Img company noimage

株式会社読売新聞社

  • 0.0
  • 口コミ投稿数(1件)
  • ES・体験記(3件)

株式会社読売新聞社

社員・元社員による会社の評価

データがありません

社員の口コミ・評判

株式会社読売新聞社の口コミ・評判

退職理由

投稿日:2015年10月12日
回答者:
  • 30代前半
  • 女性
  • 5年前
  • 一般事務

【良い点】上司、他部署の人間と上下関係なくフレンドリーに仕事ができる点。仕事のやり方は同僚が教えてくれ、入社3か月で独り立ちと示されたものの、心配して相談...

  • 仕事のやりがい(0件)
  • 年収、評価制度(0件)
  • スキルアップ、教育体制(0件)
  • 福利厚生、社内制度(0件)
  • 事業の成長・将来性(0件)
  • 社員、管理職の魅力(0件)
  • ワークライフバランス(0件)
  • 女性の働きやすさ(0件)
  • 入社後のギャップ(0件)
  • 退職理由(1件)

インターン情報(ES・体験記)

  • エントリーシート
  • インターン体験記

本選考情報(ES・体験記)

  • エントリーシート
  • 本選考体験記
Img square es

株式会社読売新聞社

職種: 記者職
通過
Q. これまで力を入れてきた事と、自分の性格
A. 私は、自分が知りたいことをとことん追求する性格だと考えています。これを留学時代の経験からお伝えします。私は2015年の夏から10ヶ月、オランダの〇〇大学法学部に留学しました。そして私はこの留学を、ただ単位を取るだけではなく将来を深く考える機会にしたいと考えていました。この様な理由から、国際法の知識を活かせる仕事についてお話を伺うため、元外務次官である国際司法裁判所の〇〇判事にアポイントを取り、お会いするという事を留学中自ら考えて実行しました。これはまずキプロス出身の同裁判所の職員の方と大学のイベントで面識を得て、その後数ヶ月その方とメールのやり取りをした結果実現したのですが、その過程では様々な困難がありました。その中でも特に上述の職員の方が非常に多忙で、メールの返事が来るのが1ヶ月に1度程度であるなど話が中々進まなかったのが特に難しい点でしたが、こちらから電話を掛ける等して継続的にお願いをすることで最終的には〇〇判事にお会いすることが出来ました。この経験から、私は語学力などの壁を気にせず自分が知りたいことを追い求める、というのが自分の性格であると考えています。
Img square screening

株式会社読売新聞社

18卒 | 立命館大学
最終選考
Q. 面接で話した志望動機を教えて下さい。
A. 私が読売新聞事業部に入りたいと思うのは、感動を人々と共有することができるからである。そして、まだ見ぬ宝物を日本の人々と一緒になって楽しみたいからだ。 タイで各地の遺跡をフィールドワークした時、タイ北部のきらめく破風、瀟洒な木造建築で有名なラーンナー美術に感動した。これまで知らなかったラーンナー美術がこれほど美しいのかとカメラに納め、すぐに友人に送った。しかし、カメラではその感動を伝えられなかった。自分のみに感動が留まっているのが残念だった。 一年後、その友人と正倉院展に行った。鈍く光る漆胡瓶に私も友人も感動を共有した。実際に目で見るのと写真でみるのとではこれほどまでに違うのかと感じた私は、世界中、日本中に散らばる宝物を人々の目の前に届けたいと思った。 入社後は、これまで知られていなかった美術や新しい宝物を日本に届けるということに取り組みたい。ラーンナー美術や、ドンソン文化など日本で知られていないものを提供したい。これまでにない新しい取引をすることは困難かもしれない。しかし、私の強みであるコミュニケーション力や調整力、言行一致の気概を持って取り組むことでその夢を実現する。

会社情報

基本データ
会社名 株式会社読売新聞社
フリガナ ヨミウリシンブンシヤ
本社所在地 〒101-0061 東京都千代田区三崎町2丁目4-12
電話番号 03-3262-3901
FAX 03-5276-3321