株式会社後藤回漕店のロゴ写真

株式会社後藤回漕店

  • 3.2
  • 口コミ投稿数(31件)
  • ES・体験記(2件)

後藤回漕店のインターンTOP

後藤回漕店のインターン

インターンの評価

評点をもっと見る
総合評価
5.0
選考難易度
active
inactive
inactive
inactive
inactive
1.0
業界理解
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
会社理解
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0
メンターのコミット
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0
自己成長
inactive
inactive
inactive
inactive
active
5.0
内定直結度
active
inactive
inactive
inactive
inactive
1.0
学生のレベル
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0
テーマの面白さ
inactive
inactive
inactive
active
inactive
4.0

インターンの内容(1件)

22卒 夏インターン

2020年8月開催 / 1日 / 国際物流企画業務
22卒 | 関西外国語大学 | 男性
『国際物流業界』のお仕事とは?

まずは海運業界についての説明があった。次に企業について、企業の歴史、仕事内容などの説明があった。そして、グループワークで輸出、通関の流れについて議論、発表...

インターンに参加してみて

この企業に対する志望度は上がりましたか?

  • はい
  • いいえ
はい
22卒 / 関西外国語大学 /
夏 / 1日 / 国際物流企画業務

インターンシップに参加するまでは、後藤回漕店は140年以上続いている会社なので、若者にとっては働きにくいのではないかと心配していた。しかし、実際は同業者と...

インターンへの参加が本選考に有利になると思いましたか?

  • はい
  • いいえ
いいえ
22卒 / 関西外国語大学 /
夏 / 1日 / 国際物流企画業務

インターンシップに参加することの得点は、次回のインターンシップに優先的に招待されるだけで、それ以外には何もなかったので、インターンシップに参加したからとい...

参加後の就職にどう影響したか

22卒 / 関西外国語大学 /
夏 / 1日 / 国際物流企画業務
参加前
インターン参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい。

もともとは、物流業界か警察で迷っていた。しかし私はライフワークバランスがしっかり重視された企業で働きたいと思ったので、警察を諦めることにした。それからは特...

参加後
インターンへの参加がその後の就職活動へどう影響しましたか?

このインターンシップに参加して、志望する業界に変化はなかった。しかし、フィードバックをいただいたおかげで、自分は営業に向いている能力があることを知り、参加...

インターン当日の感想

参加して学んだこと

22卒 / 関西外国語大学 /
夏 / 1日 / 国際物流企画業務

会社の雰囲気を感じることができた。インターンシップ中に担当の方が困っていた時に、その方の上司が走って駆け付け、笑顔で話しながらリカバーしていた。こういった...

参加して大変だったこと

22卒 / 関西外国語大学 /
夏 / 1日 / 国際物流企画業務

私にとっては初めてのインターンシップであり、緊張をほぐすのに苦労した。また、グループワークでは10分ほどで5人の意見をまとめる必要があったので、初対面同士...

印象的なフィードバック

22卒 / 関西外国語大学 /
夏 / 1日 / 国際物流企画業務

私が後藤回漕店で働くにあたって向いている点をフィードバックの時に教えていただいた。あなたはよく人の話を聞いて、それをまとめるのが得意だから、うちで働くなら...

選考対策

直近のインターン選考フロー

インターンES

18卒 インターンES

総合職
18卒 | 成蹊大学 | 男性
Q. 学業、ゼミ、研究室などで取り組んだ内容
A. A.
私は授業で世界各国・地域の文化や歴史を扱う歴史・文化研究科目を主に専攻しました。その中でもアジアの歴史と文化 という授業を受け、主に中国・韓国の近現代における社会問題や情勢、歴史的背景を学び印象に残りました。私は卒業論 文で中国の文化大革命について論じようと考えています。ゼミではそのような卒業論文を面白くするにはどうしたら良い のかということを毎週討論しています。私はそこで論文を書く際にあたって、ただ事実を並べるだけではなく、疑問や主 体性を持って展開を論じるべきであるということを学びました。 続きを読む