就活会議では、Internet Explorer11のサポートを終了いたします。今後はGoogle ChromeやMicrosoft Edgeをご利用ください。
株式会社岩田屋三越のロゴ写真

株式会社岩田屋三越

  • 3.1
  • 口コミ投稿数(148件)
  • ES・体験記(3件)

岩田屋三越の本選考TOP

岩田屋三越の本選考

本選考体験記(1件)

20卒 内定入社

総合職
20卒 | 熊本県立大学 | 男性
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. A.
実際に1DAYのインターンシップに出向いて得られる有益な情報がたくさんあったので、まずは説明会に参加すると良いと思う(話を聞くだけでなく、選考とは関係ないグループワークも日程に組み込まれていたので、自分のためになるし、人事の方からも顔を覚えられる可能性あり)。 なぜ、岩田屋三越がいいのか、他の百貨店との違いや強みをきちんと把握した上で、選考に臨むと良い。また、入社してからどのようなキャリアを描いているかを聞かれる。 OB訪問は自分自身していないので、必須ではないと思う。何度も繰り返すが、1番最初の単独企業説明会は絶対に行って、有益な情報を得ることで入社後のビジョンをもっと深掘りできると思うので、頑張ってください! 続きを読む

直近の本選考の選考フロー

志望動機

20卒 志望動機

職種: 総合職
20卒 | 熊本県立大学 | 男性
Q. 岩田屋三越を志望する理由を教えてください。
A. A.
私が岩田屋三越を志望する理由として、私はファッションに興味があり、就活の軸として「ファッションに関わること」を挙げています。私が福岡に出向く際、1番に向かう場所が岩田屋本店であり、ラグジュアリーブランドのフロアに行き、刺激をもらっていました。九州で1番の売り上げを誇る舞台で自分自身のキャリアを築きたいと思い、志望しました。世界中から選りすぐられた商品を仕入れ、社員自らの手で空間を作り、販売することにとても魅力を感じ、また、常に変化することを企業理念に掲げ、好奇心を持つという風土にもとてもやりがいを感じました。 そのために、ご縁があり、入社しましたら、お客様視点で考えて行動することを怠らず、さらに愛される百貨店に貢献できるよう取り組みたいです。 続きを読む

グループディスカッション

卒業年度
人数
時間
テーマ
 
2020卒
4人
30分
新規開拓を行うために4つのプランが提示されており、その中から1番有効なプランをチームで決める。
詳細

面接

  • 1次面接
  • 最終面接

20卒 1次面接

総合職
20卒 | 熊本県立大学 | 男性
Q. 就活の軸として「上品」を掲げているのですが、「上品」とは何だと考えていますか?(逆質問)
A. A.
「上品」は結論から言うとそれぞれ人によって考え方は違うと思っています。何を上品と捉えるのか、自分が思う上品を見つけることができれば、それは上品だと思います。他人に上品な人だと思われたいのか、また、自分自身が上品と思いたいのか、ここから根本的に違うと思います。自分が上品だと思いたいのなら、まず上品のイメージを持つこと、あなたが考える理想像を意識して生活してみるところから始めるといいと思います。「高い服を着ていたら上品なのか」「言葉遣いや礼儀があれば上品なのか」など外側から見せる上品もいいと思いますし、中身から見せる上品ももちろんあるので、一概にこれが上品だ、という答えはないと考えています。自分の中で少しずつでいいので、探してみてください。 続きを読む

内定者のアドバイス

20卒 / 熊本県立大学 / 男性
職種: 総合職
1
内定をもらうために大事なことを教えて下さい。

実際に百貨店を見に行けるなら、各地の百貨店の空間を感じた方が後に臨みやすいし、自分の意見をしっかり言える。百貨店が持つそれぞれの特徴を把握する場は企業説明会だと思うので、積極的に参加してほしい。説明会に参加すると、必ずと言っていいほど若手社員の登壇等もあるので、そこでOB訪問も可能だと思う。あとは、自分のしたいことをよく考えて、この企業とマッチしているのかを検討する、その上で、しっかり意見を伝えることができれば、結果も伴うと思います。

続きを読む
2
内定が出る人と出ない人の違いを教えてください。

自分の考えがあるかどうか、入社後のキャリアビジョンはある程度考えているかは重要だと感じた。今後のキャリアも聞かれるので、理想像を持っていた方が良い。あとは、GDなどは明るく笑顔でハキハキと意見を言うことでプラスの評価がもらえると思う。

続きを読む
3
内定したからこそわかる選考の注意点を教えてください。

選考を通して、特に注意することはないと感じた。素の自分を見せて、思いを伝えることができれば、自然と結果に繋がると思う。説明会等は必須ではないので、自分で理解を深めることも可能。(私は説明会参加を推奨する)

続きを読む