこと、の2つの課題を明らかにしました。その課題をメンバーと共有し、目的意識をはっきりとさせ、メンバーの得意分野から業務を割り当てました。実際の取り組みとして、一つ目の課題に対しては、認知されていなかった記者クラブへの持ち込みや、別団体で知り合った記者の方への直接的な接触を行いました。さらに、二つ目の課題に対して、SNS活用の際は、日本人用にTwitter、海外出身の人用にFacebookなど、効果を意識して取り組みました。この活動が、例年を10%上回る約5500人の来場者数に繋がりました。ここから、仕事の総量を高いレベルで維持しつつ、効果も強く意識することの価値を体感する事ができました。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 21卒 | 明治大学 | 女性
Q. 食品企業の中で当社を志望する理由を教えてください。 400文字以下
A. A. 私は高校3年生の5月まで製菓の専門学校への進学を予定していたほどお菓子作りが好きで、大学へ進学した今も食に関わりたいという思いがあるため、食品企業を志望しています。その中でも貴社を志望する理由は、私たちの日常に与える影響がとても大きいためです。貴社には幅広い分野の...
Q. 当社で事務営業として具体的にどのように活躍したいか教えてください。 400文字以下
A. A. 私は、「国内食品メーカーでトップクラスの売上を誇るリーディングカンパニー」として食生活において大きな影響力を持つ貴社において、業務用商品の営業をしたいと考えています。貴社の業務用商品の営業では、製パンメーカーや製菓メーカーに提案営業をできると伺いました。上述させて...
Q. 学生時代に課題から逃げずに粘り強く取り組んだこと、またそこから得られたことを教えてください。
A. A. 明治大学の学園祭である明大祭の実行委員会に所属し、実行委員会での活動に力を入れていました。私は模擬店を出店するサークルのサポートを行っており、20サークルの責任者を務めていました。その中で1番の課題はサークルのやりたいことが保健所のルールで禁止されており、間に挟ま...
Q. 自己PR(内容は問いませんので、自由に記述してください。) 400文字以下
A. A. 私は、周りを巻き込んでいく主体性があります。友人からは、「人を引き寄せる力がある」「会話の中心で周りに人が自然と集まる」と言われます。実際に、高校の部活や大学の実行委員会に私の影響で入ってきてくれた後輩が何人もいました。これは、最初は自分から話しかけることを意識し...
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 21卒 | 早稲田大学 | 女性
Q. 明治を志望する理由
A. A. 目指す企業グループ像が「食と健康」であり、こころとからだの健康に貢献することを掲げているからです。私は、ゼミで経済格差を研究したことがきっかけで、日本だけでなく世界で深刻化する経済格差問題の裏に、貧困層の健康状態の悪さ、つまり健康格差問題の存在を知りました。私はそ...
Q. 自己PR 400字
A. A. 私のモットーは高い目標をもち、挑戦し続けることです。 これは高校の時、団体戦出場という高い目標を立て、それを達成した充実感が軸となっています。入部時は多くの経験者に囲まれていてほぼ未経験だった私には遠い目標でしたが、上手な人に常にアドバイスを求め、改善出来てるか聞...
Q. 明治で挑戦したいこと
A. A. 自分の長所である高い目標に向けて挑戦し続ける姿勢や、周りの人々の感情を大切にするリーダーシップを発揮しながら会社や顧客と信頼関係を築いていきたいです。そして御社の強みである幅広い製品ラインナップや栄養食品を活かしながら人々が求めるものを追い続け、先回りすることで人...
Q. 長所は(45文字)
A. A. どんな環境であっても高い目標に向けて挑戦し続ける姿勢や、周りの人々の感情を大切にするリーダーシップを発揮できる点です。
Q. 短所は(45文字)
A. A. 妥協できないところです。 一度成し遂げたいことがあったら、やっぱりあきらめようということがなかなか出来ず、たまに無理やり周りを巻き込むことや、ほかのものを一旦後回しにしてしまうこともあります。しかしこの姿勢は、どんな目標を達成するときにも必要な姿勢だと考えているた...
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 21卒 | 同志社大学 | 男性
Q. ゼミナール・研究内容・得意科目(100文字以下)
A. A. ジャーナリズムゼミ  関西から見る東京五輪をテーマに、公式グッズストアやゆかりのある人物を訪ねて取材し、記事を執筆する活動をしている。私はその中でも関東と関西の五輪に対する熱量の差を軸に取材を行った。
Q. 免許・資格・語学力(TOEIC)(45文字以下)
A. A. ・普通自動車第一種運転免許(2019年7月取得) ・日本漢字能力検定2級(同上)
Q. クラブ活動・趣味・特技(45文字以下)
A. A. 放送サークル:ラジオDJ活動、公開生放送の企画、NHK全国大学放送コンテスト大会2年連続入賞
Q. 学外活動(アルバイト・ボランティア・インターンシップなど)(45文字以下)
A. A.  塾講師とテレビ局の報道フロアでのアルバイト。的確な判断を瞬時に下す力が身についた。
Q. ストレス解消方法(45文字以下)
A. A. 楽器演奏:過去にロックバンドやオーケストラに所属しており、今も音楽でリフレッシュできる。
Q. あなたの長所を教えてください。(45文字以下) あなたの短所を教えてください。(45文字以下)
A. A. 事前の準備を必ず行う:浪人経験から、目標と計画を立てる大切さを痛感。凡事徹底を教訓とする。 仕事を1人で抱える 対策:他者の立場を考え、仕事を割り振る協働意識を持つことで克服を目指す。
Q. 食品企業の中で当社を志望する理由を教えてください。(400文字以下)
A. A. 消費者の「あったらいいな」という思いを、食という人の生活基盤を通して形にすることで、社会を豊かにしたいからだ。  動機は、私がこれまで高校と大学で副代表という役職を経験した点にある。私は、代表の指示についてメンバーが感じていることのケアや、個々人が持つ「○○であ...
Q. 当社で事務営業として具体的にどのように活躍したいか教えてください。(400文字以下)
A. A. 取引先の持つ課題を些細なことでもとことん突き詰め、共に課題解決を行いたい。  私はこれまで団体の副代表として、コミュニケーションの中から課題を発見し、入念なヒアリングを行うことで代表の手が届かない穴を埋めるフォローを行ってきた。この経験を活かし、以下の3点を目的...
Q. 学生時代に課題から逃げずに粘り強く取り組んだこと、またそこから得られたことを教えてください。(400文字以下)
A. A. 【2年生の時に役職者として、所属する放送サークルの運営方針を改正すること】  65年の歴史あるサークルのため伝統的な運営方法を行っていたが、予算面でムダが多いという課題があった。また、その形式を支持する上級生がいるため変更が難しい状況でもある。そこで私は実際のム...
Q. 自己PR(内容は問いませんので、自由に記述してください。)(400文字以下)
A. A. 【将来の目標:仕事を通して、自分自身の将来の選択肢の幅を増やす】  私は様々な人や環境に触れて刺激を受け続けることで、自分自身の知見の幅を増やしたいと考えている。それを運用して私が達成したいことは、以下の2つの側面に分類することができる。 ◇個人面:自分の人生...
