Img company noimage

独立行政法人国民生活センター

  • 0.0
  • 口コミ投稿数(8件)
  • ES・体験記(3件)

独立行政法人国民生活センター

社員・元社員による会社の評価

データがありません

社員の口コミ・評判

独立行政法人国民生活センターの口コミ・評判

ワークライフバランス

投稿日:2017年11月1日
回答者:
  • 30代後半
  • 男性
  • 4年前
  • 一般事務

【良い点】ワークライフバランスは完璧です。9:30~18:00で定時で帰れます。ロクピタと言っていました。残業をしようと思えば20:00ぐらいまでは可能で...

独立行政法人国民生活センターの口コミ・評判

女性の働きやすさ

投稿日:2017年7月10日
回答者:
  • 30代後半
  • 男性
  • 6年前
  • 一般事務

【良い点】女性従業員が多いです。管理職も女性が多いので、性別による出世障害はないと思われます。また定時(17:45ぐらい?)に退社しても何にも文句は言われ...

独立行政法人国民生活センターの口コミ・評判

女性の働きやすさ

投稿日:2017年5月26日
回答者:
  • 20代前半
  • 女性
  • 2年前
  • 一般事務

【良い点】男女の働き方や業務の割り振られ方に違いはなく、業務において女性であることを不利に感じたことはない。部長クラスの半数近くが女性であり、職員も女性の...

独立行政法人国民生活センターの口コミ・評判

社員、管理職の魅力

投稿日:2015年8月14日
回答者:
  • 50代前半
  • 女性
  • 3年前
  • その他の公務員・団体職員関連職

【良い点】
基幹部門では、非常に多忙な反面、使命感をもって仕事に打ち込む優秀な職員が多い。【気になること・改善した方がいい点】
民間のように評価によって...

独立行政法人国民生活センターの口コミ・評判

仕事のやりがい

投稿日:2013年1月12日
回答者:
  • 30代後半
  • 男性
  • 8年前
  • 一般事務

毎日のように新聞に名前が挙がってきて、
社会貢献性は高く感じる。
半官半民ならではの多様な人材にてこずった。
公務員でもないのに、民間企業の取引先に対して...

本選考情報(ES・体験記)

  • エントリーシート
  • 本選考体験記
Img square es

独立行政法人国民生活センター

職種: 総合職
通過
Q. あなたを表すキャッチコピーを教えてください。
A. 『現場主義の軍師』です。帰省の費用を浮かすために、「自転車で3月の青森県と福島県を往復」という計画を考案しました。しかし、寒さが厳しい3月の東北における自転車旅の報告が過去にありませんでした。そこで、情報不足を補うため、あらゆるトラブルを想定し、それに対応できるように準備した上で実行に移しました。特に、一番の懸念材料であった「氷点下を下回る寒さ」に対しては、山岳部での雪山経験を活かしました。具体的には、行動中こまめに記録した体調や天候を参考にして現状を分析し、体温調節や栄養補給などを怠らないことで、心身の消耗を防ぎました。この継続により、「3月観測史上最大の暴風雨や季節外れの大雪」といった想定以上の悪天候にも負けず、ペダルを漕ぎ続けました。その結果、6日間で1000km走破することができました。今後もこの『広くアンテナを張って、考えながら取り組む』という持ち味を活かして、新しいことに対しても柔軟かつ泥臭く取り組んでいきます。
Img square es

独立行政法人国民生活センター

職種: 総合職
通過
Q. 国民生活センターに入って積極的に取り組みたいこと」についてサイトも参考にしつつ記述してください。
A. 消費者一人ひとりが安全で安心な生活を送れる世界を実現したいと思うに至った背景から述べます。留学先のインドでは、毎日が消費者トラブルの連続でした。タクシーに乗っても正規の料金で移動できない、生活用品を買おうとすれば法外な料金を請求される等のいわゆるぼったくりが大都市を中心に横行していました。私自身もその被害者になったこともがありましたが、警察が動くはずもなく泣き寝入りするしかありませんでした。もはや秩序が保たれていなく、国もその現状に対応できていない状況です。インドでの経験を通して、日本は消費者に対して優しく、手厚い保護を受ける環境が整っていることを身を持って感じました。それは御センターの従業員が消費者トラブルの未然防止、拡大防止のために日々業務を取り組んだ結果であると思っています。  御センターで積極的に取り組みたいことは消費者トラブルの未然防止、拡大防止のための情報提供です。消費者トラブルを未然に防ぐ最も効果的な方法は広く国民に知らせ、当事者意識を持ってもらうことだと私は考えます。大学時代に専攻した広告やマーケティングの知識はここで活かされると思っています。 具体的に取り組みたいことを挙げていきます。 【CM作り】 コストの面でテレビCMを制作できないとしても、御センターのウェブサイトやYoutubeで公開するためのCMを制作することはできると思います。今やネット上に公開した映像が爆発的に日本だけでなく世界に波及する時代です。インターネット上で深刻化している消費者トラブルに対しての注意喚起をユニークな映像を通して行うことによって日本国民に広く知らせることができます。シリーズ物として面白いCM映像を作ることで話題性を高め、多くの人に当事者意識をもたらすことが狙いです。(最近の企業CMもドラマ仕立てで作られていてCM同士の繋がりがあります。例:SoftbankやauのCM) CMは国民の広く知らせる手法の一つにすぎませんが、今後インターネットを使って、どのように消費者トラブルを減らしていくかがカギとなってきています。インターネットが持っている影響力を利用することによって「消費者一人ひとりが安全で安心な生活を送れる世界」の実現に大きく近づけると私は確信しています。

会社情報

基本データ
会社名 独立行政法人国民生活センター
フリガナ コクミンセイカツセンタ-
URL http://www.kokusen.go.jp/
本社所在地 〒252-0229 神奈川県相模原市中央区弥栄3丁目1-1
電話番号 042-758-3161
FAX 042-758-5620