2016年卒 飯野海運株式会社の選考体験記 <No.1202>

業界:
水運 不動産
本社:
東京都
従業員数:
100人以上300人未満
URL:
http://www.iino.co.jp/kaiun/

2016卒飯野海運株式会社のレポート

年度
  • 2016年度
結果
  • 1次面接
内定先
  • 独立行政法人科学技術振興機構
  • 日本インベスター・ソリューション・アンド・テクノロジー株式会社
大学
  • 慶應義塾大学

選考フロー

説明会(4月) → セミナー(5月) → OB訪問(6月) → ES+SPI(6月) → 1次面接(7月)

企業研究

大手海運とは何が違うのか、に対して自分なりの答えを出すこと。飯野海運は「海運+不動産」が収益の柱となっているので、海運だけでなく不動産にも注目しておくこと...

志望動機

海運を通じて社会の基盤を支えていきたいと考えているから。オーケストラで楽団全体の調整役を担った経験から、将来は社会全体に携わり、多くの人々の役に立つ仕事を...

1次面接 落選

形式
学生1面接官1
肩書
不動産事業部
時間
30分
通知
連絡なし

評価されたと感じたポイント

広く浅く質問をされたため、「話ができるか」といったコミュニケーション力を試されていたと思う。ただ、就活で数多く面接を受けた中で一番「面接慣れ」していない面...

1次面接を圧迫面接と感じましたか?

和やかな雰囲気だった。面接官はどちらかというと年配の方だったが、「面接するの初めてなんだよねぇ」と言っていた。それもあってか、深堀されることはなく、ESに...

1次面接で聞かれた質問と回答

入っているオーケストラについて、詳しく教えて。

市民オーケストラで、楽団の副代表を務めた事。総勢100名の幅広い年齢層の団員や指導者の意見調整を担った。演奏の質を上げるためにメンバー選抜をする動きがあっ...

(ESの記述を見て)ダンブルドアみたいな上司のもとで働きたいんだね。

理由は2点あって、1点目は、生徒が困っている時に初めて、ヒントを与える姿勢を貫いたから。生徒達を見守り続け、助ける時も答えのすべてを教えずに、生徒自身が考...