就活会議

企業と面接のリアルな情報は、就活の武器になる。 利用学生12万人以上

社会人の口コミで企業研究、先輩のES・面接情報で選考対策ができるサイトです
注目の企業
富士通
パナソニック
三菱東京UFJ銀行
三菱電機
154,229 社の登録企業と 15,262 枚のES・体験記
Img top scroll arrow

就活会議が提供する3つのメリット

口コミで企業研究
社員・元社員の口コミで企業研究
気になる企業の給料の実情や入社前後のギャップ等が調べられます。本当に自分に合う企業を探しましょう。
20,000枚のES・選考体験記
15,262枚のES・選考体験記
選考を突破、内定した先輩の実体験が詰まった口コミです。効率的に選考の準備を進めることが可能です。
就活状況をリアルタイムで把握
選考状況をリアルタイムで把握
気になる企業の選考フェーズや面接の雰囲気が、同級生の口コミでリアルタイムに確認できます。

社員の口コミで企業研究をしよう

15万社に渡る社員クチコミで、企業のいい所も悪い所も把握しましょう。

15,262 枚のES・体験記

インターン、エントリーシート、選考体験記のいずれかを選んで、選考対策を進めましょう。

注目のインターン体験記を見てみましょう
注目のエントリーシートを見てみましょう
注目の選考体験記を見てみましょう

卒業年度、学部、職種、質問内容などを参考に、人気企業の選考を覗き見してみましょう。
  • インターン体験記
  • エントリーシート
  • 選考体験記
Img square es

株式会社三菱東京UFJ銀行

総合職
Img human
18卒 | 早稲田大学 | 文学部
通過
Q.
志望動機
A.
貴社のお客さま視点を常に大切にし、一人ひとりが信頼を築いていく姿勢に強く惹かれたと同時に強く共感したため、志望させていただきました。貴社は他社と比べてグローバルな社会にいち早く対応できていると感じました。インターンシップで貴社の考え方を肌で感じて自分の中に吸収するとともに、金融に関する知識を身につけたいと考えています。
Img square es

富士通株式会社

事務系
Img human
17卒 | 学習院大学 | 法学部
通過
Q.
「あなたが学生時代に力を入れたこと」において、「セルフチェックで高く評価した社会人基礎力項目」が発揮されたエピソードを教えてください。 その背景と、あなた自身が取った行動、その結果をできるだけ具体的に記述してください。
A.
陶芸研究会の部員80人の意識改革です。幹部学年になるにあたり、例年通りの活動では学園祭で販売する陶器の販売目標を達成できないと認識していました。前年の先輩より技術的に劣っていたにもかかわらず、部員に危機感がなかったからです。他大学と交流することで刺激をもらい学内の陶芸活動を促そうと思い、合同で合宿やお茶会、展示会を行いました。しかし陶芸交流活動を行っても参加人数が少ない状況でした。そこで部員に聞き取り調査を行うと、「毎回同じような人と同じことをする、変化のない定例行事」と思われていたことがわかり、私は新たに2つのことに挑戦しました。1参加大学を1校増やして3校で活動をしたこと2展示会で販売活動を行ったことです。活動の変化に興味を持ち、交流活動に参加する部員が増えました。また部室や部会で参加の呼びかけをしながら、2ヶ月に1度、陶芸についての情報を交換しやすい交流機会を作ったことで、部員のモチベーションが継続的に上がりました。作陶指導を頼みにくる後輩が増えただけでなく、後輩の前向きな姿勢によって、上級生もより陶芸活動に力を入れるようになりました。結果学園祭では販売目標を達成し、前年と比べ1.5倍増加の40万円を売り上げることができました。この経験から組織内の意識を上げるには先ず自分が先頭に立って実行する必要性と共に、黙って行動するだけでなく言葉によって周りを巻き込む力を身につけました。
Img square es

三菱電機株式会社

技術職
Img human
18卒 | 同志社大学大学院
通過
Q.
研究概要
A.
私は、脳波計を用いた脳の活動領域の推定に関する研究に取り組んでいます.近年、人々のライフスタイルの多様化により、商品開発において一人一人の心理状態に適したものが必要とされています.そこで脳波計を用いて,人の脳活動から心理状態を評価しようと考え、脳波計のデータから脳の活動領域の推定の精度を検証しています.
Img square screening

株式会社三菱東京UFJ銀行

Img human
17卒 | 東京工業大学大学院
2次面接
Q.
面接で話した志望動機を教えて下さい。
A.
(あまり良い動機とは言えないと思いますが)銀行の業務に適性があるという結果が出たことを話しました。某大手就職情報サイトの適性検査で業界別の適性を見たところ、銀行業界が一番でした。数字に強い、細かいところも見落とさない、正確丁寧な仕事を心がけることが理由のようです(今振り返るとこうったサイトの「適性のある業界」というのも参考にする程度にすべきと思いますし、向き不向きでやりたい、興味のある会社にチャレンジしなかったことを後悔しています)。なお、1次面接はこの理由で通してもらえましたが、2次面接では不十分と言われて落選しました。また銀行は社会に不可欠なお金を扱う業界でその責任の大きさにも惹かれた、と話しました。
Img square screening

富士通株式会社

Img human
17卒 | 日本大学
最終面接
Q.
面接で話した志望動機を教えて下さい。
A.
今後2020年の東京オリンピックに向けてICT業界がもたらす社会への影響力は計り知れません。また、オリンピックの影響から、更なる技術の向上が促進されていきます。そこで、私は学生生活において、前例のない挑戦であっても、自分の行動には責任を持ちつつ、確実に実績を残すことで周りに影響を与えることができました。この経験を通して、私には環境の変化にも柔軟に対応し、実力を最大限に発揮できる力があると実感しております。この培った経験をもとに、発展の著しいICT業界で刺激を受けながらも課題を克服していきながら自分自身の成長を実感していくこと。そして、その成長を通して「ICT+人」のネットワークを構築し、日本だけでなくグローバルに技術を展開できる人材を目標として、若手のうちから積極的に自分の意見を発信していきたいと考えております。
Img square screening

日本航空株式会社

Img human
17卒 | 大阪府立大学
3次面接
Q.
面接で話した志望動機を教えて下さい。
A.
私は日本を代表する貴社の一員として、「世界を代表するエアライン」へと挑戦したいと考えております。航空業界に対する世界的需要の拡大に伴い、今後エアラインが背負う社会的使命はより一層大きくなると感じます。また貴社は、経営破綻後、「JALフィロソフィ」を全社員の共通の軸とし、「安全」や「お客様に最高のサービスを提供すること」をコンセプトに「チーム」として一丸となって再建に取り組まれたからこそ、「営業利益率5年連続10%以上」かつ「営業利益率世界一」を実現し、更に定時性や顧客満足度でも最高の結果を残されていると感じますし、そのような貴社の強みを非常に魅力的に思います。

業界から企業を探す

就活会議は東証一部上場企業である株式会社リブセンスが運営しています