株式会社野村総研のロゴ写真

株式会社野村総研

  • 0.0
  • 口コミ投稿数(27件)
  • ES・体験記(10件)

野村総研のインターンのエントリーシート

インターンの通過エントリーシート

4件中4件表示

20卒 インターンES

経営コンサルタント職
男性 20卒 | 東京大学 | 男性
Q. 乗り越えた困難、挑戦して成し遂げたこと テーマにおいて難しかった点、創意工夫した点を重点的に400字
A. A.
4年時に、所属していたアメフト部の史上初のリーグ昇格に貢献しました。未知の目標を達成するために、今までの常識を打ち破ることを常に意識しました。私は、4年時に残りの選手生命を絶つ程の大怪我をしました。周りは当然のように、私の選手としての復帰を第一に考えてくれ、私も当初は復帰することに精一杯でした。しかし、それは目標達成できないチームだからこそ、当然であるだけで、強いチームは怪我人が怪我人だからこそできるチームへのサポートをもっとしているはずだと考えました。選手、スタッフ両方の視点を持ち、架け橋となるべく努めただけでなく、相手チームを分析するスタッフに加わり、選手だからこそわかる相手選手の癖を分析し、プレーの予測を容易にしました。自分が置かれた状況を受け入れ、その場の最善を尽くした結果、怪我をせずに選手として続けていた場合よりも、遥かにチームに貢献することができたと自負しています。 続きを読む
Q. 知っている企業を選び、直面している問題を1つあげる。その原因と解決策400字
A. A.
フジテレビが、かつて高視聴率を誇ったバラエティ番組の終了を次々と余儀なくされ、平均視聴率が主要局に比べて大きく低迷しているだけでなく、放送事業における収入が主要局の中で唯一、低下し続けている。その原因として、少子高齢化、またインターネット時代が加速し、日本社会が大きく変化し続けているのにも関わらず、昔とあまりかわらない内容の番組をやっている、ということが挙げられる。フジテレビがかつて人気を誇ったバラエティ番組の主な視聴層は、若い世代であったため、テレビよりもYouTubeなどをみる若者が増えたことは、視聴率の低下につながった。また高齢者の間でのバラエティ番組の人気は若者の間よりも明らかに低いため、高齢化社会においては視聴率は下がるばかりである。そこで、フジテレビはかつてのようなバラエティ番組を続けるのではなく、高齢者が好みやすい時代劇や、ドキュメンタリー番組を増やしていくことを私は提案する。 続きを読む
男性 21卒 | 北海道大学 | 男性
Q. 学生時代に乗り越えた困難
A. A. 塾のアルバイトで、生徒の模試の平均点が他教室に比べ1番低いことが問題でした。そこで私は自習率が低く授業外の勉強時間が短いことに着目し、対策を発案して解決に臨みました。「実際に行動するのは生徒なのでこちら側の動きの効果に限界があること」が難点でしたが、「生徒達と面談...

19卒 インターンES

戦略コンサルタント
男性 19卒 | 早稲田大学 | 男性
Q. あなたが大学入学後、「乗り越えた困難」、「挑戦し成し遂げたこと」、 「最も力を入れた研究・ゼミ」からいずれかのテーマを選び、具体的に教えてください。 特に、そのテーマにおける難しかった点、及び自分なりに創意工夫した点を重点的に教えてください。
A. A.
私が大学入学後に挑戦し成し遂げたことは、ミャンマーに拠点を置く日系企業に研修プログラムを提案したことです。 私はこの夏にミャンマーに渡航し、日系企業で働くミャンマー人が抽象的思考能力を身につけるための研修プログラムを考え、提案してきました。 この中で難しかったことは、自分の常識やネットに載ってる情報がいかに偏っているかに気付く事、そして同じ言葉をお互いに使っていても、日本とミャンマーでは意味合いが全く異なり、現地の人の認識を理解することが難しかったです。 そのような中で、私が自分なりに工夫した点は2つあります。1つは、とにかく現地の人と言語が流暢に通じなくても積極的に話し続けること、もう1つは、日本語などが少しでもわかる人がいればその人に協力を仰ぎ、助けていただいたことです。自分が出来ないことに引け目を取らず、現状出来る中で最大限工夫を凝らして以上のような行動をとりました。 続きを読む

19卒 インターンES

経営コンサルタント
男性 19卒 | 神戸大学 | 男性
Q. 「挑戦し成し遂げたこと」を教えてください。
A. A.
大学祭の出店で2年連続代表を務め、1年目の4倍の8万円の利益を2年目でだしたことです。高校の文化祭の時に数字に見える成果を出すことに喜びを感じたため、1年目の2倍の利益を出すことを目標としました。1年目の経験からメンバーの学祭当日のモチベーションの低さが問題であると考え、この問題に対し2つの形で働きかけを行いました。1つ目は、団体としての成功を目指ざす形です。利益の順位を他4団体とつけ発表することで、他の団体に対する競争意識を仰ぎ、団体としての利益の創出を求めさせました。2つ目は、個人の成功を目指ざす形です。歩合制をとり、売上の個人順位を発表することで、個人に利益と名誉の獲得を目指させました。この2つの働きかけによりメンバーのモチベーションは上がり、1年目の4倍の8万円もの利益を出すことに成功しました。 続きを読む
Q. 「乗り越えた困難」を教えてください。
A. A.
スポージムのインストラクターという立場で受け持っていたレッスンで直面した平均参加人数の低さという困難を乗り越えました。レッスン開始の最初の1ヶ月の平均参加人数は5人で、他のレッスンの平均参加人数の10人を大きく下回るものでした。そこで、新規の参加者を増やすことと、リピーターを増やすことの2点に力を注ぎました。まず、新規の参加者を増やすために、レッスン以外の業務の時、積極的にお客さんとコミュニティケーションをはかり、レッスンを行なっていることとレッスンの効果を伝えました。次にリピーターを増やすために、レッスン時の動作を1人で鏡の前で練習したり、レッスン中にもお客さんとコミュニュケーションをはかることで満足度を向上させました。その結果、3ヶ月後には平均参加人数を当初の3倍の15人まで増やすことができました。 続きを読む
4件中4件表示