就活会議では、Internet Explorer11のサポートを終了いたします。今後はGoogle ChromeやMicrosoft Edgeをご利用ください。
一般財団法人阪大微生物病研究会のロゴ写真

一般財団法人阪大微生物病研究会

  • 3.1
  • 口コミ投稿数(32件)
  • ES・体験記(15件)

一般財団法人阪大微生物病研究会の本選考の面接の質問・回答

本選考面接

  • 1次面接
  • 最終面接

22卒 1次面接

生産技術職
22卒 | 香川大学大学院 | 女性
Q. 長所と短所を教えてください。
A. A. 私の長所は様々なことに興味を持ち、やりたいと思ったことには迷わず挑戦するところです。学生時代は自身の知識や経験の幅を広げたいと思い、環境問題について考えるためにインドネシアを、食の安全について学ぶためにタイを訪れ様々な知識や経験を得えることができました。これからも...(全356文字)
Q. 文系の人にもわかるように研究概要を教えてください。
A. A. 私は現在、○○○○の○○○○に関する研究を行っています。○○○○とはある植物が環境中に化学物質を放出することで周辺の植物の生長を抑制または促進する現象のことです。植物から有用性の高い物質が見つかる可能性があり、それらをリード化合物として農薬などに用いることが期待さ...(全321文字)

17卒 1次面接

17卒 | 岐阜薬科大学大学院 |
Q. 過去に責任を実感したことを教えてください。
A. A.
家庭教師のアルバイトでの経験です。私が受け持った最初の生徒は中学2年生だったのですが、はじめの数か月は指導を行っても成績が全く伸びず、成績を上げるのは不可能ではないかと半ば諦めかけていました。しかし、そんな中でも親御さんと生徒本人に期待していただいたことから、責任感をもって生徒を指導し、志望校に合格させなければならないと実感しました。生徒が基礎の習得が苦手であるとくみ取った私は、説明を終えた後、すぐに一問一答形式で内容を聞き、それを何度も繰り返すことで定着させました。また、できなくても否定せず、励ますことを心掛け、生徒が勉強に向かわないのを避けるようにしました。主体的に授業に参加してもらうことを意識し実践した結果、生徒の成績は上昇し、一桁しか取れていなかった定期テストの点数を平均30点あげることに成功しました。そして最終的には、志望校に合格させることに成功しました。注意した点:起承転結を意識した。 続きを読む
Q. 学生生活を通じて得た事を教えてください。
A. A.
私は学生生活を通して、状況判断力と準備力が大切な能力であることに気付きました。研究室でやるべきことが多く手が回らなかったために、他人に迷惑をかけてしまった経験があります。この経験から、仕事を与えられたときに、その仕事に対して今どのような状況で、完成させるためにどのような準備がどの程度必要かを正確に判断し、計画性を持って準備をすることが求められると学びました。この能力は、社会においても最も必要とされる能力の一つであると考えられるので、現在も意識して能力の向上に努めています。注意した点:定型文だと思わせないように意識したこと 続きを読む
本選考TOPに戻る

一般財団法人阪大微生物病研究会の選考対策