就活会議では、Internet Explorer11のサポートを終了いたします。今後はGoogle ChromeやMicrosoft Edgeをご利用ください。
独立行政法人国際協力機構のロゴ写真

独立行政法人国際協力機構 報酬UPUPのアイコン

MESSAGE
開発途上国の「国創り」への挑戦

独立行政法人国際協力機構の新卒採用・企業情報

こんな会社です

  • 会社について
  • 当社の強み・当社の課題
  • 向いている人・向いていない人

JICAは日本の政府開発援助(ODA)の一元的な実施機関として、「信頼で世界をつなぐ」のビジョンのもと、開発途上国の抱える多様な課題の解決に取り組んでいます。
途上国の抱える課題は、教育、保健医療、都市開発、インフラ、環境、農業など多岐に渡り、中には国境を超える課題 - 気候変動、感染症、テロなど - も含まれ、国際社会の一員である日本の課題解決に向けた貢献が期待されています。

JICAは世界各国に約90ヶ所の拠点を持ち、その協力対象は150を超える国・地域に及びます。
JICAの事業内容は、途上国の人材育成や制度構築のための技術協力、空港や鉄道、橋梁等の大規模なインフラ整備のための投融資(円借款)、学校・病院・給水設備など基礎インフラ整備等のための無償資金協力、災害発生時の国際緊急援助、青年海外協力隊等のボランティア派遣など、多岐に渡ります。

相手国のニーズを捉え、日本国政府はもちろん、民間企業や地方自治体、大学・研究機関等とも連携しつつ、政策から現場レベルまで様々な角度から課題解決に取り組んでいます。
公的機関・政府系機関であることから、短期的な利益に左右されず、真に求められる国の基盤づくりに取り組むことができることも、JICAの大きな特徴と言えます。

  • 独立行政法人国際協力機構の当社の強み・当社の課題について写真1
  • 独立行政法人国際協力機構の当社の強み・当社の課題について写真2

・当社の強み

途上国開発・国際協力の多様な協力手法

JICAは、途上国に協力するにあたり、技術協力、融資、民間企業との連携事業、自治体・NGO・大学との連携事業、青年海外協力隊等のボランティア事業、災害からの復旧を支援する国際緊急援助隊など、多岐に渡る協力手法を有しています。これらの協力手法は、他の類似機関(国際機関や、他国のJICAのような組織)と比較しても、多様かつ豊富なものとなっています。途上国の開発課題や状況に応じて、これらの多様な協力メニューを元に、柔軟な事業提案・実施が可能です。

「社会課題解決のプロフェッショナル」への多様な成長機会

職員全員が、「社会課題解決のプロフェッショナル」として成長するために、業務に必要な知識や専門性を高めるさまざまな研修制度があります。JICA職員としての基本を習得する導入研修の他、マクロ経済や財務分析・プロジェクトマネジメントなどの専門研修、英語・仏語・西語などの語学研修、海外の大学院への留学支援制度、JICA外の組織への出向制度(国連や世界銀行等の国際機関、日本の省庁や大学、民間企業等)などがあります。また、入構1年目の新人職員全員を対象にした「海外OJT」(各国1~2名程度に分かれて途上国での現場経験を積む研修)や、入構5年目での海外赴任など、早期に海外の現場での実務経験を積む機会も提供しています。様々な機会を活用して成長していくことが可能です。

メンター制度

一定経験を積んだ職員を対象に、メンターと中・長期的なキャリア開発について相談を行う制度があります。将来に向けたキャリア・専門性の構築等について相談する「キャリアメンター・知識メンター」と、ライフイベント等と仕事の両立について相談する「ワークライフバランスメンター」がおり、様々な角度から相談することができます。新入職員については、全員に対し日常指導係としてメンターがつきます。

