MESSAGE
世界を変え、社員を幸せに
株式会社LITALICOのロゴ写真

株式会社LITALICO

LITALICOのインターンTOP

LITALICOのインターン

インターンの評価

評点をもっと見る
総合評価
4.4
選考難易度
inactive
inactive
active
inactive
inactive
2.8
業界理解
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
会社理解
inactive
inactive
inactive
inactive
active
4.6
メンターのコミット
inactive
inactive
inactive
inactive
active
4.8
自己成長
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
内定直結度
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
学生のレベル
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.8
テーマの面白さ
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.4

インターンの内容(6件)

Img square intern

19卒 夏インターン

2017年9月開催 / 2日 / ビジネスコース
Img human 19卒 | 東北大学 | 男性
リタリコの既存参入領域における新規事業立案

自己紹介の後、すぐワークの立案に入った。課題感は数も多くわかりやすいため、すぐにあたりがついたものの、それをどうやってマネタイズ可能な事業として展開させていくのか、という点が最も難しかった印象。役員やメンターからのフォードバックをもらいつつ、事業プランをブラッシュアップさせていった。午後は、急ピッチでプレゼンテーション資料の作成とプレゼンテーションの練習をするのに追われた。

Img square intern

19卒 夏インターン

2017年9月開催 / 2日 / 総合職
Img human 19卒 | 神戸大学 | 女性
既存事業改革

事業理解、アイスブレイク、社員の方々の紹介、各グループによって進捗は違うが、グループワークにおける課題特定、解決策の方向性まで進めた。そして数回の執行役員によるフィードバックが設けられていた。また、事業部長が1人つきっきりで見てくれている状態。夜は一人ずつに対してフィードバックがもらえる。グループワークにおける解決策の具体化、プレゼンの準備。 午後はプレゼンを行い、グループ内とメンターから個人に対してとチームに対してのフィードバックをもらう。夜は懇親会が行われた。

Img square intern

19卒 夏インターン

2017年9月開催 / 2日 / 事業経営インターンシップ
Img human 19卒 | 神戸大学 | 男性
社会課題をビジネスで解決するテーマをもとに新規事業を立案せよ

チームで与えられたテーマをもとにメンターを交え議論を開始した。具体的には、どういった社会課題を解決しようかという上位概念の部分から、実際に課題が発生している根拠をヒアリングやネットから事実ベースで収集して行った。1日目で定めた課題の根幹は何かといった議論から、具体的に会社の資本を使ってどのように解決するかを議論した。午後は参加学生と執行役員に対してのプレゼンテーションをし、懇親会で締めくくった。

インターンに参加してみて

この企業に対する志望度は上がりましたか?

  • はい
  • いいえ
はい
19卒 / 東北大学 /
夏 / 2日 / ビジネスコース

自分の1番の就活の軸は「人」であり、インターンシップを通じて、リタリコの社員は、「高いスキルや地頭の良さ」と「社会に対して貢献しようとする意欲の高さ」のバ...

いいえ
19卒 / 京都大学 /
夏 / 2日 / 事業経営インターンシップ

企業理念や事業内容に興味はあっても、就職するという気持ちはなかったので志望度自体はゼロの状態であった。インターンの内容はよかったし、社員さんも優秀な方ばか...

はい
19卒 / 神戸大学 /
夏 / 2日 / 総合職

インターンを通して、社員の方々の人柄や事業に対する思いを知ることができ、会社の魅力は増した。事業への共感力が低くても、説明会で何度かお話しすることで、その...

はい
19卒 / 神戸大学 /
夏 / 2日 / 事業経営インターンシップ

事業テーマや掲げるヴィジョンの素晴らしさは事前情報として認識していたが、実際に社員さんと触れ合い、自らが社会課題について向き合う機会を作っていただいたおか...

はい
19卒 / 新潟大学 /
夏 / 2日 / 総合職

インターンシップ参加前よりもこの会社の人を知ることが出来たから、というのが理由としては1番大きい気がしています。それは同期の横のつながりにしても、この会社...

閉じる もっと見る

インターンへの参加が本選考に有利になると思いましたか?

  • はい
  • いいえ
はい
19卒 / 東北大学 /
夏 / 2日 / ビジネスコース

インターンシップの選考時点で、会社の風潮や文化に適する人とそうでない人の分類がなされていると感じたため。インターンシップで一定以上の成果を出せば、ほぼ確実...

