就活会議では、Internet Explorer11のサポートを終了いたします。今後はGoogle ChromeやMicrosoft Edgeをご利用ください。
就活会議
CREATED ON 2021.12.15 | UPDATED ON 2022.09.15

【就活ガイド】パーソルテンプスタッフ株式会社の企業研究〜企業分析で選考突破〜

サービス #企業研究
456 VIEWS
この記事は、就活会議の会員が投稿した体験記にもとづいて作成・編集をしています。就活会議の会員は現役の学生であることを確認しています。
パーソルテンプスタッフ株式会社の企業研究

パーソルテンプスタッフ株式会社は、人材派遣業界のパイオニア的存在として業界をけん引する企業です。人々の働く選択をサポートしているだけに、社員間でも助け合いの風土が根付いている点が魅力です。 この記事ではパーソルテンプスタッフの基本情報や業界内での立ち位置をもとにお伝えするとともに、先輩たちが実際に行った企業研究方法をご紹介します。パーソルテンプスタッフの選考を受ける前にどのような会社なのか、その特徴をしっかり理解していきましょう。

本選考の対策を進める

パーソルテンプスタッフの会社概要

まずはパーソルテンプスタッフについて理解しましょう。 ここではパーソルテンプスタッフの選考に通過した先輩たちが行った企業研究と、その社風などをお伝えします。

パーソルテンプスタッフの基本情報

会社名 パーソルテンプスタッフ株式会社
業界 人材サービス
本店所在地 東京都渋谷区代々木2-1-1 新宿マインズタワー
グループ拠点数 629拠点(国内:469拠点 海外:160拠点)
※2022年2月現在
設立 1973年(昭和48年)5月
売上高 1,060,893百万円
※2022年3月期
従業員数 60,675名
※2022年3月31日現在
資本金 2,273百万円
※2018年3月31日現在
平均年齢 -
初任給 月給:275,400円~294,000円
(首都圏・近畿エリア勤務のモデル給与)

■内訳
・基本給:205,100円
・地域手当:30,000円(首都圏・近畿)
・時間外手当:37,200円~55,800円
(月間20~30時間残業した場合の支給額 ※実態に応じて全額支給 )
・拠出金:3,100円
福利厚生・社内制度 ■休暇
年次有給休暇、慶弔休暇(結婚休暇、配偶者出産休暇、忌引き休暇)、産前産後休暇、育児休暇、介護休暇、看護休暇、等
過去の採用人数 -
経営理念 雇用の創造・人々の成長・社会貢献
代表者 木村 和成
事業内容 労働者派遣事業
有料職業紹介事業

事業内容

パーソルテンプスタッフは、人材派遣事業を中心に事業を展開する企業です。しかし、パーソルテンプスタッフが誕生した当初、日本にはまだ人材派遣という考え方はありませんでした。設立から40年たった現在では、業界のリーディングカンパニーとして活躍しています。

パーソルテンプスタッフは、働く人の多様な未来を支援するために、下記のようなサービスを展開しています。

また、パーソルテンプスタッフの採用サイトには、下記の6つの部門が紹介されていました。各部門によって役割や業務内容が大きく異なるため、よく理解しておきましょう。入社後どこでどう活躍したいのかまで考えておけるといいですね。

