P&G株式会社のロゴ写真

P&G株式会社

  • 0.0
  • 口コミ投稿数(13件)
  • ES・体験記(3件)

P&Gの本選考TOP

P&Gの本選考

本選考体験記(1件)

16卒 1次面接

16卒 | 早稲田大学 |
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. A.
1次選考までの対策として、志望動機などについて問われることはなかったのですが、ESやGDなどはP&Gに特徴的なものであるために、この2つに関してはしっかりと事前に準備をした方がいいと思います。ESの場合は会社の方から書き方の指南までメールで送られてきたので、文字数がかなり多いですがしっかりと推敲をしなければならないと思います。また、GDに関しても、自身の失敗経験から、事前にその形式や過去の問題などを予習しておいたほうがいいと思います。 続きを読む

直近の本選考の選考フロー

志望動機

16卒 志望動機

企業名: P&G
16卒 | 早稲田大学 |
Q. P&Gを志望する理由を教えてください。
A. A.
面接で志望動機を問われることわなかったので、ESにおける志望職種(MKT)への志望動機に関して、志望する理由は、一点目としてはP&Gという世界を代表するマーケティング部隊を持つと考える会社で努力を積むことで、世界で戦えるビジネスマンになり、自分自身でもビジネスを動かしていけるようになりたいと考えており、また二点目としては学生時代を通じて、自分自身で考え抜き様々なことに貪欲に挑戦し続けて生きた強みである性格をいかすことができると考えており、以上の2点からP&Gを志望しています。 続きを読む

16卒 志望動機

総合職
16卒 | 早稲田大学 |
Q. P&Gを志望する理由を教えてください。
A. A.
私がP&Gのマーケティングを志望するのは、世界の人々の生活を豊かにしたいと考えたからです。私は在学中様々なところへ行き、消費財は世界のどこに行っても必要とされるものであり、人々の生活を変化させ、より豊かなものにすることができるものであると感じました。そこで私は入社後裁量権を早い段階から持ち、ビジネスリーダーとして世界の人々の生活を向上させ幸せにすることで御社に貢献したいと考えています。 続きを読む

エントリーシート

16卒 本選考ES

総合職
16卒 | 早稲田大学 |
Q. 志望動機
A. A.
私がP&Gのマーケティングを志望するのは、世界の人々の生活を豊かにしたいと考えたからです。私は在学中様々なところへ行き、消費財は世界のどこに行っても必要とされるものであり、人々の生活を変化させ、より豊かなものにすることができるものであると感じました。そこで私は入社後裁量権を早い段階から持ち、ビジネスリーダーとして世界の人々の生活を向上させ幸せにすることで御社に貢献したいと考えています。 続きを読む

16卒 本選考ES

MKT
16卒 | 早稲田大学 |
Q. Describe a problem situation where you had to seek out relevant information, define key issue, and decide on which steps to take to get the desired results.あなたが、解決したい課題や問題について、重要な関連性のある情報(データや事実など)を見出し、その課題や問題の根源をつきとめ、解決策を提案した結果、望ましい成果を挙げた経験について述べてください。(全角半角問わず500字から700字程度)
A. A.
私が交換留学から帰国後に、一年間のみの単位外でのゼミ活動参加を認められた経験です。 留学先での勉強を通じて、途上国経済について専門性を持って勉強をしたいと強く思うようなり、ゼミ活動にぜひ参加したいと考えていました。しかし年度途中で復学をする私は、3年生からの参加という学部の通例には当てはまらない状況にありました。実際に教授自身の要求も「卒論制作が間に合わないから」という理由で3年生からの参加でした。そこで、ゼミ参加を認めてもらうために「卒論制作が間に合わない」という教授の懸念解消を試みました。まず、当該ゼミに参加する生徒にコンタクトを取り、活動内容についての情報を収集しました。すると活動内容に関して①「3年生前期は統計ソフトについて集中的に勉強すること」②「夏季休業の間に卒論のテーマを各自が設定すること」という2つの事実がわかりました。この事実から、教授の懸念の根底には「論文作成前の準備時間の不足への懸念」があり、自主的な解決が可能であると推論しました。そこで、自主的な勉強によりソフト操作の基礎を身に付け、また留学での勉強を振り返ることで自身の興味を明確にし、「日系企業の海外進出戦略の成功要因」という卒論のテーマを見つけ出しました。そして、「準備を進めたこと」に加え「3年生後期は単位外ながら自主的にゼミ活動に参加したい意向」を教授に伝えました。その結果、「拒む理由はないな」と言っていただき、参加が認められました。現在は教授の指導の下、途上国環境について集中的に学んでいます。 続きを読む

グループディスカッション

卒業年度
人数
時間
テーマ
 
2016卒
7人
--
自社商品と他社商品に関する商品データや市場データなどを渡され、個人で読み込みをした後に、今後の戦略を考えるというものでした。
詳細

面接

16卒 1次面接

16卒 | 早稲田大学 |
Q. 学生時代力を入れて取り組んだこと
A. A.
サッカーサークルでの経験を挙げました。都大会の1ヶ月前になって肉離れになってしまいましたが、治療に全力をぞぞぎ、練習のリハビリを必死に行ったことで最終的には大会に出場することが出来ました。試合には敗れてしまいましたが、自分自身が掲げていた都大会出場という目標に向けて、諦めることなく徹底的に取り組む事が出来た経験は、学生時代を通じて発揮されたと自負している自身の貪欲な性格を活かすことができた経験であると考えています。 続きを読む