就活会議では、Internet Explorer11のサポートを終了いたします。今後はGoogle ChromeやMicrosoft Edgeをご利用ください。
日本郵船株式会社のロゴ写真

日本郵船株式会社

  • 3.7
  • 口コミ投稿数(171件)
  • ES・体験記(114件)

日本郵船の本選考TOP

日本郵船の本選考

本選考体験記(11件)

22卒 2次面接

陸上総合職事務系
22卒 | 慶應義塾大学 | 男性
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. A. 就活サイトやホームページをしっかりと読み込み、志望動機において「なぜインフラに興味を持ったのか」、「なぜ海運業界なのか」、「なぜその中でも日本郵船でなければならないのか」といった点を重点的に練りました。また、海運業界の業務は少しイメージしづらい部分があったため、積...

22卒 最終面接

海上職航海士
22卒 | 慶應義塾大学 | 男性
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. A. まずなぜ物流業界を志望しているのか、そしてなぜ航海士を志望しているのか、自社養成で航海士を育成している三大海運のうちなぜ日本郵船を選んだのかを明確にする必要がある。そして航海士という特殊な仕事であるが故に、どのようなスキルが求められ、どのような業務内容であるのか、...

21卒 2次面接

総合職
21卒 | 慶應義塾大学 | 男性
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. A. 志望度はかなり大切だと思う。1次面接ではそこまで深ぼられることはなく、ネガティブチェックな印象を受けたが、2次面接では最初にOB訪問をした事があるか聞かれ、その後は雑談ベースで始まった。終始受け答えもできた上に、自分としては手応えがあったものの、最初に聞かれたOB...

20卒 2次面接

陸上職
20卒 | 早稲田大学 | 男性
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. A.
なぜ海運業界、そして日本郵船を志望したのか因果関係を説明できるようにするべき。どこでも聞かれる質問ではあるがわざわざ海運業界を選ぶのは何か理由があってのことだろうとの見方をされるのでしっかり考えておいたほうが良い。商船三井など同業他社を受けたか、なぜ受けなかったかなども聞かれたのでなんとなく志望した、という人をはじこうとしているようにも感じられた。どのような仕事をするのか社員のお話を聞く機会がなければわからない部分が多いので選考に実際に有利になるかは関係なくとも座談会、OB訪問などはできればやっておいたほうがいい。なにも研究しておらず採用ページをみて研究するだけでは入社後にやってみたい仕事を聞かれた際に困る。 続きを読む

18卒 4次選考

海上職
18卒 | 慶應義塾大学 | 男性
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. A.
商船三井、川崎汽船との違いをはっきりと説明できるようにすることが必須。日本郵船はエントリー後に企業についての冊子を郵送してくれるため、これを熟読しておくと良い。日本郵船の説明会では航海士という職業について大まかにしか知ることができないので、OB訪問や座談会で細かな特色について把握し、仕事内容について明確にイメージできることが重要であると思う。ただ、基本的に海上職の方は勤務のほとんどを海上ですごすため、OB訪問をとりつけることは難しくなっている。陸上職の社員にOB訪問を行うこともできるが、海上職は陸上職と全く異なる仕事内容となるため、それに加えて海上職のための座談会や説明会に参加したほう良い。これは以前海上職として働き、現在は陸上で海上で培った知識を生かして働いている社員の方から直接話を伺える貴重な機会となっているため、できる限り参加するべきである。 続きを読む

直近の本選考の選考フロー

志望動機

22卒 志望動機

職種: 陸上総合職事務系
22卒 | 慶應義塾大学 | 男性
Q. 日本郵船を志望する理由を教えてください。
A. A. 日本郵船を志望する理由は2つあります。まず1つ目は、物流に一貫して関わることができる御社の事業ポートフォリオに魅力を感じたからです。御社は陸上事業や航空事業などにも進出し、海運事業に留まらない「総合物流」を実現しており、物流を一貫して支えることができるため、物流に...

