MESSAGE
世界をつなぐ架け橋になる ~新世紀の挑戦~
#{company.name}のロゴ写真

川崎汽船株式会社

川崎汽船の本選考TOP

川崎汽船の本選考

本選考体験記(2件)

直近の本選考の選考フロー

志望動機

Img square motivation

18卒 志望動機

職種: 海上職
Img human 18卒 | 慶應義塾大学 | 男性
Q. 川崎汽船を志望する理由を教えてください。
A. 「日本の経済を根幹から支えている海運業務に携わる誇りを、誰よりも近くで感じることができる」という点に惹かれたからです。島国であり、資源に乏しい日本は輸入に頼るしかなく、海運は日本の大黒柱であるといえます。それゆえに責任が非常に大きく、また船上という閉鎖空間で長期にわたり業務をこなす厳しい仕事であると認識しています。しかし、海運のやりがいを最前線で感じることができるのも海上...
Img square motivation

18卒 志望動機

総合職事務
Img human 18卒 | 筑波大学大学院 | 女性
Q. 川崎汽船を志望する理由を教えてください。
A. 私は、仕事を通じて、世界と日本をつなげることで、産業・人・モノ・コトの視野を広げ、新たな可能性や価値を作り出すことに貢献したいです。海運は輸出入の99%以上を占めており、モノを必要とする場所に運ぶことで、新しい価値を付加しています。その中でも貴社は、非財閥系ゆえの社風があり、説明会や座談会でお会いした社員の方の雰囲気が気さくで話しやすく、チームで働く際に自分が輝くことがで...
Img square motivation

18卒 志望動機

総合職
Img human 18卒 | 法政大学 | 男性
Q. 川崎汽船を志望する理由を教えてください。
A. 私は「日本のプレゼンス向上」という夢を貴社で達成したいです。私は2度の米国留学から日本を好きであると実感し、また日本の技術力は世界で未だに市民権を得ていないと痛感しました。そこで、資源の乏しい日本に対し、輸出入を通じて様々な企業の海外展開に寄与できる海運業界を志望しています。その中でも、オフショア支援船事業に注力している貴社を志望します。

エントリーシート

Img square es

18卒 本選考ES

総合職事務
Img human 18卒 | 筑波大学大学院 | 女性
Q. 川崎汽船を志望した理由を論理的にご記入ください。
A. 私は、仕事を通じて、世界と日本をつなげることで、産業・人・モノ・コトの視野を広げ、新たな可能性や価値を作り出すことに貢献したいです。海運は輸出入の99%以上を占めており、モノを必要とする場所に運ぶことで、新しい価値を付加しています。その中でも貴社は、非財閥系ゆえの社風があり、説明会や座談会でお会いした社員の方の雰囲気が気さくで話しやすく、チームで働く際に自分が輝くことができると感じたため、志...
Img square es

18卒 本選考ES

総合職
Img human 18卒 | 法政大学 | 男性
Q. 川崎汽船を志望した理由を論理的にご記入ください 160字
A. 私は「日本のプレゼンス向上」という夢を貴社で達成したいです。私は2度の米国留学から日本を好きであると実感し、また日本の技術力は世界で未だに市民権を得ていないと痛感しました。そこで、資源の乏しい日本に対し、輸出入を通じて様々な企業の海外展開に寄与できる海運業界を志望しています。その中でも、オフショア支援船事業に注力している貴社を志望します。
Img square es

18卒 本選考ES

陸上総合職
Img human 18卒 | 大阪大学 | 女性
Q. 志望理由
A. 大学の授業や、サークル、アルバイト先のホテル、インドネシア等での経験から、多様な人々と関わることに楽しさとやりがいを感じ、また、それまで当たり前であった日本品質が当たり前ではないインドネシアでの生活で、暮らしに身近な日本製品を世界に届けたいという夢も生まれ、海運業に興味を持ちました。そして、いち早いアジア進出や、コンテナ船事業に注力されてきた歴史から、様々な人と協働し世界中に高品質で身近な製...

面接

  • 1次面接
  • 2次面接
  • 最終面接
Img square interview

18卒 1次面接

海上職
Img human 18卒 | 慶應義塾大学 | 男性
Q. 何かに取り組むときのモチベーションはなにか、またその理由
A. 何かに取り組むときには、その取り組みにより自分にどんなメリットがあるのかを考えるようにしています。これは、どんな事でも前向きに取り組むことで、より良い結果を得ることができると思うからです。私はテニスサークルに所属していますが、決して楽しい練習ばかりではなく、つらい練習も行います。体力的に厳しい練習であったり、地味な反復練習などはやっていて楽しさを感じるものではありません。...
Img square interview

17卒 1次面接

Img human 17卒 | 横浜国立大学 |
Q. 自己PRをしてください。
A. 私は大学時代に最も力を入れた部活動のなかで2つのことを大事にしていました。1つ目は小さな気づきを大事にすることです。マネージャーの仕事はやって当たり前のことが多く、それを日々くり返しているだけでは強いチームは作れません。日常の練習風景に常に批判的な目を向けて小さな気づきから少しづつチームを良くしていくことを意識していました。2つ目はチャレンジングな気概を持つことです。同じ...