部門 業務内容
派遣領域 人材派遣や紹介予定派遣、人材紹介等、パーソルグループの
あらゆるサービスを企画提案し、人と組織に関する課題解決を
行っている領域です。はたらくことに関する環境は目まぐるしく変
化しています。それに伴い、組織や人も多様な課題を持ってい
ます。その一つひとつに向き合い、多様なソリューションにより課
題解決に向けたご提案をし、共に解決へ導いています。
BPO領域 組織の事務業務や事業運営を最適なプロセスにデザインし、
高い生産性を実現することで、事業成長を持続的に加速させ
るビジネス・プロセス・アウトソーシングをご提供しています。民間
企業から行政機関まで幅広いお客さまに対して、それぞれの課
題に即したサービスをご提案し、設計から運用・改善までの一連
を担っています。
R&D領域 研究開発領域に特化したソリューションをご提供しているセクション
です。研究開発にまつわる求人や理系の知識を活かしたオフィス
ワーク等、理系の専門知識を活かして価値提供を行っています。
理系の方々の支援をしたいという思いのもと、業界発展のための
共同研究所の設立等も行っています。
事業推進領域 パーソルテンプスタッフは、スタッフ・お客さま・当社の三者が協力
し、共に新しい価値を創り出して好循環を生むことで持続的に
成長していくことを目指しています。事業推進領域では、従来の
ミドル・バック部門のように、企画部門が決めたものを要件に落
とし込みデリバリーを行うだけでなく、システムやデータを活用し、
何をなすべきか、どんな価値を創出するのかという考えのもと、
企画提案型で経営や現場に発信し顧客への価値提供を行っ
ています。
コーポレート領域 パーソルテンプスタッフおよびStaffing SBUの課題解決・支援な
らびに各社総合企画と戦略管理等を行う部門です。総合企画
(中期経営計画、年度予算、M&A、ブランドおよびインナーコ
ミュニケーション)と、その戦略管理(中計進捗、年度予算の
統括と評価、M&A後の成長支援)に加え、トップサポート(
必要とする情報提供、会議体事務局、特命対応など)を主
に担っています。戦略立案・制度企画・リスクマネジメントといっ
た幅広いフィールドで、企業の成長と発展をリードしていきます。
人事領域 パーソルテンプスタッフおよびStaffing SBUの人事機能全般を
担っています。経営戦略・事業戦略に沿った制度構築、採用、
人材開発・教育、組織力開発、労務管理等を行っています。
一人ひとりの社員が最大限の価値発揮をできるよう、タレント
マネジメントを推進し、適した配置や育成、組織開発の実現に
向けた制度構築を行ったり、安心・安全にはたらくための健康
増進の取り組みを実施したりしています。それぞれのはたらきが
いにも注力し、活き活きとはたらける環境整備・制度設計も併
せて行っています。

IR読み解き!パーソルテンプスタッフの売上・競合比較

ここからはIR資料や有価証券報告書を読み解いて企業研究しましょう。

売上・業績

パーソルテンプスタッフ単体での業績が公表されていないため、パーソルグループ全体での業績推移を見てみましょう。下記は、直近5年間の売上高推移です。

パーソルホールディングス連結売上高

パーソルグループの売上高は、2020年度(2021年3月期)で若干落ち込んでいることが分かります。これは、新型コロナウイルス感染症拡大の影響と考えられます。 コロナの影響で経済は世界的な打撃を受けました。その結果、採用に慎重になる企業が増え、人材業界のパーソルグループにもその影響が生じています。

2021年度もコロナ収束の先行きは不透明なままでしたが、規制が緩和されるなど、経済活動において一部回復の傾向が見られました。人材需要も回復基調にあり、パーソルグループでも再び売上高が増加しています。

競合他社

人材業界と聞くと、就活生にとって馴染み深い「リクナビ」「マイナビ」といった、求人広告サービスを思い浮かべる人も多いでしょう。しかし実際は、さまざまなサービスやビジネスモデルが存在します。 人材業界を分類すると、主に下記の4つに分けられます。

パーソルテンプスタッフは、人材派遣事業をおこなっています。また、パーソルホールディングスを始めとするパーソルグループ全体としては、人材紹介や求人広告、人材コンサルティングまで事業を展開する、総合人材サービス会社です。

ここでは、パーソルテンプスタッフと同じく人材派遣事業をおこなう企業と業績を比較してみましょう。下記は、大手派遣会社の売上高比較です。 ※連結業績での比較。

【2021年度】業績比較

パーソルテンプスタッフの属するパーソルグループが抜きんでています。パソナグループやスタッフサービスグループに倍以上の差をつけていますね。パソナとスタッフサービスは、売上高に大きな差がありません。

パソナグループは、人材派遣事業以外にも、企業や官公庁・自治体の福利厚生業務を代行する、福利厚生サービスのアウトソーシングや、地方創生などの事業にも取り組んでいます。パーソルグループに負けないくらいの事業の幅広さがありますね。

株式会社スタッフサービス・ホールディングスは、株式会社リクルートホールディングスの連結子会社です。スタッフサービスグループの特徴は、グループ全体で人材派遣事業に取り組んでいることです。人材業界の中でも、人材派遣領域への想いが強い人は注目したい企業でしょう。

