P&G株式会社のロゴ写真

P&G株式会社

  • 0.0
  • 口コミ投稿数(13件)
  • ES・体験記(3件)

P&Gの本選考のエントリーシート

本選考の通過エントリーシート

2件中2件表示
男性 16卒 | 早稲田大学 |
Q. 志望動機
A. A.
私がP&Gのマーケティングを志望するのは、世界の人々の生活を豊かにしたいと考えたからです。私は在学中様々なところへ行き、消費財は世界のどこに行っても必要とされるものであり、人々の生活を変化させ、より豊かなものにすることができるものであると感じました。そこで私は入社後裁量権を早い段階から持ち、ビジネスリーダーとして世界の人々の生活を向上させ幸せにすることで御社に貢献したいと考えています。 続きを読む
Q. 1あなたが解決したい課題や問題の根源をつきとめ、重要な関連性のあるデータをみいだしその課題の根源を突き止め解決策を提案した結果、望ましいせいかを挙げた経験について500−700
A. A.
私は震災ボランティアに参加してそこの問題を発見し、解決策としてボランティアチームを結成した結果、継続支援を可能にしました。私の大学には震災ボランティアとして陸前高田市で年に二回ほど公募で活動をするプログラムがありました。私は何度かそのプログラムに参加しましたが、そこで気が付いた問題がありました。それは現地のニーズに答えることに限界があること、現地の方との信頼不足が原因でニーズが拾い切れていないこと、そして過去の参加者の活動が共有できず次につながる活動になっていないという問題です。そしてその問題の原因は、年に数回しか訪れないこと、そして毎回違う人が行っていることにあると考えました。私は震災ボランティアに参加している身として、少しでも現地の方の役に立てることを増やしたいと考えました。そこで私は何度か現地に行っている仲間と共に、「現地の方の意見を聞き、個々のニーズに答えること、そして継続した支援をすること」を目標としたチームを結成しました。現在はミーティングで情報を共有しつつ、月に二回ほどメンバーを現地に派遣しています。チーム結成により現地の住人の方や地元のNGOの方との連携をとりやすくなり、多様なニーズに答えることが可能になりました。また何度も足運ぶことにより、現地の方々が少しずつ心を開き、相談などをしてくださるのは本当に喜ばしいのと同時に身の引き締まる思いがします。具体的には、仮設住宅の方が寄付だけでなくできれば自分たちの手で運営費用を賄いたいという相談をメンバーが現地で聞き、それをチームで共有しました。そして仮設住宅の方を大学にお招きして、現地で作った野菜をお祭で一緒に売るという企画を立案し、実際に成功させることができました。 続きを読む
Q. 2あなたがグループの中でリーダーシップをとって方向性を示しグループメンバーから協力を得て優れた結果を出した経験について500−700
A. A.
私は大学のサークルにおいて、活動参加者が少ないという問題を、メンバーに協力を求め、解決することに成功しました。私は大学でEnglish Speaking Societyに所属し、二年生のときにスピーチ活動のサブチーフを務めました。スピーチ活動の問題点として、毎年四月に行われるせいか、一年生の参加率が著しく低いことが挙げられました。私は一人でも多くの一年生にこの活動に参加してもらい、サークルの楽しさを知ってほしいと考えました。そこでスピーチ参加人数を、二倍にすることを目標に掲げました。私はこの問題の原因は、二年生の指導方法、そして一年生が参加しにくい雰囲気の二つにあると考えました。これらを改善するために私はまずチームの二年生を集め話し合いを行いました。しかし全体で話し合っても解決策はまとまらず協力を得ることはできませんでした。そこで私は、個別に相談を持ちかけることにしました。まず指導方法の改善として、スピーチチーフに相談し、指導方法を共有してもらうことで二年生全員が指導できる体制を整えました。またデザインが得意なメンバーに頼み、スピーチの書き方をわかりやすく載せたリーフレットを作成しました。次に雰囲気作りの改善策として、二年生全員の時間割を個別に教えてもらい、シフトを組みました。そして常に誰か二年生がいて、一年生がいつでも活動することができる環境を作りました。私は個別に相談すると、ほとんどのメンバーが快く引き受けてくれるだけはなく、改善策も提示してくれ、より良い改革を行うことができると気が付きました。そして全員の協力の結果、活動開始後一週間までに参加者は十人から二十二人まで増やすことができました。この経験からチームで結果を出すには、個々人と向き合うことが重要だと学びました。 続きを読む