22卒 志望動機

職種: 海上職航海士
22卒 | 慶應義塾大学 | 男性
Q. 日本郵船を志望する理由を教えてください。
A. A. 私は高校3年生と大学1年生の時に大手家具メーカーの大型物流倉庫で働いていました。商品の混載や発送に携わっており、物流の一翼を担うことにやりがいを感じていました。将来は人や物を運ぶ業界に携わりたいと考え、海運を支えている貴社の一員となって働きたいと思っています。また...

21卒 志望動機

職種: 総合職
21卒 | 慶應義塾大学 | 男性
Q. 日本郵船を志望する理由を教えてください。
A. A. 2次面接までは志望動機についてはあまり聞かれなかった。実際に提出したESや面接で話そうと思っていたのは、二つある。一つ目が世界中から様々なものを運ぶという仕事に関する魅力、二つ目が強みである責任感を生かす事ができるということ。一つ目の世界中から様々なものを運ぶとい...

20卒 志望動機

職種: 陸上職
20卒 | 早稲田大学 | 男性
Q. 日本郵船を志望する理由を教えてください。
A. A.
私はグローバルに日本のために貢献することを目指しています。海運業界の魅力は国内外で不可欠な物資を自らの手で動かすので、その責任の大きさから働き甲斐を感じるだろうと思います。特に私はエネルギー資源の輸送に興味があります。私は少年時代、東日本大震災を経験しました。数日間インフラの供給が止まってしまい、生活が全く変わってしまったのをよく覚えています。その経験からインフラの重要性を感じ、資源の少ない日本で国外からエネルギーを調達し全国へ供給することの大切さを確認しました。そこでエネルギー輸送に強みを持っている貴社で国内へのエネルギーの供給にかかわる仕事をしたいと考えました。特に貴社はグリーンビジネスに注力をしているので私もその新事業に将来かかわれたらと考えています。 続きを読む

18卒 志望動機

職種: 海上職
18卒 | 慶應義塾大学 | 男性
Q. 日本郵船を志望する理由を教えてください。
A. A.
外航海運企業を志望した理由は、日本の輸送の99.7%を海運が支えているという点に魅力を感じたからです。島国であり、資源の乏しい日本は輸入に頼るしかなく、海運はまさに日本の経済を根幹から支えていると思いました。そして、海上社員を志望する理由は、航海士という職業に小さい頃から憧れを抱いていたからです。私は小学生の時に乗船する機会があり、そこで巨大な船を操る航海士の姿に惹かれました。そこから漠然と海と関係するような仕事をしたいと思っていましたが、自社養成コースの存在を知り応募するしかないと確信しました。また、日本国民全員の生活を支えているといっても過言ではなく、責任が非常に大きい仕事ですが、その分やりがいもあり魅力的であると感じています。その中でも自社養成の制度をいち早く取り入れた御社でならば教育体制も整っており、より早く航海士として成長していくことができると考えています。 続きを読む

エントリーシート

22卒 本選考ES

陸上職事務系
22卒 | 関西学院大学 | 男性
Q. ・これまでの大学生活の中で、最も力を入れて取り組んできた事例(550〜600字) (最終的な結果のアピールだけではなく、その過程(プロセス)における具体的な行動・工夫を記載してください ※「私の強みは〇〇力である」「〇〇力を活かして××に貢献します」といった直接的な記載は不要です。
A. A. 私は留学、留学するための勉強や準備に力を入れて取り組みました。入学当初から他国の人と共に生活し、学んでみたいという思いから交換留学を学生生活における一つの目標としていました。語学に関しては、最初はTOEFL ITPが470点という留学するには厳しい点数でした。その...

22卒 本選考ES

総合職
22卒 | 関西学院大学 | 男性
Q. ・これまでの大学生活の中で、最も力を入れて取り組んできた事例(550〜600字) (最終的な結果のアピールだけではなく、その過程(プロセス)における具体的な行動・工夫を記載してください ※「私の強みは〇〇力である」「〇〇力を活かして××に貢献します」といった直接的な記載は不要です。
A. A. 私は留学、そして留学するための勉強や準備に力を入れて取り組みました。入学当初から他国の人と共に生活し、学んでみたいという思いから交換留学を学生生活における一つの目標としていました。語学に関しては、最初はTOEFL ITPが470点という留学するには厳しい点数でした...