業界の動向

矢野経済研究所が、人材ビジネス業界の市場規模推移を調査しています。

人材ビジネス業界の市場規模推移

2020年度に若干落ち込んではいるものの、市場規模は全体的に拡大傾向にあります。2020年度は新型コロナウイルス感染症が拡大したことで、経済活動が停滞しました。その結果、多くの企業が採用に慎重になるなどして人材業界も影響を受けました。

2021年度はコロナ禍でありながらも、一部の制限が解除されるなど経済活動を回復させる動きが見られました。その結果、人材業界も回復の見込みとなっています。

しかし、これは短期的に見た場合の推移です。人材業界の動向を長期的に推測した場合、直面する課題が労働人口の減少と考えられます。日本は少子高齢化に直面している国です。ゆくゆくは労働人口が減少していくことは避けられないでしょう。 労働者の数や年齢の変化を想定し、新しいサービスを考えていくことが求められています。

国立社会保障・人口問題研究所「日本の将来推計人口(平成24年1月推計)」によると、高齢化率は2024年に30.1%となると予測されています。50歳以上の人口が5割を超えるとも言われており、2024年以後の人口ピラミッドをめぐる課題は「2024年問題」と呼ばれています。
一般的に採用サイドは、企業文化への適応性や教育による「伸び代」を高く評価し、若年層の転職志望者を好む傾向にあります。
しかし、現実的には若年労働力の減少は避けられず、中高年層の熟練技能や経験値を適切に評価し、企業と個人をマッチングする試みが人材業界には求められるでしょう。

引用元:https://media.agent-bank.com/categories/market/marketsize

パーソルテンプスタッフの強み

ここからは、パーソルテンプスタッフの強みを見ていきましょう。

強み・特徴「パーソルグループや人材派遣業界をけん引する存在」

パーソルテンプスタッフは、パーソルホールディングスを親会社とするパーソルグループに属しています。パーソルグループは人材領域に集中して事業を展開している点が特徴的です。その中でも、人材派遣事業による営業利益は全体の約55%と半分以上を占めています。

また、人材派遣業界では、業績が有効求人倍率に比例する傾向があります。景気の影響を受けやすい業界で、2020年以降は新型コロナウイルス感染症拡大の影響が懸念されています。 そのような中、パーソルテンプスタッフは、在宅型接客スタッフを派遣するサービスなども開始しています。新しいニーズを的確にとらえて素早く事業に取り入れる、スピード感のある経営戦略がうかがえますね。業界をけん引する存在であることにも納得できます。

パーソルテンプスタッフは、タイムリープ株式会社が開発・運営する遠隔接客サービス「RURA(ルーラ)」を活用し、在宅型接客スタッフ派遣を開始する。 また複数店舗を運営される企業では、繁閑に合わせて接客スタッフが在宅勤務にて対応する「チーム型在宅派遣サービス」も利用ができる。

引用元:https://www.jinzai-business.net/news/view/411

パーソルテンプスタッフの社風

ここからは、パーソルテンプスタッフの社風を見ていきましょう。

社風「助け合う風土が根付いている企業」

パーソルテンプスタッフは、年次やチームに関係なく、助け合いが当たり前となっているようなあたたかな社風です。採用サイトの社員紹介のページには、そういった社風を魅力に感じている社員たちの声が多数紹介されていました。

パーソルテンプスタッフは、いい意味で壁がなく助け合う風土があるということを非常に感じます。年次関係なく自身の意見を言い合えて、悩んでも手を差し伸べてくれる人たちがいる。そんな「チーム」として、日々お客さまの方を向いて一つの仕事を作り上げていきます。

引用元:https://www.tempstaff.co.jp/recruit/person/interview/04/

この会社は、緊急時の決断力や価値観にも「他者を思いやる気持ち」があふれていると思います。パーソルテンプスタッフには本当の意味で「雇用の創造のために何をすべきか」を考え、実現できる人材が集まっている気がしますね。

引用元:https://www.tempstaff.co.jp/recruit/person/interview/06/

支え合いが当たり前となっている企業風土が根付いているため、若手でも安心してチャレンジできる環境であることが分かりますね。「入社先は社風も重視して考えたい」という人にも、おすすめの企業と言えます。

