株式会社日本経済新聞社のロゴ写真

株式会社日本経済新聞社

  • 3.8
  • 口コミ投稿数(243件)
  • ES・体験記(30件)

日本経済新聞社のインターンTOP

日本経済新聞社のインターン

インターンの評価

評点をもっと見る
総合評価
4.0
選考難易度
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
業界理解
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
会社理解
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
メンターのコミット
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
自己成長
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
内定直結度
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0
学生のレベル
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
テーマの面白さ
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
総合評価
5.0
選考難易度
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
業界理解
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
会社理解
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0
メンターのコミット
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
自己成長
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
内定直結度
inactive
active
inactive
inactive
inactive
2.0
学生のレベル
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
テーマの面白さ
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
総合評価
5.0
選考難易度
inactive
inactive
active
inactive
inactive
2.5
業界理解
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.5
会社理解
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
メンターのコミット
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
自己成長
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.5
内定直結度
inactive
inactive
inactive
inactive
active
4.5
学生のレベル
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
テーマの面白さ
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
総合評価
5.0
選考難易度
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
業界理解
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
会社理解
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
メンターのコミット
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
自己成長
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
内定直結度
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
学生のレベル
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
テーマの面白さ
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
総合評価
5.0
選考難易度
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
業界理解
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
会社理解
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
メンターのコミット
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
自己成長
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
内定直結度
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
学生のレベル
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
テーマの面白さ
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
総合評価
5.0
選考難易度
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
業界理解
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
会社理解
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
メンターのコミット
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
自己成長
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
内定直結度
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
学生のレベル
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
テーマの面白さ
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0

インターンの内容(8件)

21卒 夏インターン

2019年8月開催 / 2日 / 記者コース
21卒 | 慶應義塾大学 | 男性
記者として実際に社外へ行って取材をし、その取材原稿を基に記事を執筆する。

まず初めに自己紹介をし、担当記者との顔合わせをした。 その後、軽く打ち合わせをしてから外部へと取材に行った。 取材先は班ごとに異なっており、取材が終わ...

20卒 冬インターン

2019年2月開催 / 4日 / 記者コース
20卒 | 東京大学大学院 | 男性
班ごとにたくさんあった。「AI技術」「エネルギー問題」など時事的なもの

初日には会社の説明や若手社員との座談会が行われた。その後時事問題テストと作文テストを行なったのち、班ごとに分かれ今回のインターンの課題の説明があった。その...

20卒 冬インターン

2019年2月開催 / 4日 / 記者職
20卒 | 東京外国語大学 | 男性
6つのテーマから事前に一つ選び、そのテーマに沿って実際に取材し、記事を書く。

1日目には時事問題のテストと作文のテストが行われ、その後インターンシップオリエンテーションがあった。2日目からは実際に取材に行く。どこに行くかはテーマ次第...

19卒 冬インターン

2018年2月開催 / 4日 / 記者職インターン
19卒 | 一橋大学大学院 | 男性
核の脅威から国民の安全をどう守る

前半は座学が中心で、日本経済新聞社の会社概要・新聞の構成、記事の読み方など基本的な講義を行った。そのあと、会社見学を行い、普段はなかなか入れないデスクを見学させてもらった。また、パソコン講習で記者がいつも使用している執筆ソフトの使い方を学んだ。後半は、担当班に分かれて取材メインだった。二日間で、二ヵ所の取材先を訪れ、本社に帰って記事を執筆した。最終日には、整理部の社員の方が、自分たちが執筆した記事に見出しを付け、一枚の新聞を作ってくれた。

続きを読む

19卒 夏インターン

2017年8月開催 / 4日 / 記者職
19卒 | 大阪大学 | 男性
取材し、記事を書く

初日は記者職や会社についての講義があり、1日中座学だった。正直眠い部分もあったが質問などの時間もあるので疑問は解決できる。2日目から3日目は社員と一緒に外に出て取材体験3日目の後半から記事を書き始める。グループでどういうテーマで記事を書きたいか考えてまとめる。記者の方に添削してもらったり、整理部の方に1枚の記事の形に整理してもらえる

続きを読む

インターンに参加してみて

この企業に対する志望度は上がりましたか?

