就活会議では、Internet Explorer11のサポートを終了いたします。今後はGoogle ChromeやMicrosoft Edgeをご利用ください。
MESSAGE
世界の海に価値を刻む
株式会社商船三井のロゴ写真

株式会社商船三井

  • 3.4
  • 口コミ投稿数(92件)
  • ES・体験記(68件)

株式会社商船三井

こんな会社です

  • 会社について
  • 当社の強み・当社の課題
  • 向いている人・向いていない人
  • 株式会社商船三井の会社について写真1
  • 株式会社商船三井の会社について写真2

エネルギー資源に乏しい日本。エネルギー自給率はわずか8%
私たちの衣食住に必要な製品やエネルギー、産業に必要な原材料は「船舶」が運んでいます。
島国である日本では、輸出入される物資の99%が「船舶」によって運ばれており、私たちの生活に不可欠な存在です。

<事業内容>
◆海運事業
商船三井は創業から130年以上にわたり、海運をリードし続ける世界最大級の総合海運企業。
外航海運事業を核とし、資源、エネルギー、原材料、製品など、さまざまな物資の輸送を通じて、運航する商船は様々であり、何でも運ぶいわば「海運の百貨店」としての役割を担っています。
現在では運航隻数がグループで約850隻あります。
海運は、いつの時代も世界中の人々の暮らしや産業を支えています。

◆幅広いビジネス展開
近年は物流ニーズの高度化に伴い、倉庫業や内陸輸送といった港から港ではなく、拠点から拠点を結ぶ総合ロジスティクスサービスや、港湾ターミナル事業などの陸上ビジネスも展開。

当社の強みである安全管理技術を活かし「海洋事業」へ事業領域を拡大。
日本の海運会社として初めて※、洋上でLNG(液化天然ガス)を受け入れ再ガス化し陸上にガスを供給する「浮体式LNG貯蔵再ガス化設備(FSRU)」プロジェクトに参画しました。

※自社調べ

<今後の展開>
世界のエネルギー業界は今、大幅な規制緩和と環境負荷の低減という2つの大きな課題に直面しており、エネルギーに対するニーズそのものも重大な転換期を迎えています。
商船三井は、油送船・プロダクト船・石炭船・LNG船・LPG船など、多種多様な船隊を保有し、エネルギー輸送のリーディングカンパニーとして、複雑化・多様化する顧客のニーズに応えています。

今後も長年培った高い技術力を基礎として、船舶管理・営業各部門が一体となったフルラインサービスを引き続き提供すると共に、難易度の高い新たなプロジェクトにも果敢に挑戦していきます。

  • 株式会社商船三井の当社の強み・当社の課題について写真1
  • 株式会社商船三井の当社の強み・当社の課題について写真2

・当社の強み

海運をリードし続ける世界最大級の総合海運企業

創業から130年以上にわたり、飽くなきチャレンジ精神で成長を続けてきました。
現在では、運航隻数がグループで約850隻の世界最大の運航規模を誇る総合海運企業になりました。

世界経済の発展に伴い、より環境負荷の小さいクリーンエネルギーとしての天然ガスの需要が増加しています。
高度な技術力が求められるLNG(液化天然ガス)を始めとしたエネルギー輸送。
当社は、豊富な輸送実績とノウハウでLNG船の所有・管理・運航において、世界トップクラスのシェアを誇ります。
さらに2018年には世界初※となるロシアの北極海定期航路として、氷を砕きながら航行するLNG砕氷船を投入したヤマルLNGプロジェクトに参画するなど、最先端を走る取り組みを行っています。

今後も拡大が見込まれる液化ガス輸送需要に応えるべく、安全で確実な海上輸送サービスの提供に努めていきます。

※自社調べ

グローバルで総合的な海運のプロフェッショナルを育成

グローバルマーケットで活躍できる、「新しい価値を創造する”自律自責型の人材“」の育成を目標に掲げ、社員それぞれの成長を支援するための研修制度を設けています。積極的に学びたいという意思に応えるもので、濃密な体験を通して自己成長できるプログラムです。

