MESSAGE
よりよい未来を『ともに考え、ともにつくる』
株式会社朝日新聞社のロゴ写真

株式会社朝日新聞社

  • 3.6
  • 口コミ投稿数(433件)
  • ES・体験記(56件)

朝日新聞社のインターンTOP

朝日新聞社のインターン

インターンの評価

評点をもっと見る
総合評価
4.5
選考難易度
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.3
業界理解
inactive
inactive
inactive
inactive
active
4.8
会社理解
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.3
メンターのコミット
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.5
自己成長
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.8
内定直結度
inactive
active
inactive
inactive
inactive
2.0
学生のレベル
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.3
テーマの面白さ
inactive
inactive
inactive
inactive
active
4.8
総合評価
3.7
選考難易度
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0
業界理解
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
会社理解
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.3
メンターのコミット
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0
自己成長
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.7
内定直結度
active
inactive
inactive
inactive
inactive
1.3
学生のレベル
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.3
テーマの面白さ
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.3
総合評価
5.0
選考難易度
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
業界理解
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
会社理解
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
メンターのコミット
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0
自己成長
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0
内定直結度
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
学生のレベル
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
テーマの面白さ
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
総合評価
4.2
選考難易度
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.7
業界理解
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.2
会社理解
inactive
inactive
inactive
inactive
active
4.6
メンターのコミット
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.8
自己成長
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0
内定直結度
inactive
active
inactive
inactive
inactive
2.2
学生のレベル
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.8
テーマの面白さ
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.9
総合評価
4.0
選考難易度
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.3
業界理解
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
会社理解
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.3
メンターのコミット
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
自己成長
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.3
内定直結度
inactive
active
inactive
inactive
inactive
2.3
学生のレベル
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.7
テーマの面白さ
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.3

インターンの内容(25件)

20卒 冬インターン

2018年12月開催 / 1日 / ビジネス部門
20卒 | 一橋大学 | 女性
グループワークを三つ。(朝日新聞本社を移転させるならどこがよいか、デジタル部門の新規事業創造、携帯ゲーム会社~周年のクロスメディアによるPR方法創出)

まず、朝日新聞ビジネス部門の仕事紹介が行われた。そのあと各部署の社員の方が自分の仕事を紹介し、学生たちがグループワークをし、発表するということを3回繰り返した。最後に座談会が行われ、プログラムは終了。

20卒 冬インターン

2018年11月開催 / 1日 / ビジネスコース1DAY
20卒 | 早稲田大学 | 男性
新社屋を建てるとしたらどこにするか。 某イベントの担当者になったらゲストやイベント内容はどうするか。 販売代理店の働き方を改善する施策を考える。

・財務部、代理店営業、イベント企画等の各部署に関するワーク 新社屋を建てるとしたらどこにするか。 某イベントの担当者になったらゲストやイベント内容はどうするか。 販売代理店の働き方を改善する施策を考える。 ・社員座談会

インターンに参加してみて

この企業に対する志望度は上がりましたか?

  • はい
  • いいえ
はい
20卒 / 早稲田大学 /
冬 / 1日 / 映像報道

とても親身に質問等に答えて下さり、親切にしてくださったから。また、社員の方々の働いている姿がとても楽しそうで、充実しているように感じられたから。報酬等はな...

いいえ
20卒 / 一橋大学 /
冬 / 1日 / ビジネス部門

事業面でも、人という面でも自分の方向性と違うと感じたから。グループワークを通じて、ビジネス部門の中核に位置する、広告だったり、デジタルメディアというものに...

はい
20卒 / 早稲田大学 /
冬 / 1日 / ビジネスコース1DAY

仕事内容の面白さに魅力を感じたから。 営業では販売代理店の方と信頼関係を築きながら売り上げを伸ばすやりがい、イベント企画では多くの人が足を運びたくなるイ...

はい
19卒 / 北海道大学 /
冬 / 1日 / 記者職

朝日新聞社の事業説明を通して、朝日新聞社がデジタル領域に力を入れていることを知ることができた。斜陽産業といわれている新聞業界は、発行部数が減少している企業...

はい
20卒 / 大阪大学大学院 /
夏 / 4日 / ビジネスコース

まず第一に会社の器の大きさに心を惹かれたから。 インターンシップ参加学生にここまで敬意をもって手厚くしてくれる会社は他にはないのではないかと感じた。それ...

閉じる もっと見る

インターンへの参加が本選考に有利になると思いましたか?

  • はい
  • いいえ
はい
20卒 / 早稲田大学 /
冬 / 1日 / 映像報道

インターンで多少有利になるとは思った。エントリーシートの通過率は低いため、どのようなエントリーシートが好まれるかわかるし、また、社員さんなど会社のっ雰囲気...

いいえ
20卒 / 一橋大学 /
冬 / 1日 / ビジネス部門

1日ということもあり、特に一人一人を評価している素振りがなかったから。朝日新聞さんとしても、仕事内容を理解してもらう機会としてこのインターンシップを開催し...