Q. 3あなたがこれまで著しい結果をだした時のことを教えてください。500−700
A. A.
私は英語の劇で、八十歳の老婆役を演じ、演技で最優秀賞を受賞しました。英語劇はサークルの活動の一環で、五チームに分かれて同じ演目を演じ、英語の発音や表現力などを評価し、優勝を競うというものです。劇の配役は先輩からの指名で決定します。私ははじめ老婆役を指名されたときは本当に驚き、なぜ自分が指名されたのか理解できず、サークルをやめたいとさえ思いました。しかし劇は全員で作るものであり、私が途中でやめてしまうとチーム全体に迷惑がかかってしまいます。そこで私はどうせやるのなら、なにか成果を残したいと思いました。そこで演技で個人賞を受賞するという目標を設定しました。私はこの目標を達成するために現状の問題点を考えました。まずひとつは演技の経験不足、次に英語の発音能力の低さ、そして表現力不足の三つがあげられました。まず演技の経験不足は過去に同じ役をした先輩のもとへ行き協力をお願いし、早朝や授業の合間、放課後などを利用し指導をしていただきました。また日常的に高齢者の方の動きをよく観察し、自分の動きを改善しました。次に英語の発音については、帰国子女の先輩に自分のセリフを発音していただき、それを録音し真似をすることで矯正していきました。そして最後の感情表現に関しては、ともに演じる仲間と共に、自分の役はその時どういう気持ちで行動しているのか何度も話し合いました。結果として、先輩方の惜しみないご協力と、ともに演じる仲間のおかげで、劇大会では目標通り、老婆役として最優秀賞を受賞することができました。この経験を経て、最初はやりたくないと思ったことでも、目標を設定することでポジティブなものに変えることができること、そしてそれを達成するときの仲間の重要さに気づくことができました。 続きを読む
Q. 4あなたの周りで起こった変化によっていつもより柔軟になることが必要になった時のことを述べてください。その時の状況を説明しあなたがどのように対処したのか教えて500−700
A. A.
私はボランティアにおいて、状況が変化しこれまで通りの活動ではいけないと気が付いたとき、活動の目標を見直すことで対応をしました。岩手県陸前高田市に大学は震災当初からボランティアを派遣していましたが、震災当初は現地の方々が求めることをただこなしていけば貢献することが可能でした。しかし震災から月日がたつにつれて、人々のニーズが多様化し、立場ごとの対立も起こるようになりました。具体的には、現地の農家の方に畑仕事のお手伝いの依頼をいただくと同時に、市役所の方からその畑のある場所は、本当は土地のかさ上げをするために立ち退いてほしいところであるとのお話をいただき、どのように対応すべきか悩んだケースがありました。この現状を踏まえ、私はこのチームの存在意義を今一度確認する必要があると考え、チームメンバーを集めてチームの目標を明確にし直す会議を行いました。そこでこのチームはこれまでの「現地の方の意見を聞き、個々のニーズに答えること、そして継続した支援をすること」という目標を見直すことにしました。状況が変化し、個々のニーズに答えるだけでは対立を生むようになってしまったからです。そして新たに「10年後、よりよい街をつくる」という目標を立てることにしました。そして現在やっていたり、新たに依頼が来たりしている事業は、果たして10年後はどうなっているのか、持続可能性はあるのかを考え活動内容を決定することにしました。その結果、現在は地元の中高生にむけた学習支援、仮設住宅の方々の農園のお手伝い、地元NGOと他大学の学生と行う現地への若者流入プロジェクトの3つを主な軸として活動をしています。この件から、私は周りの状況が変化するにつれ自分たちの目標を見直し、対応しなければならない場合もあるということを学びました。 続きを読む