  • はい
  • いいえ
はい
21卒 / 慶應義塾大学 /
夏 / 2日 / 記者コース

インターンによって志望度は格段に上がった。 いい意味で想像通りの職種だと感じたし、長い目で考えて自分が本当にコミットできると思えた職種だった。 また経...

はい
19卒 / 大阪大学 /
夏 / 4日 / 記者職

新聞記者として明確な使命を持っていらるような、そして電子化やグローバル化といった社会の変化に柔軟に適応しているような環境があることは、記者として働くうえでとても大きいと思ったから。また、インターンシップで触れ合った記者の方々が人として尊敬できる人が多かった

続きを読む
はい
19卒 / 一橋大学大学院 /
冬 / 4日 / 記者職インターン

志望度があがった理由は、日本経済新聞社だからこその取材領域の広さ、その影響力を実感できたから。他の新聞社と違い、経済専門誌である日経新聞はやはり規模の大きな取材ができ、得られるやりがいも大きい。また、記者の方々はそれぞれ取材分野・仕事内容は違えど、強い使命感・高い倫理観を兼ね備えており、尊敬できる人が多かった。

続きを読む
はい
20卒 / 東京外国語大学 /
冬 / 4日 / 記者職

実際に自分が数多くの取材に行くことができたため、日経の記者がどのように働いているのかがよくわかったから。また社員の方々が非常に正直に接してくれ、質問すれば...

閉じる もっと見る

インターンへの参加が本選考に有利になると思いましたか?

  • はい
  • いいえ
はい
19卒 / 大阪大学 /
夏 / 4日 / 記者職

インターンシップ参加者限定のイベントが何回か開かれていることに加えて、早期選考があるとのウワサもあるため、また会社の具体的な業務を体験できることで理解がかなり深まったため

続きを読む
いいえ
21卒 / 慶應義塾大学 /
夏 / 2日 / 記者コース

2日間を通して特に記者の方がこちらの名前をチェックしているということは感じられず、このインターンが本選考に有利になるとは考えにくかった。 一応説明では本...

はい
19卒 / 一橋大学大学院 /
冬 / 4日 / 記者職インターン

インターンシップ参加者のみの模擬筆記試験と模擬面接が複数回ある。これらは実質的な早期選考で、ここでもしっかりと受け答えができればかなり本選考を有利に進められる。

続きを読む
はい
20卒 / 東京外国語大学 /
冬 / 4日 / 記者職

インターンシップに参加することが必須条件の選考フローが用意されていたから。また4日間という比較的長い期間のインターンシップであったため、会社に対する理解や...

はい
20卒 / 東京大学大学院 /
冬 / 4日 / 記者コース

まず早期選考があるというのが一番大きい理由だ。この早期選考で落ちても本選考を受けられるという話を聞いたことがあり(実際のところは不明だが、去年の内定者にそ...

閉じる もっと見る

参加後の就職にどう影響したか

19卒 / 大阪大学 /
夏 / 4日 / 記者職
参加前
インターン参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい。

就活を始めたばかりの時期であり、特になかったため、あえて絞らずにITベンチャー企業や金融業界、コンサルタント、日系メーカー、マスコミなどなどとにかく幅広い業界を見ていた。特に、インターンシップに参加することで本選考を有利に進めたかったため、優遇がありそうな会社をネットで調べたり、先輩に聞いたりして受けるようにしていた。

続きを読む
参加後
インターンへの参加がその後の就職活動へどう影響しましたか?