閉じる 質問と回答をもっと見る

20卒 本選考ES

総合職(営業)
男性 20卒 | 東京農業大学 | 男性
Q. 食品企業の中で当社を志望する理由を教えてください。 400字以内
A. A.
私が貴社を志望する理由は2つあります。 まず1つ目の理由として、「食と健康のプロフェッショナルとして、常に一歩先を行く価値を創り続け、赤ちゃんからお年寄りまであらゆる世代の方の生活充実に貢献するという考え方に魅力を感じたから」です。 私は、人に喜んでもらうことにやりがいを感じ、多くの人の笑顔や健康に貢献したいと考えています。私の祖母は貴社製品のブルガリアヨーグルト、母はアミノコラーゲン、私はザバス プロテイン、妹はメルティーキッスを頻繁に食べています。このような老若男女問わず全ての方の日常に関われる商品があり、たくさんの方の笑顔や健康に貢献できると考え、志望しました。 2つ目に、「自身の知識や経験が活かせるから」です。 私の16年間のスポーツ人生において毎日、貴社製品の「ザバス プロテイン」を使用してきました。他者ではなく、私にしかできない提案や魅力の発信が出来ると考え志望したのも理由の一つです。 続きを読む
Q. 当社で事務営業として具体的にどのように活躍したいか教えてください。 400文字以内
A. A.
営業職は、【竹下だからと言って取引してもらえる営業マンを目指します。】 商品の魅力を発信すると共に、真摯になって、お客様の視点に立ちニーズを分析することで取引先の課題解決のための提案をしていきたいです。 スーパーの営業担当になった場合、そのスーパーの顧客層を分析した上で、取引先であるスーパーの売り上げを伸ばせるような提案をします。 目標達成に向け、16年間のチームスポーツ経験から得た「その人視点・分析力・解決力」を活かしたいと考えております。 事務の職種では、【組織として最大の成果を出すために、やるべきことを考え実行します。】 会社として重要なものは、組織として社会に価値を提供することであると考えています。専門性の高い事務的側面からのサポートにより、効率化し成果は大きく変化します。中でも、「日本一」を目指し取り組んだ部活動でメンバーと対話し組織として組織をまとめた経験から、人事領域に興味があります。 続きを読む
Q. 学生時代に力を入れて頑張ったこと。 400字以内
A. A.
『農大歴史上初の一部リーグ昇格へ』 私が所属する農大ラクロス部は歴史上1度も一部リーグに所属したことはありません。 私たちと一部リーグに所属するチームとの差を分析すると、技術ではなくフィジカルが劣っていると分かり、以下の取り組みに注力しました。 ●部員の食事による摂取栄養値を数値化し、各々に最適な食事メニューを提案する。 この取り組みを始めた1年目は、部員に一方的な課題として課していて全学年から否定されました。なので、週に1回ミーティングを開催し、意識の共有を図りました。また、個人でも面談を行い、個人間のギャップを埋めるように取り組みました。結果、全員が納得し誰一人欠けることなくついてきてくれました。 これらの取り組みを始め、今年で4年目になります。 この4年間を通し、目標達成のために課題を分析し、解決していく楽しさを学びました。 今年のリーグ戦で一部リーグ昇格すべく、現在も一丸となって努めています。 続きを読む
Q. あなたの人となりを表すエピソードを教えてください。 ・大学時代のことでなくても構いません。 400字以内
A. A.
私は、「目標達成のために死に物狂いになって努力できる」人間です。 私はラクロス部に入部し、最初の公式戦は実力不足で出場することができませんでした。部を辞めようと思うほど悔しかったですが、周りを見返す実力をつけると決意し、弱みを分析しました。 練習量が少ない・周りより突出している強みがないことが弱みだと分かったので、【練習量を日本一にする。フィジカルを誰にも負けない強みにする】と決め、以下2つの取り組みを行いました。 1.毎朝4時半にグラウンドに行き練習する。 2.週6回筋力トレーニングを行う。 上記の取り組みを1年間毎日徹底して続けた結果、念願のレギュラーを掴み取ることができ、2年間続けた結果、大学初の関東代表に選出されました。 そして現在は、オリンピック出場候補選手に選出されています。 これらの取り組みを通し、目標に向かい泥臭く努力し続ければ、必ず成長や成果が得られるという強い信念を得ました。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 20卒 | 名古屋大学大学院 | 男性
Q. 食品企業の中で当社を志望する理由を教えてください
A. A.
私は、新たな食文化を創造したい。服を着る・人と話すといった全ての動作の根幹に食事があると考える。また、食事は栄養を摂取するだけの無機質なものでなく、心と身体を満たす事が本当の食事であると考えている。そして、日々の食事の中から美味しく健康に貢献できる食品を開発したい。貴社は、食品企業の中でも製菓と乳業の2つの強みを有している。そのため、お菓子から乳製品、加工食品、栄養食品などの幅広い製品を扱い、プロビオヨーグルト(R1)やチョコ、最近は赤ちゃん用液体ミルクと幼児からお年寄りまでといった全年齢に対して健康食品を提供できる事業形態が他社に比べ整っている印象があり、魅力に感じている。また、グループとしては明治ファルマや化血研も含まれているため、食品だけでなく、薬品の観点も含め全体的に健康社会に向け貢献している。また、貴社の商品が社会に出るほど全年齢の健康に貢献できる関係性にも魅力を感じ志望した。 続きを読む
Q. 当社で志望した職種(技術系の場合は第一志望として選択した仕事内容)において、具体的にどのように活躍したいか教えてください
A. A.
私は分析化学手法構築の研究を通じて、核酸化学・タンパク質工学・進化分子工学といった生化学を主に学んだ。そして、大腸菌を用いた実験や遺伝子解析などを行ってきたため、正確さと繊細さが求められる実験スキルを身につけている。貴社は、幅広いテーマの研究開発に取り組んでおり、製品の品質向上や製品の品質低下防止のため、迅速に検出・解析するために技術開発を行っている部署があるとお聞きした。幅広い商品を扱う中で、各商品が求める品質実現に向け製造条件や検査法を開発していることから、私の技術や専門知識を活かすことができると考えている。また私は、分析という観点から微生物の機能を俯瞰して見ることで、新たな機能の発見や商品アイディアの提言を通して、更なる高品質高機能の商品を生み出し、全年齢の人々に健康を提供することで活躍したい。そして、大学生活で培った目標に一貫して突き進む姿勢や常に逆算する意識を持ち、挑戦したい。 続きを読む
Q. 学生時代に学んだこと(研究内容・授業など)を当社でどのように活かすことができると考えているか教えてください。
A. A.
私は、学生時代に研究と部活動の経験を通して大切なことを学んだ。はじめに、研究では、副反応が起きる原因を探索する際に、1つの反応段階だけを見るのではなく、全体感を把握すべきだと思い、各反応の図示を行った所、原因は反応の順番であると気付いた。その後も図示を元に話し合い議論し、改善させた。この経験から、物事を俯瞰し改善に向け、主体的に行動する大切さを学んだ。また、ラクロス部では、学生日本一という高い目標に対して逆算を常に意識して進む姿勢を学んだ。また、仲間とともに課題を解決し、互いを高め合い成長することにやりがいと達成感を覚えた。これらの学んだことを貴社で十分に活かし、課題の連続である研究開発においてお客様の健康課題解決という最終的な目標を見失わず、日々の課題において逆算し、また、俯瞰して全体を見た際に自身が今何をすべきかを正確に判断し主体的に行動することができると確信している。 続きを読む
Q. 学生時代に課題から逃げずに粘り強く取り組んだこと、またそこから得られたことを教えてください
A. A.
私は、学生日本一を目標に掲げるラクロス部に所属し活動した。その中で私は、全国大会で強豪校に大敗した経験から、強豪校との違いに疑問を持ち、私は「競争力」が圧倒的に強豪校に劣っていると気づいた。そこで、まずは部員数を増やし、競争力をつけようと考えた。そして、自分がリーダーとなり、新入生の勧誘に注力した。しかし、実際は新入生の勧誘自体は十分だったが、定着率の悪さに課題があった。原因の一端に上級生と新入生のモチベーションの差があると考え、上級生と新入生が密に接することができる機会を作るために、学年縦割りの少人数グループであるファミリー制度の導入を試みた。当初は、反対意見もあったが新入生の重要性や将来への投資であることを伝えることで理解してもらえた。結果、新入生の定着率は向上した。さらに、競争力も向上し最高成績の全国ベスト4を達成した。この経験から、設定した目標に仲間と行動することにやりがいを得た。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 20卒 | 法政大学 | 男性