いいえ
19卒 / 京都大学 /
夏 / 2日 / 事業経営インターンシップ

インターンに参加して結果を出すことより、企業理念や事業に関しての共感性が高いことの方が重要と捉えていそうだった。また、インターンに参加したから特別選考があ...

はい
19卒 / 神戸大学 /
夏 / 2日 / 総合職

インターンに参加した友達に実際内定が出た人もいるので、インターンに参加して実力を見せると、内定につながると思う。インターンに参加すると、面接だけでなく本人...

はい
19卒 / 神戸大学 /
夏 / 2日 / 事業経営インターンシップ

インターンシップ参加者は後日面談の機会を設置してもらえる様子があったため、インターンシップの振り返りも含めて本選考にそのまま直結するルートを用意していただ...

はい
19卒 / 新潟大学 /
夏 / 2日 / 総合職

次当社とどのように関わっていくのか・また当社が君にどのように関わって欲しいのかについて具体的に考えた上で面談をして、今後を決めようという趣旨の事を仰ってい...

閉じる もっと見る

参加後の就職にどう影響したか

19卒 / 東北大学 /
夏 / 2日 / ビジネスコース
参加前
インターン参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい。

インターンシップ参加前は、いわゆるベンチャー企業とコンサルティング会社を見ていた。しかしながら、ベンチャーに関しては業界や規模など特にこだわっておらず、無...

参加後
インターンへの参加がその後の就職活動へどう影響しましたか?

インターンシップに参加して最も変化した点は、自分にとってモチベーションが高まる事業の方向性が若干ではあるが理解できたことだ。具体的には、ビジネス合理性のみ...

19卒 / 神戸大学 /
夏 / 2日 / 総合職
参加前
インターン参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい。

教育業界。特に幼児教育事業があるところ。塾業界や通信教育を行っている会社、メディア会社なども見ていた。しかし、インターン参加時期は夏だったので、できるだけ...

参加後
インターンへの参加がその後の就職活動へどう影響しましたか?

障害に対してコミットできるか不安だったが、のちにこの会社と説明会などで接する機会も多く、不安も含めて選考に進んでみようと思うようになった。また、本当に困っ...

19卒 / 神戸大学 /
夏 / 2日 / 事業経営インターンシップ
参加前
インターン参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい。

あまり明確に規定はしていなかったが、いわゆるIT業界に関心があった。 将来の社会を描いた時に、テクノロジーが与える影響は大きくどの産業に対しても小さくな...

参加後
インターンへの参加がその後の就職活動へどう影響しましたか?

結論はあまり志望業界の変化などはなかった。 IT業界への関心と社会課題解決への関心度は高かったが、実際に社会課題解決を目指している企業の苦労や困難さを知...

19卒 / 新潟大学 /
夏 / 2日 / 総合職
参加前
インターン参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい。

自分が将来事業を作って回せる人になる、というざっくりした目標から逆算して、そのための「成長」が出来そうな企業を見させていただいていました。具体的には自分の...

参加後
インターンへの参加がその後の就職活動へどう影響しましたか?

特に変化はありませんでした。ただ敢えて挙げるとすると、事業づくりの過程で「これは本当にサービス対象者の為になっているサービスなのか?」という議論が出てきそ...

閉じる もっと見る

インターン当日の感想

参加して学んだこと

19卒 / 東北大学 /
夏 / 2日 / ビジネスコース

「現場を深く知っておく事」と「ユーザーのインサイトを深く知る事」の2点を具体的に学ぶ事ができた。インターンの事前研修として、リタリコが持っている店舗のうち...

19卒 / 神戸大学 /
夏 / 2日 / 総合職

課題特定は本当に困っている人の声を聞くこと。インターン後自身でプロジェクトを行うときも、これを意識するようになった。マクロとミクロ両方大事だとは聞いていた...

19卒 / 神戸大学 /
夏 / 2日 / 事業経営インターンシップ

実際に社員がどのような思いで、社会課題をビジネスで解決しようとしているかを目の当たりにすることができたことと、事業立案に至るまでの過程が非常に複雑であり、...

