MESSAGE
つぎのアタリマエをつくる
株式会社ネットプロテクションズのロゴ写真

株式会社ネットプロテクションズ

ネットプロテクションズのインターンTOP

ネットプロテクションズのインターン

インターンの評価

評点をもっと見る
総合評価
5.0
選考難易度
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.5
業界理解
inactive
active
inactive
inactive
inactive
2.0
会社理解
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.5
メンターのコミット
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
自己成長
inactive
inactive
inactive
inactive
active
4.5
内定直結度
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
学生のレベル
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.5
テーマの面白さ
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.5
総合評価
4.8
選考難易度
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0
業界理解
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0
会社理解
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.8
メンターのコミット
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
自己成長
inactive
inactive
inactive
inactive
active
4.8
内定直結度
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.2
学生のレベル
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.6
テーマの面白さ
inactive
inactive
inactive
inactive
active
4.6

インターンの内容(8件)

20卒 夏インターン

2018年8月開催 / 5日 / 総合職
20卒 | 大阪大学大学院 | 男性
つぎのアタリマエとなる新規事業を立案せよ

2日目の午後に中間プレゼンがあるのでそれに向けて準備を行っていた。お題がかなり抽象的であるため全員の合意をとるのがものすごく難しい。プレゼンのフィードバックでは、その事業は本当に全員が心からやりたいと思っているものなのかを強く問われた。前半のフィードバックを受け、再度メンバーで価値観の共有を繰り返し行った。この想いの部分は一貫して強く見られているため妥協なく、全員の想いが一致するまで話し合った。その後最終日に最終発表があるためそれにむけてひたすらグループワークを行った。

20卒 夏インターン

2018年8月開催 / 5日 / 総合職
20卒 | 関西学院大学 | 女性
次のアタリマエとなる新規事業を立案せよ

実際にワークを進めていくにあたって必要となるフレームや5日間の動きについて等の説明 チームビルディングのためのランチ会。 中間発表が3日目ぐらいにあるのでそれまでに理想設定、課題設定、打ち手考案などをやった中間発表のフィードバックを受けてグループ全員で本当にそれが皆のやりたいことなのか?を突き詰めて考えた その上で再度理想状態を設定し、課題設定、打ち手考案、PPT作成、発表等をやった その後懇親会

19卒 夏インターン

2017年8月開催 / 5日 / 新規事業立案
19卒 | 関西学院大学 | 女性
「次のアタリマエ」となる新規事業立案をせよ」

前半は、新規事業立案へ向け、メンバー全員の価値観(バックグラウンド・実現したい世界)の深堀を行い、全員の想いが乗る新規業立案を目指して議論を重ねた。二日目の中間発表へ向け、事業の大枠は固めた。前半よりもさらに深くメンバー5人の自己分析を一人4時間ほどかけて行った。 互いの長所・短所・バックグラウンドを深く知り合うことで、メンバーの信頼関係構築へとつなげた。

インターンに参加してみて

この企業に対する志望度は上がりましたか?

  • はい
  • いいえ
はい
20卒 / 大阪大学大学院 /
夏 / 5日 / 総合職

会社の雰囲気がとても気に入ったから。ベンチャー企業にありがちなイケイケ感はあまりないものの、誠実な人が多く相手の立場に立って物事を考えることができる人が多...

いいえ
19卒 / 京都大学 /
夏 / 5日 / 総合職

参加理由が自己成長のためであり、特にその会社に対して興味があったわけではなかったため。また、やはり就職先を探すという視点でみたときに、年収や福利厚生などで...

はい
20卒 / 関西学院大学 /
夏 / 5日 / 総合職

オールウィンを目指しながらも最高を目指しているし 社内の人が本当に利他心を持ち、他人の成長を心から応援し喜ぶことのできるような企業なのだろうと感じたから...

はい
19卒 / 関西学院大学 /
夏 / 5日 / 新規事業立案

自分自身が企業の選定軸として社員との価値観の合致・自分の世界観と合う会社か否かをあげている為、5日間を通して会社や社員の雰囲気を良く知ることができ、結果的...

はい
19卒 / 大阪大学 /
夏 / 5日 / 総合職

全く右も左もわからない状況から会社の業務内容や雰囲気についての理解がかなり深まったから。やはり社員の方に良く接してもらうとイメージは上がるし。また会社の雰...

閉じる もっと見る

インターンへの参加が本選考に有利になると思いましたか?

