就活会議では、Internet Explorer11のサポートを終了いたします。今後はGoogle ChromeやMicrosoft Edgeをご利用ください。
就活会議
CREATED ON 2021.12.15 | UPDATED ON 2021.12.15

【就活ガイド】株式会社テルモの企業研究〜企業分析で選考突破〜

メーカー
1146 VIEWS
この記事は、就活会議の会員が投稿した体験記にもとづいて作成・編集をしています。就活会議の会員は現役の学生であることを確認しています。
記事のタイトル画像

就活をする上で絶対に欠かせないのが企業研究です。この記事では、テルモ株式会社の基本情報や、先輩たちが実際に行った企業研究方法をご紹介します。テルモの選考を受ける前にどのような会社なのか、その特徴をしっかり理解していきましょう。

本選考の概要を確認する

【企業研究】○○はどんな会社?

まずはテルモについて理解していきましょう。 ここではテルモの選考に通過した先輩たちが行った企業研究と、その社風などをお伝えします。

テルモの会社概要と社風

まずはテルモ株式会社の企業概要と社風をみていきます。

テルモの基本情報

会社名 テルモ株式会社
業界 医療機器
本社所在地 東京都渋谷区幡ヶ谷2-44-1
設立 1921年 9月
売上高 3,164億円
従業員数 5,247人
資本金 387億円
平均年齢 40.5歳
初任給 20年4月 初任給実績
博士 263,500円
修士 241,500円
学部 225,500円
高専 193,500円
専門 180,500円
採用人数 不明
企業理念 医療を通じて社会に貢献する
私たちは、医療の分野において価値ある商品とサービスを提供し、
医療を支える人・受ける人双方の信頼に応え、社会に貢献します。
代表者 代表取締役会長 三村 孝仁
代表取締役社長CEO 佐藤 慎次郎
事業内容 心臓血管、ホスピタル、血管・細胞テクノロジー

参考元:https://www.terumo.co.jp/about/profile/

部門別の事業

テルモは幅広い製品を取り扱う医療機器メーカーです。「心臓血管カンパニー/ホスピタルカンパニー/血管・細胞テクノロジーカンパニー」の3つのカンパニーと、「TIS事業/ニューロバスキュラー事業/カーディオバスキュラー事業・ハートシート事業/血管事業/ホスピタルシステム事業/アライアンス事業/血管・細胞テクノロジーカンパニー」の7つの事業に分かれています。

カンパニー 事業 詳細
心臓血管カンパニー TIS事業 TIS(Terumo Interventional Systems)事業は、心臓や下肢の血管の疾患に対するカテーテル診断・治療「バスキュラーインターベンション(血管内治療)」と、カテーテルを介した肝臓がんの
化学療法「インターベンショナルオンコロジー」の領域に製品を提供しています。治療部位や手順に合わせて多様な製品を展開する中で、患者さんには治療効果とQOLの向上を、ドクターには手技
において最大限のパフォーマンスを発揮できる製品を提供することを目指しています。
ニューロバスキュラー事業 ニューロバスキュラー事業は、米国子会社マイクロベンション社と連携し、脳動脈瘤、脳梗塞、脳動静脈奇形など、さまざまな脳血管の病気に対するカテーテル治療製品をグローバルに展開しています。
カーディオバスキュラー事業/ハートシート事業 カーディオバスキュラー事業(Terumo Cardiovascular)は、心臓外科手術中に停止させた心臓や肺の代わりの役割を果たす医療機器を開発・販売しています。心臓に代わって全身の血液を体外で循環
させる人工心肺装置や、肺の代わりに血液中の酸素交換を行うホローファイバー型人工肺、また、急性心筋梗塞や心停止など緊急症例の患者さんの心肺機能の補助を行う経皮的心肺補助システム(PCPS
/ECMO)など、いずれも世界の心臓外科手術の現場で用いられています。
血管事業 Terumo Aorticは、大動脈治療領域におけるパイオニア2社、米国ボルトンメディカル社と英国バスクテック社が日本発のグローバルヘルスケアカンパニーであるテルモのもとに統合され生まれた新しい
ブランドです。胸部および腹部の大動脈疾患の治療に用いられる人工血管とステントグラフトを中心に、手技に合わせた多様なラインアップを提供しており、これまでに世界90か国以上で200万人以上
の患者さんの治療に貢献しています。
ホスピタルカンパニー ホスピタルシステム事業 ホスピタルシステム事業は、集中治療室(ICU)から病棟、手術室、患者さんのご自宅に至るまで、多様な医療現場で用いる医療機器や医薬品と、製品を用いる医療従事者のための
トレーニングプログラムを提供しています。
アライアンス事業 1999年、テルモはあらかじめ薬剤を充填したプラスチックの注射器「プレフィルドシリンジ」の販売を開始しました。薬剤投与の安全性と使い勝手に配慮したプレフィルド製品は、時代とともに
医療現場のスタンダードとなり、現在、年間5千万本以上の製品を提供しています。アライアンス事業は、プレフィルド製品で培った経験と独自の技術を生かし、製薬企業のお客様に新たな
デバイスを提案しています。
血液・細胞テクノロジーカンパニー 血液・細胞テクノロジーカンパニー 血液システム事業は、血液センターにおいてドナーから提供された血液を輸血に使用できるよう分離・製剤化するための装置や、医療機関において病気を抱える患者さんのための細胞治療や
アフェレシス治療の為に、血液成分を分離・採取または除去することができる装置、さらには、研究機関におけるバイオテックや細胞処理などに使用する機器などを、広範にわたり提供して
います。テルモの3つのカンパニーのひとつの柱でもある血液・細胞テクノロジーカンパニーは、米国の子会社テルモBCT社が担っており、世界で130以上の国と地域で患者さんの命と生活、
そして、血液・細胞に関連する医療現場に貢献しています。

