株式会社フジテレビジョンのロゴ写真

株式会社フジテレビジョン

  • 3.5
  • 口コミ投稿数(250件)
  • ES・体験記(44件)

フジテレビジョンのインターンTOP

フジテレビジョンのインターン

インターンの評価

評点をもっと見る
総合評価
5.0
選考難易度
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
業界理解
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
会社理解
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
メンターのコミット
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
自己成長
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
内定直結度
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0
学生のレベル
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
テーマの面白さ
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
総合評価
5.0
選考難易度
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0
業界理解
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
会社理解
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
メンターのコミット
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
自己成長
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
内定直結度
active
inactive
inactive
inactive
inactive
1.0
学生のレベル
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0
テーマの面白さ
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
総合評価
5.0
選考難易度
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
業界理解
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
会社理解
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
メンターのコミット
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0
自己成長
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
内定直結度
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
学生のレベル
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
テーマの面白さ
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0

インターンの内容(5件)

21卒 冬インターン

2019年12月開催 / 2日 / 技術コース
21卒 | 東京理科大学 | 男性
音楽番組制作と施設見学を行いました。

お台場にあるフジテレビの本社の施設見学を行いました。マスターと呼ばれる場所や音楽番組を収録しているスタジオなどの見学を行いました。また、実際に働いている社...

21卒 夏インターン

2019年8月開催 / 1日 / アナウンサー
21卒 | 立命館大学 | 女性
スタジオ収録体験

番組のプロデューサーによる座談会、現役アナウンサーとの座談会、質問会などが行われ、午後からスタジオに移動して模擬収録が行われました。自己PRや、原稿読みを...

19卒 冬インターン

2017年10月開催 / 5日 / クリエイターズスクールバラエティ部門
19卒 | 東京大学 | 女性
現役ディレクターによる講義、実践を通じた体験プログラム、事前課題(番組企画)のプレゼンと講評

実際にフジテレビで活躍する現役ディレクター・プロデューサーたちが多数登壇し、座学形式の講義を行う。また、収録現場にを見学し、実践的に業務を経験する機会もあった。事前課題として各自考えてきた番組企画について、現役ディレクター・プロデューサーの前でプレゼンを行い、講評される。その後、社員と1対1で面談を行い、インターンの感想を中心に聞き込みをされた。

続きを読む

17卒 冬インターン

2016年2月開催 / 5日 / ドラマ
17卒 | 早稲田大学 |
ドラマ制作の仕事を知ること

撮影現場を見学したほかは、プロデューサー・ディレクター・脚本家・若手ADの講義をひたすた聞く形式だった。ドラマ企画プレゼン大会を行い、現役のプロデューサー・ディレクターからのアドバイスをもらった。また最終日はプチ面接と懇親会であった。

続きを読む

インターンに参加してみて

この企業に対する志望度は上がりましたか?

  • はい
  • いいえ
はい
21卒 / 東京理科大学 /
冬 / 2日 / 技術コース

志望度が上がりました。なぜなら、インターネットで知ることのできない会社の雰囲気や仕事の具体的な内容が分かったため、より一層、フジテレビで働きたいと思ったた...

いいえ
19卒 / 東京大学 /
冬 / 5日 / クリエイターズスクールバラエティ部門

テレビ業界の魅力を存分に味わいつくした5日間であったが、キャリアパスが決まりきっており、体得できるであろうスキルに限りがあることが引っかかった。吸収力抜群の20代を下積み時代として過ごすのではなく、ある程度の裁量権を与えられて伸び伸びトライアンドエラーを繰り返すほうが性に合うかもしれないと思うようになった。

続きを読む
いいえ
17卒 / 早稲田大学 / 女性
冬 / 5日 / ドラマ

プロデューサー・ディレクターになりたいわけではないことを改めて実感したから。また、同業界の中でも何となく自分とカラーが違うということを、様々な人と話す中で感じたから。また、もともと志望していた同業界別職種でやりたいという気持ちが改めて強まったから。

続きを読む
はい
21卒 / 立命館大学 /
夏 / 1日 / アナウンサー

まずインターンシップに参加すること自体が難関であるといえるので、そこで選考に通ることができたのはかなり自信につながると思います。実際に参加すると確かに周り...