22卒 本選考ES

事務職
22卒 | 早稲田大学 | 男性
Q. これまでの大学生活の中でご自身が最も力を入れて取り組んできた事例を記載してください。事例は、550~600字以内で作成してください。
A. A. 私が最も力を入れて取り組んだことは、観客を魅了する作品を作るまでのプロセスである。私が所属していたストリートダンスサークルは経験者が大多数を占めており、未経験だった私は技術面で大幅な遅れをとっていた。しかし、私自身が魅了されたように、観客を魅了するような作品を作り...

20卒 本選考ES

総合職
20卒 | 国際教養大学 | 女性
Q. 大学の専攻を選んだ理由と専攻の中で特に力を入れたこと
A. A.
専攻はメディア政治学で、中でも私は「北欧におけるメディアを用いた社会福祉政策」について研究しています。北欧諸国は高い幸福度のほか、報道の自由度ランキングで毎年上位にランクインすることでも有名です。この実績に関連するであろう「政治」と「メディア」という2つの分野において、自国民の内面を豊かにするためにどのような取り組みをしているのか学びたいと考えました。特に力を入れて取り組んだのは、ノルウェーへの1年間の交換留学です。北欧メディアのシステムはもちろん、それを形成してきた歴史、政治形態、北欧各国の国民性やグローバル化による課題についても学び、多角的な視点から北欧メディアの現状と課題を見つめるきっかけになりました。 続きを読む

20卒 本選考ES

陸上職事務系
20卒 | 北海道大学 | 男性
Q. あなたの専攻とその学問を選んだ理由を教えてください。
A. A.
私が金融商品取引法を専攻として選んだ理由は物事を数字ではなく言葉で論理的に説明することが求められる法律に面白さを見出したからです。その中で私は金融商品取引法のディスクロージャー制度について研究しました。金融商品取引法は投資家等と企業との利害関係者間で平等に、同じ情報を持って取引活動ができることを目的とします。ディスクロージャー制度は企業側に有価証券報告書等の作成及び提出を義務付け、それらを基に投資判断を行うことで公平な取引環境を整備します。しかし現在日本には独自の計算を要する会計基準が存在し、投資のグローバル化への障壁となっています。なぜ日本の会計は非国際的なままなのかという疑問を持ち、今後の国際会計基準の適用に焦点を当てました。 続きを読む

面接

  • 1次面接
  • 2次面接
  • 最終面接

22卒 1次面接

陸上総合職事務系
22卒 | 慶應義塾大学 | 男性
Q. なぜ海運業界を志望しているのか。
A. A. 世界の物流を根底から担うことによって、グローバルに活躍しながら多くの人を支えることができるためです。私は後輩の受験勉強をサポートしたり、アルバイトにおいて課外解決を通じて社員の方々の力になった経験から、将来自分の努力を通じて誰かを支えることができる仕事がしたいと考...

22卒 1次面接

海上職航海士
22卒 | 慶應義塾大学 | 男性
Q. 海運業と漁業は何が違いますか?
A. A. 根本的に利益を生み出す方法が異なります。まず漁業に関しては養殖ないしは天然の魚介類を水揚げし、それを市場でセリに出すことで価格が決まり、競下ろした小売業者がスーパーないしは飲食店で商品として陳列することで消費者から収入を得るのがお金の流れとなっています。そのためB...

21卒 1次面接

総合職
21卒 | 慶應義塾大学 | 男性
Q. 学生時代に頑張ってきた事、その中で工夫したこと
A. A. 大学時代に学生コーチとして〇〇部の監督を務め、〇〇リーグへの昇格へ導いたことです。当時チームは昇格戦を控えた中で、技術では相手に上回っているものの勝てない状況が続いていました。真の課題は上手くいっていない状況に対して、選手が能動的に改善策を考えていないことだと考え...

