Img company noimage

株式会社エフエム東京

  • 0.0
  • 口コミ投稿数(6件)
  • ES・体験記(5件)

2016年卒 株式会社エフエム東京の本選考体験記 <No.578>

2016卒株式会社エフエム東京のレポート

年度
  • 2016年度
結果
  • 1次面接
内定先
  • パナソニック
  • 北海道テレビ放送
  • 森ビル
  • キリン
  • 東京メトロポリタンテレビジョン
大学
  • 早稲田大学

選考フロー

ES(3月) → GD(4月) → 筆記試験(4月) → 1次面接(5月)

企業研究

エフエム東京は小学生時代にクロノスを聞いて小学校に投稿していた経験から非常に身近な存在であった。ラジオ事業が現在どのような立ち位置にいるのかしっかり理解しておく必要があるのではないか。例えばイン...

志望動機

なくてはならないラジオの存在意義を高め、新しい分野で挑戦がしたいです。私は果敢に挑戦できる先駆者です。私は「早稲田スポーツ」という新聞サークルで編集長を務めました。そのさい学生スポーツの人気低迷...

グループディスカッション(6名)

テーマ

東京エフエムと音楽の融合について討論

グループディスカッションで採点者に何を評価されていると感じましたか?

マスメディアに対する理解。とりわけラジオ事業やラジオの存在意義、存続に向けた取り組みなど番組制作以外の部分で幅広い考えが持てているかどうか。またレンタルビデオショップでの今の姿などを瞬時に語れる...

1次面接 落選

形式
学生 1 面接官 3
面接官の肩書
中堅社員/人事部
面接時間
15分
面接の合否連絡方法
メール

評価されたと感じたポイント

グループディスカッションや筆記試験を終えてようやく初めて行われた1次面接であった。エントリーシートに興味を持たれたようだが、基本的にはマスコミの中でもなぜラジオ局なのか、なぜFMなのか、なぜ東京...

面接の雰囲気

圧迫とは感じられなかった。ひとことひとこと非常に丁寧根対応をしていただいた。一生懸命話を聞いてくれた印象が深い。

1次面接で聞かれた質問と回答

学生時代にやり遂げたと言えること

東京オリパラをテーマにした講演会を主催し、大隈講堂に300人の観客を集めました。これは創刊55周年を迎えた「早稲田スポーツ」の広報活動の一環として私が提案したものです。開催が決まった東京オリパラへの関心が低い学生に向けて、新聞という媒体を超えてスポーツの素晴らしさをアピールしたいと考えました。...

就職活動をするうえで企業選びの軸

いつまでも刺激的であることが条件です。私は「早稲田スポーツ」の編集長として取材をし、それを新聞という作品として世に出すという使命に燃えています。またいかに分かりやすく、そして作っていても読んでいても面白い新聞をテーマに活動しています。取材には交通費など自己負担で全国各地に赴きます。自分の目で見...