MESSAGE
Bringing Value to Life
日本郵船株式会社のロゴ写真

日本郵船株式会社

  • 3.7
  • 口コミ投稿数(146件)
  • ES・体験記(62件)

日本郵船の本選考TOP

日本郵船の本選考

本選考体験記(5件)

18卒 4次選考

海上職
18卒 | 慶應義塾大学 | 男性
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. 商船三井、川崎汽船との違いをはっきりと説明できるようにすることが必須。日本郵船はエントリー後に企業についての冊子を郵送してくれるため、これを熟読しておくと良い。日本郵船の説明会では航海士という職業について大まかにしか知ることができないので、OB訪問や座談会で細かな特色について把握し、仕事内容について明確にイメージできることが重要であると思う。ただ、基本的に海上職の方は勤務...

17卒 2次面接

17卒 | 横浜国立大学 |
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. 私は海運業界の概況や最新の情報にどれだけ敏感にいれるかが通過のカギになると考えました。面接でも最近はこうだからという風に話せると、おっ!てなります。あまり目立たない業界だし、商社と併願されがちなのでそこで海運が第一志望なんだという熱意が伝わればかなり有利になります。そして、この会社は海運業界の中でも古豪でありナンバーワンなので、トップの誇りや女性でもばりばりやるぞという気...

17卒 2次面接

17卒 | 慶應義塾大学 |
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. 海運会社はやっている事業内容にほとんど差がない。いずれも「グローバル」「インフラ」「少数精鋭」であるから、それらが自分にフィットする理由を考える。これで日本郵船以外にも対応ができる。ただし、最も重点を置くべきはその会社自体の志望理由を明確にすること。私はOB訪問と身近な親戚を頼りにした。特に日本郵船は三菱や日本の歴史とともに成長してきた老舗企業であるから、歴史ある企業で働...

直近の本選考の選考フロー

志望動機

18卒 志望動機

職種: 海上職
18卒 | 慶應義塾大学 | 男性
Q. 日本郵船を志望する理由を教えてください。
A. 外航海運企業を志望した理由は、日本の輸送の99.7%を海運が支えているという点に魅力を感じたからです。島国であり、資源の乏しい日本は輸入に頼るしかなく、海運はまさに日本の経済を根幹から支えていると思いました。そして、海上社員を志望する理由は、航海士という職業に小さい頃から憧れを抱いていたからです。私は小学生の時に乗船する機会があり、そこで巨大な船を操る航海士の姿に惹かれま...

17卒 志望動機

企業名: 日本郵船
17卒 | 横浜国立大学 |
Q. 日本郵船を志望する理由を教えてください。
A. 日本と海外をつなぐ仕事に就きたいと思っている私にとって、船という巨大なインフラで経済を支える海運業は私にとって非常に魅力的です。その中で御社を志望する理由は、お会いした社員の方々が皆さん誇りと自信に溢れていたことです。少数精鋭の御社では、私の強みである自主的に学び取る姿勢が生かせると考えています。今までの部活動では明確な指導者がいなかったために自分からビデオを見たり先輩の...

17卒 志望動機

企業名: 日本郵船
17卒 | 慶應義塾大学 |
Q. 日本郵船を志望する理由を教えてください。
A. (面接では一回も志望理由を聞かれなかった)日本郵船を志望する理由は、第1に社会に本当に貢献できる仕事をしたいからだ。これまで20年間何一つ不自由を感じることなく過ごすことが出来、周りの環境にはとても感謝している。社会人になるにあたって、日本の社会自体を豊かにし続ける仕事を考えた際、国のライフラインである海運、そして日本で最も貢献度の高い日本郵船で働こうと思った。第2に、社...

エントリーシート

20卒 本選考ES

海上職
20卒 | 立命館大学 | 男性
Q. 学生時代に最も力を入れたことを教えてください(学業と学業以外)。
A. 【三年間続けてきた居酒屋アルバイト業務】 私は多くの人と関わりたい気持ちから居酒屋アルバイトを始めた。 激務の中でうまく仕事ができず挫折を経験したが、お客様と関わり続けたい思いから続けることに決めた。そこでまず、お客様が少ない時間帯に働くことで、店長や先輩に1対1で仕事を教えてもらう時間を多く作った。また、仕事終わりには必ず一緒に働いた人と食事をする機会を作り、業務のアドバイスを求めた...

19卒 本選考ES

総合職
19卒 | 早稲田大学 | 男性
Q. 大学の専攻を選んだ理由と、専攻の中で特に力を入れたことについて教えてください。
A. 私は世の中の動く仕組みを法律の観点から考えるために法学部を志望しました。その中で国際人道法のゼミを選んだのは、ゼミを選ぶ頃にイスラム国の活動が活発になっており、国際的な問題における法律の機能の仕方に興味を持ったからです。実際には特に海洋法について深く学びました。具体例としては、例えば機関銃を備えたA国の船が猛スピードでB国の領海に侵入してきた場合、この船の行為はB国に対する武力行使に当たるか...

面接

  • 1次面接
  • 2次面接
  • 最終面接

18卒 1次面接

海上職
18卒 | 慶應義塾大学 | 男性
Q. 海上職に対してあなたはどのようなイメージを持っていますか
A. 「日本の経済を根幹から支えている海運業務に携わる誇りを、誰よりも近くで感じることができる職業」であると認識しています。島国であり、資源の乏しい日本は海外からの輸入に頼るしかなく、輸送の99.7%を海運が担っていることからも、日本の大黒柱であるといえます。日本国民全員の生活を支えているといっても過言ではなく、責任が非常に大きく、また船上という閉鎖空間で長期にわたり業務をこな...

17卒 1次面接

17卒 | 横浜国立大学 |
Q. 大学の専攻を選んだ理由と力をいれたことを教えてください。
A. 社会で起こる様々な事柄を自分の目で見て判断できる大人になるために社会学をメインに領域横断的に学べる学部を選びました。実際には国際社会学を専攻に定め、昨年は学部のプログラムでマニラに所在するフィリピン大学ディリマン校に10日間滞在しました。大学では日本学の講義をお借りして日比の女性の労働観についてプレゼンテーションする機会をいただいて一人親世代に対する認識の差を感じたり、ご...

17卒 1次面接

17卒 | 慶應義塾大学 |
Q. 最近涙が出るほど感動した、ということはありますか
A. おそらく、トリッキーな質問をしたときの対応力を見ている。意味がしっかり通じて、ある程度感動しているならそれでいいようだ。私は10秒ほど考えたのち、「少し難しい質問です。私は日常の些細なことでも割と大げさに感動してしまうので、大きい涙を流すほどではないですが、よくやっている料理について1つありました。最近初めてローストビーフが上手く焼けました。レシピはどの本も違うことを書い...