なんとなくマスコミに興味を持っていたが、他の業界に比べてかなり魅力的に思えだした。そこでテレビの記者を見てみたいと思ったり、自分の適性なんかを考え始めたので、参加したことでより将来について考える契機にはなったと思う。ただ、貴社は専門尺のような一面があり新卒ではいるとその後の選択肢をかなり狭めてしまうというデメリットもあり悩んでいる。

続きを読む
19卒 / 一橋大学大学院 /
冬 / 4日 / 記者職インターン
参加前
インターン参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい。

新聞記者になりたいと思っていたが、インターンに参加する中で社員や学生と接する中で自分には向いていない職種かなと感じていた。だから、このインターンシップにもあまり期待していなかった。しかし、実際に参加したら新聞記者として働くことの使命を実感できたり、社員の熱い思いや優しさに触れることができたので、もう一度新聞記者を目指して行こうと思った。

続きを読む
参加後
インターンへの参加がその後の就職活動へどう影響しましたか?

別の新聞社インターンで、地方取材をした際にあまり興味がわかず、自分は記者に向いていないと感じていたが、このインターンに参加して、記者の仕事の面白み・やりがいに気が付くことができた。やはり、一年目から企業の重役や学者など影響力のある人に対し取材できる環境があるのは、日本経済新聞社だけだと思う。新聞社でも日本経済新聞社が第一志望になった。

続きを読む
20卒 / 東京外国語大学 /
冬 / 4日 / 記者職
参加前
インターン参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい。

新聞社の記者職、それも専門紙やスポーツ紙、通信社ではない一般紙かつ全国紙の記者に絞っていた。そしてその中でも今までに参加したインターンシップの経験や、自分...

参加後
インターンへの参加がその後の就職活動へどう影響しましたか?

実際にインターンシップに行き、様々な社員との交流や、実際に記事を執筆したことによって日本経済新聞が自分が一番行きたい新聞社だと気づくことができた。その結果...

20卒 / 東京大学大学院 /
冬 / 4日 / 記者コース
参加前
インターン参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい。

マスコミ業界は全く見ておらず、コンサルティング業界や投資銀行業界を見ていた。というのも一つの業界の中で仕事をするのには飽きてしまいそうで色々な業界と関わる...

参加後
インターンへの参加がその後の就職活動へどう影響しましたか?

依然、色々な業界に携われるコンサルティング業界や投資銀行業界の志望は強かったものの、新聞記者という仕事の面白さを実感し、かなり志望度が高まった。業界を決め...

閉じる もっと見る

インターン当日の感想

参加して学んだこと

19卒 / 大阪大学 /
夏 / 4日 / 記者職

日本を代表する経済新聞の記者として働くことの仕事内容ややりがいについて体験を通して深く学ぶことができた。記者会見や会社の裏側に訪問し、実際に働いている社員の方と触れ合う機会が多くあるのは非常に大きな経験だし、記者職への理解がかなり深まったと思う。

続きを読む
19卒 / 一橋大学大学院 /
冬 / 4日 / 記者職インターン

記者の取材方法は、質問するうえで恥ずかしくないよう、取材対象者以上に知識が求められているように感じた。真剣に対象者に向き合い、より良い回答を引き出すために、事前の準備がかなり必要になる。また、新聞紙面は記者だけの力でできているのではなく、整理部や編成部、の協力があってできること、チームワークが必要なこと実感できた。

続きを読む
20卒 / 東京外国語大学 /
冬 / 4日 / 記者職

実際に取材に行くことができるため、頭で考えていたり、人の話を聞いているだけではわかりにくい記者職という職種に対するイメージが湧いたのは非常に自分にとってメ...

20卒 / 東京大学大学院 /
冬 / 4日 / 記者コース

一番学べたことは、‘仕事をする’ということに対する責任だと思う。一人の社員(インターンではあるが)として取材先に伺う以上、日経新聞の社員として礼儀正しく取...