Q. 食品企業の中で志望する理由
A. A.
私は、人々の生活に欠かせない物に携わる仕事に就きたいと思っております。「食」もその中の一つであると思います。 食品業界の中でも、貴社はおいしさ・楽しさ・健康・安心を理念とし、発酵デイリー、菓子、栄養などの5つの幅広い事業領域で、おいしさ以上の付加価値を持って、「最も身近で愛されるブランド」としてお客様に商品を提供しています。貴社であれば世代・年齢・地域・食シーンのみならず、健康状態も超え、真の意味でお客様の生活の豊かさに貢献できると考えました。そして、幅広い事業領域があるので私が成長できる環境があると思いました。 私は学部卒で専門性は院卒の方に比べ高くないので、仕事していく中で、新しい知識を身につけていきたいと思っています。貴社のような環境なら、様々な商品の製造に携わることで経験を積むことで成長できると思ったからです。 続きを読む
Q. アルバイトの経験をどう生かすか
A. A.
私は、製造部に入り、様々な商品のラインでの管理を経験したいです。その時に、アルバイトを通して培った「効率を考えること」を生かし、商品を大量生産する仕組みを考え、貴社の売上に貢献したいです。 また、工場には幅広い世代の方がいらっしゃいます。アルバイトで私は、海外の人を含め、様々な人と一緒に仕事をしてきました。ある時、外国人の方に教えることがありました。最初は意思の疎通ができませんでしたが、シフト以外の休憩時間などでも、積極的に声をかけ雑談をし、コミュニケーションを図っていったところ、少しずつ受け入れてもらえるようになり、私が教えたことに対し、素直に聞いてくれるようになりました。そして嬉しいことにその方は、社内の調理レギュラー試験に合格され、活躍しています。 このような時に発揮した私のコミュニケーション力を生かし、周りの方と良好な人間関係を築き、連携をとって、仕事をしていきたいです。 続きを読む
Q. どのように活躍したいか
A. A.
私は高校時代、バスケットボール部に所属し、日々練習に励んでいました。その中で、強靭な体を作るために私は毎日牛乳やヨーグルトなどの乳製品を食べていたので、乳製品に親しみを感じていました。今度は、私がスポーツをしている人向けに新製品を開発し、貴社に貢献していきたいと思います。 続きを読む
Q. 学生生活で学んだこと
A. A.
私は、大学で化学を学んでいました。直接、食品業界に生かすといったことは学んでいません。ですが、大学生活の中で、週1回実験を行い、レポートを書いていました。私の学科はレポートを書く際、パソコンの使用が禁止されていて、A4レポート用紙に手書きしか認められていません。 その為、3年間、長期休暇を除き、手書きで週1回のペースで平均20枚レポートを書いてきました。 私は、このレポートを通して、結果に対する考察の仕方が身についたのと同時に忍耐力も鍛えられました。 貴社の仕事で工場の製造ラインにおいて生産の改善を考える時があるとおもいます。この時にレポートを通して身に身につけた結果に対する考察の考え方を生かし、また忍耐力を貴社の繁忙期に過密なスケジュールとなっても、しっかりと仕事をやり遂げたいです。 続きを読む
Q. 学生生活で得たこと
A. A.
私は中華料理屋でアルバイトをしています。 私の店は単価が安いので回転率を上げて利益を得るということが求められていました。最初は、あまりの速さについていけず、自分の未熟さを痛感しました。営業をする上で、闇雲に仕事をするのではなく、常に頭の中で効率を考えてから行動するということを心がけて仕事をするようにしました。また、チームワークも大切にし、幅広い年代、外国人の方とコミュニケーションをとって連携を取りながら調整して営業をするようにしました。その結果、ピーク時でも円滑に営業を回す事ができ、店の売上アップに貢献しました。また周りの従業員からも信頼されるようになりました。今では、新人指導も任せられています。他店からもヘルプとして呼んでもらえるようになりました。私は、アルバイトを通して、考えることの大切さ、チームワークの大切さを学びました。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る

20卒 本選考ES

生産技術
男性 20卒 | 東京海洋大学大学院 | 女性
Q. 食品企業の中で当社を志望する理由を教えてください。
A. A.
私は食べる人が笑顔になるような食品づくりに関わりたく、中でも自分が今まで一番元気をもらってきたお菓子のために働きたいと思いお菓子メーカーを志望しています。貴社は赤ちゃんからお年寄りまで、全ての年齢層に対して商品を提供しており、どの世代の人々にも笑顔をお届けすることができると思いました。また、日本を代表する食品メーカーの貴社であれば,海外を含むより多くの人に向けたモノづくりができることに魅力を感じました。お客様のニーズにフレキシブルに対応した高付加価値で高品質な商品や選び、食の美味しさ・楽しさだけではなく、健康価値を提供している点にも魅力を感じました。これからどんどん食のスタイルが変わっていく日本で、 貴社のもとでなら日本の食を支えていけると思いました。 続きを読む
Q. 当社で志望した職種(技術系の場合は第一志望として選択した仕事内容)において、具体的にどのように活躍したいか教えてください。
A. A.
自社製品をお客様に提供している企業において、ものづくりの工程は最も重要な要素だと考えています。大学の生産実習で、マグロ缶詰製造の主任を務めた経験を通してものづくりの魅力を知り、ものづくりの要である生産技術の仕事に挑戦したいと思いました。私は品質管理を徹底し、貴社の商品の品質と安全性に絶対的な自信を持って、最高の商品をお客様のもとに送り出したいと思っています。そのためには、良い評価で慢心することなくさらなる高みを目指し、悪い評価から野心を燃やして努力する品質のスペシャリストになりたいです。 続きを読む
Q. 学生時代に学んだこと(研究内容・授業など)を当社でどのように活かすことができると考えているか教えてください。
A. A.
6年間かけて学んだ食に関する幅広い専門的知識と、研究で培った、うまくいかなかった時の原因を洗い出す力、目的に向かってプロセスを組み立てていく力、考察力、地道な作業を続ける忍耐力など研究に対する考え方や姿勢を生産技術職の業務に活かしていきたいです。大学の生産実習では、暑い工場で何度も同じ作業を繰り返し、体力的にも精神的にもきつかったことを覚えています。指示を出す立場だからこそ仲間への気配りを一番に心がけ、アルバイトや研究室での経験を通して身に付けた、チームで協力し、人のために行動できる力を活かしたいです。そして人一倍「食」を愛しているこの姿勢を大切にして、日々の効率向上に努めていきたいです。 続きを読む
Q. 学生時代に課題から逃げずに粘り強く取り組んだこと、またそこから得られたことを教えてください。
A. A.
国際食品工業展示会に、通訳ボランティアとして参加したことです。周りの学生は帰国子女や留学経験者ばかりで不安がつのるばかりでしたが、英語のスキルで敵わないなら練習量で一番を目指そうと考えました。担当の研究の文献を熟読し、自分なりの言葉でまとめました。留学生に協力してもらい英語で研究概要を説明し、質問に答える練習を重ねました。本番では、練習の成果が実りスムーズに質問の対応ができました。インド訛りの英語に苦労しましたが、持ち前の明るさと陽気さを活かしながら、失敗しても諦めずにアプローチを続けました。その結果、担当のインド人の教授と良好な関係を築くことができ、お褒めの言葉を頂きました。努力次第で自分の限界を拡げることができ、困難も乗り越えられることを学びました。この経験が自信へと繋がり、挑戦する前から自分の限界を決め付けずに,まずはやってみようという積極的な姿勢で物事に取り組めるようになりました。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る

20卒 本選考ES

技術系 研究開発職
男性 20卒 | 筑波大学大学院 | 男性
Q. ゼミ・研究内容・得意科目(100)
A. A.
生命現象を理解し、利用・模倣して産業に応用する視点で研究している。高機能キャリアの開発、食品の消化挙動の解析、藻類バイオマス等の多様な研究分野がある。得意科目は食品科学、物理化学、化学工学、界面化学。 続きを読む
