データⅩ(旧社名:フロムスクラッチ)のインターンTOP

データⅩ(旧社名:フロムスクラッチ)のインターン

インターンの評価

評点をもっと見る
総合評価
3.0
選考難易度
inactive
active
inactive
inactive
inactive
2.0
業界理解
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0
会社理解
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
メンターのコミット
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
自己成長
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.5
内定直結度
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
学生のレベル
inactive
inactive
active
inactive
inactive
2.5
テーマの面白さ
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.5
総合評価
3.7
選考難易度
active
inactive
inactive
inactive
inactive
1.3
業界理解
inactive
active
inactive
inactive
inactive
2.3
会社理解
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.3
メンターのコミット
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.3
自己成長
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.3
内定直結度
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0
学生のレベル
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
テーマの面白さ
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
総合評価
2.0
選考難易度
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
業界理解
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0
会社理解
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0
メンターのコミット
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0
自己成長
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0
内定直結度
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
学生のレベル
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0
テーマの面白さ
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0
総合評価
4.0
選考難易度
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.5
業界理解
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.8
会社理解
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.3
メンターのコミット
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.3
自己成長
inactive
inactive
inactive
inactive
active
4.5
内定直結度
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.5
学生のレベル
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
テーマの面白さ
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.3
総合評価
5.0
選考難易度
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
業界理解
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.3
会社理解
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.5
メンターのコミット
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.3
自己成長
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
内定直結度
inactive
inactive
inactive
inactive
active
4.5
学生のレベル
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.3
テーマの面白さ
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
総合評価
4.0
選考難易度
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.7
業界理解
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0
会社理解
inactive
inactive
active
inactive
inactive
2.7
メンターのコミット
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
自己成長
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
内定直結度
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.3
学生のレベル
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.3
テーマの面白さ
inactive
inactive
inactive
inactive
active
4.7
総合評価
3.8
選考難易度
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0
業界理解
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.4
会社理解
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.2
メンターのコミット
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.8
自己成長
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.6
内定直結度
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.6
学生のレベル
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.4
テーマの面白さ
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.6
総合評価
5.0
選考難易度
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
業界理解
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0
会社理解
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
メンターのコミット
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
自己成長
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
内定直結度
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
学生のレベル
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
テーマの面白さ
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0

インターンの内容(25件)

22卒 冬インターン

2020年12月開催 / 1日 / 1Day job
22卒 | 早稲田大学 | 男性
データ資源の可能性/就職活動における大切な考え方

主に二つの軸でインターンシップが進められた。1つ目は、データ資源の可能性にについてである。こちらは人事責任者からの講義形式で進められた。2つ目は、就職活動...

22卒 冬インターン

2020年10月開催 / 2日 / 総合職
22卒 | 一橋大学 | 男性
経営を体感するボードゲーム、組織人材戦略立案

インプット講演、グループワーク、経営体感のボードゲーム。 データ整理の重要性を痛感するようなインプット及びワークで構成されていた。 フィードバックは雑...

21卒 冬インターン

2019年11月開催 / 2日 / 総合職
21卒 | 津田塾大学 | 女性
テーマに沿った新規事業を立案せよ

経営のボードゲームを行う。チームごとに投資先の選定や資金調達を行い他チームと総資産を競う。成績が良かったチームから順番に新規事業のテーマを選ぶことができる...

20卒 冬インターン

2018年11月開催 / 2日 / AxEL
20卒 | 大阪大学大学院 | 男性
前半:プロサッカーチームの課題を解決せよ 後半:利益を最大化せよ

プロサッカーチームに対して課題を解決できる施策を提案する。数百ページはある膨大な情報からいかにして有益なものを抜き出し、本質的な解決策を提示できるかがカギである。とにかく時間が足りない。役割分担が必須である。経営体感ボードゲームを行う。GROw 1Day jobやGROw Finalとは異なり今回は組織について重点的に学ぶことができるようになっている。ここでも役割分担は必須である。

続きを読む

20卒 冬インターン

2018年11月開催 / 2日 / AxEL
20卒 | 大阪大学大学院 | 男性
あるプロスポーツチームの中長期的な成長戦略/競合他社に負けない組織づくり

あるプロスポーツチームの中長期的な成長戦略を行った。本ワークではメンターはつかず、チームメンバーだけでワークを行った。ワーク終了後は、人事の方からワークに関する解説があった。ボードゲームを通じて組織づくりに関するワークを行った。本ワークではチームごとにメンターがつき、ワーク中にもアドバイスをくれた。ワーク後は、初日と同様に解説があった。

続きを読む

インターンに参加してみて

この企業に対する志望度は上がりましたか?