引用元:https://www.terumo.co.jp/business/

主力事業とシェア

セグメント別の売上収益

テルモの主要事業は、心臓血管カンパニーです。売上高の半分以上が、心臓血管カンパニーとなっています。心臓血管カンパニーは、血管内治療に使われるカテーテルなどの開発に取り組んでいます。手首の血管から病変部にアプローチするカテーテル治療は、短い入院日数で治療を行う手段として注目されている治療方法です。テルモは、高齢化社会などの医療を取り巻く環境において、社会のニーズに答える医療事業を展開しています。

参考元:https://www.terumo.co.jp/investors/library/data/2021/0512/FinancialResults_21Q4_J.pdf

テルモの社風

テルモは日本の医療業界において、なくてはならない企業の一つであり、海外でもますます力を伸ばしている会社です。世界中にテルモのファンを増やしたいと思う方、お待ちしています。また、テルモは自分の出した成果と努力次第で、社内の様々な仕事に就くチャンスが掴める会社です。まずは目の前の仕事で成果を出し、そこからキャリアアップをしていこうという向上心やチャレンジ精神のある方、是非一緒に働いていきましょう。

引用元:https://www.terumo.co.jp/careers/graduate/job/interview_03.html

テルモは、自分の出した成果と努力次第で様々な仕事に就くチャンスがあるようです。先輩社員の成果を出せばキャリアアップできるというメッセージから、実力主義の社風であることが伝わります。また、努力を成果で示すことができれば、きちんと評価してくれる企業であるといえるでしょう。

また、テルモではアソシエイトがやりたい仕事で能力を最大限発揮するため、「自分の仕事は自分で掴む」という考え方があります。テルモの人財公募制度「ACE(エース)公募※」では、自ら手を挙げた190名以上のアソシエイトが新しい仕事への機会を得ました。現職で成果を上げたアソシエイトが、自ら成長へのチャレンジに手を挙げる行動をテルモは大いに支援します。

引用元:https://www.terumo.co.jp/careers/graduate/recruit/message.html

テルモでは、社員のことをアソシエイトと呼んでいます。上記の人事長のメッセージでも、「自分の仕事は自分で掴む」という考え方について語られていますね。

福利厚生・社内制度

テルモは福利厚生が充実しています。独身寮や育児休暇など、基本の福利厚生が揃っているといえるでしょう。さらに、テルモは育成制度が充実していることが特徴です。社員の年次や役職ごとに開催される「階層別研修」や、希望者が自分のビジネススキルを磨くための「手上げ・選抜研修」が実施されています。その他にも、ビジネススクール支援制度や英会話教室などの自己啓発の取り組みが行われており、自分の力を伸ばしていきたい社員を応援する体制が整っているという特色があります。