パーソルテンプスタッフの新卒採用

ここからは、2023年卒の新卒採用の応募条件や待遇について見ていきます。

募集要項

2023年卒募集要項は下記の通りです。給与については、首都圏・近畿エリア勤務の場合に3万円、北関東・中部エリア勤務の場合に2万円の地域手当がつきます。

募集職種 総合職(G職)
業務内容 営業職もしくは事務・企画職もしくはコーディネーター職
応募資格 全学部全学科
給与 ■初任給:
月給:275,400円~294,000円
(首都圏・近畿エリア勤務のモデル給与)

■昇給:年1回(4月)

■賞与:年2回(6月、12月)
諸手当 時間外勤務手当、休日勤務手当、深夜勤務手当、通勤手当(上限3万円/月)、地域手当、拠出手当、役職手当、レベル手当
勤務地 全国
勤務時間 フレックスタイム制 (標準勤務時間 8時間/1日)
フレキシブルタイム:7:00~22:00
保険 記載なし

求める人物像は明記されていませんが、採用サイトに木村和成社長のメッセージが発信されていました。

その当時からパーソルテンプスタッフは、篠原の創業理念に共感し「雇用を支援したい」「目の前の人を助けたい」と願って仕事に取り組む社員ばかりで、それは今でも変わっていないですね。そもそも、私たちの仕事はものを売る仕事ではなく「誰かのはたらくを支えること」を生業としています。その背景から、誰かのために尽くしていく利他の精神を持つ人が多く集まる会社になりました。だからこそ、社員には丁寧に相手に寄り添っていく力があると自負しています。そのような気持ちを持った人材が集まっていることは、脈々と息づくパーソルテンプスタッフの強みだと思います。

引用元:https://www.tempstaff.co.jp/recruit/company/message/

パーソルテンプスタッフには「誰かの力になりたい」という思いを持った人が集まっているとのことです。これがパーソルテンプスタッフの強みだと語っていることから、これからもそういった利他の精神を持っている人を求めていくことが読み取れますね。 選考では、人材業界で働くことでどう貢献したいのかという熱意を伝える必要があるでしょう。

福利厚生

パーソルテンプスタッフでは、働きやすさを支援する制度とキャリア形成を支援する制度の両方が整っています。ライフスタイルやライフイベントに応じて働き方を選択しつつ、臨むキャリア形成も実現させたいという人にマッチする企業ですね。

▼はたらくを支える制度

▼キャリアを支える制度

その他の社内制度

パーソルテンプスタッフでは、新入社員向け研修・社員向け研修・マネージャー向け研修がそれぞれ充実しています。研修の種類も多く、多角的な面から社員ひとりひとりの成長を促していると考えられます。

▼新入社員向け研修 社会人としての基本的な知識・スキルを習得できる研修制度を用意しています。

▼社員向け研修 入社時の研修のみならず、成長段階にあわせて様々な研修制度を用意しています。

▼マネージャー向け研修 業務支援のみならずメンバー育成に必要なプログラムを用意しています。

企業研究のポイント

パーソルテンプスタッフの企業研究では、各部門の事業内容や役割などをよく理解しておくことがポイントです。そのうえで、入社後やりたいことを具体的に伝えられるように準備しておきましょう。下記の先輩によると、選考で入社後の業務内容や役割などを把握できているのかが問われるとのことです。 企業理解のために、OB訪問を実施している先輩も見られました。生の社員の声を聞いておくと、志望動機にも深みが出ます。入社後のイメージを明確にするためにも、積極的に参加しておくといいでしょう。

「企業研究」で行ったこと、調べて役に立ったこと

企業研究は企業サイトを中心に行った。それだけでは不十分と思うなら、日経新聞や他社比較もするとさらに深まってよい。ガクチカ・志望動機はもちろんだが、入社後どのような仕事に就いて、どのような人たちと関わって、どのような人たちに価値を届ける仕事なのか理解しているか時々確認された。そこで自分は○○部の○○(職種)として、どのように働きたいかを具体的に言えるとよい。人材業界は人と人を繋げる仕事なので、人との繋がりを大切にしているか否かは大切なポイントだと思う。OB訪問は自主的に、と言うよりは紹介してもらった形になる。実際にお食事に連れて行ってもらい(選考ではないのでリラックスしてなんでも聞いてと言われた)、会社・働く社員の方の雰囲気をよく知ることができ、企業研究になった。