  • はい
  • いいえ
はい
20卒 / 大阪大学大学院 /
冬 / 2日 / AxEL

自分がこれまで見てきたどの企業よりも、組織づくりに最も力を入れていると感じたから。このため、組織内で熱量の差が発生したり、パフォーマンスが落ちたりすることがない、凝集された組織が創られていて、この企業であれば本当に日本を変えそうだなと実感したから。

続きを読む
いいえ
22卒 / 早稲田大学 /
冬 / 1日 / 1Day job

このインターンシップでは、スタートアップ企業の特徴を知るために参加したが、企業の事を深く知ることができなかった為、志望度が上がる要因がなかった。レクチャー...

はい
20卒 / 大阪大学大学院 /
冬 / 2日 / AxEL

インターンシップの完成度が段違いに高く、会社のレベルの高さを感じることができた。また、先見性が非常に優れており今後伸びるであろうと感じた。ワークの後に講演があるが社長がどんな会社を作ろうとしているのかをしっかりと知ることができるので理解を深めやすい。

続きを読む
いいえ
21卒 / 津田塾大学 /
冬 / 2日 / 総合職

志望度が下がった理由はカルチャーがあまり合わないと感じたため。レベルの高い環境での成長は期待できると思うが、コミュニケーションの仕方やスケジュールの過密さ...

いいえ
22卒 / 一橋大学 /
冬 / 2日 / 総合職

風土が合わないと思ったため志望しなくなった。 最初は急成長ベンチャーとして将来性や事業領域が非常に魅力的だと思っていたが、社会性の無さや、ワークライフバ...

閉じる もっと見る

インターンへの参加が本選考に有利になると思いましたか?

  • はい
  • いいえ
はい
20卒 / 大阪大学大学院 /
冬 / 2日 / AxEL

インターンシップの参加によって、フロムスクラッチの「事業」「組織」について伝え、その後の説明会で「理念」「特権」について伝えることで会社のすべてを知ることができ、自分に合っているか合っていないかを合理的に判断できるから。

続きを読む
はい
20卒 / 大阪大学大学院 /
冬 / 2日 / AxEL

本インターンシップが内定に直結しているわけではないが、本インターンシップで優秀だと認められかつ希望すれば、説明選考会に招待され早期選考ルートに乗ることができる。

続きを読む
はい
21卒 / 津田塾大学 /
冬 / 2日 / 総合職

本選考を受験するにはインターンへの参加が必須。このインターンを通過したらさらに別のインターンに招待される。もう1つのインターンも通過したら本選考を受験する...

はい
22卒 / 一橋大学 /
冬 / 2日 / 総合職

インターンで結果を出せばそのまま本選考に乗れるから。 希望者は会社のCEOの方との座談会を設けてもらえた。

閉じる もっと見る

参加後の就職にどう影響したか

20卒 / 大阪大学大学院 /
冬 / 2日 / AxEL
参加前
インターン参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい。

ITベンチャー、もしくは大手コンサルティング会社にしようかと考えていた。自身が成長するためには優秀な社員が多く集まっている企業にしようと考えており、その条件にマッチしたのがこれらの会社だった。直接人事の方や現場の方々と面談する機会を増やし、自分が本当にこの企業で成長して、自分がやりたいことをできるようになるのかを確認した。

続きを読む
参加後
インターンへの参加がその後の就職活動へどう影響しましたか?

会社を見るときには、会社の業績だけでなく、どのような組織づくりを心掛けているかをしっかり見極めるようにしようと思った。これまではただ何となく成長できるかどうかを見ていたが、成長するためにはどのような組織である必要があるのか、そのために採用や育成にどれだけ力を入れているかをより具体的に知るようにしようと思った。

続きを読む
20卒 / 大阪大学大学院 /
冬 / 2日 / AxEL
参加前
インターン参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい。

早期に内定を獲得したいと思い、内定に直結するコンサルティングファームやベンチャー企業のインターンシップを中心に受けていた。また、コンサルティングファームやベンチャー企業のインターンシップに参加する学生は優秀な人が多く、そのような人たちと早期に接点を持つことができるもの今後の就職活動に有益だと考えた。

続きを読む
参加後
インターンへの参加がその後の就職活動へどう影響しましたか?

