就活会議では、Internet Explorer11のサポートを終了いたします。今後はGoogle ChromeやMicrosoft Edgeをご利用ください。
プルデンシャル生命保険株式会社のロゴ写真

プルデンシャル生命保険株式会社

  • 4.0
  • 口コミ投稿数(722件)
  • ES・体験記(26件)

プルデンシャル生命保険の本選考TOP

プルデンシャル生命保険の本選考

本選考体験記(6件)

22卒 内定入社

本社総合職
22卒 | 早稲田大学 | 女性
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. A. 企業研究は、説明会や企業のホームページを詳しく見て行った。中でも、日本の生命保険事業の在り方に変革をもたらそうとしている姿勢と、徹底した顧客第一主義は、プルデンシャル生命の強みであると強調していたように思う。具体的には、日本の生命保険の普及率とその充足度・満足度の...

22卒 2次面接

社内SE
22卒 | 立命館大学 | 男性
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. A. 説明会であった会社の基礎情報や他の保険会社にはない強みや特徴を中心に、企業の採用ホームページなどからの情報をワードにまとめました。また、座談会での社員のお話もワードにまとめ何度も復習しました。プルデンシャルグループはコアバリューやビジョンの浸透を非常に重視するとい...

21卒 2次面接

ファイナンス職
21卒 | 早稲田大学 | 女性
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. A. 「なぜプルデンシャル生命か」、「なぜ生命保険業界か」をきちんと言えるようにしておく必要がある。「なぜプルデンシャル生命か」については、会社説明会で聞いた話の中から自身が魅力を感じた部分をピックアップし、自分の言葉でまとめられるようにしておくと良いと感じた。プルデン...

18卒 2次面接

本社スタッフ
18卒 | 神戸大学 | 男性
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. A.
企業研究はほぼ、説明会での情報に基づくもので、そこから自分が聞きたいと思ったことを人事の若手の社員の方に聞いた。この会社に関しては、就活情報サイトにも情報があまりないので、面接などを通して社員の方に聞きたいことを聞いて、情報を仕入れることもしていた。まず、志望動機などを面接などで答える時に、企業研究がある程度できている必要があり、説明会の段階からどんどん質問をすることで企業研究が早くからできるので、おすすめである。また、プルデンシャル生命ではジョブローテーションで何年以内に必ず幾つかの部署を経験しなければならないという制度があるため、やりたいことが明確に決まっていなくても、その幾つかの部署を経験していく中でやりたいことを見つけられるという姿勢でもいいと思った。 続きを読む

18卒 内定辞退

総合職
18卒 | 慶應義塾大学 | 男性
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. A.
エントリーをするには、説明会への参加が必須でした。ただ、この説明会において生命保険のビジネスモデルの基本から、プルデンシャル生命保険の理念や特徴について丁寧に知る事ができるため、参加する事には選考に向けて大きな意味があったように思います。説明会の際に配られるパンフレットも同様に、会社についての様々な情報が丁寧に記載されているため、実際にESを書く時などには大変参考になりました。外資系の生命保険会社であるため、内資の生命保険会社が沢山ある中、なぜ外資系の生命保険会社なのか、またなぜその中でもプルデンシャル生命保険なのかという事を、自分なりにまとめておく事が選考を突破するための最重要ポイントになると思います。 続きを読む

直近の本選考の選考フロー

志望動機

22卒 志望動機

職種: 本社総合職
22卒 | 早稲田大学 | 女性
Q. プルデンシャル生命保険を志望する理由を教えてください。
A. A. 私は、人々が安心して前向きに暮らせる社会を創りたいという想いから、お客様1人1人の人生に長期的に寄り添い、安心を提供することができる生命保険業界で働きたいと考えています。中でも御社を志望する理由は2つあります。1つが徹底した顧客第一の考え、もう1つが御社の人です。...

22卒 志望動機

職種: 社内SE
22卒 | 立命館大学 | 男性
Q. プルデンシャル生命保険を志望する理由を教えてください。
A. A. パッケージ商品ではなく、一人一人のニーズに合ったオーダーメイドのサービスを提案するなど、サービスの質とお客様の満足度にこだわっている点に魅力を感じたからです。自分自身、サークル活動では、パートリーダーとして一人一人に対して課題を聞き取りそれを反映させたことで大きな...