19卒 / 新潟大学 /
夏 / 2日 / 総合職

自分は少なくとも現状においてはマーケットインの考え方でこれがもしビジネスになったとしたら絶対に人の為になるという前提を確認できてから走る方が想いが乗りやす...

閉じる もっと見る

参加して大変だったこと

19卒 / 東北大学 /
夏 / 2日 / ビジネスコース

最も大変だった事は、「いかに競合との差別化を図るか」と「いかにマネタイズ可能なビジネスモデルを設計するか」の2点だった。領域の特性上、たくさんの課題が存在...

19卒 / 神戸大学 /
夏 / 2日 / 総合職

テーマに知識などがないと、課題特定などに思いがのらなかったり、本当にこのまま進めていいのか不安だが不安要素も明確にできないので、そのまま進んで行くしかなか...

19卒 / 神戸大学 /
夏 / 2日 / 事業経営インターンシップ

参加学生の志向性が何かしらの社会課題解決に向いている人たちが多かったが、ビジネス側で成果を残してきた学生も混じっていた。加えて、初対面の人たちが「どのよう...

19卒 / 新潟大学 /
夏 / 2日 / 総合職

解決したい課題の決定はやはり難しさを感じました。それが本当に課題であるかどうか、という論点はさることながら、そこに想いが乗るのか、という部分まで見てしまう...

閉じる もっと見る

印象的なフィードバック

19卒 / 東北大学 /
夏 / 2日 / ビジネスコース

個人的に最も印象に残ったのは、最後の総評における、「この世の1番の社会課題は、現場を知らないと社会課題を自分事化するのが困難であるという問題だ。」という役...

19卒 / 神戸大学 /
夏 / 2日 / 総合職

課題を見つけるときは、統計的なことだけでなく、本当に困っている人の意見を聞くことが大切。これを聞いてから、いろんな人にヒアリングするようになった。 また...

19卒 / 神戸大学 /
夏 / 2日 / 事業経営インターンシップ

実際に時間や期限が定められている中で、具体的な事業を立案しなければならない状況だった。その時にどうしても個々人が譲れない点や納得仕切らない部分が出てくる中...

19卒 / 新潟大学 /
夏 / 2日 / 総合職

「ええからやると決めてやれ」 このアジェンダは1時間から1時間半ぐらいはかかりそうだな…。と相談していると、30分で終えると決めて走れ、の言葉に続いて言...

閉じる もっと見る

選考対策

直近のインターン選考フロー

インターン面接

Img square intern

19卒 夏インターン 最終面接

2017年9月開催 / 2日 / 総合職
Img human 19卒 | 神戸大学 | 女性
Q. 学生で一番頑張ったことは何か。
A. 海外インターンを運営する団体で、8人のリーダーになった経験。 私がリーダーになった年から運営の方法が変わり、私もメンバーもどう進めていけばいいかわからなかった。しかし、メンバーそれぞれのやりたいことと活動をつなげていくように話し合った。海外の課題を調べて特定し、解決策も考えていった結果、2件のインターンを作成し、3人のインターン生を送り出すことができた。
Img square intern

19卒 夏インターン 最終面接

2017年9月開催 / 2日 / ビジネスコース
Img human 19卒 | 東北大学 | 男性
Q. 大学時代に何を一番力を入れたか?
A. 一番頑張ったことは、以前参画していたドローンのスタートアップにて東北支社を立ち上げたこと。オフィス探しから始まり、人事・総務・経理・営業等の全業務を3名で回すために、2倍の行動効率と2倍の時間投資量による4倍の成果速度を目指し、短期間での吸収と実行を只管繰り返した。また、クロージング力向上と現場感覚醸成のために現場社員にヒアリングを徹底し、結果、支社設立初月での黒字化を達成した。
Img square intern

19卒 夏インターン 最終面接

2017年9月開催 / 2日 / 事業経営インターンシップ
Img human 19卒 | 神戸大学 | 男性
Q. なぜこのインターンに参加しようと思ったのか
A. そもそも社会課題に関心があった。社会課題の解決方法としてNPO的なアプローチは数多く知っており、現実に多く存在しているが、ビジネスのアプローチによって社会課題解決を謳っている組織はあまり多くない。現実的な問題である「利益追及」という株式会社の宿命と「社会課題解決」という一見相反する事象をどのように捉え、どのような仕組みで両方達成しているのかに関心があったため。