・当社の課題

途上国開発への更なるイノベーションの推進・パートナーの拡大

途上国の抱える課題は多様化・複雑化しており、中には、日本も同様に抱える課題(少子高齢化など)に直面する国も増えてきています。また、最新の技術(AIやブロックチェーン、ドローンなど)を活用することで、さらに効果的な途上国への協力事業を実施することも可能と考えています。これらの多様な課題にJICAのみで取り組むことは困難です。現在も、民間連携事業の拡大など、様々なパートナーと協力した新たな協力事業を展開していますが、途上国開発のパートナーを一層拡大し、より効果的な事業展開を行っていくことが求められます。

・向いている人

JICA職員には、途上国の10年・20年先も見据えた長期的な目線で、課題解決に取り組むことが求められます。広い視野で課題解決の道筋を立てられる人、多様な価値観・立場の人々に共感・協力しながら物事を前に進めるリーダーシップ・コミュニケーションが取れる人、現状に満足せず常に新たな視点で物事に取り組める人・・・このような皆さんにJICAや途上国開発の舞台で活躍頂きたいと考えています。

・向いていない人

・海外での仕事、出張や赴任を伴う仕事や生活を望まない人。
・自己成長のみを求め、他者や組織への貢献に重きを置かない人(自己研鑽を積み成長していくことは非常に大事ですが、途上国への貢献・組織ミッションへの貢献と自己成長の両方の視野を持つ人の方が、長期的な成長が期待できると考えています)。
・特定の専門分野のみで経験を積んでいきたい人(JICA職員は、専門性の軸を持つことは求められますが、総合職として多様な国・業務に携わることが期待されます)。

社員・元社員による会社の評価

評点をもっと見る
総合評価
3.7
成長性、将来性
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.4
給与水準
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.9
安定性
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.9
仕事のやりがい
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.7
福利厚生
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.9
教育制度
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.9
企業の理念と浸透性
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.3

※ 口コミ・評点は転職会議から転載しています。

社員の口コミ・評判

独立行政法人国際協力機構の口コミ・評判

退職理由

在籍時期:2011年頃
投稿日:2021年11月23日
回答者:
  • 20代後半
  • 女性
  • 10年前
  • その他職種

【良い点】
派遣期間が決まってるため、キャリアプランが立てやすいかと思います。
進学を検討する場合は、進学に必要な書類をどのように、どの時期に入手するか、...続きを読む(全445文字)

独立行政法人国際協力機構の口コミ・評判

福利厚生、社内制度

在籍時期:2011年頃
投稿日:2021年11月23日
回答者:
  • 20代後半
  • 女性
  • 10年前
  • その他職種

【良い点】
特に補助は出ませんが、昔と違って日本への一時帰国も可能となっています。
一度帰国を挟むことでリフレッシュでき、活動に対してもより積極的に行動で...続きを読む(全232文字)

独立行政法人国際協力機構の口コミ・評判

スキルアップ、教育体制

在籍時期:2011年頃
投稿日:2021年11月23日
回答者:
  • 20代後半
  • 女性
  • 10年前
  • その他職種

【良い点】
海外協力隊の経験となります。
語学訓練を徹底して実施してもらえるため、訓練にしっかりついていけば今まで知識のなかった言語でもある程度まで話すこ...続きを読む(全451文字)

独立行政法人国際協力機構の口コミ・評判

入社後のギャップ

在籍時期:2016年頃
投稿日:2021年11月11日
回答者:
  • 20代後半
  • 女性
  • 5年前
  • 看護師・准看護師・看護助手

【良い点】
国際協力がしたく、安全面や福利厚生(語学研修など)が整っていたため。
要請内容を事前にいただくが、実際現地に行くと要請内容通りにいかないことが...続きを読む(全184文字)

独立行政法人国際協力機構の口コミ・評判

スキルアップ、教育体制

在籍時期:2016年頃
投稿日:2021年11月11日
回答者:
  • 20代後半
  • 女性
  • 5年前
  • 看護師・准看護師・看護助手

【良い点】
日本で約2か月の研修を受けることができる。語学、体力づくり、国際協力について様々なことを学べる。問題解決の手法(ブレーンストーミング、KJ法)...続きを読む(全195文字)

※ 口コミ・評点は転職会議から転載しています。

就活生による会社の評価・口コミを募集中!
投稿者には、Amazonギフト券500円分をプレゼント!