参考元:https://www.terumo.co.jp/careers/graduate/recruit/guide.html

募集職種・募集要項

2022年卒募集要項は下記の通りです。

募集職種 企画営業コース、開発技術コース、SEコース
職務内容 【企画営業コース】
MR、コーポレート・スタッフ(マーケティング、経営企画、広報、経理・財務、法務、情報システム、ロジスティクス、人事、総務 他)、TRY(MR、コーポレート・スタッフを指定せずにチャレンジしたい方)
【開発技術コース】
研究開発、製品開発、製造技術、設備技術、金型・成形技術、評価、品質保証・管理、臨床開発、レギュラトリー、知的財産 他
【SEコース】
ME機器の保守点検等のメンテナンスと販売サポート 他
応募資格 【企画営業コース】
2022年3月までに卒業予定の学士・修士・博士課程の方(学部学科不問)
海外大学などで2021年4月~2022年3月までに卒業予定の方
【開発技術コース】
2022年3月までに卒業予定の理系高専・学士・修士・博士課程の方(学部学科不問)
海外大学などで2021年4月~2022年3月までに卒業予定の方
【SEコース】
2022年3月までに卒業予定の高専、専門学校(電気、電子、機械系学科及び臨床工学科)、理系学士、修士、博士課程の方(学問学科不問)
海外大学などで2021年4月~2022年3月までに卒業予定の方
給与 20年4月 初任給実績
博士 263,500円
修士 241,500円
学部 225,500円
高専 193,500円
専門 180,500円
諸手当 通勤費、家族手当、住宅手当、営業手当、単身赴任手当など
勤務地 【国内】
東京、神奈川、静岡、山梨、北海道、宮城、栃木、埼玉、千葉、新潟、石川、長野、愛知、京都、大阪、兵庫、岡山、広島、香川、福岡、鹿児島、沖縄 他
【海外】
アメリカ、メキシコ、ブラジル、チリ、コロンビア、プエルトリコ、ベルギー、イタリア、スイス、スペイン、イギリス、スウェーデン、フランス、ドイツ、ロシア、中国、韓国、台湾、インド、タイ、ベトナム、シンガポール、フィリピン、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、UAE、南アフリカ 他
勤務時間 本社地区・研究所/フレックス(コアタイム11:00~14:00)
工場地区/一部フレックス(コアタイム11:00~14:00)
営業地区/9:00~17:45
保険 健康保険・厚生年金保険・雇用保険・労災保険 他

参考元:https://www.terumo.co.jp/careers/graduate/recruit/guide.html

テルモの強み・競合他社・業界分析

医療機器業界は、景気の動向を受けにくいとされています。高齢化社会の影響により医療のニーズは今後も高まっていくと考えられるため、安定した業界だといえるでしょう。新型コロナウイルスの影響により、人工呼吸器や人工肺の需要の高まりも一部では見られています。医療機器業界は、今後も成長を続けていく可能性が高いです。

参考元:https://gyokai-search.com/3-iryo.html

テルモの扱う商品として有名なのが、体温計とカテーテルです。特に体温計は病院で高い評価とシェアを得ていますが、売上に占める割合は約1%となっています。その他にも、カテーテル治療、心臓外科手術、薬剤投与、糖尿病管理、腹膜透析、輸血や細胞治療などに関する幅広い製品・サービスを取り扱っていることがテルモの強みです。また、世界160以上の国と地域で事業を展開しています。

医療機器業界の競合他社として、オリンパス、富士フイルムHD、HOYAが挙げられます。 下記は、2021年3月の経常利益の比較です。テルモは、経常利益で2位となっています。

競合他社の経常利益:単体(単位:億円)

オリンパスは、世界で初めて実用的な胃カメラを開発した企業です。その後も内視鏡に強みがあり、消化器内視鏡を中核とした「早期診断」や外科製品を中心とした「低侵襲治療」で医療現場に貢献しています。肺がん、胃がん、大腸がん、前立腺がんの治療機器を提供・開発していることが特徴です。

富士フイルムと聞くと、写真やカメラのイメージだという人も多いでしょう。富士フイルムHDは、ヘルスケアにおいて予防/診断/治療の領域でメディカルシステム事業を行なっています。X線画像診断や内視鏡、超音波診断、体外診断などの各種診断機器を中心に、撮影した診断画像などを一元管理する医療ITシステムを扱っています。

HOYAは、1941年に光学レンズメーカーとして創業した企業です。メガネやコンタクトレンズ、医療用内視鏡、白内障用眼内レンズなどの製品を取り扱っています。国内最大級の出店規模を誇るコンタクトレンズ専門店「アイシティ」では、幅広い製品ラインナップをつよみとしています。医療機器の中でもコンタクトレンズは利用者も多いため、経常利益が1位となっているのも頷けますね。

