Img company noimage

バークレイズ証券株式会社

  • 3.5
  • 口コミ投稿数(69件)
  • ES・体験記(11件)

バークレイズ証券のインターンTOP

バークレイズ証券のインターン

インターンの内容(4件)

Img square intern

19卒 冬インターン

2017年12月開催 / 2日 / 投資銀行部門
Img human 19卒 | 慶應義塾大学 | 男性
ある日系企業のM&A戦略を提案せよ

会社説明、M&Aとはなど、基礎的なことから。その後、ワークのお題が発表され、どのようなかたちで進められるかを解説。あとはひたすらグループワークをするだけだった。ひたすらワークに取り組み、午後からは発表。全員のプレゼンが終わると講評があり、そのあとに打ち上げ的なものを行った。人によって違うが、一日目と二日目のどちらかに、それぞれ1人ずつ面接が入る。

Img square intern

19卒 夏インターン

2017年8月開催 / 2日 / 投資銀行部門
Img human 19卒 | 東京大学 | 男性
富士フイルムにM&Aの提案を行うとすればどのような企業を買収することを勧めるか。

1日目の午前中は、基本的にはバリュエーションの講義を中心に行い、その後社員の方とランチだった。昼からは2日目のプレゼンの課題発表があり、その後は各チームでグループワークを行った。グループワークの最中には各チームごとに異なる2人のメンターが回ってきてくださり、質問はできるような状態であった。朝から、前日のグループワークの発表内容をパワーポイントにまとめ発表できるような内容に仕上げ、昼からはチームごとの発表であった。発表の後は主に学生側から質問があり、それに対して答えるというような流れだった。

Img square intern

17卒 冬インターン

2015年12月開催 / 3日 / 投資銀行部門
Img human 17卒 | 一橋大学 |
ある飲食産業の企業に買収提案せよ

午前中はバークレイズの説明をした。午後はチームメンバーとメンターとランチをした。午後はまずM&A業務と資金調達業務の説明を受けた。その後お題を与えられてグループワークを始めた。だいたいの成長戦略を練り上げて買収する業界の候補をあげ、各自家に帰ってその業界でよさそうな企業を探した。午前は各自が調べてきた買収すべき企業を発表し、その中からベストな一社を選定した。その後はロジックを固める人とバリュエーションを担当する人に分かれ、作業をした。途中15分×2の個人面接があり、アソシエイトやVPクラスの方と面接をした。午前はプレゼンテーション用資料の作成をした。午後は社員の前でプレゼンをし、その後は...

インターンに参加してみて

この企業に対する志望度は上がりましたか?

  • はい
  • いいえ
はい
17卒 / 早稲田大学 / 女性
冬 / 1日 / 投資銀行部門

初めて触れた、投資銀行という世界に対する好奇心がふくらんだ。金融は数字ばかりをいじる無味乾燥な世界だと勝手に思い込んでいたが、多くの業界や組織に関わること...

いいえ
19卒 / 慶應義塾大学 /
冬 / 2日 / 投資銀行部門

周りの優秀度合いを見て、外資系投資銀行は難しいと思った。特に東大以外の学歴を持つものにとっては狭き門だと思う。また、M&A自体にインターンを通してそれほど...

もっと見る

インターンへの参加が本選考に有利になると思いましたか?

  • はい
  • いいえ
はい
19卒 / 慶應義塾大学 /
冬 / 2日 / 投資銀行部門

夏のインターンに参加した人に関しては全くわからないが、基本的にはこのジョブを通してのみ、内定がでる。ただし、海外大生はボストンキャリアフォーラム経由で内定...

いいえ
17卒 / 早稲田大学 / 女性
冬 / 1日 / 投資銀行部門

本選考1年前のインターンシップであるため、夏のインターンシップほど本選考との関連性は低そうだと感じた。特に記録されている印象もそれほど受けなかった。

もっと見る

参加後の就職にどう影響したか

19卒 / 慶應義塾大学 /
冬 / 2日 / 投資銀行部門
参加前
インターン参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい。

海外に行きたい、経営者になりたいという軸で、総合商社、特に三井物産を志望していた。総合商社も含めた日系企業全般に言えることだが、外資系投資銀行のジョブや外...

参加後
インターンへの参加がその後の就職活動へどう影響しましたか?

総合商社などを最初から志望しており、そのために受けたインターンだったため、インターンに参加したところで志望企業や志望業界は一切変わらなかった。しかし、いざ...

