モルガン・スタンレー・ホールディングス株式会社のロゴ写真

モルガン・スタンレー・ホールディングス株式会社

  • 0.0
  • 口コミ投稿数(28件)
  • ES・体験記(12件)

モルガン・スタンレー・ホールディングスのインターンTOP

モルガン・スタンレー・ホールディングスのインターン

インターンの評価

評点をもっと見る
総合評価
4.0
選考難易度
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
業界理解
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
会社理解
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
メンターのコミット
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0
自己成長
inactive
active
inactive
inactive
inactive
2.0
内定直結度
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
学生のレベル
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
テーマの面白さ
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0

インターンの内容(1件)

18卒 夏インターン

2016年8月開催 / 2日 / 債券:セールス&トレーディングコース
18卒 | 東京大学大学院 | 男性
私がモルガン・スタンレー債券部で輝ける仕事

講義、デスクローテーション、業務レクチャー、ワイントレーディングゲームが主なスケジュールです。ワイントレーディングゲームは企業オリジナルゲームで非常に難易度が高い。各部署による講義、社員とのランチ、作文、デスクローテーション、貿易ゲーム、プレゼン、フェアウェルパーティーというスケジュールです。非常に盛りだくさんの中身となっています。

続きを読む

インターンに参加してみて

この企業に対する志望度は上がりましたか?

  • はい
  • いいえ
いいえ
18卒 / 東京大学大学院 /
夏 / 2日 / 債券:セールス&トレーディングコース

業務の内容自体はあまり自分が興味を持てるようなものではなかったこと、そして社員間が非常に殺伐としていてあまり自分が働きたいと思えるような職場ではなかったことが主な理由です。業務内容に関しては、セールスかトレーダーの二択ですが、どちらも自分が向いているようには見えませんでした。

続きを読む

インターンへの参加が本選考に有利になると思いましたか?

  • はい
  • いいえ
はい
18卒 / 東京大学大学院 /
夏 / 2日 / 債券:セールス&トレーディングコース

インターンは選考の一環で常に私たちは見ていますと人事の方が繰り返していたので、ここでの評価が良ければ本選考でも下駄をはいた状態で本選考に臨めるのではないかと思います。

続きを読む

参加後の就職にどう影響したか

18卒 / 東京大学大学院 /
夏 / 2日 / 債券:セールス&トレーディングコース
参加前
インターン参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい。

基本的にはミーハー就活生だったので、外資系投資銀行、外資系コンサルティングファーム、総合商社、不動産などの業界に興味を持っていました。ただ、どこに行きたいかは全く分からなかったので、色々な業界のインターンシップに参加することで、各業界についての理解と自身の適性の把握を行うことで、志望を固めたいと思っていました。

続きを読む
参加後
インターンへの参加がその後の就職活動へどう影響しましたか?

このインターンシップに参加することで、外資系投資銀行の仕事に対する自分の適性を確認できたこと、そして自分が外資系投資銀行の仕事に対してあまり興味を持てなさそうだと感じたため、外資系投資銀行は今後受けなくていいという判断をしました。ただ、債券部門一つでこの判断を下してしまったのは後に他社の投資銀行部門のインターンシップに参加してもっと他も見ればよかったと後悔しました。

続きを読む

インターン当日の感想

参加して学んだこと

18卒 / 東京大学大学院 /
夏 / 2日 / 債券:セールス&トレーディングコース

初めてのインターンシップでしたが、就活強者が集まっており、そういった人との繋がりができたこと、そういう人たちと触れることで自分の意識を高めることができたことは非常に有意義でした。インターンシップに参加する中で周りが高いレベルの中でも自分が発揮できた強みは何か、できなかった弱みは何かを理解できました。

続きを読む

参加して大変だったこと

18卒 / 東京大学大学院 /
夏 / 2日 / 債券:セールス&トレーディングコース

理系で金融の知識がほとんどない状態でこのインターンシップに臨んでしまったため講義についていくのに苦労しました。また、周りの学生のレベルも非常に高く、常に人事に評価されているので2日間一瞬も気が抜けないので精神的にも体力的にもタフさが求められます。

続きを読む

印象的なフィードバック

18卒 / 東京大学大学院 /
夏 / 2日 / 債券:セールス&トレーディングコース

1日目のプログラムが終わった後に、後悔がない様にもっと自分を出せと言われたのが印象的でした。失敗するのは問題ないからとにかく自分を出せるようにアピールしろとのことでした。

続きを読む

選考対策

直近のインターン選考フロー

インターンES

19卒 インターンES

債券部門
19卒 | 横浜国立大学 | 男性
Q. 就職先を決める上で重視すること
A. A.
私が就職先を決める上で重視することは、常に変化し続ける環境で向上心を持てる職場であること、成果を出すことが求められる職場であることです。1つ目の理由は、私がこれまで興味関心のあることに挑戦し、実際に優秀な方から様々なことを学べる刺激的な環境で、能力を磨いて組織に貢献してきたからです。さらに、様々な変化が起こり続ける環境で、自分の裁量を活かしながら仕事を行うことが、周りの人々を引っ張り、信頼してもらえる存在でいたいという自分の性格と一致するため、そのような環境のある職場が理想的だと考えています。2つ目の理由は、現在行っている家庭教師のアルバイトで親御さんとお話をしていく中で、常に成果を出すことを意識して報告に当たっているからです。各生徒に合わせたレベルで成果を出すために指導を行い、その成果を親御さんにテストの点などで毎回お伝えすることに、私は確固たるこだわりを持っています。そこで、この経験を活かすことができる、短時間でも成果を出し続けることが求められる環境のある職場が最適だと考えています。 続きを読む

18卒 インターンES

債券:セールス&トレーディング
18卒 | 東京大学大学院 | 男性
Q. 現時点であなたが就職先を決めるにあたって重視することは何ですか。※300文字
A. A.
現時点で私が就職先を決めるにあたって重視することは二つで、自分がやりがいを持ってその仕事に従事できるかどうかと自分の強みを活かせるかどうかである。前者について、仕事には大量の時間を投入することになると予想されるが、その目的が単に賃金を得ることだけではなく、その仕事に従事することが自分の人生の目的となれば幸せだと感じている。現時点で自分がどのような仕事に就けば、やりがいを持って取り組むことが出来るのか明確なビジョンを持ち合わせていないが、多くの人を巻き込んで影響を与えられる仕事に就きたいと考えている。後者については、自分の強みを活かせるような就職先を選びたいと考えている。 続きを読む

インターン面接