締め切り2021年12月17日(金)23:59

みんなの就活速報

会員番号:880222さん / 理系

内定した学生の就活速報

投稿日:2021年6月16日
面接官/学生
面接官 4人学生 1人
連絡方法
電話3日以内
雰囲気
厳し目
質問内容
なぜこの会社か?なぜこの業界か?将来やりたいこと

オンラインでしたが、非常に緊張しました。

会員番号:957135さん / 理系

内定した学生の就活速報

投稿日:2021年5月26日
面接官/学生
面接官 4人学生 1人
連絡方法
電話即日
雰囲気
和やか
質問内容
その他なぜこの会社か?学生時代のエピソード自己紹介(自己PR)

学生がどんな人間なのか深く深く理解してくれようとしていた。すべての選考が楽しかった。

会員番号:1068985さん / 文系

1次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2021年5月17日
面接官/学生
面接官 1人学生 1人
連絡方法
メール1週間以上
雰囲気
和やか
質問内容
学生時代のエピソード

90%学生時代に力を入れたこと 10%就活の軸

会員番号:950305さん / 文系

2次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2021年5月16日
面接官/学生
面接官 2人学生 1人
連絡方法
メール1週間以内
雰囲気
厳し目
質問内容
なぜこの会社か?なぜこの業界か?学生時代のエピソード将来やりたいこと自己紹介(自己PR)

1人は和やかな方、もう1人の方は厳しめな印象的だった。将来ビジョンとその具体的な事業内容の把握、そしてそれが何故JICAでなければ成し遂げられないかを、論理的に話すことがとても大切。

会員番号:1156816さん / 文系

2次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2021年5月15日
面接官/学生
面接官 2人学生 1人
連絡方法
メール1週間以内
雰囲気
和やか
質問内容
なぜこの会社か?なぜこの業界か?学生時代のエピソード将来やりたいこと

緊張しすぎて何話したか覚えてない

会員番号:1155962さん / 理系

内定した学生の就活速報

投稿日:2021年5月14日
面接官/学生
面接官 2人学生 1人
連絡方法
メール3日以内
雰囲気
和やか
質問内容
なぜこの会社か?なぜこの業界か?学生時代のエピソード将来やりたいこと自己紹介(自己PR)

和やかに話を聞いてくれる

会員番号:1041736さん / 文系

1次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2021年5月11日
面接官/学生
面接官 1人学生 1人
連絡方法
メール1週間以内
雰囲気
和やか
質問内容
学生時代のエピソード将来やりたいこと自己紹介(自己PR)

端的に結論ファーストを心がけた。 原体験をもとに志望度が高いことをアピール。

会員番号:510419さん / 文系

1次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2021年5月10日
面接官/学生
面接官 1人学生 1人
連絡方法
メール1週間以内
雰囲気
和やか
質問内容
学生時代のエピソード

和やかな雰囲気でうなずきながら聞いてくださった。

会員番号:950305さん / 文系

1次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2021年5月10日
面接官/学生
面接官 1人学生 1人
連絡方法
メール1週間以内
雰囲気
和やか
質問内容
なぜこの業界か?学生時代のエピソード自己紹介(自己PR)

じっくりと話を聞いたくださった点が印象的だった。

会員番号:961496さん / 文系

1次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2021年5月10日
面接官/学生
面接官 1人学生 1人
連絡方法
メール1週間以上
雰囲気
雑談に近い
質問内容
学生時代のエピソード将来やりたいこと自己紹介(自己PR)

経験を具体的に語りました

※2ヶ月以上前の就活速報を公開しています。

インターン情報(ES・体験記)

