就活会議では、Internet Explorer11のサポートを終了いたします。今後はGoogle ChromeやMicrosoft Edgeをご利用ください。
BNPパリバ証券株式会社のロゴ写真

BNPパリバ証券株式会社

  • 0.0
  • 口コミ投稿数(18件)
  • ES・体験記(3件)

BNPパリバ証券の本選考TOP

BNPパリバ証券の本選考

本選考体験記(1件)

20卒 内定入社

営業職
20卒 | 慶應義塾大学 | 男性
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. A.
就活会議の似た業種を全て確認する。 同業者の人たちへ20人OB訪問する。 この2つは最低限すべきことだと思います。 多くは他の外資金融と比べてすることは変わりませんが、とにかくプロダクトごとに何をしていて部署ごとにどういうカルチャーがあるのかを知っていないと、志望動機や部署志望の時に詰められて答えられなくなると思います。大手米系ではざっくりと採用して振り分けるという文化ですが、欧州系はかなり絞った状態で採用します。自分の強みがパリバという会社でどのように活きるのか、はっきりと自分の口で言えるようにしないと、いくら勉強をしていようが金融知識があろうが意味がありません。ESも嘘偽りなく書かないと詰められますし、バレるので全てに対して素直で正直に答える事がすごく重要視されていたと感じます。 続きを読む

直近の本選考の選考フロー

志望動機

20卒 志望動機

職種: 営業職
20卒 | 慶應義塾大学 | 男性
Q. BNPパリバ証券を志望する理由を教えてください。
A. A.
結果が全てでスピードと判断力が必要、私はそこに長く打ち込んできたスポーツと共通点を感じ惹かれた。常に世界情勢や経済の最先端の情報に触れ日々変動する市場と向き合う刺激的で厳しい勝負の場であり、優秀な方々に囲まれ切磋琢磨出来るこの環境で成長し続けたい。また、プロに対する金融商品という無形商材の営業は人間力の勝負となり、状況を分析しチームの連携で「勝利」を掴みに行く。全員で戦略を考え相手や仲間を理解しバランスを取り勝利を目指してきた力を活かしチームで勝負をしたい。難しいからこそ、やりがいがあると思う。貴社の説明会に参加しどこにもない整った雰囲気と環境に魅力を感じ、同じフランス系証券のサマーインターンやジョブに参加したが、欧州特にフランスの雰囲気の良さは私にとってとても合っていると感じた。私は貴社の魅力溢れる社員の方々ともに、プロダクトも強いその環境で学び働きたく入社を志望する。 続きを読む

16卒 志望動機

ミドルオフィス/オペレーション
16卒 | 早稲田大学 |
Q. BNPパリバ証券を志望する理由を教えてください。
A. A.
 金融業は目に見えない商品を販売する仕事である。金融業界が取引する商品は100%の保証がないため、お客様との信頼関係が大事になる。お客様の資産を預かって仕事をするため、信頼関係がなっていないと成り立たない。多くの人に一回だけ物を売って終る仕事とは違い、金融業界は何度も同じお客様に依頼してもらうことが目標となる。少しずつ信頼を高めることが必要となってくる。  BNPパリバの信念である、長期的な信頼関係を築くということはこういうことを示していると思う。一度限りのお客様ではなく、信頼されて何度も依頼されるとういうことが金融業界においての目標だと考える。一見、金融業界は人とは接することが少ない業務に見えるが、実はどの業界よりも深く人と関わる事ができる。1人1人との関係を大切にして、お客様と話し合い、結果を出していく中で、信頼関係を築いてゆけるのが金融業界だと思い志望した。 続きを読む

エントリーシート

22卒 本選考ES

アセットマネジメント部門
22卒 | 東京大学大学院 | 男性
Q. 弊社を志望されている理由をご記入ください。 300文字以下
A. A. 貴社の業務は今後の日本経済の発展に寄与できる仕事だと考えているためだ。これからの日本の経済成長には流動的な資金が循環することと成長企業が十分資金を得られる環境を構築することが必要だと考えている。個人法人を問わず資産運用を促し、市場に回るお金を増加させることで、縮小...

16卒 本選考ES

ミドルオフィス/オペレーション
16卒 | 早稲田大学 |
Q. アピールしたい資格・特技・スポーツ(100)
A. A.
私の特技は山登りだ。アメリカではできないことを初めてみたいと思い、アウトドアサークルに入った。2年の時にはサークル内の会計と登山部門の代表をすることになり、日帰りから1週間の登山をする。 続きを読む

面接

  • 1次面接
  • 2次面接
  • 最終面接

20卒 1次面接

営業職
20卒 | 慶應義塾大学 | 男性
Q. ・子どもに一冊本を読ませるとしたら何を読ませたい?
A. A.
青木真也の空気を読んではいけない。を推奨します。なぜなら、私の大好きなものが格闘技であり、その人の話と人生観に惚れているからです。話の中の一部に自分をブランディング化して、特定のマーケットの中でどのように生かすかを考えなければならないという言葉に感銘を受けたました。その選手がなぜその団体で戦い続けるのか疑問に思っていましたが、それは多くのことを考えた上での決断であり、それがその人にとって最善の決断であると判断したからだ。何か物事を始める時や合わないなと感じる時、それは自分にセンスがないとかそういうことだけではなくもしかしたら場所があっていないだけなのかもしれないと思うようになりました。これは金融業界にも当てはまりますし、多くの人の人生にも当てはまることだと思い読ませたいと思いました。 続きを読む

内定者のアドバイス

20卒 / 慶應義塾大学 / 男性
職種: 営業職
1
内定をもらうために大事なことを教えて下さい。

BNPパリバは新卒採用の歴史が浅く、みなさんとても慎重かつ丁寧に面接をしてくださいます。こちらが偽ってもすぐにバレますし、双方に良くないのでありのままの自分を出すべきです。BNPパリバの採用人数はとても少ないですが、それはそれだけ期待されているということですし、大事にしてくれる証でもあります。トップティアに比べると知名度は低いですが、JGBやデリバティブは国内屈指の実力を誇り、これからどんどん上へと向かっていく勢いのある企業です。是非挑戦してください。

続きを読む
2
内定が出る人と出ない人の違いを教えてください。

自分のことをどれだけよくわかっているかということと企業のことをどれだけよくわかっているか、そしてその2つをうまく繋げられているかがとにかく必要だったと思います。辻褄の合わないことを言っている人はすぐ詰められていました。

続きを読む
3
内定したからこそわかる選考の注意点を教えてください。

ESはとにかく設問の量が多いので、内容を被せずに、かつ濃く自分のことが伝わり志望度が高いことを伝えられるか気をつけていた。説明会やホームページで研究していたので、それも含めて志望度が高いことを伝えられるように書いた。テストは一般的なものなので大して準備もしなかったが普通に解けた。面接ではしっかりとこの業界に興味があること、素直でいることを心がけた。

続きを読む

内定後入社を決めた理由

20卒 / 慶應義塾大学 / 男性
職種: 営業職
1
内定後、入社を迷った企業を教えて下さい。

ソシエテ・ジェネラル(ソシエテ・ジェネラル銀行)

2
入社を決めた理由を教えてください。

会社自体はフランス系ということで似ていますが、やはり会社のネームバリューだったり新卒を育て慣れているかどうか、また会社の人ともどちらとも多く会っていたので、自分がどちらに合うかどうかも大切にして考えました。会社のサイズが小さいとより多くの裁量権を持つことが出来るという考えもありますが、ある程度大きい方が仕事の幅が広がりますし、ある程度のシートバリューがあることでやりやすいという一面もありますので、そこも大事にしていました。

続きを読む