  • はい
  • いいえ
はい
20卒 / 大阪大学大学院 /
夏 / 5日 / 総合職

インターンシップ参加者はGD免除の説明会に招待される。その後希望すれば早期選考に乗ることができる。インターンシップで社員と接点を持つことができるのも大きな...

はい
20卒 / 関西学院大学 /
夏 / 5日 / 総合職

インターン参加者は本選考時にGDが免除になって一次面接から進めるから メンターさんがリクルーターとしてついてくださり面接や就活相談等のサポートを一緒にし...

はい
19卒 / 関西学院大学 /
夏 / 5日 / 新規事業立案

インターン参加者は本選考の一時選考であるグループディスカッションが免除となり、一次面接から選考に進めるため有利に働くと感じた。又、サマーインターンで数名の...

はい
19卒 / 大阪大学 /
夏 / 5日 / 総合職

インターネットだけではわからない情報や会社の雰囲気を理解することができるため。志望動機や面接で話すことの内容の質が高くなると考える。また社長とお話しする機...

閉じる もっと見る

参加後の就職にどう影響したか

20卒 / 大阪大学大学院 /
夏 / 5日 / 総合職
参加前
インターン参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい。

早期に内定を獲得したいと思い、内定に直結するコンサルティングファームやベンチャー企業のインターンシップを中心に受けていた。また、コンサルティングファームや...

参加後
インターンへの参加がその後の就職活動へどう影響しましたか?

インターンシップに参加してみてベンチャー企業の面白さを感じた。社員や参加している学生たちの熱量や志が高く、一緒に働いてみたいと思う人が多かった。また、大手...

20卒 / 関西学院大学 /
夏 / 5日 / 総合職
参加前
インターン参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい。

インターン参加前の志望業界はない 志望企業もあまり絞っておらず、フラットにベンチャー企業を中心に見ていた いわゆる就活の軸とかも決めておらず、なんとな...

参加後
インターンへの参加がその後の就職活動へどう影響しましたか?

自分がやりたいことは何なのか?を再度深く考えるようになった また自分が一緒に働きたいと思う人は具体的にどんな人なのかもさらに考えるようになった 業界は...

19卒 / 関西学院大学 /
夏 / 5日 / 新規事業立案
参加前
インターン参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい。

インターンシップに参加する前の志望業界は物流業界であり、日本郵船や日本通運といった大手日系企業を中心に見ていた。又、当時はベンチャー企業が合説等に積極的に...

参加後
インターンへの参加がその後の就職活動へどう影響しましたか?

インターン参加後は、企業選定軸に「組織の人間の働きやすさを重視している会社」という軸が加わり、このインターンが明らかに自分にとって良い影響を与えていると感...

19卒 / 大阪大学 /
夏 / 5日 / 総合職
参加前
インターン参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい。

就活を始めたばかりの時期であり、特になかったため、ITベンチャー企業や金融業界、コンサルタント、日系メーカー、マスコミなどなどとにかく幅広い業界を見ていた...

参加後
インターンへの参加がその後の就職活動へどう影響しましたか?

全く進路として考えていなかったベンチャー企業という軸が生まれたことは大きかったように思う。20年ほどしか生きてきていない中で企業を選ぼうとするとどうしても...

閉じる もっと見る

インターン当日の感想

参加して学んだこと

20卒 / 大阪大学大学院 /
夏 / 5日 / 総合職

事業を創るうえで、事業を作る人の想いが大切であることを実感できたのはこのインターンシップでの最大の収穫だった。全員の想いを1つに集約するのは本当に難しく、...

20卒 / 関西学院大学 /
夏 / 5日 / 総合職

まずNPのインターンに参加して社員さんや会社の雰囲気について身を持って感じることができたところ。 また、その事業は本当に自分がやりたいことなのかを何度も...

19卒 / 関西学院大学 /
夏 / 5日 / 新規事業立案

恐らく他の新規事業立案と違い、互いの深堀(長所・短所・過去の幸せ・辛かった時の記憶、理想等)を徹底的に行うプログラムの為、かなり自己分析が進む反面、いかに...

19卒 / 大阪大学 /
夏 / 5日 / 総合職

就職活動を共に乗り越える仲間ができた。また、ITベンチャー企業の働き方や雰囲気について詳しく学ぶことができた。若手から裁量を持って働けるというイメージだっ...