例えば海外駐在、実務研修、留学、そして乗船研修という形で全員に、海外の現場でグローバル感覚を磨く機会があります。さらに10年間で3つ以上のジョブローテーションを通じで、次世代の経営を担う幹部の育成に努めています。

少数精鋭ゆえ、誰もが将来の経営幹部候補生。大いなる航海人生を、商船三井とともに歩きませんか。

・当社の課題

環境に優しい船会社を目指して

海運は他の輸送手段に比べ、単位輸送当たりのCO2や大気汚染物質の排出量が少ない、環境側面で優れた大量輸送手段です。しかし一方では、外航船舶から排出されるCO2は全世界排出量の2%にも及び、ドイツ1国分の排出量と同等であるのも事実です。商船三井は環境先進企業として、地球環境保全に取り組む姿勢を明確にするため、2017年4月に「商船三井グループ環境ビジョン2030」を策定しました。大気汚染防止のため、燃料油を燃やした際に排出される窒素酸化物や硫黄酸化物削減への取り組みや、二酸化炭素排出量を削減するために風力を利用したマスト(帆)を使って航行する船の研究などを行っています。また、今まで燃料として焚いていた重油ではなく、クリーンエネルギーとされる液化天然ガス(LNG)を使用できるような専用エンジンの開発も重要課題の一つです。地球に優しい外航海運会社として、今後も環境問題に取り組んでいきます。

・向いている人

・当事者意識を持って課題に取り組み、解決策を自ら考え実行できる方
・チームをまとめることができるリーダーシップがある方
・日本に留まらず、海外でも活躍したい方
・コミュニケーション力がある方
・どんな困難にも立ち向かうチャレンジ精神がある方
・目標達成に向けて、途中で挫折せずにやり遂げるタフな方

・向いていない人

・ジョブローテーションに抵抗があり、安定性を求める方
・海外に興味がなく、英語を使うことが苦手な方

社員・元社員による会社の評価

評点をもっと見る
総合評価
3.4
成長性、将来性
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.1
給与水準
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.6
安定性
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.6
仕事のやりがい
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.3
福利厚生
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.6
教育制度
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.3
企業の理念と浸透性
inactive
active
inactive
inactive
inactive
2.4

※ 口コミ・評点は転職会議から転載しています。

社員の口コミ・評判

株式会社商船三井の口コミ・評判

入社後のギャップ

在籍時期:2011年頃
投稿日:2021年7月26日
回答者:
  • 40代前半
  • 男性
  • 10年前
  • 法人営業

【良い点】
入社理由は、若くしても海外での業務に従事できること、少数精鋭の採用であるため自分のブランドが社内でも構築できることなどが挙げられます。また陸上...

株式会社商船三井の口コミ・評判

事業の成長・将来性

在籍時期:2011年頃
投稿日:2021年7月26日
回答者:
  • 40代前半
  • 男性
  • 10年前
  • 法人営業

【良い点】
国内でも大手海運企業は寡占化されており、また海運業の生業が国策でもあるため海外事業を中心に成長性はまだ残されており、それらグローバルな展開をす...

株式会社商船三井の口コミ・評判

退職理由

在籍時期:2020年頃
投稿日:2021年7月12日
回答者:
  • 30代前半
  • 女性
  • 1年前
  • 一般事務

【良い点】
良くも悪くもおおらか。
朝は10時以降ゆっくり出社の社員が多い。
派遣社員は定時で帰れる。
【気になること・改善したほうがいい点】
社員はプラ...