  • エントリーシート
  • インターン体験記

独立行政法人国際協力機構

総合職
通過
Q. JICAでは、「信頼で世界をつなぐ」というビジョンと、ビジョン達成のための5つのアクション(使命感、現場、大局観、共創、革新)を定めています。 これらに関連した、あなたの経験を教えてください。(400字以内)
A. 私は地方創生に主軸を置いた研究活動にこだわりを持って取り組んでいます。そのきっかけが、建築と地域の関りを学ぶべく企画した42日間の○○です。考えや意見を交換すること大切だと思ったため友人4人を巻き込んで企画し、私はチームの分析・調整役を務めました。当初、行程計画段階で希望が噛み合わず、口論の末5人での計画が崩壊寸前となりましたが、状況を打破しようと試みました。旅に重要視する事に観点を置き直した所、 費用を気にする人が多く、テント等を併用して宿泊費削減プランを自身で作り直して提案しました。日数も30日から42日間に増やすことが出来皆賛同しました。出発前に徹底的に話し合った結果、計画通りに進み無事○○できました。この経験で私は自ら行動を起こし、仲間の声にも耳を傾けることを心がける大切さを学びました。この経験を活かし、貴社のインターンシップでは周囲と切磋琢磨し、有意義な時間にすべく努める所存です。

独立行政法人国際協力機構

総合職
通過
Q. 学生時代に力を入れたこと
A. 「アルティメットサークルにおいてメンバーが練習に積極的に参加するよう取り組み、大会の成績向上に繋げたこと」である。私は、夏季大会で前年度を超える成績を収めるという使命を達成するために、練習に情熱を注いでいた。しかし、練習に10名の参加が必要にも関わらず、参加者数が半数以下という状況が続いていた。その原因を特定するため、メンバー間のパイプ役として、それぞれとの対話の中で自己開示を通じて相互理解と信頼関係構築に努め、本音を引き出した。その結果、問題の本質は練習の必要性の認識不足にあると分かった。そこで、他大学との練習試合の動画と詳細データを共有し、視覚的かつ数値的に他チームとの実力の乖離を示した結果、全メンバーが大会への危機感を抱き、練習にメンバーが積極的に参加し関東地区3回戦進出という成績に繋がった。私はこの経験から「自己開示を通じて相手に寄り添い本音やニーズを引き出す重要性」を学んだ。

独立行政法人国際協力機構

総合職
通過
Q. JICAでは、「信頼で世界をつなぐ」というビジョンと、ビジョン達成のための5つのアクション(使命感、現場、大局観、共創、革新)を定めています。 これらに関連した、あなたの経験を教えてください。
A. カナダ留学先で新規ビジネス創出に5人の多国籍グループで挑みました。テーマ決めの際、全員が意見を言うだけで議論が進みませんでした。彼らが自分の意見に執着する理由を文化・国民性と判断しましたが、実際に1人1人と向き合うことにより、高い評価を得たいからだと分かりました。そこで各人の貢献度・役割をまとめ教授に提出する、という新しいアイデアを提案したところ全員が納得しました。そして私が主となり彼らの意見の優れている点をつなぎ、結集させたことで「メイプルビールを北欧に輸出」というテーマに決まりました。2次情報だけでなく、実際にビール製造現場を訪問しメイプルビールの実現可能性を検証し、北欧出身者からビールの消費量・嗜好をヒアリングしました。各人の貢献度を報告する制度は教授に高く評価され、その後も採用されました。私はメンバー全員と向き合い提案、貢献したからこそ信頼され全員をつなぐことができたと思います。

本選考情報(ES・体験記)