20卒 1次面接

陸上職
20卒 | 早稲田大学 | 男性
Q. エントリーシートで書かれているサークルでの活動について詳しく教えてください。
A. A.
私は映像制作のサークルに所属しており、その内容は自主製作映画からプロモーションビデオの撮影まで様々な種類の映像を制作するというものでした。そのなかで私は自主映画の製作スタッフや役者を集めたり、映像制作の計画を立てるなどマネジメントをしました。そのなかで私は自主映画の製作スタッフや役者を集めたり、映像制作の計画を立てるなどマネジメントをしました。製作スタッフを集めることは協力してくれる仲間がたくさんいたので苦労しませんでしたが、学外の役者をキャスティングすることなどには大変苦心しました。製作スタッフと役者の意思疎通がうまくいかないことも多々ありましたが、そんなときに様々な人たちと話し合いの場を設けることに気を付けました。 続きを読む

18卒 1次面接

海上職
18卒 | 慶應義塾大学 | 男性
Q. 海上職に対してあなたはどのようなイメージを持っていますか
A. A.
「日本の経済を根幹から支えている海運業務に携わる誇りを、誰よりも近くで感じることができる職業」であると認識しています。島国であり、資源の乏しい日本は海外からの輸入に頼るしかなく、輸送の99.7%を海運が担っていることからも、日本の大黒柱であるといえます。日本国民全員の生活を支えているといっても過言ではなく、責任が非常に大きく、また船上という閉鎖空間で長期にわたり業務をこなす厳しい仕事であると思います。しかし、海運のやりがいを最前線で感じることができるのも海上職員の特権であると考えています。小さい頃から航海士は私の憧れの職業であり、それに加えて業務のやりがいの大きさに強く魅力を感じ、海上職を志望しています。 続きを読む

内定者のアドバイス

21卒 / 早稲田大学 / 男性
職種: 陸上職
1
内定をもらうために大事なことを教えて下さい。

なぜ海運なのか、その中でもなぜ日本郵船なのかを伝えられると良いと思います。 事業の差別化が難しいと言われる海運業界ですが、セミナーや社員訪問を通じて雰囲...

2
内定が出る人と出ない人の違いを教えてください。

主に2つあると思います。まずは、他者を理解しようとする姿勢があるかどうか。次に海運業務、日本郵船への熱意を示すことができるかです。前者に関して、海運業務は...

3
内定したからこそわかる選考の注意点を教えてください。

人気企業であるが採用人数はものすごく少ないので、他者との差別化を図ることが大事だと思います。しかし、他者を蹴落とす姿勢で挑むのではなく他者に理解を示しつつ...

21卒 / 広島大学大学院 / 男性
職種: 海上職
1
内定をもらうために大事なことを教えて下さい。

たまたまうまくいっただけの学生がアドバイスなんておかしいと思うのですが… 1.海上職に対する覚悟(覚悟を持つためには航海士・機関士について詳しく調べる)...

2
内定が出る人と出ない人の違いを教えてください。

凝り固まった言い方(よく面接対策とかの本に書かれている「理由は二つあります.」的な言い方)をあまり重要視するのではなく,面接時に思い付いた自分の言葉で相手...

3
内定したからこそわかる選考の注意点を教えてください。

何度も言いますが,海上職には覚悟と周囲の理解が必要です.年収や休暇制度だけでなろうとしている人は絶対受かりません.しっかり航海士・機関士の職務内容や,会社...

閉じる もっと見る

内定後入社を決めた理由

21卒 / 早稲田大学 / 男性
職種: 陸上職
1
内定後、入社を迷った企業を教えて下さい。

飯野海運株式会社

2
入社を決めた理由を教えてください。

私が飯野海運よりも日本郵船を選んだ理由としては、業界トップの企業で働くことでより国際的に様々な業務に携わることができると考えたからです。リーディングカンパ...

21卒 / 広島大学大学院 / 男性
職種: 海上職
1
内定後、入社を迷った企業を教えて下さい。

川崎汽船株式会社

2
入社を決めた理由を教えてください。

川崎汽船は陸上職で内々定をもらいましたが,海上職の面接を受けて質問に答える中で自分の思いや考えが変化していったからです.正直に言うと,Kが4月に内々定を出...

閉じる もっと見る