株式会社商船三井の口コミ・評判

年収、評価制度

在籍時期:2020年頃
投稿日:2021年6月28日
回答者:
  • 年収??万円
  • 30代前半
  • 女性
  • 1年前
  • 一般事務
  • 非正社員

【良い点】
派遣社員にしては給与は良い方だと感じた。定時で帰れるが、希望により残業もしやすい雰囲気。ただ部署やチームによりかなりの差がある。
【気になるこ...

株式会社商船三井の口コミ・評判

仕事のやりがい

在籍時期:2020年頃
投稿日:2021年6月28日
回答者:
  • 30代前半
  • 女性
  • 1年前
  • 一般事務

【良い点】
派遣社員でも責任のある仕事を任せてもらえ、人に感謝される。海外、船という大きなものに携わる仕事なので、かなりやりがいはある。グローバルな視点で...

※ 口コミ・評点は転職会議から転載しています。

みんなの就活速報

会員番号:1069848さん / 文系

内定した学生の就活速報

投稿日:2021年6月15日
面接官/学生
面接官 3人学生 1人
連絡方法
電話即日
雰囲気
和やか
質問内容
なぜこの会社か?なぜこの業界か?学生時代のエピソード将来やりたいこと自己紹介(自己PR)

オンラインでの最終面接でした。トリッキーな質問はなく、重役の方々が面接側ではありながらも和やかな雰囲気で進んでいきました。

会員番号:1173771さん / 文系

2次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2021年6月14日
面接官/学生
面接官 3人学生 1人
連絡方法
電話3日以内
雰囲気
和やか
質問内容
なぜこの会社か?なぜこの業界か?学生時代のエピソード将来やりたいこと自己紹介(自己PR)

終始和やかでした。

会員番号:1161489さん / 文系

2次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2021年5月27日
面接官/学生
面接官 2人学生 1人
連絡方法
電話1週間以内
雰囲気
和やか
質問内容
学生時代のエピソード自己紹介(自己PR)

ESの深堀だった

会員番号:1069848さん / 文系

1次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2021年5月25日
面接官/学生
面接官 1人学生 1人
連絡方法
メール3日以内
雰囲気
和やか
質問内容
学生時代のエピソード自己紹介(自己PR)

二次面接よりも年次が高めの方でした。終始和やかでして、雑談に近い面接でした。わからないことにはわからないと答える誠実さも大事なように感じました。

会員番号:1003799さん / 文系

1次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2021年5月24日
面接官/学生
面接官 1人学生 1人
連絡方法
メール3日以内
雰囲気
和やか
質問内容
その他なぜこの会社か?なぜこの業界か?学生時代のエピソード自己紹介(自己PR)

どちらかというと厳しめ

会員番号:1164291さん / 文系

1次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2021年5月24日
面接官/学生
面接官 1人学生 1人
連絡方法
メール即日
雰囲気
和やか
質問内容
その他学生時代のエピソード自己紹介(自己PR)

ESに書かれていることしか聞かれませんでした。おそらくほとんどの方が通過していたと思います。

会員番号:1045847さん / 文系

1次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2021年5月21日
面接官/学生
面接官 1人学生 1人
連絡方法
メール3日以内
雰囲気
和やか
質問内容
なぜこの会社か?なぜこの業界か?学生時代のエピソード自己紹介(自己PR)

終始和やかでした。

会員番号:1050870さん / 文系

1次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2021年5月21日
面接官/学生
面接官 1人学生 1人
連絡方法
メール3日以内
雰囲気
和やか
質問内容
その他なぜこの業界か?学生時代のエピソード

やさしいひと

会員番号:1050586さん / 文系

1次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2021年5月21日
面接官/学生
面接官 1人学生 1人
連絡方法
メール3日以内
雰囲気
和やか
質問内容
なぜこの業界か?学生時代のエピソード自己紹介(自己PR)

ガクチカメイン

会員番号:950305さん / 文系

1次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2021年5月21日
面接官/学生
面接官 1人学生 1人
連絡方法
メール3日以内
雰囲気
和やか
質問内容
学生時代のエピソード自己紹介(自己PR)