いいえ
20卒 / 早稲田大学 /
冬 / 1日 / ビジネスコース1DAY

特に社員が学生を評価しているような雰囲気はなかったため。 また、本選考でのフロー短縮や実質のパスといった優遇はなかった。 インターンシップに参加してい...

いいえ
19卒 / 北海道大学 /
冬 / 1日 / 記者職

繰り返しになるが、1dayインターンシップだったこともあり、職務体験も最低限にものだったのであったため、このインターンシップの参加者に何らかの優遇措置が取...

はい
20卒 / 大阪大学大学院 /
夏 / 4日 / ビジネスコース

インターンシップに参加した学生だけが参加できるインターンシップフォローアップセミナーなどが何度か開かれた。そういった他学生が知りえない情報を多く握っている...

閉じる もっと見る

参加後の就職にどう影響したか

20卒 / 一橋大学 /
冬 / 1日 / ビジネス部門
参加前
インターン参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい。

メーカー、鉄道。自分の関わっているものが、目に見える形として現れる点と、たくさんの人の生活に寄り添い、社会的貢献性を感じられそうな点に魅力を感じていた。た...

参加後
インターンへの参加がその後の就職活動へどう影響しましたか?

ものとして現れる業界のほうが自分には合ってると改めて確信する機会となった。だから志望業界を絞るのに役立ったと思う。新聞社のビジネス職はほかは見ないことに決...

20卒 / 早稲田大学 /
冬 / 1日 / 映像報道
参加前
インターン参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい。

新聞社をはじめとしたマスコミ系など広く見ていた。最大手である読売新聞や、デジタル版で最大手の日本経済新聞、そして、紙媒体においてもデジタル媒体においても2...

参加後
インターンへの参加がその後の就職活動へどう影響しましたか?

このインターンシップを通じて、志望業界をマスコミに定めることができたように思う。それは、報道機関というのは、他の企業とは異なり、完全な営利目的に社員が動く...

20卒 / 早稲田大学 /
冬 / 1日 / ビジネスコース1DAY
参加前
インターン参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい。

インフラ(電力・ガス・鉄道)、金融(信託銀行・生命保険)、IT(SIer)などを見ていた。 生活になくてはならないようなサービスを提供している業界に興味...

参加後
インターンへの参加がその後の就職活動へどう影響しましたか?

特に変化はなかった。 インターンシップは有意義であったし、朝日新聞の仕事に魅力は感じたが、自分の適性を考えると、マスコミや広告、コンテンツビジネス等の業...

19卒 / 北海道大学 /
冬 / 1日 / 記者職
参加前
インターン参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい。

将来の夢が記者になることであったことから、新聞とテレビ業界を中心に本選考は受けるつもりであった。しかし夏インターンは様々な業界を見るチャンスと聞いていたの...

参加後
インターンへの参加がその後の就職活動へどう影響しましたか?

インターンシップに参加することで、自分は新聞記者になりたいのだという気持ちを再認識することができた。また今回業界最大手の全国紙のインターンシップに参加して...

閉じる もっと見る

インターン当日の感想

参加して学んだこと

20卒 / 一橋大学 /
冬 / 1日 / ビジネス部門

ビジネス部門の仕事はとても幅広く、説明を聞くだけではなかなかその実態をつかむのは難しいが、このインターンシップ1日で様々な業務をグループワークを通じて体感...

20卒 / 早稲田大学 /
冬 / 1日 / 映像報道

具体的な話を聞け、業務内容等についてさまざまな事を学べたのはもちろん、屋上に上ってヘリコプターをみんなでみたりするのは純粋に面白かった。また、その際にとら...

20卒 / 早稲田大学 /
冬 / 1日 / ビジネスコース1DAY

刺激的なインターンシップで、参加した意味が大きくあった。 濃密なプログラムをコミュニケーション能力の高い学生たちと一緒に行うことは貴重な経験であり、自ら...

19卒 / 北海道大学 /
冬 / 1日 / 記者職

北海道でマスコミ業界を志望する知り合いを作り、友人になることができた。インターンに参加してから3か月くらいに、この時知り合った学生と作文の勉強会を自発的に...

閉じる もっと見る

参加して大変だったこと

20卒 / 一橋大学 /
冬 / 1日 / ビジネス部門

1日という短い時間の間にグループワークが3つもあること。一つ一つにじっくり取り組むことはできず、詰め込みすぎ感は否めなかった。また、必然的に全員発表するこ...

20卒 / 早稲田大学 /
冬 / 1日 / 映像報道

特に苦労したという場面はなかったが、社員の方々と話をしたり、内定者と話をする機会があったが、時間は決して長くなく、全てのことを聴けなかったのが少々心残りだ...

20卒 / 早稲田大学 /
冬 / 1日 / ビジネスコース1DAY

ボリューム感のあるプログラムであったこと。 しっかりとした内容のグループワークを3つ行い、さらに営業社員の講演や社員座談会など、濃密なプログラムで体力的...