Q. 5あなたが異なる背景、経歴または考えを持っている人々と建設的なかんけいを 気づきあげ、よりよい結果を得た例をあげてください。500−700
A. A.
私は岩手県陸前高田市のボランティアにおいてNGO、医師、仮設住宅の方と協力をし、仮設住宅における住民間の溝を埋めるお手伝いをし、成果を上げました。私はボランティアチームとして、仮設住宅の農園プロジェクトのお手伝いをしています。これは仮設住宅で引きこもりがちな高齢者の方たちが鬱や骨粗しょう症などを訴えることが多くなったことが原因で地元の医師の方が立ち上げられたものです。現在多くの仮設住宅に畑がつくられ、心身の健康増進に一役買っています。しかし、ほかの方より遅く仮設住宅に入った方や、男性の参加率が上がらず、そういった参加に消極的な方たちの健康状態が問題視されていると医師の方からお話をいただきました。この問題は仮設住宅の住人の中に溝があり、新規参加者が参加しにくいことに問題があると考えました。そこで私は仮設住宅で催し物をして、住人の方たちの交流の場にしていただくことで、住民の方たちの間の垣根を取り除くことができるのではと考えました。そこで私たちは地元のNGOの方たちと協力し、仮設住宅でお祭を開催することにしました。そこで普段はあまり出歩かない方たちにも参加していただけるように様々な工夫をしました。まず住人の方やNGOの方にビラの配布など広報をしていただきました。また医師の方たちに仮設住宅で講習会を開き、出歩くことの重要性を説くことでお祭りへの参加を促していただきました。そして多くの方のご協力のおかげで、お祭りには多くの方に参加していただき、成功を収めました。現在も月に一度ほど仮設住宅にお邪魔をし、様々な企画を行い住民の方たちの交流の場を設けています。その結果、住民や医師の方から、仮設住宅の雰囲気が明るくなった、また農園への参加者が増えたとの報告を受けることができました。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 16卒 | 早稲田大学 |
Q. Describe a problem situation where you had to seek out relevant information, define key issue, and decide on which steps to take to get the desired results.あなたが、解決したい課題や問題について、重要な関連性のある情報(データや事実など)を見出し、その課題や問題の根源をつきとめ、解決策を提案した結果、望ましい成果を挙げた経験について述べてください。(全角半角問わず500字から700字程度)
A. A.
私が交換留学から帰国後に、一年間のみの単位外でのゼミ活動参加を認められた経験です。 留学先での勉強を通じて、途上国経済について専門性を持って勉強をしたいと強く思うようなり、ゼミ活動にぜひ参加したいと考えていました。しかし年度途中で復学をする私は、3年生からの参加という学部の通例には当てはまらない状況にありました。実際に教授自身の要求も「卒論制作が間に合わないから」という理由で3年生からの参加でした。そこで、ゼミ参加を認めてもらうために「卒論制作が間に合わない」という教授の懸念解消を試みました。まず、当該ゼミに参加する生徒にコンタクトを取り、活動内容についての情報を収集しました。すると活動内容に関して①「3年生前期は統計ソフトについて集中的に勉強すること」②「夏季休業の間に卒論のテーマを各自が設定すること」という2つの事実がわかりました。この事実から、教授の懸念の根底には「論文作成前の準備時間の不足への懸念」があり、自主的な解決が可能であると推論しました。そこで、自主的な勉強によりソフト操作の基礎を身に付け、また留学での勉強を振り返ることで自身の興味を明確にし、「日系企業の海外進出戦略の成功要因」という卒論のテーマを見つけ出しました。そして、「準備を進めたこと」に加え「3年生後期は単位外ながら自主的にゼミ活動に参加したい意向」を教授に伝えました。その結果、「拒む理由はないな」と言っていただき、参加が認められました。現在は教授の指導の下、途上国環境について集中的に学んでいます。 続きを読む
Q. Give a brief example of when you acted as a leader of a group of people, set direction for them, gained their commitment and led them to achieve outstanding results. あなたがグループの中でリーダシップをとって、方向性を示し、グループメンバーから協力を得て優れた結果を出した経験について説明してください。(全角半角問わず500字から700字程度)
