就活会議では、Internet Explorer11のサポートを終了いたします。今後はGoogle ChromeやMicrosoft Edgeをご利用ください。
株式会社天理時報社のロゴ写真

株式会社天理時報社

  • 3.2
  • 口コミ投稿数(29件)
  • ES・体験記(1件)

2017年卒 株式会社天理時報社の本選考体験記 <No.2444>

2017卒株式会社天理時報社のレポート

公開日:2021年5月20日

年度
  • 2017年度
結果
  • 内定入社
内定先
  • IDOM
  • UTエイム
大学
  • 天理大学
職種
  • 不明

選考フロー

説明会+1次面接(4月) → 最終面接(5月)

企業研究

私は印刷業界志望で他の奈良県内の企業や他府県の企業との違いが判らなかったので、3月に主催された合同説明会にいって実際に話を聞きにいきました。また、印刷業界についての今後や天理時報社の強みをOGOBの方に聞くなどしました。面接でも、「他の企業ではなく、なぜうちをうけたのですか。また、なぜ斜陽である印刷をうけたのですか」と、聞かれました。他の企業との違いや天理時報社の強みなどはパンフレットなどにはのっていないので、OBOGの方に話を聞いたり、説明会に足を運んで実際に話を聞くことが大切だと思います。

志望動機

私が貴社を志望する理由は、地元の企業であるという事と私が志望している印刷業界であるからです。子供の頃から奈良県で育ち、大学卒業後も私が育った地元で働き貢献したいという思いで企業選びをしていた所、貴社のHPを拝見しここで働かせていただきたいと説明会に行かせていただきました。そこで、貴社の理念の理念や小人数制で若いうちから活躍できる環境であり、なおかつ私が大学時代の部活動などで培ったコミュニケーションの経験を活かしやすいという事で志望いたしました。

最終面接 通過

実施時期
不明
形式
学生1 面接官1
面接時間
20分
面接官の肩書
不明
通知方法
1週間以上
通知期間
1週間以上

評価されたと感じたポイントや、注意したことを教えてください。

自分自身最初の面接で緊張しており、最初はあまり話せなかったが事前に練習した事を発揮できるように心がけた。面接官から特に聞かれたことは、「なぜうちをうけたか」という事です。しっかりと自分の考えをもって事前に答えを用意し答えられるようにすることが大事だと思いました。突っ込まれたことは、「営業職は残業があるけど本当に大丈夫か」という事でした。全体的に、しっかり吟味して人を選んでいるなという印象でした。

面接の雰囲気

1対1という話やすい環境で面接を進めてくださり、大学時代の部活動は何をしていたのか、学科は何学科か、またどのような事を勉強したのかなど話やすい質問でした

最終面接で聞かれた質問と回答

大学時代にしていた部活動は何か。

私は大学時代に社交ダンス部に所属しており、3回生では部長、4回生では主将と務めさせていただきました。当部は当初15人ほどの部員が所属していましたが、年々人数が減り、部活の運営が大変厳しい状態にまで陥りました。その中で、部員獲得に重点をおき、OBの方々特にOB会長のお力添えをお借りして運営をつづけました。新入生歓迎会に向けて、部室の改造・ポスター看板の作成・TV出演・学長先生への相談・他大学の方々の応援願いなどをしてまいりました。結果としては、部員の回復はなりませんでしたが、OBOGの方々からは「これだけやったのならしかたない」と言っていただけるほど、全力を尽くせたと自負しております。この質問の答えで気をつけた事は、大学時代でどういう事を学んだかという事をしっかりアピールできるようにしました。

あなたの自己PRを教えてください。

私を一言でいうと、素直な人間です。大学時代は社交ダンス部に所属し部活動に力を入れてきました。私は2回生秋から3回生の秋まで部長をつとめさせていただいていました。部長の仕事は1部員とは違って部の全体の事や部の将来について考えたりなど多岐にわたりました。その中で、運営について・人間関係などのことで悩み自分ではどうしようもできない状態にまで陥りました。その時に、顧問の先生やOBOGの方々からご指導をいただいてのりこれることができました。その後も様々な方の意見をいただき吟味して運営にとりいれるという事をして参りました。この経験から、自分の意見だけではなく様々な人の意見を素直に聞き、熟慮することが大切であるという事を学びました。この質問の答えで気をつけた事は、嘘をつかず自分の本音を言うようにしました。

内定者のアドバイス

内定に必要なことは何だと思いますか?

この会社をうけるのであれば、しっかり事前にOBOG訪問をして生の声を聞く事が大切だと思いました。この会社は、説明会も1・2度くらいしかなく、事業内容や雰囲気を知る機会が少ないので、話を聞くときも事前に質問を用意して一回の説明でいかにどれだけの情報を引き出せるかという事も大切だと感じました。また、なぜこの会社をうけたかという志望理由もしっかりとしていた方がよいです。

内定が出る人と出ない人の違いは何だと思いますか?

自分の志望動機がしっかりしており、なおかつ大学時代などに何か打ち込め事をしていた人がおおかったように思います。また、企業にたいしての情報をしっかりと把握している人と企業の事業内容などをきちんと把握できていないひとではやはり、質問の返しなどに差があったと思われる。質問には、ゆっくりでもよいのできちんと答えた者が受かった

内定したからこそ分かる選考の注意点はなんですか?

きちんと企業の事業内容や職種などの入社後何をするのか、本当にその職種は自分にあっているのかなど事前に情報を仕入れておかなければならない。また、SPIなどの試験もあるので事前にしっかりと勉強しておかなければならない。それほど難しいものではないので、1~3日勉強すれば解ける問題だと思う。後は、面接の練習をしっかりとしておく

入社を決めたポイント

入社を決めたポイントを教えてください。

  • 20代の成長環境
  • 社員の魅力・実力

入社を迷った企業

株式会社IDOM

迷った会社と比較して株式会社天理時報社に入社を決めた理由

私がガリバーインターナショナルやUTよりも天理時報社を選んだ理由としては、仕事をすることによって私の地元に貢献できるし、これからもっと地元を盛り上げていきたいと思ったから。ガリバーやUTだと全国転勤もあるので、地元に貢献できないと感じた。