MESSAGE
よりよい未来を『ともに考え、ともにつくる』
株式会社朝日新聞社のロゴ写真

株式会社朝日新聞社

  • 3.6
  • 口コミ投稿数(440件)
  • ES・体験記(66件)

朝日新聞社の本選考体験記

本選考体験記

11件中11件表示

17卒 内定入社

17卒 | 早稲田大学 |   内定入社
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. やるべきだと思うことは二つある。一つは、インターンシップには参加し、その後のイベントには本選考だと思って真剣に臨むべきだと思う。インターンシップでは、各部署の仕事内容を知ることができると共に、多くの社員の方々の話を聞く機会があるので大変ためになった。もう一つは、新聞は他社と毎日比べ読みをしていた。紙面は新聞社の個性が一番でているため、「どうして朝日新聞社なのか?」という面接のたびに聞かれる質問への答えを探すことができた。また、新聞...

20卒 最終面接

ビジネス部門
20卒 | 明治大学大学院 | 女性   最終面接
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. 夏のインターンシップに参加しました。4日間に渡ってビジネス部門の全ての仕事を経験させてもらいました。本選考においても、自分の希望部署でなかったらどうする?といった意図の質問を何度もされましたが、インターンシップに参加した経験を話すことで、入社後のミスマッチはないと思っていただけたと思います。また、「メディアビジネス部門」が業界向けに出している「広告朝日」という雑誌は、新聞広告について熱く語る際に役立ちました。さらに朝日新聞社が主催...

20卒 最終面接

ビジネス職
20卒 | 慶應義塾大学 | 男性   最終面接
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. 企業研究に関して言うと、特にob訪問をしていれば問題はないように感じた。記者職も同時に受験していたので、結局最後はどちらにするのかを聞かれた時、触手に関しての違いを言うよりも、社員の方々の印象を自分の言葉で伝えることが重要。ob訪問が直接的な選考にはなっていないので、リラックスして聞きたいことを聞いた方がお互いのためになると感じた。 いくらビジネス職だからと言っても、時事問題を調べておかないのは言語道断。しっかりと朝日新聞の記事...

19卒 最終面接

一般記者
19卒 | 東北大学 | 女性   最終面接
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. 当たり前のことですが、紙面を読み込み他紙(私は毎日新聞を購読していました)との違いを認識するようにしました。読んでいるうちに朝日新聞が力を入れている分野やおおまかな紙面の方向性が分かるようになります。また、新聞記者という職種を希望する場合はなぜこの会社かという前に、なぜ新聞記者になりたいのかを明確にする必要があります。全国紙や地方紙など新聞社は数多くありますが、基本的に新聞に求められる役割は同一のものだと思います。自分なりに新聞が...

19卒 最終面接

ビジネス部門
19卒 | 同志社大学 | 男性   最終面接
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. テレビ、広告、新聞などの各種メディア・マスコミの特徴や違いの把握が明確にできるとよいと思う。また、新聞という情報を発信する媒体を活用して、どんなことをしていきたいのかということや、発行部数が減り続けている新聞の未来をどうするべきなのかということを考えて自分のしてみたいことと結びつけるといいと思う。志望動機はどの選考段階でも必ず聞かれるため、なぜ朝日新聞社なのか、朝日新聞社だから何ができるのかということを入念に考えるとよいと思う。ま...

18卒 最終面接

ビジネス職
18卒 | 筑波大学 | 男性   最終面接
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. 他の新聞社との違いは何か、どうして記者職ではなくビジネス職に就きたいのかを説明できるようにすることが必要である。記者職ではないため、記者ほどには時事問題に関する知識は求められていないようだが、一般的な問題について論じられる程度には知識を持つ必要があるように感じた。3ヵ月分ほどでも良いので、朝日新聞を良く読んでおくことが必要であるように思う。また、新聞を書く記者に対して、新聞を売る側のビジネス職はどうすれば新聞が売れるのかを記者選考...

18卒 2次面接

記者
18卒 | 早稲田大学 | 男性   2次面接
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. 冬のインターンシップに参加した。記者の方々による文章の書き方講座が行われ、実際に自分たちで記事のようなものを書き、それを添削してもらえる。ESの書き方や内容のアドバイスももらうことができた。一泊二日の総局取材にも行くことができた。若手記者の実際の働く様子を真近で見る貴重な体験で、実際の業務を理解することができた。もっとやっておけば良かったのはOB訪問。記者は人と話すことが仕事の大半なので、いろいろな大人の人と話すことに慣れることに...

18卒 2次面接

記者職
18卒 | 早稲田大学 | 男性   2次面接
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. 業界研究は会社説明会と他社の新聞社のインターンシップに行った程度。あとは各新聞社がどのような論調で記事を書いているのかを中心に調べた。実際に面接では「どんな記事が気になったか?」という類の質問は幾度となく来るので、各新聞紙の読み込みなどは行った方が良い。また、気になった記事はスクラップなどにしておくと、面接の前で見直せるから便利。自分は経済に興味があったので、各新聞社の経済記事を読み比べたり、志望度が高い新聞社は経済記事のみならず...

17卒 2次面接

17卒 | 早稲田大学 |   2次面接
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. 各大手新聞社の新聞を1通り読み、特徴を把握する。社説等に各新聞社のカラーが出るので、読み込む。朝日新聞は定期購読していなかったため、1週間の無料購読と図書館の資料、ネット資料を利用した。また紙面の中で朝日新聞独自の『オピニオン面』などがいくつかあったので、そういったオリジナリティのある面に注目した。また『新聞ダイジェスト』等を使って、各新聞の社説の読み比べをした。朝日新聞の「強み」を自分の言葉で説明できるようにするべき。

20卒 2次面接

ビジネス職
20卒 | 同志社大学 | 女性   2次面接
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. なぜ発行部数が減るなかでの新聞業界、中でも朝日新聞なのかを明確にすることが大切です。また、ビジネス職には様々な部署があり、どこに配属になるかは入社後の研修を経て決まるそうです。そのため、必ずしも希望の部署に配属になるわけではないので、希望の部署を希望する理由、それ以外の部署になったときにどんなことがやりたいかなど、すべての部署に対して具体的に「企画案」を準備して持っていくと、面接官の方から受けが良いと思います。「どこに配属されても...
11件中11件表示