アーサー・ディ・リトル・ジャパン株式会社のロゴ写真

アーサー・ディ・リトル・ジャパン株式会社

  • 3.2
  • 口コミ投稿数(12件)
  • ES・体験記(25件)

アーサー・ディ・リトル・ジャパンのインターンTOP

アーサー・ディ・リトル・ジャパンのインターン

インターンの評価

評点をもっと見る
総合評価
5.0
選考難易度
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
業界理解
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
会社理解
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
メンターのコミット
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
自己成長
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
内定直結度
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
学生のレベル
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
テーマの面白さ
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
総合評価
5.0
選考難易度
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
業界理解
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
会社理解
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
メンターのコミット
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
自己成長
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
内定直結度
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
学生のレベル
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
テーマの面白さ
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0

インターンの内容(3件)

20卒 冬インターン

2019年1月開催 / 4日 / コンサルタント
20卒 | 東京大学 | 女性
ある企業の新規事業戦略立案

朝に課題の説明があった後、すぐにワーク開始。ランチのときに会社説明があった。資料等は特になく、パソコンが支給された。基本はほとんどワークの時間に当てられた。各チームにメンターが2、3人つき、それ以外にも不定期に社員の方々が部屋に来てFBをくださった。 基本的にワークの時間にあてられた。発表が中間、最終の二回あり、それぞれに向けて準備を進めた。各チームにメンターが2、3人つき、それ以外にも不定期に社員の方々が部屋に来てFBをくださった。

19卒 夏インターン

2017年9月開催 / 4日 / 経営戦略コンサルタント
19卒 | 京都大学大学院 | 男性
国内企業のシニア向け成長戦略の提案

前半は課題分析、イシューの設定、ターゲット層の詳細なセグメンテーションである。特にシニアがターゲット層として指定されていたものの、シニア層をどうセグメンテーションし、どこの層にアプローチすべきであるのかを特定するのにかなり時間がかかった。ターゲットセグメントのニーズ特定、施策内容決定、インパクト予測、パワーポイント作成を行った。最終日には発表があったため、そこで予想される質問への対策や発表練習なども行った。

17卒 夏インターン

2015年9月開催 / 4日 / 戦略コンサルタント
17卒 | 東北大学 |
某日本企業のゲーム事業の成長戦略を策定せよ

午前中は顔合わせとチームの振り分け、課題の設定を行った。パソコンと部屋が割り当てられ、ワークに関する説明はほとんどなかった。ひたすら情報収集とパワーポイント作りを行った。途中社長との会食が行われざっくばらんに話すことができた。最後に社員の前で発表を行ったのち、メンターと面接をした。インターン終了後、懇親会が開かれ夜遅くまで楽しんだ。

インターンに参加してみて

この企業に対する志望度は上がりましたか?

  • はい
  • いいえ
はい
20卒 / 東京大学 /
冬 / 4日 / コンサルタント

インターンを経て、志望度は多少上がった。志望度が上がった理由としては、人間的に魅力のある社員さんが多かったことが挙げられる。理系のファームということで堅い...

いいえ
19卒 / 京都大学大学院 /
夏 / 4日 / 経営戦略コンサルタント

先述の通り、ADLのカルチャーとの乖離を感じたためである。ただし、社員の方々はかなり落ち着いた面倒見のよい方ばかりであり、人柄は非常によかった。また他のフ...

はい
17卒 / 東北大学 / 男性
夏 / 4日 / 戦略コンサルタント

非常に優秀な社員と責任感と価値が大きい仕事にひかれた。会社の雰囲気は理系の研究室と似ており、それぞれが自分のスタイルでバリューを出しているように感じた。自...

閉じる もっと見る

インターンへの参加が本選考に有利になると思いましたか?

  • はい
  • いいえ
はい
20卒 / 東京大学 /
冬 / 4日 / コンサルタント

インターンシップが本選考の一環となっており、インターンを通過できないとその後の面接に進むことができないため。インターン後も面接が複数回あり、通過した人が内...

はい
19卒 / 京都大学大学院 /
夏 / 4日 / 経営戦略コンサルタント

インターン選考が本選考に直結するからである。実際にジョブ参加した学生の半数近くがその後の選考フローに呼ばれていた。特に最近は採用数を拡大しているようであり...

はい
17卒 / 東北大学 / 男性
夏 / 4日 / 戦略コンサルタント

インターンが終了した後に、何名かの学生が本選考に呼ばれ面接をしていた。その中からのみ内定を出していたと思われる。

閉じる もっと見る

参加後の就職にどう影響したか

20卒 / 東京大学 /
冬 / 4日 / コンサルタント
参加前
インターン参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい。

コンサルティング・シンクタンク業界を中心に見ていた。若手のうちから裁量権があり、成長できる年収が高い会社に行きたかったのでこの業界を選んだ。その中でも、企...

参加後
インターンへの参加がその後の就職活動へどう影響しましたか?

このインターンシップを受けて、戦略コンサルタントの仕事により興味を持った。理由としては、熱意を持って仕事に取り組んでいる社員の方が多く刺激を受けたことがあ...

19卒 / 京都大学大学院 /
夏 / 4日 / 経営戦略コンサルタント
参加前
インターン参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい。

コンサルティングファームを志望していた。特にヘルスケアや自動車産業など、製造業の戦略支援を行いたいと考えている。自身が優秀な社員と働ける職場で働きたいと考...

