株式会社ニツケ機械製作所のロゴ写真

株式会社ニツケ機械製作所

  • 0.0
  • 口コミ投稿数(0件)
  • ES・体験記(1件)

ニツケ機械製作所の本選考TOP

ニツケ機械製作所の本選考

本選考体験記(1件)

20卒 内定入社

設計職
20卒 | 近畿大学 | 男性
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. A.
学内合同企業説明会に参加し、特別に比較的早くに選考を受けさせていただいた。 面接では5(部長等)対1の形式で行われ、一次は工場見学と筆記と面接、二次は面接。筆記試験はTAPというもので、数学と国語系。工場見学でしっかりと装置を見ておき、魅力を感じた点を考えておくこと。面接で聞かれました。また、在学中の学科を選んだ理由から始まるので用意しておくとよい。 面接では原稿を用意するのではなく、何を話すかだけ頭に残し、棒読みにならないようにするとよい評価を得られると思う。工学の分野でもコミュニケーション能力が重視されているように感じたので、その点がしっかりアピールできると高評価につながると思う。 基本的には、普通の面接で聞かれるようなことを聞かれる。 続きを読む

直近の本選考の選考フロー

志望動機

20卒 志望動機

職種: 設計職
20卒 | 近畿大学 | 男性
Q. ニツケ機械製作所を志望する理由を教えてください。
A. A.
私が貴社を志望した理由は、これからの産業が自動化へ向かうことが明白であるという点にある。そのように考える根拠は、近年の人手不足、ライフワークバランスに対する世論の変化といった現状にある。就職活動を行っていく中で、様々な企業で工場の自動化を課題として挙げており、人手不足は日本の産業の大きな課題となっている。また、残業や休日などの福利厚生への関心も高まっている。また就職活動において私はロボット技術を活用できることを重視しており、FA装置では多くの場面で活用していけると考えている。 このように、これからの産業において工場の自動化は避けられないものであり、貴社で働くことは大きな社会貢献につながると考えている。 続きを読む

面接

  • 1次面接
  • 最終面接

20卒 1次面接

設計職
20卒 | 近畿大学 | 男性
Q. 設計職を志望した理由は。
A. A.
私の祖父は設計の仕事を行っており、祖父の仕事場に入り、色々な図面を見ては、祖父から説明をしてもらっていた。また、祖父の職場に見学した際に、職場の方から祖父が責任のある仕事をしているという話を聞き、それに誇りを持っている祖父の姿を見て、私も誇れるような仕事をしたいと考えるようになり、設計職を志望した。さらに、小学生のころから、漫画「鉄腕アトム」が好きで、将来はロボット技術にかかわりたいと考えていた。また、電気設計については興味があるものの講義などを通してあまり成績が良いとは言えず、他社のインターンシップに参加させていただいた際にも電気関連業務の体験ではあまり上手くいかなかったため、苦手意識を持ってしまっているため、機械設計を志望した。 続きを読む

内定者のアドバイス

20卒 / 近畿大学 / 男性
職種: 設計職
1
内定をもらうために大事なことを教えて下さい。

人物を重視して評価していただいたと感じているので、ぜひコミュニケーション能力や長所などをしっかりと語れるようにしておくとよいと思う。学歴等もそんなに気にされていないようだった。また、電気設計職が人員不足らしく、電気系の人は重宝されるのではないかと思う。ただ、機械系でも、やる気さえあれば、しっかりと教育はしていくとおっしゃっていたので、興味のある学生は是非面接でアピールするとよい。また、海外からの仕事もあり、特に電気設計は現地で調整があるとのことなので、英語に自信のある学生は前面に推してよいと思う。ただ、私も英語の成績はそんなに良いほうではない(70~80程度/100点中)ので、同じような学生はほかのところでアピールするとよいと思う。 説明会には参加すべき。早い段階で内定がいただけるので、非常に気が楽になる。

続きを読む
2
内定が出る人と出ない人の違いを教えてください。

自分の考えをしっかり話せるかどうか、最低限のコミュニケーション能力があり退陣能力に著しく問題がないかどうか、また、入社後にある程度の年数続けられそうかを見られた気がする。 あとは必要最低限の礼儀を持って挑めば良いのではないかと思う。あとは、求める人物像のどれかに当てはまっていれば、良いのではないかと思う。

続きを読む
3
内定したからこそわかる選考の注意点を教えてください。

筆記試験はSPIではなくTAP。少し問題の傾向が違う(同じところもある)ので、TAPの参考書などあるのなら勉強しておいて損はないと思う。適性検査については、設定された時間以内になかなか終わらないので、直感で素早く書いていき、時間以内に終わるように気をつけて。

続きを読む