インターンシップに参加してみてベンチャー企業の面白さを肌で感じた。社員や参加している学生たちの熱量や志が高く、一緒に働いてみたいと思う人が多かった。また、大手にはない裁量権やスピード感も自分に合っていると感じた。今後は大手ではなく人数規模の少ないベンチャー企業に絞って就職活動を行っていこうと決心した。

続きを読む
21卒 / 津田塾大学 /
冬 / 2日 / 総合職
参加前
インターン参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい。

人材業界やIT業界を受けていた。特にリンクアンドモチベーションの志望度が高く、若くから裁量権を持って成長できる環境で社会課題に取り組みたいと考えていた。理...

参加後
インターンへの参加がその後の就職活動へどう影響しましたか?

実際に厳しめのカルチャーの中でインターンをしてみて、入社後そのような環境で働き続けられるのかどうかを現実的に考えるようになった。業務内容や会社の成長性だけ...

22卒 / 一橋大学 /
冬 / 2日 / 総合職
参加前
インターン参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい。

人材系、人材コンサル系。 「人や組織のポテンシャルを発揮したい」という人生理念で、人材系や組織コンサル系、IT系を見ていた。 リクルート、アクセンチュ...

参加後
インターンへの参加がその後の就職活動へどう影響しましたか?

「人や組織のポテンシャルを発揮したい」という人生理念で、人材系や組織コンサル系、IT系を見るのは変わっていない。 ただ自分の中の軸で「社会性」というのを...

閉じる もっと見る

インターン当日の感想

参加して学んだこと

20卒 / 大阪大学大学院 /
冬 / 2日 / AxEL

組織づくりの大切さを学べたことは大きな収穫だったと感じている。IT技術が進歩して、情報の非対称性が増している現代において、組織というものは最も模倣しにくく、競合優位性を最大化する要因であると知り、自分が社会人になった後も、組織の在り方については常に考えなくてはならないと実感した。

続きを読む
20卒 / 大阪大学大学院 /
冬 / 2日 / AxEL

ボードゲームはゲームでありながらもかなりリアルに作りこまれており経営をするとはどういうことなのかを多少は知ることができた。また、ワークの後には解説があるがこれからの世の中でどんなことが起ころうとしているのかを知ることができたのは大きな収穫だった。

続きを読む
21卒 / 津田塾大学 /
冬 / 2日 / 総合職

講演会が参考になった。また、1チームにメンターが2人つく点や審査員への中間発表の時間が多いことは良いと思う。参加社員が多く会社のカルチャーが分かりやすい。...

22卒 / 一橋大学 /
冬 / 2日 / 総合職

成長ベンチャーのカルチャーを体感できたこと。 ものすごい仕事に熱中し、成果だけを考えるこの雰囲気こそ、急成長の要因なんだろうなと体感し学べたこと。夜まで...

閉じる もっと見る

参加して大変だったこと

20卒 / 大阪大学大学院 /
冬 / 2日 / AxEL

二日目に発表があったが、それに向けて遅くまで全員で議論を詰めるのはとてもつらかった。その中でも特に、チームメンバーの士気もそれほど高くなかったので、全員の士気をあげつつ、アウトプットを最大化するようにチームを動かしていくことには特に苦労した。

続きを読む
20卒 / 大阪大学大学院 /
冬 / 2日 / AxEL

総じて時間に追われる。前半は情報量があまりに膨大で必要な情報を選定するのに対戦苦労した。またボードゲームでは、今まで同様時間に対しての情報量が圧倒的に多く相当頭の回転が速くないとついていけないと思われる。役割分担を行い、メンバー間で上手に連携をとる必要がある。

続きを読む
21卒 / 津田塾大学 /
冬 / 2日 / 総合職

ほぼ徹夜で作業を行った。明らかに発表までの時間が足りないだけでなく、チームのメンバーの数も少なく無理なスケジュールだと感じた。中間発表で審査員からフィード...

22卒 / 一橋大学 /
冬 / 2日 / 総合職

参加者同士で認識を揃えるための深い議論が大変だった。正直参加する学生のレベルは高くなかった。 時間外にも考えないと終わらないコンテンツだったため、体力的...

閉じる もっと見る

印象的なフィードバック

20卒 / 大阪大学大学院 /
冬 / 2日 / AxEL

「君たちの想いや熱量が見えてこない」とフィードバックをされたこと。小手先できれいにロジックを組んだり、話し方を変えたりするだけでは、相手を動かすことはできないのだと実感した。

続きを読む
20卒 / 大阪大学大学院 /
冬 / 2日 / AxEL

物事を点でとらえるのではなく線で考えること。物事にはストーリーが必ずある。その背景を正確に把握したうえで行動するのと、全く知らずに行動するのとでは結果は全く変わってくる。

続きを読む
21卒 / 津田塾大学 /
冬 / 2日 / 総合職

最終発表後「ロジックが成り立っていないことを重ねハウルの動く城状態になっていた」というフィードバックを受けたことが印象的だった。単刀直入なコミュニケーショ...