Q. 学外活動(45)
A. A.
ネタにより値段が大きく変わる回転寿司店の厨房アルバイトを大学1年から継続している。(41) 続きを読む
Q. ストレス解消法(45)
A. A.
身体を動かす(最近はバスケ、テニス)。読書(主に小説)に没頭する。友人に相談する。 続きを読む
Q. 長所(45)、短所(45)
A. A.
結果にこだわり全力で取り組む事で努力の過程を楽しめる。目標に向けて計画を立て実行できる。 質にこだわりすぎて時間がかかる事がある。つい無理なスケジュールで行動しようとしてしまう。 続きを読む
Q. 食品業界の中で当社を志望する理由(400)
A. A.
私は食を通じて人が生涯健康で暮らせる社会を目指したい。その中で、貴社を志望した理由は2点ある。1点目は貴社があらゆる年代に向けた食を提供している点だ。貴社は乳幼児から高齢者、スポーツ選手といった多様なニーズに合わせて、美味しいかつ健康な食を生み出す事業を有している。また、海外事業を成長拡大させる事を考えており、日本に限らず世界の食に貢献できる。幅広い年代に向けた事業を有し、海外展開に注力する貴社ならば、私の思いを世界レベルで実現できると考えている。2点目は貴社が研究に注力した食づくりをしている点だ。人の健康に寄与するためには科学的根拠が重要だが、実際に基礎研究に注力する企業は少ない。貴社は自社で培った科学的知見を基に健康に寄与する商品を生み出す研究開発力があり、学会・論文発表の実績も豊富である。そのため、貴社で研究開発に取り組む事で科学的根拠に基づき、真に価値ある新しい健康食を創造したい。 続きを読む
Q. 希望職種
A. A.
研究開発 基礎研究、商品開発研究 続きを読む
Q. 第一志望職種で具体的にどのように活躍したいか(400)
A. A.
私は貴社で科学的根拠に基づき、健康に寄与する食の創造に挑みたい。具体的には食品の消化吸収と吸収後の体への影響を評価し、その知見を基に各年代のニーズに合わせて栄養・機能を制御可能な商品を開発したい。人が生涯健康で暮らすためには、健康状態を日常レベルで把握し、管理する必要がある。今後、IoTやAIにより誰でも簡単に健康状態を把握できる時代になると私は考えている。しかし、ニーズに応じて栄養・機能性成分の消化吸収を制御可能な食品は不十分であるため、食で美味しく健康を管理する事は難しい。そのため、私は培った知識・視点を活かして食品の消化吸収と吸収後の身体への影響に関する研究を行いたい。この研究は消化機能の弱い乳幼児・高齢者・患者、栄養が過剰な肥満、栄養が必要なアスリートといった多様なニーズに合わせた食の創造に繋がる。この研究は基礎研究に注力し、幅広い年代に向けた事業を有する貴社だからこそできると考えている。 続きを読む
Q. 学生時代に学んだ事を明治でどのように活かせるか(400)
A. A.
貴社で活かせる私の能力は2点ある。1点目は専門知識だ。私は「食品の消化」に関する研究テーマで、食品科学、食品工学を軸に研究を進めてきた。さらに、複雑な食品の消化を理論的に考察するという新しい視点を取り入れるために、専門外の物理化学、化学工学を勉強した。また、ゼミでは界面化学も学んでいる。大学の授業と研究活動で培った専門知識を存分に発揮して、人の健康に寄与する科学的根拠に基づいた新しい食を生み出したい。2点目は研究の取り組み方だ。私の研究室は先生・先輩から言われてやるのでなく、自ら考え実行する事が必要不可欠だ。そのため、常に自分主導で「情報収集→仮説→実験→考察」のサイクルを回す事を徹底した。また、仮説・考察を研究室の先生・先輩と議論し、他者の視点も取り入れた。必要ならば自ら働きかけて学外の研究機関や企業の方とも議論を行った。この研究の進め方は企業で研究対象が変わっても必ず活かす事ができる。 続きを読む
Q. 学生時代に課題から逃げずに粘り強く取り組んだこと、また、そこから得られたこと(400)
A. A.
バスケサークル60人の〇〇として練習の改革に挑んだ。私のチームは学内で8チーム中5位と低迷していたため、〇〇に選ばれたからには練習を改革して成績を向上させたいと考えた。プレー面の意識共有がチームの大きな課題だったため、私から各メニューの前に意識する決め事を全体に伝え、疎かな場合は中断して決め事を再確認する事を新しく行った。しかし、人数の多さとコートの広さから全体で決め事が徹底できず、再確認により練習時間のロスが多くなってしまった。そこで、執行代の同期に練習改革への熱い思いを伝え、協力を仰いだ。執行代をコート各地に分散させ、決め事の徹底のための声掛けを執行代が率先し、疎かな場合は各々の判断で決め事を再確認した。執行代と協力する事で意識共有に注力した新しい練習を習慣化でき、最後は学内2位になった。この経験から課題解決のためには自ら考え行動する事に加えて周囲に働きかけ協働する事が重要だと学んだ。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る

20卒 本選考ES

研究開発
男性 20卒 | 東京農工大学大学院 | 女性
Q. あなたの長所を教えてください。 45文字以下
A. A.
物事の全体を把握し、一つの意見に固執せず多様な意見を受け入れられる点です。 続きを読む
Q. あなたの短所を教えてください。 45文字以下
A. A.
考えすぎ、行動が遅い点です。周囲に意見を求めることで最善の選択を素早くするようにしています。 続きを読む
Q. 食品企業の中で当社を志望する理由を教えてください。 400文字以下
A. A.
貴社が、お客様一人ひとりに適した製品を作り出そうと努力している点に魅力を感じました。アレルギー問題が台頭化する昨今において、人々の抱える問題は多種多様になっています。このような状況下において、世の中のニーズは、個々人が各々の年齢や体質、環境に合わせ最適なものをカスタマイズするという、よりパーソナルなものになっていくと思います。しかし、現状では中々一人ひとりに合わせた商品展開は難しいとされている中で、貴社はあらゆる年代のお客様に向け、その歳に合った商品展開をしていることを知りました。さらに、食生活の多様化に合わせ、常温・冷蔵・冷凍の3温度帯で食品を幅広く扱うなど、細かなニーズに応える商品展開も貴社がお客様に寄り添うことを第一として考えている表れであると感じます。このような高い技術力をもつ貴社で、全ての人がハンデを感じることなく自由に商品を選べる可能性を広げたいと思い、貴社を志望しています。 続きを読む
Q. 当社で志望した職種(技術系の場合は第一志望として選択した仕事内容)において、具体的にどのように活躍したいか教えてください。 400文字以下
A. A.
私は人の健康に貢献したいと思っています。人の健康とは何かと考えた時に、「笑顔」であると考えました。病気が治った時、おいしいものを食べた時、人は笑顔になります。この笑顔を守るために、私は研究で培った材料選択の知識と考え方に基づき、付加価値効果の高い原料を用いた機能性食品の研究開発に携わりたいです。大学院での研究から、原料そのものの機能を高めることや原料同士の組み合わせを変えることで商品性能が大きく変わることを学び、原料の無限の可能性を感じました。また、私自身がアレルギーに悩まされた経験から、アレルギーを有無に関わらず、全ての人がハンデなく安心して過ごす世界、一人一人の体質に合わせて多様な選択が出来る社会を作りたいと考えました。そのため、原料が異なるにも関わらず、同じ味・風味を持つ製品など、消費者の体質に合わせた商品選びが出来るような原料を開発したいです。 続きを読む