閉じる もっと見る

インターンへの参加が本選考に有利になると思いましたか?

  • はい
  • いいえ
はい
19卒 / 東京大学 /
冬 / 5日 / クリエイターズスクールバラエティ部門

就活終了後、フジテレビの内定者と会う機会があったが、内定者のうち3分の1以上はインターンシップ経験者だとのことだった。明確な因果関係があるかは不明であるが、人事はインターンシップの段階から採用学生の目星をつけ始めていると考えて間違いないと感じる。

続きを読む
いいえ
17卒 / 早稲田大学 / 女性
冬 / 5日 / ドラマ

先輩社員の話を聞く限り、別ルートはないと感じたからだ。しかし、志望理由にこのインターンで学んだ経験を活かし、結果的に採用された人は一定数いるようなので、行くことが無意味だというわけではないとも思う。

続きを読む
はい
21卒 / 立命館大学 /
夏 / 1日 / アナウンサー

インターンシップ選考のエントリーシートと動画がかなり重要であり、そこを通過することができたので、本選考のエントリーシートや動画提出もかなり参考になると感じ...

いいえ
21卒 / 東京理科大学 /
冬 / 2日 / 技術コース

インターンシップに参加した際に、人事の方が、本選考には全く関係ないということをおっしゃっていました。また、実際に他の参加者に話を聞いてもインターンによる優...

閉じる もっと見る

参加後の就職にどう影響したか

17卒 / 早稲田大学 / 女性
冬 / 5日 / ドラマ
参加前
インターン参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい。

放送業界、特にテレビドラマの制作(特に音響効果)の仕事をしたいと考えていた。高校生の頃に見たドラマに影響されて以降いつか音響効果の仕事に就きたいと考えていたため。

続きを読む
参加後
インターンへの参加がその後の就職活動へどう影響しましたか?

放送業界、とりわけドラマ制作に携わりたいという気持ちが強くなった。目指していた音響効果の仕事はコネがなく専門卒でもない私には厳しい道であったため、別のポジションでもモチベーションを持てるか検討するためインターンシップに参加したが、結果的には妥協ができず、もともとの志望職種への志望度がますます強まることとなった。

続きを読む
19卒 / 東京大学 /
冬 / 5日 / クリエイターズスクールバラエティ部門
参加前
インターン参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい。

2017年の秋時点ではテレビ局・出版社などのマスコミや、演劇・映画に携われそうな企業を中心に見ていた。そのほか、上記以外の業界でも、少しでも関心のある企業ならば、積極的に参加した。軸は、「自分のやりたい!と思うことを後押ししてくれる環境があるか」「ジョブローテーション制度のような、様々な職種を経験できる土壌があるか」で、インターンや座談会を通じて、これらの実情を確認した。

続きを読む
参加後
インターンへの参加がその後の就職活動へどう影響しましたか?

マスコミ・演劇業界への志望度が格段にあがった。業績好調で安泰の企業よりも、成長の天井が見えている、観劇人口が減少し続けている…など、困難に立ち向かう企業こそ、働きがいがある・成長できる企業であると考えるので、チャレンジしがいがあると感じた。このインターンに参加した後も、マスコミ就活を継続して行った。

続きを読む
21卒 / 立命館大学 /
夏 / 1日 / アナウンサー
参加前
インターン参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい。

もともと、テレビやラジオに関わりたいと考えていました。アナウンサーが募集も一番早いので、絞っていました。総合職なども受けようと考えていました。また、テレビ...

参加後
インターンへの参加がその後の就職活動へどう影響しましたか?

やはり、テレビ業界は楽しそう!と思いました。アナウンサーのみのコースで、もちろんアナウンサーという職業への憧れは増しましたが、スタジオのセットやカメラマン...

21卒 / 東京理科大学 /
冬 / 2日 / 技術コース
参加前
インターン参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい。

インターンシップ参加前は、テレビ業界やIT業界、自動車メーカーを志望していました。具体的には、日本テレビ、日本放送協会、フジテレビです。IT業界や電通国際...

