Img company noimage

株式会社豊田中央研究所

  • 0.0
  • 口コミ投稿数(17件)
  • ES・体験記(3件)

2016年卒 株式会社豊田中央研究所の本選考体験記 <No.170>

2016卒株式会社豊田中央研究所のレポート

年度
  • 2016年度
結果
  • 1次面接
内定先
  • MARUWA
  • エナジーサポート
  • ヤマハ発動機
大学
  • 名古屋大学

選考フロー

説明会+ES (5月) → 1次面接 (7月)

企業研究

研究能力と研究内容の合致が非常に重要視される。普段の研究に全力で打ち込み、自身の研究のオリジナリティを説明できるようにする必要があると感じる。もちろん、自分の専門分野については、研究室でのディス...

志望動機

大学時代から研究活動を通して社会貢献することを希望しており、実用化に近いフェイズで、かつ自分の希望する分野の最先端のテーマを取り扱っている点にひかれた。非常に優秀な研究者が多数在籍しており、研究...

1次面接 落選

形式
学生 1 面接官 4
面接官の肩書
不明
面接時間
60分
面接の合否連絡方法
メール

評価されたと感じたポイント

研究者としての素養を見られていると感じた。一般的な企業と比べるとやや特殊な会社であり、自身の研究分野と研究所とのマッチング、および応募者本人が大学でどういったことを学びどういった能力を持っている...

面接の雰囲気

一次面接は研究発表 (10分程度)に対し50分ほど質疑応答の時間があった。当然、研究内容についてはよく勉強していないと答えられないタフな質問が出てきたが、問い詰めて圧迫されるようなことはなかった...

1次面接で聞かれた質問と回答

志望動機は?

志望動機については、研究活動を通じて社会に貢献していきたいという点をPRした。研究発表については鋭い質問がいくつも投げかけられてたじろいだが、面接そのものは非常に和やかだった。ただ、面接官が研究者ということもあって、なぜ?ということを深く問われる。志望動機→今の選考を選んだ理由→高校のころの得...

自分はどういうタイプの研究者だと思うか

研究紹介からの流れで、「研究者というよりも工学的なアプローチをしている」という指摘を受けた。自分はこの質問を受けて採用をあきらめたが、研究紹介の段階で、物理現象の本質に近いところをみていこうとする気概を見せる必要があると感じた。面接の対応そのものよりも、普段の研究活動の中で、どれだけ密にディス...