21卒 志望動機

職種: ファイナンス職
21卒 | 早稲田大学 | 女性
Q. プルデンシャル生命保険を志望する理由を教えてください。
A. A. 私がプルデンシャル生命を志望する理由は、ビジョンと実際に行っているビジネスの手法が一直線であると感じたからです。具体的には、ライフプランナー(営業職員)の採用方法を伺った時に魅力を感じました。生命保険という複雑で目に見えない、かつ人生で購入する中でもかなり額の大き...

18卒 志望動機

総合職
18卒 | 早稲田大学 | 女性
Q. プルデンシャル生命保険を志望する理由を教えてください。
A. A.
私は仕事を通して多くの人に「本当の安心」を提供したいと思い、貴社を志望しました。私は社会保障法ゼミで、生活保護や年金について学ぶ中で、家族の死によって生活困窮に陥る事例が最も印象に残り、生命保険に携わる事でこうしたケースをなくしたいと思いました。例えば、夫婦の片方の死によって、収入を失い、家賃を払えなくなり、ホームレスになるケースがありましたが、十分な保険金を受け取っていればホームレスにならなかったと思います。生命保険業界の中でも、貴社はオーダーメイドの死亡保障に特化して、残された人にとって本当に必要な保障を提供しているので、すべての残された人が困窮しない社会を実現できると思い、志望しました。 続きを読む

18卒 志望動機

職種: 本社スタッフ
18卒 | 神戸大学 | 男性
Q. プルデンシャル生命保険を志望する理由を教えてください。
A. A.
私が貴社を志望する理由は、貴社の社風が私の就活の軸や価値観と一致するからです。まず、貴社の少数精鋭と実力重視という2つの社風が私の就活の軸と重なるということです。私がこれらを重視する理由は、アルバイトやインターンシップ、留学を経て、私が生活を営み仕事を行う上で、心地よさとやりがいを感じるにはこの2つの軸が必要だと考えているからです。また、日本初の商品や各個人のニーズに合わせた商品の開発など、企業理念に一貫して業務を行う貴社の姿勢と、私が物事を取り組む上での一貫性、例えば、自分が英語を何年も勉強する姿勢やサッカーを中学時代から継続して行う姿勢などが一致し、入社後の貴社への溶け込みが早く、貢献できると考えています。以上の理由から、私は貴社への入社を志望します。 続きを読む

エントリーシート

22卒 本選考ES

総合職
22卒 | 名城大学 | 男性
Q. プルデンシャル生命で実現したいことを教えてください[300]
A. A. 私はプロとして、最も手厚いアフターフォローをする職員になりたいと考えています。なぜなら、私は幼い時から、祖母、母が生保レディとして活躍していた姿を見て育ったからです。  母はご契約後も、お客様に対しお手紙やお店の営業協力、お電話などさまざまな形でお客様のアフ...

22卒 本選考ES

営業職
22卒 | 駒澤大学 | 男性
Q. 自己PR
A. A. 私の強みは先陣を切って行動できることだ。その経験としてイベント団体での活動を挙げる。当初、400人目標のイベントを開催したが200人しかお客さまを呼べず失敗してしまった。そこで原因を理解しようとメンバーと話すと行動したくても1歩を踏み出せない点が原因だと考えた。こ...

22卒 本選考ES

総合職
22卒 | 早稲田大学 | 女性
Q. 自己PRをご記入ください。
A. A. 私の強みは「目標に対して粘り強く挑戦し続けること」です。この強みは小中高生の頃、人見知りが酷かった自分を変えるため挑戦と失敗・改善を繰り返す過程で身につきました。契機は小学1年時、点呼への返事が出来ず教師から怒られたことです。その時の悔しさから私は授業中の挙手を始...