参加後
インターンへの参加がその後の就職活動へどう影響しましたか?

フジテレビのインターンシップに参加したことによって、よりテレビ業界、そしてフジテレビへの志望度が上がりました。そして、ほかのキー局との差別化が難しいという...

閉じる もっと見る

インターン当日の感想

参加して学んだこと

17卒 / 早稲田大学 / 女性
冬 / 5日 / ドラマ

自分の好きなドラマに携わった方のお話を聞けるのは純粋に嬉しいことであった。内容も興味深く、しかし専門的過ぎない内容だったため、ついていけないこともなく楽しんで聞くことができた。

続きを読む
19卒 / 東京大学 /
冬 / 5日 / クリエイターズスクールバラエティ部門

現役ディレクター・プロデューサーたちは仕事内容や信念についてはもちろん、立ちはだかる壁やその乗り越え方、残課題について忌憚なく語ってくださった。収録の準備段階・本番・撤収など本来携わることができない現場のプロセスを見学することは、「テレビマンとして働く」とはどういうことかを再考する材料になった。

続きを読む
21卒 / 立命館大学 /
夏 / 1日 / アナウンサー

テレビでしか見たことのない世界を、実際に見ることができるのは、とても貴重な機会だと思います。高い倍率であるからこそ、自信がなくなってしまうこともありますが...

21卒 / 東京理科大学 /
冬 / 2日 / 技術コース

フジテレビのインターンシップに参加したことによって、インターネットでは知ることのできない社員の雰囲気を知ることができました。また、実際に社員の方と話をする...

閉じる もっと見る

参加して大変だったこと

17卒 / 早稲田大学 / 女性
冬 / 5日 / ドラマ

映像制作経験者を対象とした内容ではないため、講義に関しては特にわからなくて困るなどということはなかった。しかし、ドラマ企画プレゼンについては、エントリーシート提出時よりも制約がついたことと、1日で考え直さなくてはならなかったため大変だった。

続きを読む
19卒 / 東京大学 /
冬 / 5日 / クリエイターズスクールバラエティ部門

インターン本番ももちろん緊張感があり大変であったが、最も苦労したのはグループディスカッションだった。周囲の学生たちは驚くほど、アイデア豊富で個性的かつユニークであった。そうした中で頭1つ飛び出た意見をひねり出すのは骨が折れた。また、「参加学生と仲良くできるか」はかなり重要な評価基準であると告知されたため、アイデア合戦しつつも穏やかな雰囲気を壊さぬよう自己主張することは大変であった。

続きを読む
21卒 / 立命館大学 /
夏 / 1日 / アナウンサー

アナウンス経験者がほとんどだったので、私は経験が少ない方だったためとても緊張しました。周りには、自分よりすごい学生が沢山いるなと感じてしまい、委縮してしま...

21卒 / 東京理科大学 /
冬 / 2日 / 技術コース

音楽番組の制作体験が一番苦労しました。数時間という短い時間で、それぞれの個性をうまく出しながら、協力するのが難しかったです。また、カメラでの映像の取り方や...

閉じる もっと見る

印象的なフィードバック

17卒 / 早稲田大学 / 女性
冬 / 5日 / ドラマ

ドラマの企画について「なぜいまやる必要があるのか」という点を強調する方が非常に多かったと思う。例えば弁護士モノひとつとっても過去に山ほど作品はあるわけだが、その中で時代に即して新しい作品を生み出していかねばならないのだと感じた。

続きを読む
19卒 / 東京大学 /
冬 / 5日 / クリエイターズスクールバラエティ部門

ビジネス同様、0から1を作り出すスキル(コンテンツを生み出すオリジナリティー)と、1を100に広げる(先人の業績を拡大普及させる力)スキルの両方が求められ、どちらも欠けてはならない。

続きを読む
21卒 / 立命館大学 /
夏 / 1日 / アナウンサー

エントリーシートの写真のポイントや、自己PRについても、アナウンサーからアドバイスを頂けて、とてもためになりました。表情の作り方や自己PRでどう工夫すすれ...