もっと見る

インターン当日の感想

参加して学んだこと

19卒 / 慶應義塾大学 /
冬 / 2日 / 投資銀行部門

本当に頭の回転が速い人が多く、上には上がいるものだと知った。また、投資銀行のバンカーは良い意味で想像通りで、華やかな体育会系タイプが多かった。M&Aに興味...

もっと見る

参加して大変だったこと

19卒 / 慶應義塾大学 /
冬 / 2日 / 投資銀行部門

チームのメンバーの頭が良すぎて、なかなかついていけなかった。また、二日間にしては資料も出さなければならないアウトプット量も多いので、ほぼ徹夜状態になった。...

もっと見る

印象的なフィードバック

19卒 / 慶應義塾大学 /
冬 / 2日 / 投資銀行部門

特にワークの進め方や、個人の行動・発言に対するフィードバックはなかった。それぞれのチームのプレゼンに対しては軽いコメントがあったが、「~に目に着けたのは面...

もっと見る

選考対策

直近のインターン選考フロー

インターンES

Img square es

19卒 インターンES

投資銀行部門
Img human 19卒 | 東京大学大学院 | 男性
Q. 投資銀行部門志望動機(300字以内)
A. 応募理由は投資銀行部門の仕事についての理解を深めたいからだ。生物実験で培った「多角的な思考法」と、7歳の頃家族と共に来日した時に直面した言語面や文化面での困難を乗り越えた経験に基づく「環境適応力」が私の長所である。時々刻々と変化する市場に対応し、企業の重要な意思決定に多角的な視点からの助言が必要とされる投資銀行部門業務で私の長所を活かすことができるだろうと考えている。現在、本やインターネット...
Img square es

18卒 インターンES

グローバルマーケット
Img human 18卒 | 東京大学大学院 | 男性
Q. 投資銀行への志望理由を教えてください。
A. 顧客一人一人に対して明確な責務を持ちながら働くので成果を実感しやすいのと、その成果が分かりやすく報酬に反映される点に魅力を感じているからです。友達とクラブに遊びに行ったときに、自分たちは男臭いフロアを彷徨う反面、VIP席で悠々自適に座りながら女性とシャンパンを空けている社会人に関して苦渋と憧れを感じました。成果主義のこの業界ならこのような願望を果たせるのではないかと考えました。また、数理手法...
Img square es

19卒 インターンES

営業
Img human 19卒 | 早稲田大学 | 男性
Q. 「投資銀行部門サマーインサイトプログラムへの応募理由を教えてください。」 300文字以下
A. 応募理由は2点ある。1点目は、業務への理解を深めることができる点だ。将来金融に関わる仕事に就くことに興味がある中で、貴部門のインターンシップは、あまり馴染みのないプロダクトやM&Aの業務について、実際のケースを題材に基礎を学び、そのあとすぐに体験する機会が設けられており、市場や業務に対し理解を深めることができると考えた。2点目は貴部門の社員の方と交流できる点だ。グローバル総合金融サービス業界...

インターン面接

Img square intern

19卒 夏インターン 最終面接

2017年8月開催 / 2日 / 投資銀行部門
Img human 19卒 | 東京大学 | 男性
Q. 外資系企業の特徴とは何か。また、あなたはそこに何を求めるか。
A. 特筆すべき外資系企業の特徴の一つは、「働きたい人が遅くまで働ける環境があること」だと考える。日系企業は最近、電通問題もあってか遅くまで働くこと自体が多くの場合禁止されてしまっている。本当に禁止すべきは無理やり働かされることを防ぐことなのに、本当に働きたい人が働けない状態になってしまっている。対して外資系企業はこの点は、個人の裁量に委ねられていて、働きたい人は遅くまで頑張れる環境が整っていると...
Img square intern

19卒 冬インターン 最終面接

2017年12月開催 / 2日 / 投資銀行部門
Img human 19卒 | 慶應義塾大学 | 男性
Q. なぜ投資銀行を志望したか。
A. M&Aの仕事に惹かれているから。なぜならバンカー、コンサル、弁護士、会計士、などなど多くの優秀な人材が集まるフィールドで働きたいから。また、これまでのリーダー経験から、多くの関係者を巻き込んで何かをやり遂げることに惹かれているから。 M&Aアドバイザリーを通して、世界にビジネスを広げようとする日系企業を支援したいから。