Q. 学生時代に学んだこと(研究内容・授業など)を当社でどのように活かすことができると考えているか教えてください。 400文字以下
A. A.
一点目は原料選定技術です。大学院での研究においては、結晶のコスト削減を目的として、原料検討を行いました。方法としては、従来原料と異なる組成比の原料を20通り以上熱力学解析により判定し、中でも有望な組成比の原料に対し実験を行い、計算値と理論値のズレを修正したのち、最も再現性のある原料を新規原料として決定しました。さらに原料の供給方法や化学反応状態を解析し、副生成物の可能性を削除し計算値との誤差を減らしていきました。このように、原料の理論解析や、原子レベルでの理論解析経験を活かして、原料が異なるにもかかわらず同じ効能を持つ製品や、原料の組み合わせで新しい機能を発現する新規性を追求したいです。二点目は分析技術です。NMRや電子顕微鏡を用いて結晶の内部状態や組成分析を行った経験を活かし、アレルギーを誘引する物質の特定、成分の相互関係などを分析し、食品には必要不可欠な持続的な安全の確保を目指したいです。 続きを読む
Q. 学生時代に課題から逃げずに粘り強く取り組んだこと、またそこから得られたことを教えてください。 400文字以下
A. A.
何の知識もない状態から新規装置の設計、構築をしたことです。私の研究では、従来法とは大きく異なる革新的な方法を用いて成長させる研究であったため、装置を一から設計し、自らの手で全てを構築する必要がありました。私は化学を得意とし研究室に所属したため、機械や電気の知識が全くない状態で、リーダーとして装置設計の矢面に立ちました。製図ソフトを使える先輩などもおらず、試行錯誤の連続でしたが、製造業者と綿密な打ち合わせを重ねることで納期やコストなども考慮した最適な設計を行うことができました。それまでは、自分の得意な範囲で研究を行うという限られた経験のみでしたが、この経験で培った未知の事柄に対し投げ出さずに勉強を重ね一つ一つやり遂げる姿勢、わからないところは積極的に専門家の意見を取り入れ、ブラッシュアップしていく姿勢は、現在の「自分に制限を付けず、やりたいと思ったことにチャレンジする姿勢」を作り出しました。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る

20卒 本選考ES

事務系総合職
男性 20卒 | 青山学院大学 | 女性
Q. ストレス解消方法
A. A.
友達とのおしゃべり、写真を振り返る、日記を書くこと 続きを読む
Q. あなたの長所を教えてください。
A. A.
様々なことに挑戦し、楽しさを生み出せるところ 続きを読む
Q. あなたの短所を教えてください。
A. A.
人の頼みを断り切れず、つめこんでしまうところ 続きを読む
Q. 食品企業の中で当社を志望する理由を教えてください。
A. A.
私は、中学生の頃に食物アレルギーを発症し入院したことがあります。その際に出会った幼い子が、「小麦と牛乳アレルギーだからお菓子を食べられない」と言っていました。お菓子は誰でも食べられることが当たり前だと思っていた私は、その言葉がとても印象的でした。この経験から「誰もが安全に食べられるお菓子」を作りたいと考えるようになりました。貴社はおいしさ・楽しさ・健康・安心を理念とし、品質にこだわった研究開発に強みを持っています。そして、常においしさ以上の付加価値を幅広いお客様に提供しています。また、健康・予防領域への進出や、おもしろさを追求する積極的な姿勢があり、実際にチョコレート効果のような健康とおいしさを掛け合わせた新しい発想の商品を生み出しています。そんな貴社ならば、私の思いを実現できると思い志望しています。“すべての人が安全においしくお菓子を食べられる当たり前”を共に創り上げたいです。 続きを読む
Q. 当社で事務営業として具体的にどのように活躍したいか教えてください。
A. A.
私は営業として、コミュニケーションを大切にし、良い信頼関係を築くことに力を入れて活躍したいです。取引先のニーズを把握し、お客様目線での営業をしていくには、人との関わり方が一番大事であると考えます。そのためには、2点を意識して働きます。1点目は、自社製品のプロになることです。強みだけでなく弱みも十分に知り尽くすことで、安心と信頼を与え、取引先のニーズに合わせた営業ができ、製品のさらなる魅力の引き出しに繋がると考えます。そのための勉強は怠りません。2点目は、相手にとって話しやすい存在になることです。話は親身になって聞き、自分の意見も伝えることでメリハリをもった営業をします。持ち前の人見知りしない明るさを活かし、話しやすい雰囲気づくりを常に心掛けていきたいです。そして、営業で現場を学んだのちには、私の目標である「すべての人が安全においしく食べられるお菓子」の商品開発にも携わりたいと考えています。 続きを読む
Q. 学生時代に課題から逃げずに粘り強く取り組んだこと、またそこから得られたことを教えてください。
A. A.
【「誰のために何を」を考えたゼミ活動】 ゼミ活動の中で、「様々な授業形態の中で、他人との関わりを通して多面的自己を知る」という授業のサポートを行っていました。具体的には、1つの班につきメンバーの新しい一面をビデオなどを用い観察し、フィードバックをしていました。しかし、他人を見るということは想像以上に難しかったです。そして、相手に伝えることがうまく表現できず、毎回とても悩みました。そこで私は、相手のためにということを第一に考えることを意識しました。相手の知らない一面を提供しなければいけないと考えるのではなく、私や周りが感じたことを素直に伝えられる場を作れば良いと考えるようにしました。そのように意識してから、ビデオや写真に自分なりのこだわりをいれてみたりと活動の中に楽しさを見いだせるようになり、私らしい表現ができるようになりました。この経験から、「誰のために何を」を考える大切さを学びました。 続きを読む
Q. 自己PR(内容は問いませんので、自由に記述してください。)
A. A.
私はオセロのような人間です。 オセロに黒と白の二面があるように、私には明るさと冷静さの二面性があります。ゼミのプロジェクトでは、全員が楽しめるような企画担当をしていました。真剣に活動していく中でも、遊び企画を盛り込むことで「楽しさ」を生み出し、常にゼミ内の雰囲気が明るくなると考えました。その一方で、金銭面や食事、日程を管理する役割もしていました。ある日の活動中、友人が倒れてしまうアクシデントが発生し、予定はすべて中止、連絡があるまで待機という状況がありました。私は何を優先するべきかを考え、予定の順序を変更し日程の再調整を行いました。その結果、プロジェクトを成功へと導きました。私は、その場の雰囲気や状況に応じて自分を出せるところが強みです。貴社でも私の強みを活かし、社内に明るさをもたらしながらも素早い状況判断力を発揮しメリハリのある働き方をしていきたいと考えています。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る

19卒 本選考ES

生産技術職
男性 19卒 | 神戸大学大学院 | 男性
Q. 研究内容(100文字)
A. A.
文字数が少ないため,研究の題目を分かりやすく説明し,取り組んでいる研究が将来,何に役立つかを書きました. 続きを読む
Q. ストレス解消方法(45文字)
A. A.
私のストレス解消方法は体を動かすことや友人と話すことです. 続きを読む
Q. あなたの長所を教えてください(45文字)
A. A.
私の長所は相手の立場になって物事を考え気配りができるところです. 続きを読む
Q. あなたの短所を教えてください(45文字)
A. A.
私の短所は考えを簡潔に話す説明力に欠けているところです。 続きを読む
Q. 食品業界で当社を志望する理由(400文字)
A. A.
食品業界の中でも貴社を志望する理由は2つあります。1つ目は、ものづくりを通して、より多くの世代の癒しに貢献できると考えたからです。勉強や仕事で疲れて一息付くとき、貴社の製品を口にしている人の姿を多く見ます。製品を通して、性別や年齢に関係なくお客様に癒しや喜びに貢献できるところに魅力を感じています。私も老若男女の癒しの場に貢献できる製品づくりを貴社の技術者の立場から支えたいと思っています。2つ目は、技術者として幅広く活躍できるフィールドがあることです。貴社では発酵食品から菓子まで多くのジャンルの製品を展開しており、それらに関わる仕事をすることで幅広い知識や経験を得ることができるところに魅力を感じています。多くの仕事を経験し、様々な場面で頼られる技術者になりたいと思っています。 続きを読む
