就活会議では、Internet Explorer11のサポートを終了いたします。今後はGoogle ChromeやMicrosoft Edgeをご利用ください。
株式会社小学館のロゴ写真

株式会社小学館

  • 3.4
  • 口コミ投稿数(140件)
  • ES・体験記(16件)

小学館の本選考TOP

小学館の本選考

本選考体験記(3件)

22卒 2次面接

総合職
22卒 | 関西学院大学 | 女性
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. A. 小学館のサイトを見ること、小学館の本を読むこと、自分が読んできた小学館の作品を振り返ること。大手出版社の中で何が特徴的なのかをよく考えました。採用サイトが数年見られる状態になっているので、部署や仕事内容をよく調べて、なぜその部署で働きたいかを言語化していきました。...

22卒 1次面接

総合職
22卒 | 近畿大学 | 女性
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. A. 出版社全般にいえることだが、作品の特徴をつかんでおくことが大事。特に小学館においては、「小学館でなければならない理由」をはっきり伝えることが重要だと考える。公式ページなどから企業研究をし、自分が小学館でやりたいことは何なのか、それは他社ではできないのかを言葉で話せ...

16卒 2次面接

16卒 | 一橋大学 |
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. A.
3大出版社の企業研究をするには、まずその出版社の出している本を読んだ方が良い。それが一番の企業研究になる。私は、直感で小学館にすごく行きたかったので、小学館の本を読むようにしていた。「図鑑が強い」というような薄っぺらで一般的な情報ではなく、「自分は小学館のこの本が好きだから、小学館に入りたい」と素直に伝えることができるようにたくさん小学館んの本を読んだ。自分がやってなかったとしたら、やはり小学館に勤務している人の話を聞くことだ。会社の前で待ち伏せてでも実際に働いている人の生の声を聞いておくべきだったと思う。 続きを読む

直近の本選考の選考フロー

志望動機

22卒 志望動機

職種: 総合職
22卒 | 関西学院大学 | 女性
Q. 小学館を志望する理由を教えてください。
A. A. 私が小学館を志望したのは、クロスメディアに優れていてより多くの人に物語を届けることができるからです。小学館ではドラえもんや名探偵コナンなど昔から毎年映画が公開される作品が揃い、私も夢中になった謎解きはディナーのあとでは本もドラマも映画もたくさんの人が楽しんでいます...

22卒 志望動機

職種: 総合職
22卒 | 近畿大学 | 女性
Q. 小学館を志望する理由を教えてください。
A. A. 人間の感情を、できるだけその輪郭を保ったまま他者に伝達する方法を追究したいためです。私の思春期、学生時代に価値観の形成を支えたのは、たくさんのエッセイ本から伝わってくる「人の生身の感情」でした。同じ体験をより多くの人々に届けるため、言葉のプロとなり、著者の心をその...

18卒 志望動機

編集
18卒 | 早稲田大学 | 女性
Q. 小学館を志望する理由を教えてください。
A. A.
1:ライツ・クロスメディア 子どもの笑顔は幸福の象徴だ。貴社は、ドラえもんやポケモン、妖怪ウォッチといった、子どもたちに愛されている作品をそろえている点が魅力的だ。そこで、クロスメディアの原点となる書籍に関する仕事をしたいと思った。子どもを笑顔にする作品は、生み出す所がなければ派生していくこともできない。貴社で働くことで、映像化を積極的に提案し、より多くの子どもたちを笑顔にしたい。 2:製作 おかずは主食をひきたてるだけではなく、実は献立のセールスポイントだ。実際、付録目当てで雑誌を購入する人も多い。そうした読者との信頼関係を築くために、期待以上の付録を提供したい。 続きを読む

18卒 志望動機

総合職
18卒 | 慶應義塾大学 | 男性
Q. 小学館を志望する理由を教えてください。
A. A.
コミック編集 上記のような二次利用以外に、もちろん一次としてのコミック編集部にも興味があります。コミック編集とは、作家さんと共に物語を形作り、それをどのように世の中に広げていくかも考えることができるので志望しました。 続きを読む

18卒 志望動機

総合職
18卒 | 慶應義塾大学 | 男性
Q. 小学館を志望する理由を教えてください。
A. A.
映像という強みを活かし「人が見たい」と思えるようなドラマを製作したいと考えています。そして少しでも多くの人に影響を与え、テレビの存在意義を再構築することにより、全ての人にワクワクを届けられるようなエンターテイメントを送りたいです。 続きを読む

エントリーシート

22卒 本選考ES

編集/営業
22卒 | 明治大学 | 女性
Q. ライツ・クロスメディア事業部への志望理由
A. A. 私は読者が本を読みながら感じる無数の欲求に対して、形あるものを提供し、その欲求を満たす仕事がしたいです。読者は本を読みながら、登場人物の声・動き・特別なシーンをそれぞれの頭の中で想像しています。私自身も漫画や小説を読みながら、あれこれと独自の世界を繰り広げることが...