A. A.
留学中に経済学の授業内でスタディグループを作り、メンバー全員の好成績を実現した経験です。当該講義は量も質も非常にチャレンジングなものであったため、試験に向けた効率的な勉強をするためにクラス内で知り合った生徒と計7人のスタディーグループを作りました。そして、難解で量も多い内容を理解するために、各自が割り当てられた範囲を集中的に勉強し、勉強会で他の生徒に噛み砕いた発表をすることに決まりました。方法も決まって安心をしていましたが、実際に発表の場になると聞き手が必死に理解しようと努める一方で、発表者は手を抜いている印象がありました。つまり、単位を取るという「各自の目標」は一致している一方で、グループにタダ乗りをしようという空気もあり、結果的に効率的な勉強をするという「グループによる効果」が損なわれているように思われました。そこで、勉強会でのグループ目標を決めることで「グループによる効果」が上がるのではないかと考え、その都度の範囲の過去問で皆が8割を取るという具体的な目標の設定を提案しました。さらに、目標設定だけでは積極的な協力は仰げないと考え、提案した私自身が次の勉強会で徹底的な準備に基づく発表を「実践」し、メンバーのほとんどが過去問で好得点を取ることも出来ました。目標設定と実践によって「他の生徒の点数に対する責任というインセンティブ」と「協力し合う雰囲気」を作り出すことができ、最終的な成績でもグループ全員が単位を取得することができました。私個人でも246人中上位5人のみが付けられるA+の成績を取ることができました。グループとしての強みを生かせたことで、個人としての成果も出せた経験です。 続きを読む
Q. From your experiences so far (including school, community, or work experiences), describe a time when you delivered significant results. あなたが、これまでに著しい結果(学校、コミュニティー、仕事などを含む)を出したときのことを教えてください。(全角半角問わず500字から700字程度)
A. A.
私が大学1年時から10か月間で「効率的に」150万円を貯め、金銭的困難があった海外留学の実現という結果を出した経験について書かせていただきます。 大学入学以来、英語力は私の弱点であり、また将来の目標に向けて必要であると痛感していました。そこで「習得効率の高さ」と「語学に終始する必要がない点」から交換留学を決意しましたが、一方で自ら授業料など諸費用の上乗せ分を負担しなければ実現できない状況にありました。そこで、コンビニエンスストアでのアルバイトを中心に、多くの単発アルバイトも行うことで資金集めを始めましました。しかし、がむしゃらにアルバイトをする生活を一ヶ月ほど経験し、勉強を含めた学生生活が等閑になってしまっている現状に気付き、しっかりとした目標と計画を立てることで、最適な方法を見つけ出す必要を感じました。 そこで、資金を貯めるという目標の達成に際して、「学業及び交友を投資しないこと」を課題として、自身にとっての全体最適を試みました。 具体的には、①深夜勤務を中心としたことで日中の時間を確保しつつ、②他方で学部支給の奨学金50万円の獲得を目指すことで学業のインセンティブとしました。また支出面の改善にも取り組み、遠方の実家から大学近くの家賃2.5万円の部屋に引っ越すことで、「時間の確保」と「節約」を実現させました。結果的に時間を確保しつつ、また奨学金を獲得し成績も大幅に改善されるという成果を得ながら、目標額を貯めたことで留学の実現という結果をだすことができました。目標と計画を考え抜いて立て、ベクトルの合った方法で目標に対して徹底的なコミットをしたことで、全体最適を実現しつつ結果を出せた経験です。 続きを読む
Q. Explain about a time when you had to be more flexible than usual because of a change that was going on around you? Describe the situation, and how did you handle the situation?あなたの周りで起こった変化によって、いつもより柔軟になる事が必要になった時のことを述べてください。その時の状況を説明し、あなたがどのように対処したのか教えてください。(全角半角問わず500字から700字程度)