閉じる もっと見る

参加して大変だったこと

19卒 / 大阪大学 /
夏 / 4日 / 記者職

模擬取材や記事執筆体験など、実際に体験することが多かった。丁寧な講評や添削をしてくれるため、手を抜けなかった。さらに、デスクレベルの社員が常に一緒に行動してくださるので参考になるお話が聞ける一方でかなり年次が高めのため常に気を使っていたので疲れた。

続きを読む
19卒 / 一橋大学大学院 /
冬 / 4日 / 記者職インターン

取材の日は、一日移動や取材・記事執筆でハードなスケジュールだった。知力的にも厳しいが、常に評価の対象になっているので気が抜けず、精神的にも負担は大きい。記事の執筆では、チームメンバーそれぞれが書いて、指導担当がつなぎ合わせるという形で紙面を構成したが、それで自分の書いた内容が削られていると結構ショックを受ける。

続きを読む
20卒 / 東京外国語大学 /
冬 / 4日 / 記者職

実際に企業や官公庁に行って現場の人の話を聞くため、シンプルに緊張するし、相手が話しやすいように質問を考えたりすることも中々難しかった。また記事執筆の締め切...

20卒 / 東京大学大学院 /
冬 / 4日 / 記者コース

日中はほとんどの時間取材に行っており、記事作成の時間が非常に短かったのが大変だった。ただ毎日取材に行き、その中で数本の記事を書く新聞記者の仕事の真髄を感じ...

閉じる もっと見る

印象的なフィードバック

19卒 / 大阪大学 /
夏 / 4日 / 記者職

日経新聞は中立公平な報道をしなくてはならないけど、それは事実だけを伝えるという意味ではなくて、自分が伝えたいことをどのような切り口から取り上げるかということにより、事実を基に思いを伝えている

続きを読む
19卒 / 一橋大学大学院 /
冬 / 4日 / 記者職インターン

「ぶら下がり取材」のときは取材対象者の前を歩いたり、会食などの席は対象者の前や横を陣取るくらいの気概を持つ必要があること。また、質問は相手が耕太絵に詰まるくらいのきわどい質問を投げかける記者の方が優秀であるということ。

続きを読む
20卒 / 東京外国語大学 /
冬 / 4日 / 記者職

記事執筆に関する様々な細かいアドバイスをいただけたのはありがたかった。また懇親会で社員の皆さんがざっくばらんに思いのたけを語ってくれたことも志望度を高める...

20卒 / 東京大学大学院 /
冬 / 4日 / 記者コース

取材先に取材をしに行く以上、インターン生も日経新聞の社員なので絶対に失礼のないように責任と覚悟を持って振る舞うようにと何度も念を押された。また、記事にして...

閉じる もっと見る

選考対策

直近のインターン選考フロー

インターンES

20卒 インターンES

記者職
20卒 | 大阪大学 | 女性
Q. 日経のインターンシップに応募した理由とほかにどんな会社のインターンシップに参加しようと考えているのかお書きください。
A. A. 私は、小学生の頃から文章を書いて、人に読んでもらうのが好きだった。読んでもらっているときは必ずその人の表情の変化を見た。その人の表情の変化は、私の文章がその人の心に届いている証拠であるように感じたからだ。そのため「自分の言葉で書いた記事が影響力のある情報として社会...

20卒 インターンES

記者
20卒 | 東京大学大学院 | 男性
Q. ・日経のインターンシップに応募した理由をお書きください。(350字以内)
A. A.  私は大学院で物理工学を専攻している。その中で、自分は一つのテーマを研究し続け、その第一人者となるのではなく、広く技術を知り、その上で世界の最前線で起きていることを理解したいのだと気付いた。同時に、表面的な事実だけでなくその背景の技術も含め多くの人々に伝える試みは...