IR読み解き!深堀り研究〜事業規模・資本構成・ビジネスモデル〜

ここからはIR資料や有価証券報告書を読み解いて企業研究しましょう。

経営方針

テルモの第106期有価証券報告書にて、成長戦略が下記の通り記載されていました。

中長期成長戦略 ①グローバルでは選択と集中 高度医療を支えるために不可欠な製品や独自の技術力を生かして、グローバルでは、カテーテル、脳血管、D&D(ドラッグアンドデバイス、薬と医療機器を組み合わせて付加価値を高める領域)、血液治療等、市場の拡大が見込まれる領域やテルモの競争力を発揮できる分野に注力します。
②日本では総合力の発揮 ホームグラウンドである日本では、幅広い製品構成や医療現場との接点、確立した流通網等を生かして、医療機関や地域のニーズを満たし、患者さんのQOL(生活の質)の向上や医療の効率化に貢献する製品・サービスを提供していきます。
③イノベーションの推進 グローバルに展開する開発拠点やこれまで研究開発活動を通じて培った幅広いコア技術を生かし、自社開発を強化するとともに、社外との連携も推進し、社会全体への影響が大きい医療課題の解決に向けて、価値あるイノベーションの創出を目指します。

テルモは海外と日本国内でそれぞれ異なる成長戦略を掲げています。海外では、カテーテルや脳血管、D&D、血液治療などの市場拡大が見込まれる領域やテルモの強みである分野に注力するようです。日本国内では、患者の生活の質の向上や医療の効率化に貢献する製品・サービスの提供に力を入れるとしています。国内外に数多く存在する開発拠点や独自の技術を活かして、社会に大きな影響を与える医療課題を中心に、開発を強化していくようです。

売上・財務状況

売上(収益)と利益

テルモの業績を見てみましょう。有価証券報告書によると、テルモの2021年の単体の売上高は3,164億円、経常利益は653億円、当期純利益は520億円です。全ての項目において、2020年より減収減益となっています。 新型コロナウイルス感染症のテルモへの影響について、日本国内ではそこまで大きな影響を受けなかったようです。感染対策製品の需要が増えたことも、売上が大きく減少しなかった理由と考えられます。しかし、海外では心臓血管カンパニーのTIS(カテーテル)事業に対する影響が大きく、減収となっています。

2021年3月 2020年3月 前年同期比
売上高 3164億円 3190億円 -1%
経常利益 653億円 801億円 -18%
当期純利益 520億円 653億円 -20%

対処すべき課題

  2020年度に引き続き2021年度も、新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受けることが想定されます。引き続き、健全な収益性と資金流動性を維持しながら、刻々と変化する状況に対し柔軟かつ機動的な対応を図っていきます。そして新型コロナウイルス感染症に対峙する医療機関や医療従事者に対し、積極的な貢献を続けていきます。
 医療機器市場は、高齢者数の増加と、それに伴う慢性疾患の増加等により、今後も市場の拡大が見込まれています。一方で医療費の増加が財政を圧迫する中、価値や効率性を重視した医療へのシフトが進んでいます。また、海外では買収や合併による業界再編が進み、企業規模の巨大化と集中・寡占化が進みつつあります。このような事業環境の変化を踏まえ、当社グループは、2016年12月に発表した次の5カ年を対象とする中長期成長戦略を推進しています。中長期ビジョンとして「日本発のグローバル企業」を掲げ、世界の医療現場からトップブランドとして信頼されるメーカーとなること、そしてその信頼を製品・供給・サービスのトータルクオリティーで担保することを目指しています。

テルモの有価証券報告書によると、今後も医療業界の市場は拡大が見込まれる一方で、価値や効率性を重視した医療へシフトしていくと考えられます。また、海外では買収や合併による業界再編成と、企業規模の巨大化と集中・寡占化が進んでいくでしょう。そのような変化の中で、テルモは「日本初のグローバル企業」として信頼される製品とサービスの提供を担保していく必要があるといえます。

先輩たちが行った企業研究とそのポイント

テルモは、早い段階から様々なイベントを開催しているようです。下記の先輩は、会社説明会や座談会など、開催されていたイベントには可能な限り参加していたとのことです。企業が開催しているイベントに参加して、社員に気になることを聞いておくと良い企業研究になるでしょう。また、イベントに参加しておくと、早期選考の案内がくることもあるようです。