A. A.
私が立ち上げたディスカッションを行う学生団体における経験です。1年生の時に授業で知り合った日本人と外国人の学生たちと、時事問題など興味のあるテーマについて日本語でディスカッションを行う団体を立ち上げました。私は互いの国について深く知ることのできる点に強く興味を持って参加していました。活動は順調で、しばらくすると団体の話を聞いた外国人留学生たちが多く参加するようになりました。しかし、外国人留学生のほとんどが来日から日が浅かったために日本語を話したがらず、ディスカッションは自然と英語での日常的なおしゃべりが中心になりました。団体が大きくなり活動も活発になる一方で、私は設立目的でもあった当初のディスカッションに魅力を感じていたために、活動に不満を感じていました。  しかし、自分の意図した活動とは異なるものの、多くの国籍の生徒が集まる貴重な環境にいることで、自分が得られるものが多くあり、また全員にとって有意義な団体を作れるのではないかと考え方が変わり、団体の方針を変更しました。例えば、英語と日本語を時間で区切って使うよう決めたことで、語学を日常的に勉強していた、日本人学生と外国人学生の双方にとって会話を語学力の向上につなげることができました。また、より積極的に、団体に生徒を集めるよう意識したことで、活動も活発になり交友を広げることが出来ました。そして、私自身も課題としていた英語力が改善できる点で団体に対して再び魅力を感じることが出来ました。自分の考えに固執せずに柔軟に捉え方と姿勢を変えた結果、団体として、そして個人としても成果が得られた経験です。 続きを読む
Q. Give an example that would show you have been able to develop and maintain productive relations with others to achieve good results, even though they have different background, experience or point of views. あなたが、異なる背景、経歴又は考えを持っている人々と、建設的な関係を築き上げ、よりよい結果を得た例をあげてください。(全角半角問わず500字から700字程度)
A. A.
留学中の授業で課された、グループワークによる試験に向けた準備での経験です。試験内容は「オバマ政権下における政治と経済」というテーマについて、アンケートを取ることで統計的なデータを作り、授業内でプレゼンテーションをするというものでした。私のグループはイラン人と中国人の3人に決まり、準備の方法は「授業内でタスクを分担し、次の授業で各自で取り組んだ結果を持ち寄る」という日本の大学で度々行っていたものを提案しました。しかし実際に取り組んでみると準備が一向に進まず、その中で2人のグループ課題に対する姿勢が日本の大学におけるものとは異なっていることに気づきました。イラン人の生徒は積極的に意見するものの個人のタスクを疎かにし、一方で中国人の生徒は個人のタスクはこなすものの、話し合いには無かった自分流の要素を盛り込んでしまう傾向があり、3人の足並みがそろいませんでした。効率的に作業をするために日本で当たり前のように採っていた方法でしたが、考え方の違う生徒たちとのグループワークでは異なるアプローチが必要であると感じました。そこで、チームとしての考えを共有するために、自らの考えをはっきりと伝え、寡黙であった中国人生徒の考えもしっかりと聞くようにしました。また、タスクを分担するのではなく、空いている時間に話し合いながら一緒に作業をするようにしました。コミュニケーションを意識したことで、授業外でも会ったりなどチームワークが生まれました。また、チームとしての考え方が明確になったため、円滑に作業が進むようになりました。結果として期日より早く準備が終わり、プレゼンテーションでも高評価を得ることが出来ました。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
2件中2件表示