21卒 / 東京理科大学 /
冬 / 2日 / 技術コース

インターンシップの初日に、人事の方に「インターンを通してフジテレビらしさを感じてください」と言われました。非常に抽象的で、曖昧な言葉だったので印象に残って...

閉じる もっと見る

選考対策

直近のインターン選考フロー

インターンES

21卒 インターンES

総合職
21卒 | 同志社大学 | 男性
Q. あなたが一番熱中してきたことを中心に、自己紹介を書いてください
A. A. 私は周囲を常に把握し即座に対応できる人間です。サークルの幹部として他の役職のミスや不手際に気が付けばすぐに連絡し、それを補うように務めました。また、積極的にコミュニケーションを取り、不安を取り除くようにしました。その結果、年間十数件寄せられていた運営方針への指摘や...

20卒 インターンES

総合職
20卒 | 立命館大学 | 女性
Q. 滑らない話
A. A. わたしは小学生の頃マレーシアに住んでいました。マレーシアでは1年中プールに入ってガングロになったり、サルにDSを盗まれたりとファンキーな生活を送っていました。 大学2回生の頃、もう一度マレーシアに行きたいと思い、母親と4泊5日の旅行にマレーシアに行ったのです。1...

18卒 インターンES

総合職
18卒 | 慶應義塾大学大学院 | 男性
Q. リオ五輪で最も印象に残ったのはどんな瞬間ですか? 100文字以下
A. A.
同じ地元旭川出身である柔道78kg超級の山部佳苗選手が欧州王者カイラ・サイト選手との3位決定選にて、相手の手が左目に当たり試合を中断するアクシデントにもかかわらず、諦めずに相手をしのぎ、銅メダルを獲得した時 続きを読む

17卒 インターンES

技術職
17卒 | 青山学院大学 | 女性
Q. 自己紹介・自己アピール
A. A.
人と協力しあい目標に向けて最後まで弱音を吐かずに頑張ることが得意である。 続きを読む

インターン面接

21卒 冬インターン 最終面接

2019年12月開催 / 2日 / 技術コース
21卒 | 東京理科大学 | 男性
Q. あなたが大学生活で挑戦して成長したことは何ですか?
A. 私は、映画館のアルバイトスタッフとして、課題解決に挑戦しました。アルバイトを始めた当初は、人手不足によりレジに長蛇の列が出来ていました。そのため普段現場の仕事をしない社員が現場に入り、手伝っているという状態でした。この状態を私は、スタッフの経験不足による繁忙時間帯の人手不足が原因であると考えました。そして、この課題を新人スタッフの能力開発による多役化により解決しました。例えば、誰が新人研修担...

19卒 冬インターン 1次面接

2017年10月開催 / 5日 / クリエイターズスクールバラエティ部門
19卒 | 東京大学 | 女性
Q. フジテレビでも他局でも構いません、子供時代のあなたに最も影響を与えた番組は何ですか?
A. アニメ「鋼の錬金術師」。 まず、これは一人っ子の私が初めて目の当たりにした兄弟愛、それも自己犠牲を伴う究極の兄弟愛の物語であり、当時の私は全く知らない・理解し得ない感情に困惑した。さらに、「努力すれば・信じれば必ず願いは叶う」 物語しか知らなかった私は、望みには対価が必要であること、対価を支払ったとしても望みが叶う訳ではないことに大きな衝撃を受けた。

17卒 冬インターン 最終面接

2016年2月開催 / 5日 / ドラマ
17卒 | 早稲田大学 |
Q. なぜドラマのインターンシップに興味を持ったのか。
A. 流行を作ることが出来る仕事をしたい、その中のひとつにテレビ局でのドラマ制作の仕事を考えているからです。私は中学1年生の時に吹奏楽部に入ったのですが、当時の入部者数が部活史上最高の人数でした。私も見ていたのですが、その前年は「のだめカンタービレ」が放送されていました。多くのひとはそれを見て楽器演奏に興味を持ち吹部に入りました。この経験が、いまのドラマを作りたいという思いに繋がっています。