Q. 第一志望の仕事内容において、具体的にどのように活躍したいか(400文字)
A. A.
私は研究所やエンジニアの部署と協力して、商品開発部が企画した新製品を全て実現したいと思っています。生産技術職は企画した製品を形にする研究所と製品を生産するエンジニアを繋ぐ、ものづくりの中心的存在だと考えています。そのため、2つの部署とコミュニケーションを取り両方の考えを取り入れられる生産プロセスの設計や導入を行いたいと思っています。これを実現するためには、種類の異なる多くの製品の生産プロセスやラインに携わることでそれぞれの製品のプロセスの特徴を知り、そこで得た知識を応用させることが大事であると考えています。また、実際の現場で働く方が働きやすい環境づくりをしたいと思っています。私の持ち味でもある相手の立場になって考え、集中して働きやすい現場を作ることも安定した製品の生産に繋がると考えています。 続きを読む
Q. 第二、三志望の仕事内容において、具体的にどのように活躍したいか(まとめて150文字)
A. A.
私は、エンジニアとして一定した品質の製品を無駄なく生産することを実現したいと思っています。広い視野を持って工場内の課題を見つけ、解決方法を考え実行することで一定した品質と資源の無駄をなくし、お客様だけでなく環境にも配慮した製品作りをしたいと思っています。 続きを読む
Q. 学生時代に学んだこと(研究)を当社でどのように活かすことができると考えているか(400文字)
A. A.
私は研究を通して学んだことは大きく分けて2つあります。1つ目は物事を一貫して考えることの大切さを学びました。私は研究で、○○を行っています。この研究では、小型チップの開発から実際の生育実験を行い、成長挙動の観察まで行います。そのため、ただ小型チップを設計・作製するだけでなく、成長の観察まで考えた工夫をする必要があります。この研究で学んだ物事を一貫して考えることは、貴社の生産技術でも、製品の中身を作る工程からパッケージングまで一貫して考えることでより効率の良い生産工程の決定に活かすことができると考えています。2つ目は得られた結果を多くの人と議論することの大切さです。実験で得られた結果を他の人と議論することで、自分だけでは思いつかない新しい見解を得ることができました。この経験を活かして貴社でも周りの人と意見を交わし最善の方法を選択したいと思います。 続きを読む
Q. 学生時代に課題から逃げずに粘り強く取り組んだこと、またそこから得られたことを教えてください(400文字)
A. A.
私は部活動をしていた時、自身の怪我の防止に取り組みました。私は、大学1年生の頃から腰や膝の怪我多く、練習に参加できないことがありました。これまでは、怪我の防止は部内で決められた練習前のストレッチだけでしっかりとした対策は行えていませんでした。そこで、効果的なストレッチやマッサージ方法を診断してもらった病院で聞くことや、自分で調べることで学びました。また、ストレッチをする際も、どこに効果があるのか考えて行うことでより効率良くストレッチを行うことを心がけました。これを練習前や入浴後に毎日行うことで怪我の対策を行いました。その結果、1年後には怪我が劇的に減らすことができました。この経験から、課題解決に向けて自ら行動する行動力を得ることができ、ただ努力するだけでなく、考えて努力することの大切さを学ぶことができました。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 19卒 | 成蹊大学 | 男性
Q. ゼミについて記入してください。
A. A.
グループごとに企業を選定し、企業のホームページや社員の口コミデータ、実際に訪問してお話しを聞くなど多角的に分析をし、企業特有の組織文化が企業戦略や商品にどう反映されているのかを調べています。 続きを読む
Q. 学外活動について記入してください。
A. A.
飲食店のアルバイトをしていました。インターンシップは食品や損害保険など、幅広く行きました。 続きを読む
Q. 当社の志望理由を記入してください。
A. A.
私が貴社を志望する理由は、「食と健康へのこだわり」を強く感じたからです。私自身17年間サッカーを継続してきた中で、健康の大切さを実感してきました。栄養バランスのとれた食事によって、厳しい練習に打ち込む体を作ってきました。貴社の「ブルガリアヨーグルト」は、日々部活と就職活動で忙しい生活を送っている私には欠かせない商品であり、時間がない朝でも簡単に栄養を摂ることが出来るため重宝しています。また貴社の行動指針である『meiji way』に深く共感しました。私がサッカーを通じて学び、常に考えてきたことと共通している部分が多いと感じ、そんな貴社であれば、成長できると感じました。私は貴社の最大の魅力は、加工食品、発酵デイリー、菓子、栄養など様々な事業がある点だと考えています。複数の事業があることで、赤ちゃんからお年寄りまであらゆる世代の人に、様々なシーンで食べる喜びと笑顔をお届けすることが出来ます。 続きを読む
Q. 当社で実現したいことを記入してください。
A. A.
私は営業として、小売店に貴社の商品の魅力を伝えたいです。小売店への営業を希望する理由は、自分が培ってきた経験を生かして得意先の課題を解決できると考えたためです。私は蹴球部の取り組みを通じて、人から信頼を得るためには「相手の立場になって考える」ことが大切だと学びました。「お客様起点」で考えることで得意先が何を求めているのかを理解でき、潜在的なニーズを引き出すことができると考えています。貴社の菓子により付加価値を付けて提案することで、貴社の売り上げに貢献できると考えています。さらにその先の消費者のことを考え、人を惹きつける売り場づくりにも携わり、貴社の商品をお客様が手に取る喜びを感じたいです。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 19卒 | 東京大学 | 女性
Q. あなたの長所を教えてください。
A. A.
受験や部活、日々の小さな行動で、やると決めたことは結果が出るまで全力でやり通すことです。 続きを読む
Q. あなたの短所を教えてください。 
A. A.
目の前のことに熱中するあまり、周りが見えなくなることです。 続きを読む
Q. 食品企業の中で当社を志望する理由を教えてください。
A. A.
前項の長所・短所とも関連しますが、私は目的が複数あることを同時にこなすことよりも、一つの目的に向かって全力で取り組むことを得意としています。そのため、仕事の内容に自社製品をより良くして沢山販売するなど目的に一貫性があり、かつ身近で生活に潤いをもたらす商品を扱う食品業界に惹かれました。その中でも、御社を志望する主な理由は二つあります。一つ目は、R-1 の開発、販売です。販売後なかなか売り上げが伸びない中でも諦めずに粘り強くプロモーションを行い、ヒット商品にまで成長させた姿勢に大変共感し、そのようなことを成し遂げる方たちと一緒に働きたいと強く思いました。二つ目は、御社が食品企業として常に新しい領域にチャレンジしていることです。先述のR-1 の他にも、チョコレート効果、明治ザ・チョコレートなど、付加価値を効果的に付与して今までにない魅力を持つ商品開発を行っている御社で自分の力を発揮したいと思っております。 続きを読む
Q. 当社で事務営業として具体的にどのように活躍したいか教えてください。
A. A.
事務営業として、御社の商品の魅力をたくさんの人に分かってもらえるように、決して諦めない粘り強さと相手の立場に立ったものの考え方を武器に活躍したいと思っています。部活では毎年新入生の勧誘活動をしますが、そこでは学校の構内に立って見ず知らずの新入生に話しかけて連絡先を手に入れたり、ラクロスに興味がない新入生に対してもイベントや体験練習に来てもらうため、連絡を続けたりします。そして部活の魅力を伝えるのはもちろんのこと、入部したらその新入生にとってどんなメリットがあるのかを提示します。そこで鍛えた、例えどんなに断られてもあきらめない強い精神力と、相手の立場に立った上で入部につなげるやり方は、自社製品の魅力を多くの人に伝えることに大きな力を発揮すると思っております。以上の二点が現時点で考える具体的な像ですが、貪欲に学ぶ姿勢は忘れずに、様々なことにチャレンジしていきたいと思っております。 続きを読む