19卒 / 北海道大学 /
冬 / 1日 / 記者職

取材体験は2時間弱の長丁場で集中力を保つのが難しかった。50分程度の間、一方的に相手の話を聞き続ける体験を通して、取材にも忍耐力が求められることを知ること...

閉じる もっと見る

印象的なフィードバック

20卒 / 一橋大学 /
冬 / 1日 / ビジネス部門

「新聞社でありながら、利益をだすことを第一の目標としなくてはいけない」ということ。知名度を上げることや、社会にインパクトを残すことはもちろん大切だが、一つ...

20卒 / 早稲田大学 /
冬 / 1日 / 映像報道

映像報道部は、写真部から映像という枠組みに変わったことで、時代に合わせ、様々なものを活用している。360度カメラや、最新のヘリコプター等が使われ、非常に忙...

20卒 / 早稲田大学 /
冬 / 1日 / ビジネスコース1DAY

フィードバックではなく社員座談会でのお話だったが、 営業社員の方のエピソードが印象的であった。 常に販売店で働く人々のことを想って営業されていることが...

19卒 / 北海道大学 /
冬 / 1日 / 記者職

学生が執筆した記事を中堅~ベテランの記者が添削してくださった。文章のプロということもあり、厳しい意見も言われたが総じて、文章の構成について勉強になったよう...

閉じる もっと見る

選考対策

直近のインターン選考フロー

インターンES

20卒 インターンES

ビジネス職
20卒 | 関西大学 | 男性
Q. あなたがこれまでの経験の中で最も力を入れたことは何ですか
A. 私がこれまでの経験の中で最も力を入れたことは、学園祭実行委員会の学園祭ライブ担当として「チケットの促進販売活動を粘り強く行った事」です。私が行った事は二つあります。一つ目は、毎日友人3人ずつに誘いの連絡を入れる事です。声をかけた友人が実際にチケットを購入し、また他の友達に宣伝してくれる事でライブ担当の中でトップの100枚以上の売上に貢献する事が出来ました。二つ目は一人でも多くの方にライブを知...

19卒 インターンES

ビジネス総合職
19卒 | 明治大学大学院 | 男性
Q. インターンシップに応募した動機は何ですか。
A. 将来的に、貴社で働くイメージを得たい。海外フィールドスタディの経験から、インターネットよりも、現地で得る情報の量・質の高さを痛感した。誰もが情報を発信できる現代、記者の方が足を運び得る信頼性の高い情報や新聞の重要性をより感じている。中でも、国政の問題にも踏み込み、真実を追求する貴社の伝統の調査報道に大変魅力を感じた。インターンシップを通し、参加学生と切磋琢磨し、様々な部門の仕事のやりがいや難...

20卒 インターンES

メディアテクノロジー
20卒 | 東北大学大学院 | 男性
Q. 志望理由(300)
A. 最新の技術を活かした情報発信に触れることで、新聞社におけるメディアテクノロジーの内容を理解し、自分自身の適性を見極めたいと考えたからです。私は研究生活を経て、いかに貴重な事実でも、人に伝わらなければ意味を持たないことを痛感してきました。そのため、最新の情報発信システムにとても興味があります。特に、貴社はその規模にも関わらずベンチャー精神を持ち、既成概念に捉われないチャレンジを大切にしており、...

インターン面接

20卒 夏インターン 最終面接

2018年9月開催 / 4日 / ビジネスコース
20卒 | 関西大学 | 男性
Q. 朝日新聞社のインターンシップに参加した理由は何ですか?
A. 私が某スポーツ新聞社の整理部の1面作成編集としてアルバイトを行っている際に、昨今、新聞自体の発行部数が減少している中でも今もなお支持されている新聞社が持つ独自の広告の強みや紙媒体からデジタル媒体に移行が叫ばれている中で、どのような戦略で作られ、どのようにして世に出ていくか強く興味を持ち、貴社のインターンシップを通して新聞広告について学びたいと感じました。

20卒 夏インターン 最終面接

2018年9月開催 / 4日 / ビジネスコース
20卒 | 大阪大学大学院 | 男性
Q. なぜこのインターンシップに興味をもったのか。
A. 現在のマスコミ業界はネットの発展によって右肩下がりの業界という評価を受け、厳しい状況が続いていると思います。しかし私はマスコミ業界での就職を第一志望としており、この現状を新たな方法で打破したいと考えています。そこで貴社のメディアビジネスコースに興味を持ちました。貴社の新聞広告だけでなく、デジタル商品、イベント、出版、CMなどを組み合わせたクロスメディア広告戦略という取り組みを知り、その規模と...

20卒 夏インターン 最終面接

2018年9月開催 / 4日 / ビジネスコース
20卒 | 明治大学大学院 | 女性
Q. どうして研究から事業部志望へ?
A. 研究活動は、この4年間で一区切りつきました。幼い頃からの夢でしたが、私の中でやりきった部分があり、今後は全く違うフィールドで面白いことをやってみたいと思いました。 「世間に新しい価値観を提供する」と言った意味では、事業部も研究も同じです。そのスローガンに対するアプローチの仕方を変えていくというつもりで、事業部への就職を考えるようになりました。