とても雰囲気がよかった

インターン情報(ES・体験記)

  • エントリーシート
  • インターン体験記

株式会社商船三井

陸上職種
通過
Q. あなたがインターンシップ先として、商船三井・陸上職(事務系)のインターンシップに応募した理由・インターンを通して体験・学びたいことを教えてください(300)
A. 私が貴社のインターンシップに応募した理由は、大学で政治学や経済学を学んだ経験から、天然資源に乏しい我が国を海上という国際的な面から物流を支える貴社の魅力を感じたいと考えたからです。そのために必要なスキルや知識を、貴社は長年にわたる運用でノウハウを積み上げてきたと考え、インターンシップを通じて、そのノウハウを獲得して、将来入社した時に貢献したいと考えています。また、貴社を志望する学生達と切磋琢磨することで、自己の啓発を図るということも体感したいです。

株式会社商船三井

総合職
通過
Q. あなたがインターンシップ先として、商船三井・陸上職(事務系)のインターンシップに応募した理由・インターンを通して体験・学びたいことを教えてください300文字以下
A. 陸上事務職として貴社で働く具体的なイメージを持つためだ。私は○○部に所属しており、日頃から貴社のダイナミックな船舶を見ていることや海運業が担っている、島国である日本の生活を根底から支えるという規模の大きさに魅力を感じている。しかし、陸上事務職としての業務内容やどのように日本の経済に貢献できるのか想像が難しいため、具体的な日々の業務内容ややりがいを社員の方々から伺いたい。また、海運業のリーディングカンパニーとして活躍されている貴社の社員の方々の価値観や社風を学ぶことで世界というフィールドで活躍するために必要な姿勢も感じ取り、今後のキャリアについて考える機会を得たいとも考える。

株式会社商船三井

陸上職技術系
通過
Q. 応募理由(400文字)
A. 私は「人のために働く」こと、また、船舶に関する仕事に魅力を感じたため、貴社のインターンシップに応募しました。 私は大学生の時、サークルの合宿係として合宿の企画・運営を行いました。その際、前年度までの合宿ではレクリエーション企画が一部の人しか楽しめないという課題があったため、「来てくれた人全員を楽しませたい」と思い、参加者全員が主体的に参加できる企画を考えました。このような経験から、人に喜んでもらうことや、人を支えることが好きだと感じています。また、大学で土木工学を学ぶ中で、橋梁の壮麗さに魅了されました。橋梁を始めとした土木構造物のように大きく、機能美を持った船舶に惹かれ、それに携わる仕事にも興味を持ちました。 そのため、船舶の一生に携わると同時に、人々の暮らしを支える海運業にも携わることができる貴社の技術職に非常に魅力を感じました。インターンシップを通じて、その業務への理解を深める所存です。

本選考情報(ES・体験記)

  • エントリーシート
  • 本選考体験記

株式会社商船三井

陸上総合職
通過
Q. 卒業(ゼミ/研究)論文テーマ及び概要、またなぜそれを選んだのか教えてください。※ゼミ/研究室に所属していない場合は、一番力を注いだ課目について250文字以下
A. 【卒論執筆に向け卒業単位の9割取得】 4年から卒論執筆が始まるため具体的な研究は行えていないが、ルッキズムについての研究を行う予定である。卒論執筆は学部の8%しか取り組まない現状であったが、周囲に流されることなく入学時から単位を上限まで取得した結果、卒業単位を確保しつつも4年時から始まる執筆に十分な時間を確保することができた。また、TOEIC800点や英検準一級を条件としたオールイングリッシュ授業に基準を満たすことで参加し、卒論執筆に必要な英語力向上に努めた。