Q. 学生時代に課題から逃げずに粘り強く取り組んだこと、またそこから得られたことを教えてください。
A. A.
中高時代はオーケストラでクラリネットをやっており、運動は全くしていなかったのですが、大学では何か新しいことにチャレンジしたい、運動会という厳しい環境に身を置いて自分を成長させたいと考え、運動会のラクロス部に入部しました。運動部出身者が多い中で評価を得ることは想像以上に難しく、2年生の頃までは公式戦に出ることができずに悔しい思いもたくさんしましたが、決して諦めず、部活がない日も毎日同期を誘って一緒に自主練したり、筋トレをしたり、練習動画を見たりと人並み以上の努力を続けました。その努力は3年生になった頃に実り、Aチームに上がって公式戦に絡むことができるようになりました。この経験から、体力や根性はもちろんのこと、自分に足りていないことを徹底的に考えて課題を解決する力、逆境においても常に前を向いて上を目指す精神力、厳しいことも言ってくれて互いに高めあえる大切な仲間を得ることができたと思っています。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 19卒 | 法政大学 | 男性
Q. 食品企業の中で当社を志望する理由を教えてください。400文字以下
A. A.
最大の理由は、当社の製品が大好きだからだ。 私は年中欠かさず、お風呂上りにアイスを食べるのが小学生からの日課だ。 その中でも明治エッセルスーパーカップの超バニラはヘビーユーザーで週に2回は食べる。濃厚でコクのある味わいに加え、コストパフォーマンスも完璧だ。 私が小学校低学年の頃に、母親がPTA総会で夜遅くまで帰ってこない時があり、私はよく泣いていた。その時もこのスーパーカップを食べると、泣き止んでいたという思い出がある。小さい頃から本当に好きで、私の人生の一部とも言える製品だ。 この大好きな貴社の製品を、営業社員として多くのお客様のもとへ届け、魅力を知ってもらいたいという 思いがあり、貴社を志望した。また、貴社は乳幼児から高齢者まで幅広い事業展開を行っているため、より多くの人に食を通じて「幸せな時間」や「笑顔」を届けられるのではないかと考えた。また、若手に大 きな仕事を任される点も魅力に感じ志望した。 続きを読む
Q. 当社で事務営業として具体的にどのように活躍したいか教えてください。 400文字以下
A. A.
私は貴社で、市販商品の提案型営業を行いたい。 理由は、貴社の製品の魅力をより多くの人に知ってもらいたいという思いがあるからだ。上にも記載した通り、私は明治エッセルスーパーカップが大好きだ。その他の製品も、人生のあらゆるシーンで常に側に あった。 このように私の人生を豊かにしてくれている貴社の製品を、多くの人に知ってもらい、その魅力を伝えた い。そのために、自分の提案により、スーパーなどの棚に貴社の製品を多く陳列してもらう働きかけや、 新商品がよく売れるようなキャンペーンの提案をしたいと考えている。 また、事者意識を常に持った営業をしたいと考えている。私の強みは幼少期から続けている団体競技を通 じて形成された、「相手の立場になって物事を考えることができる」という点だ。 バイヤー様に対し、自分の提案を突き通すのではなく、相手の本質的なニーズをくみ取り、win-winの関係構築ができる営業をしたいと考えている。 続きを読む
Q. 学生時代に課題から逃げずに粘り強く取り組んだこと、またそこから得られたことを教えてください。 400文字以下
A. A.
祖母が経営するバーガー店での困難に向き合った。 店の近くの港に停泊するクルーズ船の影響で外国人客が多く来店する時間帯があった。しかし、スタッフ は高齢者が多く言語対応ができていなかった。そのため、レジの回転率が悪くなり、その時間帯の売上を伸ばせていなかった。 そこで、店頭にタブレットを設置し、言語翻訳できるシステム作りを行ったが、清算時間の短縮には繋がらなかった。私は、店員と客のipadを介した相互のやり取りになるため、余計に時間がかかっていると考えた。 これを踏まえ、客側が一方的に伝えたい要望を伝えられるよう、購入時に必要な情報を選択肢で選べるアプリの構築を行った。 その結果、言語対応課題と、清算時間の短縮に成功し、回転率の向上に繋がった。そしてその時間帯の売 上を政策前と比べ、約1.3倍に伸ばすことができた。 この経験から、課題に対しての細かい配慮、分析が解決の要因となるという教訓を得た。 続きを読む
Q. 自己PR(内容は問いませんので、自由に記述してください。) 400文字以下
A. A.
(1)私は常に新しい事に飛び込む、コロンブス精神を持った人間だ。 具体的例として、高校時代に先輩と指導者がおらず、廃部寸前だったハンドボール部を立て直すという挑 戦をし、県3位まで導いた経験がある。部員集めから始め、練習メニューも1から考えた。 大学時代の経験としては、ハンドボールサークルを1から設立した経験がある。メンバー集めや、イベン ト企画など、手探りでサークルを運営してきた。このように常に新たな事に挑戦してきた私は、積極的に 新規事業に飛びこむ事ができる。 (2)集団の雰囲気づくりができる人間だ。今まで、集団の雰囲気が悪化した時、私は一人一人と真摯に向き 合い、当事者意識を持って話を聞くことで、集団をより良い方に導いていた。 高校時代のハンドボール部 では、副部長としてその役割を3年間続けていた。私が集団にいることで、集団内の人間関係を上手く保つ ことができ、より良い雰囲気を作りに貢献できる。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 19卒 | 近畿大学 | 男性
Q. 食品企業の中で当社を志望する理由を教えてください。 400文字以下
A. A.
私は「挑戦し人として成長できる環境で働きたい」、そして「多様化していく消費者ニーズに合わせた食シーンをつくりたい」の二つを軸に就職活動をしています。 研究を通じて、ものづくりの最前線で生産から食卓に届けるまでの過程から食シーンをつくる魅力を肌で感じたからです。 貴社は幅広い商品を開発、展開し日本を始め世界の人々に楽しさを届けることに注力しています。私の食シーンをつくる目標は貴社でこそ達成できると考えました。さらにグループの強みを活かし、商品に健康という付加価値を与えられる点も大きな魅力だと感じました。 菓子、乳製品、機能性食品などあらゆる食品を取り扱う貴社で、これからも多様化していく消費者ニーズに合わせた食シーン作りに挑戦したいと思い志望しました。 続きを読む
Q. 当社で事務営業として具体的にどのように活躍したいか教えてください。 400文字以下
A. A.
私の強みの妥協しない行動力を生かして、現場や消費者の声に耳を傾けながらニーズを素早く汲み取ることができる営業マンとして活躍したいです。将来的に貴社の中心を担うためには、現場の声を聞き、取引先様と関わる経験は必要不可欠だと考えます。会社の顔とも言える営業では、Face to Faceのコミュニケーションも重要です。当然のことではありますが、自分の中で妥協や限界点を作らずお客様のニーズに応えて納得してもらうことを心掛けたいです。 そして、いずれは現場の経験を活かしながら周囲と連携して良い商品を生み出したいです。 続きを読む
男性 19卒 | 青山学院大学 | 女性
Q. 食品企業の中で当社を志望する理由を教えてください。 (400)
A. A.
私にとって食とは「幸せのカタチ」であり製菓とは「笑顔スイッチ」です。留学先では15の異なる国籍の友人との食事会を開催。仲間と一緒に食卓を囲むことで明るさと元気をもらい、「おいしさの笑顔は世界共通」とも感じました。そこで私自身が食に関わる仕事をし、世界各地に広めることで「多くの人を笑顔にしたい」と考えています。 貴社は幅広い商品をもとに世界各地に食の楽しさを広められております。商品を販売するだけではなく、幅広い年齢層への食のサポートから日常生活を支えておられるところにも魅力を感じます。 加えて、米国留学中に現地の食生活は不健康で、製菓が無駄に消費されている事が気になりました。そこでグループ会社との連携により食に健康という付加価値を加えることができる貴社の一員として働き、製菓の良さを生かせる様工夫し、商品を普及させることで世界のすみずみに「健康な食生活」を提供・支援したいです。 続きを読む
