学校法人関西学院のロゴ写真

学校法人関西学院

  • 3.7
  • 口コミ投稿数(95件)
  • ES・体験記(5件)

学校法人関西学院の本選考の面接の質問・回答

本選考面接

  • 1次面接
  • 2次面接

17卒 1次面接

17卒 | 北海道大学 |
Q. 関西学院で入社後したいことを教えてください。
A. A.
二つやりたいことがございます。一つ目は知的財産や研究支援を扱う部門に配属していただき、大学の研究を社会に還元するお手伝いができたらと考えております。私自身理系出身であることと、資格勉強で得た法律、特に二級知的財産管理技能士の知識を活かせると考えており、非常にやりがいのある仕事と考えております。二つ目は日本に来た留学生に対する支援活動です。英語研究会の活動などでたくさんの留学生と接する機会がありましたが、そうした学生の支援をすることは、大学のグローバル化という重要な課題の解決をするとともに、私の考えている、人の成長を支援する、といったやりがいを感じるからです。 続きを読む
Q. なぜあなたの大学ではなくうちの大学なのか。
A. A.
私の大学も十分に検討した上で関西学院を志望しています。というのも実家が本州であることから、大学4年間を過ごした後は、本州に戻ってきたいと考えています。私の大学も素晴らしいところで、ぜひともとは思うものの、地元のことを考えると、こちらのほうに戻ってきたいということで現在通っている大学の採用には参加しないつもりです。と答えた他大学の差別化が私にはむずかしかったので苦し紛れになってしまったが、これは明確にいえるべきだと思う。 続きを読む

16卒 1次面接

16卒 | 関西学院大学 |
Q. 大学生活において最も頑張ったことは何ですか?
A. A.
所属する団体主催のイベント運営に力を注ぎました。自己を成長させるため、そして自身の企画したイベントを通してお客様、メンバー、支援先の子供達に夢や活力を届けたいと思いリーダーに立候補しました。しかしイベントの準備期間と支援先への現地調査が被った事から、初めは物事が上手く進まず苦労しました。そこで私はWEBやSNSを最大限に使うことで国内海外問わずメンバー全員の意見を聞ける環境を整えること、そしてその上でメンバーが帰国後すぐに活動出来るよう、メンバーの意見をもとに企画をいくつか作るという2つの事に重点を置き活動していきました。その結果、メンバー全員が納得する形でスムーズに準備を進められ、当日は目標人数の倍である300名の新入生に参加して頂く事が出来ました。皆の笑顔を見た瞬間には言葉に出来ない程の感動を覚えました。私はこの経験から、意見を言いやすい環境を作り全員で共有する事が大切であるという事を学びました。数字をしっかりと提示し、どのような成果を出したのかを目に見えて分かるように話す事を心掛けました。全体の流れとしては結論を先に伝え、その後内容にはいるという答え方を意識しました。 続きを読む
Q. アルバイトをしているようですが、何か出した成果はありますか?
A. A.
大学入学時から続けているアルバイト先において、私には2つの大きな目標がありました。それは①早上がりスタッフ初の責任者係に昇格すること②全店舗で数名しか選ばれないベストプレイヤー賞を獲得することでした。目標達成の為、私はお客様の求めている事をいち早く察知し、常に笑顔で五感を使った最大限の接客を心掛けること、そしてフロアの責任者として、みんなね意見を意見やすい環境づくりを心掛け、一人一人の得意な部分を見つけることで、同じフロアで働くメンバーのモチベーションを上げることを意識して日々の営業に携わりました。このことを続けた結果として、今年の2月に念願であったベストプレイヤー賞を獲得する事ができました。気をつけた点は、結果だけでなく、その結果を出すまでにどのような努力をしたかを端的に伝えることを意識して話したことです。 続きを読む