22卒 / 一橋大学 /
冬 / 2日 / 総合職

根本の認識が揃ってない。 フィードバックの際に根本から全員の認識を揃え、考えなおすことを要求された。 その瞬間は非常にメンタル的にきつかったが、振...

閉じる もっと見る

選考対策

直近のインターン選考フロー

インターンES

18卒 インターンES

総合職
18卒 | 東北大学 | 男性
Q. 過去に最も過酷であったと感じた経験と、その背景を教えてください。(400文字以内)
A. A.
「1年間の交換留学中の前半に、他人と上手くコミュニケーションをとれなかったこと」です。そして、「自らの英会話力が低かったこと」がその主な原因でした。 私は、一年間スウェーデンへ交換留学をしました。留学開始から1週間の間に留学生向けの様々なイベントに参加する中で、留学前は少し得意だとさえ思っていた自らの英会話力に対し、強い劣等感を覚えました。どのイベントでも、気が付けば、周りの会話についていけないがゆえに、何も発言せず、ただ愛想笑いをしている自分がいたからです。また、人から親切にしてもらったにも関わらず、「ありがとう」の理由すらも満足に言えない自分に対して、情けなさを感じたこともありました。そして、外に出て人と会うことが辛くなり、一時期は部屋にこもりがちになってしまいました。 しかし、自らを奮い立たせ、本格的に英語の勉強に取り組むことで、このような状況を打破しました。 続きを読む

18卒 インターンES

総合職
18卒 | 大阪大学大学院 | 男性
Q. インターンシップの志望動機
A. A.
私は,将来経営に携わるような仕事がしたいと考えております.そのため,貴社のインターンシップ「GROw」では会社経営の疑似体験ができることに魅力を感じました.貴社のインターンシップに参加することで,自身の現在の実力を認識し,優秀な他の学生と競い合う中で大きく成長したいと考えて応募しました. 続きを読む

インターン面接

21卒 冬インターン 最終面接

2019年11月開催 / 2日 / 総合職
21卒 | 津田塾大学 | 女性
Q. 就活の軸は何ですか。
A. 1つ目は基礎能力を高められること。意思決定と何かを成し遂げられる経験を積むことで仕事の基礎能力が身につくと考えているため、それらの経験が多くできる企業で働きたい。 2つ目は成長産業に携われること。成長産業に携わることで市場価値を上げたいと考えている。 3つ目はモチベーションを維持できる環境であること。志が高く尊敬できる方が多い環境が自身にとってモチベーションを高く維持できる環境だと考えている。

21卒 冬インターン 1次面接

2019年11月開催 / 2日 / 総合職
21卒 | 津田塾大学 | 女性
Q. モチベーションが高いときは何があったのか
A. 最初にモチベーショングラフを書き、それについて深堀される。幼少期からそれほど自分で意思決定をしてこなかったが、自ら意思決定をして努力し留学したことが転機となった。留学先で色々な人に助けられながらチャレンジをすることで、新しいことにチャレンジをする喜びと助けてくれる人のありがたさを知った。そこから周囲の方に感謝をしながら自身で積極的にチャレンジをするようになった。

20卒 夏インターン 最終面接

2018年9月開催 / 2日 / ビジネス
20卒 | 東京大学大学院 | 男性
Q. 志望理由は何ですか?
A. 今、今後成長するデータ産業に携わっておき、5G世界で優位なキャリアを進んでいきたいと思ったから。また、圧倒的成長環境とうたわれるハードな環境で20代で成長し、活躍していきたいと思ったから。フォーブスなどにも載っており、将来有望な企業であることは間違い無いのではないかとおもったから、そこに乗っておきたかったから

20卒 夏インターン 最終面接

2018年9月開催 / 2日 / 総合職
20卒 | 京都大学大学院 | 男性
Q. 現在の就活状況はどのような感じか。
A. 大手、ベンチャー、外資、内資、技術、文系と様々な企業を見ている。 自分の就活の軸は、若いうちから圧倒的に成長できる環境があること。 しかし、給料や、名声も捨てきれていないということを正直に話した。 日系大企業の買収などを見て、成長しなければいけないと感じた。など発言の 裏付けを求められた。正直に話すことが重要。