「企業研究」で行ったこと、調べて役に立ったこと

この会社は主に人材派遣を行っている会社なので、人材派遣のどういったサービスを展開しているのかをとても調べた。HPや座談会を通して知ったことを面接で言えるようにしていた。また、ここの会社の面接は志望動機を聞かれないので(私の場合は聞かれませんでした)、自己分析や自分のことを知る方に時間をかけた方が良いように思いました。また、聞かれる質問がとても特徴的な質問ばかりなので就活会議や他のサイトでどんな質問が来るのか分かったうえで受けた方が焦らなくていいと思います。可能な限り、面接の練習に時間を当てた方が良いと思います。答えているときに何を言っているのか分からなくなったり、そういったことがない方が良いと思う。また、質問の意図が分からないときは素直に面接官にどういう意味かを聞いたりなど、そういう心持でいた方が良いです。

「企業研究」で行ったこと、調べて役に立ったこと

OB訪問を個人的にアプリを使って行いました。 現場で働かれている社員の方に、職場の雰囲気や、自分のどのようなところがパーソルテンプスタッフに合っているのかを教えていただきました。 あとは、LINEのオープンチャットで、どんな質問を各面接でされたのかという情報収集を行いました。その中には、全員がほぼほぼ聞かれている質問もあったので、情報収集しておいて良かったなと感じました。 実際に受けて感じたことなのですが、志望動機などの未来のことよりも、その就活生の根本的な性格や、どのような価値観を持っているのかということを重点的に見られているようでした。 そのため、特別準備して挑むというよりは、質問に対して素直に答えて、会社とのマッチ度を見るといいと思います。

ここで紹介したのは先輩が投稿してくれた口コミの一部です。更に詳しい口コミもあるので、ぜひ読んでみてくださいね。

今回記事の中で紹介した最新の口コミはログイン後に観覧いただけます。

会員登録をして最新の口コミを見る続けて選考対策を進める
就活会議

この記事を書いた人: 就活会議編集部

就活会議の編集チームです。就活生の皆さんの役に立つ「企業と面接のリアルな情報」を発信しています。体験記・ESは 会員登録 すれば見放題! YouTubeチャンネル も配信中です!

関連記事
パーソルテンプスタッフ株式会社の本選考の傾向と対策
サービス
【就活ガイド】パーソルテンプスタッフ株式会社の本選考の傾向と対策【内定者回答あり】

人材派遣業界のパイオニアとして、全国各地で事業を展開しているパーソルテンプスタッフ株式会社。クライアントやスタッフ、社員などの関わる人すべてを大切にする、あたたかな社風が就活生からも人気となっています。 就活会議では、実際にパーソルテンプスタッフの本選考に応募し参加した学生から情報提供をしてもらっています。ESや面接での実際の回答例もありますので、ぜひ選考を受ける前に対策として読んでみてくださいね。

#本選考
就活会議編集部
パーソルキャリア株式会社の企業研究
サービス
【就活ガイド】パーソルキャリア株式会社の企業研究〜企業分析で選考突破〜

パーソルキャリア株式会社は、パーソルグループに属する企業です。人材紹介サービスやWeb求人広告といった、人材領域におけるサービスを幅広く提供しています。 この記事ではパーソルキャリアの基本情報や業界内での立ち位置をもとにお伝えするとともに、先輩たちが実際に行った企業研究方法をご紹介します。パーソルキャリアの選考を受ける前にどのような会社なのか、その特徴をしっかり理解していきましょう。

#企業研究
就活会議編集部
アクセンチュア株式会社の本選考の傾向と対策
サービス
【就活ガイド】アクセンチュア株式会社の本選考の傾向と対策【内定者回答あり】

コンサル業界の中でも特に人気のアクセンチュア株式会社。自分の実力が報酬にも反映されるということで、成長志向の高い学生に人気です。 就活会議では、実際にアクセンチュアの本選考に応募し参加した学生から情報提供をしてもらっています。ESや面接での実際の回答例もありますので、ぜひ選考を受ける前に対策として読んでみてくださいね。

#本選考
就活会議編集部