参加後
インターンへの参加がその後の就職活動へどう影響しましたか?

戦略コンサルティングファーム自体に対する志望度は変化していない。ただ、ADLが実際にどういった社風・風土で、どのような社員の方々が働いているかを理解できた...

17卒 / 東北大学 / 男性
夏 / 4日 / 戦略コンサルタント
参加前
インターン参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい。

コンサルティング業界を目指していた。自身の専門が技術経営であるため、製造業を経営の観点から支援し、日本企業の発展に寄与できる仕事がしたいと思っていた。コン...

参加後
インターンへの参加がその後の就職活動へどう影響しましたか?

志望業界に行きたいという気持ちが強まった。もともと志望していた業界であり、そのリアルをしることで自分の知識と現実のギャップが埋まり、より将来の姿を想像しや...

閉じる もっと見る

インターン当日の感想

参加して学んだこと

20卒 / 東京大学 /
冬 / 4日 / コンサルタント

インターンを通して、かなり多くの社員の方々と関わることができ会社に対するイメージが掴めたので非常に有意義であった。属性としてはもともとのイメージ通り、理系...

19卒 / 京都大学大学院 /
夏 / 4日 / 経営戦略コンサルタント

やはりなんといってもジョブ後の選考ルートに進めたことである。また、社風を知ることができたこともよかった。戦略コンサルティングファームは案件内容にそれほど差...

17卒 / 東北大学 / 男性
夏 / 4日 / 戦略コンサルタント

本当の意味での理論武装を学んだ。社員及び学生は頭の切れる人しかいなく、その方々と議論するには生半可な情報量と論理構成では太刀打ちできないため、ハイレベルな...

閉じる もっと見る

参加して大変だったこと

20卒 / 東京大学 /
冬 / 4日 / コンサルタント

テーマが難しかったので、案を決めるのにかなり時間がかかった。社員の方々がそれぞれ多くのフィードバックをくださるが、言っていることが人によって違うのでどこま...

19卒 / 京都大学大学院 /
夏 / 4日 / 経営戦略コンサルタント

ワーク中は基本的に放置されていたので、毎日あるメンターとの経過報告の時間、最終日の発表が選考の主なポイントであることは意識していた。その時間をどう使うかは...

17卒 / 東北大学 / 男性
夏 / 4日 / 戦略コンサルタント

学んだことは徹底的に詰めることが大変であった。仮想のクライアント(社員)を納得させるのに非常に苦労し、物事を多面的にとらえてもれなくダブりなく論理を詰めな...

閉じる もっと見る

印象的なフィードバック

20卒 / 東京大学 /
冬 / 4日 / コンサルタント

「どうしてこの企業がその新規事業をやる必要があるのか」というところをかなり深掘りされて驚いた。ロジカルに綺麗な案を出すだけでなく、クライアントにどれだけ寄...

19卒 / 京都大学大学院 /
夏 / 4日 / 経営戦略コンサルタント

ADLはかなり面倒見がよい社員さんが多く、インターンシップ参加後にメールでフィードバックシートが送られてくる。そこでは自身のよかったところや課題などが書い...

17卒 / 東北大学 / 男性
夏 / 4日 / 戦略コンサルタント

調和を重視して遠慮してはいけないと言われた。パートナーとのやり取りを大切にしていたため自分の意見を飲み込むときがあったが、メンターの方にそれが気づかれてお...

閉じる もっと見る

選考対策

直近のインターン選考フロー

インターンES

20卒 インターンES

ビジネスアナリスト
20卒 | 東京大学 | 男性
Q. 学生時代に一番力を入れて取り組んだこととそこから学んだことは何かを記述ください。
A. 部活動において、日本一という目標に向け尽力した。その過程では、多角的な視点をもち俯瞰し続けることを意識した。私は、4年になって初めてスターターになれたが、その矢先に残りの選手生命を絶つ大怪我をした。最初は、プレーでは二度とチームに貢献できない自分を受け入れることができなかったが、考え方を変え、引退までプレーできない4年生という唯一の立場を利用してできることを模索した。選手、スタッフ両方の視点...

20卒 インターンES

コンサルタント
20卒 | 慶應義塾大学大学院 | 男性
Q. 学生時代に一番力を入れて取り組んだことと、そこから学んだことは何かを記述ください。(300文字)
A. 中高時代のハンドボール部での活動である。中学では試合に出られなかったが、高校ではレギュラーを勝ち取り主将にまでなった経験だ。入部して、中学三年間で公式試合の出場は叶わなかった。この理由は、運動神経が優れている人が多い中で、部員と同じ練習量で甘んじていたためだ。そこで、週6日ある練習内でどの部員よりも多く練習すること、および練習前後に自主練を取り入れることを決めた。その結果、高校2年生の時に初...

20卒 インターンES

コンサルタント
20卒 | 東京大学大学院 | 男性
Q. ・学生時代に一番力を入れて取り組んだこととそこから学んだことは何かを記述ください。(300文字)
A.  私は学部の卒業研究において挑戦的な課題を選び、最終的に学会での発表を実現した。  卒業研究では、私が’修める’と決めた学問である物理と全力で向き合おうと考え、複数ある研究課題の内、前例がなくその実験手法の開拓から手探りで始める必要のある最も挑戦的な課題を選んだ。その際、年度末の学会までに発表できる成果を出すことを目標にし、段階的に研究を行った。未知の手法開拓ではネックであると考えられる部...