  • エントリーシート
  • 本選考体験記

独立行政法人国際協力機構

総合職
通過
Q. 志望動機
A. 私は、求めている人の尺度に寄り添い自身や世界のアップデートをしたいと考える。きっかけは、中学生の時に観た「僕たちは世界を変えることができない。」という途上国を題材にした映画である。当時は「学校を建てること」が彼らを救う手段であり、先進国が彼らを「あたりまえの幸せ」に導くことが援助だと考えていた。しかし、なぜ彼らは学校に行くことができないのか、本当に求めている幸せは何だろうと考えたとき、ただモノを作るだけでは無力だと考えるようになった。具体的には、求めている人の意図をそのまま形にした成果と、実際に求めている人に対して利益を生む成果にはギャップがあると考える。よってそもそも何を求めているかを見極める「想像力」「本質を見抜く力」を鍛える必要があると感じる。御社に入社したらどういう形で開発を行えば、より幸福につながるか、さらにデータ活用して要望の奥を汲んだ提案、その内容をプランニングしていきたい。

独立行政法人国際協力機構

総合職
通過
Q. ゼミ・卒論・修論のテーマ、学校で勉強した内容
A. ゼミでは平和構築論を学んでおり、特に貧困・格差をテーマに社会問題を取り上げ、グループで問題の研究と改善案の模索をしている。今までに、オンライン授業と教育格差の関係性や日本における外国人労働者の実態についての研究を行った。他にも、国際協力論や平和・紛争論の授業に力を入れ、国際協力に必要な考え方についてグループワークを通して学んだり、「子供兵は罰せられるべきか」などの紛争に関する議題について議論をし、見解を深めたりした。また、スペイン語を始めとする複数の言語の習得にも力を入れた。

独立行政法人国際協力機構

総合職
通過
Q. ゼミ・卒論・修論のテーマ、学校で勉強した内容を記述してください。
A. 〇〇では〇〇学、〇〇では主に〇〇学を学んでいます。現在は論文執筆の為、2000年代以降の〇〇の研究を行っています。きっかけは、留学時に中国人親友と自身の埋められない国家の印象のギャップに強い違和感を抱いたことでした。その為事例研究対象国を米中の2カ国と定め、〇〇を分析し、〇〇と照らし合わせることで研究を進めています。〇〇に着目した先行研究はあまり見られない為、研究の独自性をそこに見出しています。

会社情報

基本データ
会社名 独立行政法人国際協力機構
フリガナ コクサイキョウリョクキコウ
事業内容 ●開発途上国への技術協力
 ・研修員受入
 ・専門家派遣
 ・機材供与
 ・技術協力センター設置・運営
 ・開発計画に関する基礎的調査
●有償資金協力
 ・円借款
 ・海外投融資
●無償資金協力
 ※外交政策の遂行上の必要から外務省が自ら実施するものを除く。
●国民等の協力活動の促進
●海外移住者・日系人への支援
●技術協力のための人材の養成及び確保
●調査および研究
●緊急援助のための機材・物資の備蓄・供与
●国際緊急援助隊の派遣
設立日 2003年10月
資本金 8兆0998億円
従業員数 1,929人
※2020年1月末時点
売上高 4061億7196万6000円
決算月 3月
代表者 北岡 伸一
本社所在地 〒102-0084 東京都千代田区二番町5番地25
事業所 <JICA研究所>
〒162-8433 東京都新宿区市谷本村町10番5号

<国内機関:14機関>
北海道(札幌・帯広)、宮城、福島、茨城、東京(幡ヶ谷)、神奈川、長野、愛知、石川、兵庫、広島、香川、福岡、沖縄

<海外拠点:約90カ所>
アジア、中近東、アフリカ、北・中南米、大洋州、欧州
男女比 男性 60% : 女性 40%
※ 2020年1月末時点
平均残業時間(月) 19時間
有給消化日数 13.0日
電話番号 03-5226-6660
お問い合わせ先 独立行政法人 国際協力機構
人事部 人事企画課 採用班
TEL: 03-5226-9758
E-mail: jicaps-saiyou@jica.go.jp
URL https://www.jica.go.jp/index.html
自社採用ページURL https://www.jica.go.jp/recruit/shokuin/
NOKIZAL ID: 1130816

独立行政法人国際協力機構の選考対策