閉じる もっと見る

参加して大変だったこと

20卒 / 大阪大学大学院 /
夏 / 5日 / 総合職

役員からのフィードバックで「本当にその事業を全員が心からやりたいと思っているか?」を繰り返し問われる。メンバー全員で価値観を共有し、全員が納得できるような...

20卒 / 関西学院大学 /
夏 / 5日 / 総合職

グループのメンバー間でなかなか思うように認識統一を測れないことに苦戦した 前提の認識が全く異なったり、同じ言葉を使っていたとしてもそれから想起される概念...

19卒 / 関西学院大学 /
夏 / 5日 / 新規事業立案

何よりも班員の信頼関係構築が何より大変だった。それぞれの価値観や考え方が違う中で、いかに擦り合わせて前へと進めていくかが勝負だった。しかし、そこで妥協せず...

19卒 / 大阪大学 /
夏 / 5日 / 総合職

フィードバックや求められる課題のレベルがなかなか高いので苦労した。また成果を出すためには時間は関係ないという感じで、ほぼ毎日終電で変える日が続いた、朝もか...

閉じる もっと見る

印象的なフィードバック

20卒 / 大阪大学大学院 /
夏 / 5日 / 総合職

立案した事業に関して全員が本当に納得しているのかを繰り返し問われる。究極を言えばネットプロテクションズのインターンシップはそれだけを伝えるためにあると言っ...

20卒 / 関西学院大学 /
夏 / 5日 / 総合職

事業を創るときに最も大切なのは理想の設定。これができればほぼ事業は創れたと言っても過言ではないほど、これは大切であるということ。 また、打ち手一つとって...

19卒 / 関西学院大学 /
夏 / 5日 / 新規事業立案

社長から全班共通のフィードバックのうちの一つ、「本当にこの事業に全員の想いが乗ってるのか?本当にやりたいのか?」という言葉が印象的だった。全員で納得のいく...

19卒 / 大阪大学 /
夏 / 5日 / 総合職

その問題は本当に解決すべき問題か、ということや、本当にそのうち手が適切かといったような本質を考えさせられる場面が多かった。脳みそは結構つかれるが、思考力は...

閉じる もっと見る

選考対策

直近のインターン選考フロー

インターンES

20卒 インターンES

総合職
20卒 | 埼玉大学 | 男性
Q. 車両用信号機には黄色信号がありますが、歩行者用信号機にはそれがないのはなぜでしょう?理由を推理してください。(1000文字以内)
A. 歩行者と車両のおおきな違いは移動速度で、その速度の違いは信号を認識・判断する時間の違いをうみます。車に乗っている人は判断時間が短く、歩行者は判断時間が長いです。判断時間の短い車両を運転してる人が信号を認識・判断しやすいように、車両用信号機には黄色信号があり、歩行者用信号機には黄色信号がないと推理します。 まず前提として車両用信号機は青色・黄色・赤色の信号があり、歩行者用信号は青色・青色点滅...

20卒 インターンES

新規事業立案
20卒 | 大阪大学大学院 | 男性
Q. 車両用信号機には黄色信号がありますが、歩行者用信号機にはそれがないのはなぜでしょう?理由を推理してください。
A. 理由は二つあると推測します。 一つ目は、運転者から見て、車両用と歩行者用の信号機を明確に区別するためです。もし歩行者用信号機に黄色を導入してしまうと、暗いときや信号機までの距離が遠いときに、運転者が歩行者用信号機の黄色信号に誤って反応してしまい、衝突事故等の危険性が高まると考えられます。 二つ目は、コストがかかるためです。歩行者は移動速度が遅く、急に赤信号に変わっても柔軟に対応できます。...

19卒 インターンES

総合職
19卒 | 東北大学 | 女性
Q. 以下の写真のように、多くのタクシーには、ドアミラーではなくフェンダーミラーが採用されているのはなぜでしょうか。理由を考えてみてください。(正解である必要はないので、調べずに自分の頭で考えてみてください。
A. ドアミラーではなくフェンダーミラーが採用されているのは、顧客の安全性を最大限高める目的があるからであると考える。安全性を高めるためにフェンダーミラーの方が優れていると思われる点を2つあげる。 (1)ドアミラーはドアに設置されていて運転手から見て角度があるため、見るためには顔を動かさなければならない。ドアミラーを見て後方確認している間、前方への周囲は散漫にならざるを得ない。特に、右に座る運転...

インターン面接