実際に選考通過した先輩の声

会社のホームページ、IR情報、四季報、転職サイトの口コミなどから情報収集しました。 また、新製品のリリースについては常にチェックしていました。 この会社は、かなり早い段階から様々なイベント(会社説明会、座談会:大人数 or 少人数、職種説明会等)を開催してましたので、可能な限り参加していました。

夏のインターンはお断りされてしまいましたが、複数のイベントに参加していたため1月には早期選考の案内が来ました。

もっと調べておけばよかったことは、自分の職種の細かな作業内容についてです。先輩社員の座談会で、社員:学生=1人:4人 の小規模開催もあるので、そのときに面接を見据えて聞いておけばよいと思います。 医療機器業界の特徴や比較をしているサイトもあるので、参考にしてみれば良いと思います。

実際に選考通過した先輩の声

 企業研究は、企業の説明会とHPで企業研究をメインに行いました。ただし、職種への理解が足りなかった。HPを見ても、事業しかわからず、職種について詳しくは聞けないため、どれだけ説明会で情報を集めるかが鍵。説明会で職種について説明を受けてイメージを付けておかないと、最終面接で戦えないと思います。  また、ESは800文字程度で書く質問が多いため、ここのESを提出するだけでかなり自己分析を進めることができた。多くの企業の面接では、質問に対して分からなかったら少し時間を置いて頭で整理してから答えればいいと思うが、ここの面接は柔軟な対応力と素早いレスポンスを求められるため、面接とES共に難易度は高いと思います。

実際に選考通過した先輩の声

まず、企業研究については、貴社のホームページを隅々まで読み込み、中期経営計画により、今後何を目指しているのかを自分なりにかんがえました。業界研究に関しては、私は、オリンパスと島津製作所も受けていたので、そちらの会社についてのホームページも隅々まで読むことで、他社との差別化をはかりました。テルモに関しては、座談会や職種別の説明会など、様々なイベントが開催されているので、これらのイベントに積極的に参加して、社員の方々から直接お話を聞くことが重要です。そのイベントの前に上記に述べた企業研究や業界研究を行って、事前に自分なりに考えたりでてきた質問をして、疑問点や不明点を解消していくことが大切であると考えます。

就活会議

この記事を書いた人: 就活会議編集部

就活会議の編集チームです。就活生の皆さんの役に立つ「企業と面接のリアルな情報」を発信しています。体験記・ESは 会員登録 すれば見放題! YouTubeチャンネル も配信中です!

関連記事
記事のタイトル画像
メーカー
【就活ガイド】テルモ株式会社の本選考の傾向と対策【内定者回答あり】

テルモ株式会社は、世界初の多孔質ホロファイバー型人工肺などをはじめとした、幅広い医療機器の提供を行っている企業です。日本初の各種使い切り医療機器など、様々な製品を世界160ヶ国以上で提供しています。就活会議では、そんなテルモの本選考の情報と対策を23卒向けにまとめました。 就活会議では、実際にテルモの本選考に応募し選考に参加した学生から情報提供をしてもらっています。ESや面接での実際の回答例もありますので、ぜひ選考を受ける際の対策として参考にしてください。

就活会議編集部
記事のタイトル画像
メーカー
【就活ガイド】サッポロビール株式会社の企業研究〜企業分析で選考突破〜

就活をする上で絶対に欠かせないのが企業研究です。この記事では、サッポロビール株式会社の基本情報や、先輩たちが実際に行った企業研究方法をご紹介します。サッポロビールの選考を受ける前にどのような会社なのか、その特徴をしっかり理解していきましょう。

#企業研究
就活会議編集部
記事のタイトル画像
メーカー
【就活ガイド】シャープ株式会社の企業研究〜企業分析で選考突破〜

毎年多くの就活生が選考を受けるシャープ株式会社。シャープは、事業ビジョン「8K+5GとAIoTで世界を変える」のもと、家電やIT機器関連のサービスやソリューションを提供しています。 この記事ではシャープの基本情報や業界内での立ち位置をもとにお伝えするとともに、先輩たちが実際に行った企業研究方法をご紹介します。シャープの選考を受ける前にどのような会社なのか、その特徴をしっかり理解していきましょう。

就活会議編集部