株式会社商船三井

総合職
通過
Q. 卒業(ゼミ/研究)論文テーマ及び概要、またなぜそれを選んだのか教えてください。※ゼミ/研究室に所属していない場合は、一番力を注いだ課目について 250字以内
A. リスクマネージメント論に注力した。この課目では企業におけるファイナンス手法を扱っている。その手法には株式・債権発行や銀行からの借り入れ、或いは特別目的会社を設立など多種多様なものがある。それを企業の経営状態と今後の市場の変化を考慮して、どの方法がリスクとリターンをバランス良く享受できるのかを考える学問である。その中で今までリスクはとにかく避けるか成功する為に積極的に取っていた。しかしこの学問でリスクは自分の許容出来る範囲を見極めた上で取ることが何より大切だと学び、リスクの概念が変わった。

株式会社商船三井

総合職
通過
Q. 卒業(ゼミ/研究)論文テーマ及び概要 ※ゼミ/研究室に所属していない場合は、一番力を注いだ課目について
A. 卒業論文のテーマは「憲法学の基礎的な考え方である比較衡量論の分析」です。比較衡量論とは、憲法が保障する権利同士が衝突した際、一方の権利の制限によって得られる利益と失われる利益を比較衡量し、社会的利害の調和を図ろうとする法の適用研究のことです。比較衡量論はメリットデメリットやリスクリターンなどの関係を考えるときの基礎として使われており、日常生活からビジネスの場まで幅広く役立つ考え方です。私は、政教分離原則や信教の自由などの重要論点から分析したいと考えています。

会社情報

基本データ
会社名 株式会社商船三井
フリガナ ショウセンミツイ
事業内容 ■ドライバルク船サービス
 世界最大の船隊で、世界の資源を輸送する

■油送船サービス
 世界の主要なエネルギー源である原油や石油製品の安定供給を行う

■LNG船サービス
 クリーンエネルギーの安定輸送で、人々の暮らしや産業を支える

■海洋事業サービス
 洋上でLNGや原油を受け入れるなど、物流事業の川上への事業展開を行う

■自動車船サービス
 日本経済の成長を支えている自動車産業。その根幹を支える

■ターミナルサービス
 コンテナ輸送のバリューチェーンの要となる自営ターミナルを運営する

■ロジステック・サービス
 グループ力を活かし、航空・海上フォワーディング、陸上輸送、倉庫保管、重量物輸送など物流をトータルプロデュース

■客船サービス
 世界一周のような長期クルーズから、ワンナイトクルーズまで、個人向けのホスピタリティサービスを展開する

■フェリー・内航サービス
 人とモノの交流を展開する、国内最大規模のネットワークを有する

■関連事業サービス
 海運を中心とした総合力を支える、多彩な周辺事業を展開する

■技術開発
 世界最大級のコンテナ船をはじめ、環境保全に向けて、高度な輸送技術を追求する
設立日 1884年4月
資本金 654億0035万1028円
従業員数 1,349人
※社外への出向者等を含む(陸上839名・海上510名)
売上高 1兆6524億円
※2018年3月期 連結
株式市場 東京証券取引所1部
決算月 3月
代表者 池田 潤一郎
本社所在地 〒105-0001 東京都港区虎ノ門2丁目1番1号
事業所 国内:東京
海外:世界50カ所以上
関連会社 旭タンカー(株)、大阪船舶(株)、商船三井近海(株)、東京マリン(株)、(株)宇徳、商船三井フェリー(株)、(株)フェリーさんふらわあ、ダイビル(株)、 商船三井客船(株) 、グリーンシッピング(株)、商船三井オーシャンエキスパート(株) など

合計449社(2018年3月期)
平均年齢 38.4歳
平均給与 1002万円
電話番号 03-3587-7111
お問い合わせ先 株式会社商船三井(MOL)人事部採用チーム
〒105-8688 東京都港区虎ノ門2-1-1
TEL:(03)3587-7238
MAIL:recruit@molgroup.com
URL https://www.mol.co.jp/
自社採用ページURL http://www.mol.co.jp/saiyou/
NOKIZAL ID: 1130986