Q. 当社で事務営業として具体的にどのように活躍したいか教えてください。 (400)
A. A.
食品の中でも嗜好品であるお菓子販売では、特に営業マンの腕が試される領域であると感じます。無限の可能性を秘めた「試行錯誤の結晶」である商品が優れていても、その良さが伝えられなければ世にはばたくことはありません。営業としてお客様に一番近い立場に身を置き、店頭企画にも挑戦し「生の声」に耳を傾けたいです。そうすることによってお客様のニーズに合った最高の商品を届け、その価値を最大限に広める事が出来ると思います。 また既存の食文化を守るだけではなく、売り場から新しい食習慣の創出に挑戦したいです。貴社が飲酒売り場でチョコレート販売からトレンドを踏まえた売り場づくり・新しい食習慣の提案をしておられるのを見かけ、その可能性を確信しました。 常に一歩先を行く貴社で、留学経験を通して磨き上げた「挑戦し続ける行動力」「困難に屈しない粘り強さ」を活かし働く事で、挑戦と課題解決を繰り返し、商品を最大限に広めたいです。 続きを読む
Q. 学生時代に課題から逃げずに粘り強く取り組んだこと、またそこから得られたことを教えてください。 (400)
A. A.
米国留学中、5か月間ハーバードエクステンションスクールにてビジネスについて学んだ時の経験です。まずは半年間現地の語学学校に通い必要な語学力、ビジネス知識・経験を身に付けました。しかし入学当初は目安週20時間の授業と確認テストを毎週期日内に終えるのに、30時間以上かかっていました。そこで状況改善が必要だと感じ、学習方法を見直しました。勉強場所を自宅から語学学校の自習室へ変え、いつでも質問できる環境作りをしました。次に講義内容を要約する際、図解を加えることにしました。なぜなら自己の理解度を確かめられ、またイメージしやすく復習や応用に役立つと考えたからです。その結果格段に効率が良くなり、現在では「英語による会計処理」「データ分析手法」「経営学の基礎」が良く理解出来るようになりました。 これらの経験から「困難に屈せず挑戦し続ける粘り強さ」「課題解決力」を磨き上げ「達成する爽快感」を学びました。 続きを読む
Q. 自己PR(400)
A. A.
「やるからにはやり抜く」人間です。スターバックスではアルバイト店員として「売上向上」の為、自ら積極的な働きかけを行いました。お店では食品の売上げが伸びておらず、その原因は従業員の消極的な姿勢が問題だと感じていました。そこで、問題解決には従業員の知識を高め、意識改革に繋げる必要があると考え、「従業員向け試食会」を提案しました。意見交換から互いを高め合えるよう事前に感想共有ノートを用意し、企画終了後には、成果を上げるため毎回のシフトで個人目標の達成を促しました。お店ではアルバイト学生が多かったため、決して皆が協力的ではありませんでした。しかし自分が手本として行動し続け、また同期に協力を求めることで、3か月後には全国1位の売上を上げる店にする事ができ「周囲を巻き込み成果を上げる喜び」を学びました。今後も粘り強く挑戦し続けることで個人・団体として成長し続けたいです。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る

19卒 本選考ES

研究開発職
男性 19卒 | 北海道大学 | 女性
Q. ゼミナール・研究内容・得意科目 100文字以下
A. A.
研究テーマは「エキノコックスにおける初のCRISPR―Cas9システムによる遺伝子編集技術の確立」です。特定の遺伝子をノックアウトさせることで、寄生虫の生物学的特性や病原性解明を目的とします。 続きを読む
Q. 食品企業の中で当社を志望する理由を教えてください。400文字以下
A. A.
獣医学部にて専門知識を学ぶことで、動物だけでなく、人の健康にも貢献できる仕事がしたいと考えました。また、飲食店のアルバイトにて、自分が関わった商品によりお客様が笑顔になる現場を何度も目にすることで、人の幸せにも携わることのできる食品業界で働きたいと考えました。 貴社は5つの事業を展開しており、どのドメインおいても商品も魅力を感じます。 発酵デイリーや栄養ドメインの商品は、食の健康という価値を届けてくれます。また、チョコレートやアイスクリームといった商品は、おいしさ、楽しさ、わくわくといった幸せを私たちに届けてくれます。私も貴社にて、新商品の開発や、食品のもつ新しい機能や栄養の研究に携わることで、食を通じて、健康と幸せに貢献したいと思い、貴社を志望します。 「食と健康」のプロフェッショナルとして成長を続けている貴社にて働くことは、私自身の成長にもつながると考えております。 続きを読む
Q. 当社で第一志望として選択した仕事内容において、具体的にどのように活躍したいか教えてください。400文字以下
A. A.
研究課題を通じて、寄生虫や細胞、マウスを用いた実験、遺伝子解析等を行ってきたことで、繊細さと正確さが必要とされる実験手技を身に付けることができました。貴社は幅広いテーマの研究開発に取り組んでいることから、私の技術や専門知識を活かすことができ、好奇心を持って取り組むことのできる、テーマを探索したいと考えております。特に貴社の、特定保健用食品や機能性表示食品といった、おいしさだけでなく健康も届けることのできる商品に魅力を感じており、乳成分や乳酸菌の新機能開発の研究に関心があります。貴社には3000種以上の菌株が保存されているということから、LG21やR-1に続くような、人の健康に貢献できる機能をもつ菌を発見できる可能性は十分あると思います。大学での研究と同様に、貴社においてでも、新規分野を切り開く心意気、困難な課題にも立ち向かう姿勢をもって、成果を出すことができるように挑戦し続けたいです。 続きを読む
Q. 第二、第三志望として選択した仕事内容において、具体的にどのように活躍したいか教えてください。150文字以下
A. A.
研究開発により生み出された新しい食品の機能や技術を、実際に生産現場にて商品にする業務にも魅力を感じます。特に、安全安心な商品を守るための、品質管理業務に興味を持っております。貴社商品の品質の素晴らしさを、自信をもって届けることができるよう、品質検査機器の精度向上等の技術テーマに取り組みたいです。 続きを読む
Q. 学生時代に学んだこと(研究内容・授業など)を当社でどのように活かすことができると考えているか教えてください。400文字以下
A. A.
飲食店でのアルバイトを通じて、目標や課題を見出し、達成のために意欲的に行動する姿勢を学びました。 私は毎回の出勤時に、前年売り上げを超えるような金額、新商品の構成比といった具体的な数字を目標として掲げるように意識しています。それらを達成するために、営業方針を考え、先手を取ってお客様に営業をかける、時間帯や客層によって接客を変化させる等の行動をとります。目標の数値を超えることができた時には、お金を稼ぐこと以上の達成感を得られ、働く楽しさを実感しました。さらに、出勤後に結果と反省を出勤者で共有することで、次回以降の新たな課題に気づくことができます。 研究開発においては、課題の連続である一方、すぐに数字や形として成果が表れるものではないかと思います。最終的な目標を常に意識しつつ、さらに日々の目標や課題の達成に向けて、自分が今何をするべきなのかを考え、着実に取り組んでいきたいです。 続きを読む
Q. 学生時代に課題から逃げずに粘り強く取り組んだこと、またそこから得られたことを教えてください。400文字以下
A. A.
私の研究テーマは、先行研究が進んでおらず、実現できるか困難な課題でした。 まず私は参考となりそうな幅広い分野の研究論文を読破し、テーマに関する知識を深めました。市販の機材やプロトコルでは、簡単には応用できないため、自分でゼロから実験計画を組み立てました。いざ実験を始めても、参考となるデータも乏しく、先輩にも相談できず、すべて自分で考えて行うしかありませんでした。このテーマは実現できないのではないかと諦めたくなった時には、もしやり遂げることができたら自分は先駆者となることができる、当研究室だけでなく学問の発展に繋がるはずだ、と言い聞かせやる気を出しました。少しずつではありますが、成果を形にすることができ、当研究室では今まで行われていなかった実験手技の獲得やプロトコルの確立に成功しました。 この研究を通して、新しい分野を切り開くこと、困難な課題に立ち向かうことの大変さと喜びを知ることができました。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
37件中1〜20件表示