19卒 インターンES

取材記者職
19卒 | 一橋大学大学院 | 男性
Q. なぜ、日経の記者という仕事に関心を持っているのか理由をお書きください。(200字以内)
A. A.
社会に影響を与える記者になりたいからだ。影響を与える上で、意思決定層に情報を提供し直面する課題をどのように考えさせるかは重要だ。金融業界のインターンに参加した際、ある役員の方が「日経新聞の情報をもとに次の施策を決定している」と言っていた。日経新聞の情報は日本経済の今後を左右するほど影響力のあるものだ、と実感できた経験だった。記者として報道といった側面で、日本の経済や社会をより良い環境へと導きたい。 続きを読む

18卒 インターンES

記者職
18卒 | 早稲田大学 | 男性
Q. なぜ、日経 インターンシップに参加したいのか理由をお書きください。
A. A.
多くの人が手軽に情報を得られるメディア構築に携わりたく貴社を志望した。有益な情報を国民に伝える新聞に興味があり、以前新聞社のインターンに参加した。そこで、取材を通して人と向き合う楽しさや信頼構築の大変さを学んだ。だが、既存の顧客を守ることを強調して電子版等を使って新たな顧客獲得を行わないことに疑問を感じた。有料電子版会員数がグループ会社を含め世界一を誇り、新聞の新たな読者を探り続ける貴社に惹かれた。 続きを読む

インターン面接

21卒 夏インターン 最終面接

2019年8月開催 / 2日 / 記者コース
21卒 | 慶應義塾大学 | 男性
Q. 最近の日経新聞の記事で興味関心のあることは何ですか。
A. 自分は大学で金融論を専攻していて、その中で毎時間日経新聞を取り扱っていました。 春学期からずっとアメリカの利下げ観測について勉強していたので、まさに先日アメリカのFRBが利下げに踏み切ったことが興味関心のあることとして挙げられます。 また日本ではこれ以上の追加緩和は難しいことから、今後日銀がどのような手法で円高を防いでいくかが気になるところです。

20卒 冬インターン 最終面接

2019年2月開催 / 4日 / 記者コース
20卒 | 東京大学大学院 | 男性
Q. 最近気になったニュースはあるか
A. (ESに沿った質問だった。) 私が最近一番興味を持った記事は貴社の電子版に掲載された、中国企業が独身の日に3兆円を売り上げたという内容の記事だ。私がこの記事に興味を持ったのは、単純に事実に驚いただけでなく、その裏側にあるAI技術の進歩だ。今回の売り上げにつながったのは自動で顧客の趣向に合わせた広告制作AI技術で、この技術に触れているのは貴社の記事だけであった。このように物事の裏側にある本質...

20卒 夏インターン 最終面接

2018年8月開催 / 3日 / 記者コース
20卒 | 大阪大学 | 女性
Q. なぜ記者という仕事に興味があるのか。
A. 小さい頃から読書感想文など、文章を読んで人に読んでもらうことが好きだったため、書くということを仕事にできる記者という仕事に非常に興味があります。また、私は好奇心が旺盛で、かつ人と会話をすることも好きなので、取材という会話を通して様々な人に話を聞き、社会にとってプラスとなるような情報を発信したいと思うからです。

19卒 冬インターン 最終面接

2018年2月開催 / 4日 / 記者職インターン
19卒 | 一橋大学大学院 | 男性
Q. なぜ、日経。新聞の記者になりたいか教えてください。
A. 社会に影響を与える記者になりたいからだ。影響を与える上で、意思決定層に情報を提供し直面する課題をどのように考えさせるかは重要だ。金融業界のインターンに参加した際、ある役員の方が「日経新聞の情報をもとに次の施策を決定している」と言っていた。日経新聞の情報は日本経済の今後を左右するほど影響力のあるものだ、と実感できた経験だった。記者として報道といった側面で、日本の経済や社会をより良い環境へと導きたい。

19卒 夏インターン 最終面接

2017年8月開催 / 4日 / 記者職
19卒 | 大阪大学 | 男性
Q. なぜ記者を志望するのですか
A. 伝えることで、人々の暮らしを豊かにし、社会に貢献していきたいからです。私たちが何か行動や思考を開始するとき、「知る」ことがまず必要だと考えています。真偽が分からない情報があふれている現代社会において、中立で正確な情報を幅広く伝えることで、人々の選択肢を増やしたり、よりよい生活を送れたりするようにしたいです。