20卒 本選考ES

総合職
20卒 | 早稲田大学 | 男性
Q. 自己PR
A. A.
私の強みは、「相手の立場から物事を考える力」です。これは、「アメリカンフットボールにおける後輩の指導」で発揮されました。後輩のミスが多いと感じていた私は、後輩が指導を理解しやすい環境を整えることに尽力しました。具体的には、「ビデオ機材を用いた指導」を導入し、後輩がメモを取りながら指導を聞けるようにしました。これは私の「相手の立場から物事を考える力」によって、後輩の立場から物事を考えたから成せたことだと考えています。そしてこの力は、保険という難解な商品をお客様に理解していただく上でも役に立つと考えています。知識の少ないお客様の視点から保険について考え、分かりやすい提案をすることが出来るからです。 続きを読む

19卒 本選考ES

総合職
19卒 | 慶應義塾大学 | 男性
Q. 学生時代に最も力を入れたこと
A. A.
私は幹部として野球サークルの新歓活動を指揮しました。私のサークルでは、以前新入生の数を稼ぐための勧誘を行っており、半数の新入生が一年で辞めてしまう問題がありました。私はこの状況を改善したいと考えました。私は新歓食事会などで新入生に野球サークルに求めているニーズを尋ねました。そしてその意見を参考にしたイベントを企画し、また周りの意見を柔軟に取り入れ企画に反映しました。その結果、25人ほどの新入生が入り、一年で辞める新入生はいませんでした。私は新入生の確保とその定着に貢献することができました。 続きを読む

面接

  • 1次面接
  • 2次面接
  • 最終面接

22卒 1次面接

本社総合職
22卒 | 早稲田大学 | 女性
Q. 学生時代に力を入れて取り組んだことは何ですか。
A. A. 大学時代に所属していた英語サークルの幹部の活動です。中でも、特に英語劇の活動に力を入れて取り組みました。この活動は、他の活動と比べて拘束時間が長く練習内容も重いために、演者を務める1年生の中で毎年2割ほどの脱退者を出していました。これに対し、従来は個人の考えを尊重...

22卒 1次面接

社内SE
22卒 | 立命館大学 | 男性
Q. 学生時代に頑張ったこと
A. A. 実践的な英語力をつけるという目標を立て、努力をしました。海外留学では、現地の学生のみで構成されるボランティア団体やスポーツクラブに日本人一人で飛び込み、活動した。当初はメンバーの英語が理解できないことも多くあったが、失敗を恐れずに活動を続け、メンバーと積極的にコミ...

21卒 1次面接

ファイナンス職
21卒 | 早稲田大学 | 女性
Q. 他人と協力して物事に取り組んだ経験や活動。
A. A. 所属していたサークルの代表として、外部との連携を行う仕事に携わる中で、他人と協力した。具体的には、関東規模の試合運営や部内戦の運営、試合のエントリー資料の作成やエントリー費の回収などを、同担当であった同期3人と協力して行った。自身を含めたこの4人の中で、誰がリーダ...

18卒 1次面接

本社スタッフ
18卒 | 神戸大学 | 男性
Q. 学生時代に最も力を入れたことは何ですか。
A. A.
アメリカの大学での、1年間の交換留学中における理想と現実の葛藤の克服に取組み、最終的には目標の24単位を獲得したことです。私は、留学の理想として勉強と生活の充実を考えていました。しかし、現実として教授や学生との意思疎通に苦労していました。というのも、私のプライドが高いという性格で英語を聞き返すことを躊躇し、英語での発言を恐れていたからです。そこで、インプットを中心に個人でできることを行っていましたが、環境を活かすべきという周囲のアドバイスをもらい、大学のプログラムやクラブ活動などを通して周囲からの手助けも得て、最終的に意思疎通面の克服と共に、テストでも90点をとり留学中に獲得できる最大の24単位を修得できました。 続きを読む

18卒 1次面接

総合職
18卒 | 慶應義塾大学 | 男性
Q. ESに書いている事以外で、学生時代に頑張った事を教えてください。
A. A.
牛丼店でのアルバイトにおいて、働きやすい環境を目指して取り組んだ、学生従業員の意識改革です。私が勤務していた夜帯は全員が学生従業員で、売上の割にシフト人数が少なく、忙しすぎるという不満を持っていました。学生最年長だった私は、①笑顔での接客、②注文時にセットメニューの提案の2つの目標を掲げ、共有しました。そして目標に向けて、私が模範となり周りを引っ張っていけるよう、主体的に取り組みました。次第に、「ただ時間が過ぎるのを待つよりも、目的意識を持つと楽しい」といった声も上がるようになりました。その結果、視察に来たマネージャーにも店舗の雰囲気を評価され、シフト人数が1人増員されました。 私が話す事を丁寧に深掘りしてもらった印象です。 続きを読む