21卒 本選考ES

総合職
21卒 | 早稲田大学 | 女性
Q. 第一志望(編集/書籍)の職種を選んだ理由
A. A. タイポグラフィやアートを題材にした小説で、文字デザインやクリエイターの魅力を発信したい。例:装幀家がモデルのクリエイティブ奮闘劇、フォントを擬人化した密室劇(恩田陸先生×正木香子先生)、展覧会やパブリックアートと連動したラブストーリー集。他ジャンルでは、学祭運営委...

21卒 本選考ES

編集
21卒 | 信州大学 | 女性
Q. 小学館の強みは何か
A. A. 貴社の強みは、「ドラえもん」であると考えます。ドラえもんは不倫も薬物もしません。半永久的に好感度を失うことのない貴社のイメージモデル、広告塔です。日本を代表する作品・キャラクターを排出したという事実は貴社の大きな強みであると言えると考えます。

20卒 本選考ES

総合職
20卒 | 上智大学 | 女性
Q. 部署志望理由
A. A.
ファッション誌の編集部で、今までの経験を活かしたいです!私はGREE株式会社の長期インターンで美容系のWEB記事を書いています。商品を手に取り、情報収集をして記事にまとめる文章力、美容の知識は御社の雑誌制作の即戦力になることと自負します。またこれからは紙媒体だけでなく電子書籍やアプリ化も念頭に置き、企画を進める必要があります。デジタルネイティブ世代としての意見を主張しながら「おしゃれ女子のバイブル」と呼ばれるようなコンテンツを作り上げたいです。 続きを読む

19卒 本選考ES

総合職
19卒 | 中京大学 | 女性
Q. あなたが下記の第1志望と第2志望の部門・職種を選んだ理由を説明してください。【第一志望:営業部門/マーケティング宣伝関連 第二希望:編集部門/コミック誌】
A. A.
【第一志望:営業】  隠れた名作を名高い作品にしたい! 本に限らず多くの作品が世の中にあふれています。その中で、たくさんの人の想いが詰まった作品であっても、アピールしなければだれにも認識されずじまいになってしまいます。宣伝の仕事はそれほどまでに重要な役割だと思います。私はその想いを後世にも残る名作として世に送り出したいです。そして長く愛される作品となるように宣伝を考えていきたいです。 【第二志望:編集】  私は「ちゃお」の編集を通じてたくさんの読者に胸キュンを届けたいです。恋の形は十人十色です。特に思春期の女の子は初めての恋にとまどうでしょう。そんな読者の代弁者となるのがコミックであり、それを支えるのが編集の仕事だと思います。心が潤い、勇気の出る作品を提供したいです。 続きを読む

面接

  • 1次面接
  • 2次面接

22卒 1次面接

総合職
22卒 | 関西学院大学 | 女性
Q. 絵を描くとのことですが、写真とかありますか?
A. A. はい、スマホにあるのでお見せします。(絵を撮った画像を見せながら)これが最近描いた絵です。これは誰もが主役になれるというメッセージを込めて描いた絵です。(面接官の方:ありがとうございます。エントリーシートとかを見ていても、弱者というか、そういう人に寄り添う気持ちが...

22卒 1次面接

総合職
22卒 | 近畿大学 | 女性
Q. あなたが今、本を書かせてみたい人を教えてください。
A. A. 韓国アイドルグループ〇〇のメンバー、〇〇さんです。 彼女は容姿や歌、ダンスの上手さなど一般的なアイドルが持ち合わせている魅力に加え、「どんな人間であろうと自信を持って生きるべきだ」というメッセージを発することで人気を集めている人です。 私は、日本の若い人は自己...

16卒 1次面接

16卒 | 一橋大学 |
Q. 志望理由について具体的に教えてください。
A. A.
ただでさえ、文字離れということが巷で言われている。しかし、能動的に読み進めていく、自分で考えながら読むというのは、文字コンテンツならではのもの。能動的、主体的に読んでいく書籍を残していかなければならないと思う。自分も以前は本を読んでいなかったが、今は時間が足りないくらいに読みたい。また、テレビをもっと見たり、インターネットにもと触れておけばよかったという人はあまりいない気がするのに、大人がもっと本を読んでおけばよかったという人が多い。つまり、主体的に読み解き考える、その題材となる活字コンテンツは大人になっていくにつれて良さに気づくものなのかもしれない。そう考えると、単に若者が読まなくなった、競合する媒体が増えたということだけで亡くして良いものではないと思う。ということを答えた。やっぱり本が好きということは伝えたかったが、それをただ伝えるのではなくて、実際になんで本が好きなのか、なんで本が生き残らなければいけないのかということが伝わるように話した。 続きを読む