内定者のアドバイス

22卒 / 早稲田大学 / 女性
職種: 本社総合職
1
内定をもらうために大事なことを教えて下さい。

インターンなどは今年はなかったため、本選考がすべてだと思う。また、面接の時間が毎回1時間取られているため、その中でいかに一貫性をもちつつ、自分をアピールで...

2
内定が出る人と出ない人の違いを教えてください。

細かい深堀に対しても、自分の考えを自分のことばで伝えようとすることができたことが大きかったと思う。あとは、コミュニケーション能力の高さや、何事にも挑戦しよ...

3
内定したからこそわかる選考の注意点を教えてください。

1次面接から、1人に1時間の時間を使ってもらえるため、あらゆることを聞かれることを想定しておいた方が良いと思った。また、毎回面接では逆質問の時間が長めにと...

18卒 / 慶應義塾大学 / 男性
職種: 総合職
1
内定をもらうために大事なことを教えて下さい。

組織にサポート役として貢献し活躍した経験があり、なおかつそのような形にモチベーションを持つことができるか。また、国内の生命保険会社との違いを明確にした上で、なぜプルデンシャル生命保険に魅力を感じているのかを説明できるか。以上の二点を、熱く語ることが大切だと思います。基本的には穏やかな雰囲気でこちらの話を丁寧に聞いてくれるため、自分の考えをしっかりと整理した上で面接に臨み、熱い思いを語ってください。

続きを読む
2
内定が出る人と出ない人の違いを教えてください。

これまで記載してきた点を果たした上で差がつくとすれば、やはり志望度で最後は差が出るのではないでしょうか。直接的に志望度を聞かれることはありませんでしたが、面接中の熱意から志望度を伝えていくことが大切です。

続きを読む
3
内定したからこそわかる選考の注意点を教えてください。

内勤職であるため落ち着きのない様子を面接中に見せることはNGだと思います。自身も面接中に手を動かしてしまった時に面接官から鋭い視線を感じました。面接の基本ではありますが、いつも以上に挙動には気をつけてください。

続きを読む
18卒 / 慶應義塾大学 / 女性
職種: 本社スタッフ
1
内定をもらうために大事なことを教えて下さい。

国内でCMをやっていないこともあってか、学生にはあまり知られていない。その分なぜこの会社に興味を持ったのか、なぜこの会社に入りたいのかを素直に話す必要がある。説明会で初めてきちんと聞いたが素直に感動したというような内容でも問題はない。 また、生命保険は人の死を扱う非常にデリケートかつ、信頼関係が重要となる業界である。そのため、他者をサポートした経験はあるか、最後までやり抜く粘り強く物事にあたれるかなどは特に見られていると感じた。

続きを読む
2
内定が出る人と出ない人の違いを教えてください。

主体的に動けるかどうかが重要視されていたと思う。本社スタッフということで営業をサポートする立場にあるが、与えられた仕事をこなすのではなく、自ら働きかけて周りを巻き込んでいくことも必要である。他者をサポートしながら、その中で自分にできる最善を考えられる人が多いように思う。

続きを読む
3
内定したからこそわかる選考の注意点を教えてください。

面接が非常に長いので、うそをつくことはできない。頑張ったことを30分も深堀され、それも全てメモされているので、途中で矛盾が発生すると落ちるだろう。事前に自分が頑張ったことを入念に確認しておく必要がある。

続きを読む
閉じる もっと見る

内定後入社を決めた理由

22卒 / 早稲田大学 / 女性
職種: 本社総合職
1
内定後、入社を迷った企業を教えて下さい。

株式会社NTTドコモ

2
入社を決めた理由を教えてください。

私がNTTドコモよりもプルデンシャル生命を選んだ理由としては、転勤の有無が大きかったと思う。NTTドコモは、転勤の可能性があり、ライフイベント後も長く働き...