九州電力株式会社のロゴ写真

九州電力株式会社

  • 3.8
  • 口コミ投稿数(196件)
  • ES・体験記(9件)

2017年卒 九州電力株式会社の本選考体験記 <No.1883>

2017卒九州電力株式会社のレポート

年度
  • 2017年度
結果
  • 最終面接
内定先
大学
  • 福岡大学

選考フロー

説明会(4月) → リクルーター面談(5月) → ES+SPI(5月) → 1次面接(5月) → 2次面接+GD(6月) → 最終面接(6月)

企業研究

九州電力の志望度は低かったため、企業研究は面接直前に経営計画概要を確認する程度でした。説明会で先輩社員と話をする機会があり、その際に名前を覚えてもらえた事が最終選考まで進んだ要因だったのではない...

志望動機

人々の生活だけでなく、自らの人生も豊かにできる企業が九州電力だと考えています。大学三年次にカンボジアに滞在した際、発展し行く都市部とインフラが整わず社会から照らす取り残される農村地帯を目にしまし...

グループディスカッション(6名)

テーマ

リーダーに求められるものとは

グループディスカッションで採点者に何を評価されていると感じましたか?

自分の意見と相反する他人の意見を認め、どれぐらい摺り寄せる事ができるかを見ていたのではないか。自分の意見を持つことも非常に大切だが、他意見の良いところを認め、柔軟に考えを改めることが必要だと思った。

1次面接 通過

形式
学生 1 面接官 2
面接官の肩書
不明
面接時間
10分
面接の合否連絡方法
メール

評価されたと感じたポイント

志望度がどれほどか何度も確認された。九州では大手企業ということもあり、記念受験のように軽い気持ちで受験する人も多いのかもしれない。会社や業務への理解度、学生生活に関する質問等、バランスよく質問さ...

面接の雰囲気

終始穏やかな面接であった。しかし、面接官と私のタイミングが合わず、お互いに無言になってしまうことが多かった。

1次面接で聞かれた質問と回答

学生時代に頑張ったことはなんですか?

3年間は異文化交流に力を入れました。私は化学を専攻する一方で学部内外の教授の元に通い国際紛争や社会情勢を学び、海外数カ国に滞在しました。海外でスリや物乞いに遭い、各国の学生と交流する事で異文化を理解するとはその国の社会問題や歴史を理解し自分なりに解釈する必要があるのではないかと考えるようになり...

九州電力に入社後何がしたいですか

志望理由と内容が被ってしまいますが、在学時に東南アジア数か国に滞在した際、発展し行く都市部とインフラが整わず社会から照らす取り残される農村地帯を目にしました。電気が安定供給されているか否かは、人々の生活や子ども達の学力に直結しており、農村地帯では現役世代の貧困が次世代の貧困を生む悪循環が生じて...

2次面接 通過

形式
学生 6 面接官 5
面接官の肩書
不明
面接時間
60分
面接の合否連絡方法
メール

評価されたと感じたポイント

他人の意見を聞く姿勢や自分の意見をどう伝えるか、集団の中でどう振る舞うのかを見られていた気がする。今回のグループディスカッションでは司会等の役割を設けなかったが、全員が発言できるよう話を積極的に...

面接の雰囲気

グループディスカッションだったが終始和やかだった。ただ、学生の回答が質問に沿ってない場合、内容を確認の上、再度回答を求められた。

2次面接で聞かれた質問と回答

リーダーに必要なものは何か

集団をまとめる統率力も大事だと思うが、一人ひとりの意見に耳を傾ける慶弔力が必要だと思う。集団で一つの目標に向かって行動するには、全員で同じ方向を向く必要がある。「一人ひとりの不安や不満、それに伴う意見を理解し解消できるよう努めること」を小グループ単位で実行することで、集団は一つにまとまるのでは...

どの意見が最も印象に残ったか

「せっかく話がまとまりかけたところ、大変申し訳ないのですが」から始まった意見が印象に残っている。まとまりかけた意見に違和感を抱くことは多々あるが、実際に一石を投じるのはそう容易くない。特に今は面接中であり、私たちは常に評価の目に晒されている。そのなかで出てきた意見に、私たちはハッとさせられ、結...

最終面接 落選

形式
学生 1 面接官 5
面接官の肩書
不明
面接時間
30分
面接の合否連絡方法
メール

評価されたと感じたポイント

面接中は何度も入社の意思を聞かれた。今年は採用人数が大幅に増えているうえ、昨今の経営状況の下、内定辞退を恐れているのかもしれない。自分のバックグラウンドを知ろうとしてか、回答をどんどん深堀される...

面接の雰囲気

ESに沿って質問され、回答を深堀された。既に他社の内定を持っていたため、本当に入社するつもりなのか何度も聞かれた。面接の雰囲気は非常に和やかだった。

最終面接で聞かれた質問と回答

九州電力に必要なサービスはなにか

顧客一人ひとりに寄り添うサービスではないか。電力自由化等、「消費者の知りたい、わからない」は増えている。各世帯に担当者を配置し、世帯毎に適切な料金プランを提示する、毎月の料金変動を基に新しいサービスを提案する等、これまで人々の生活を支えた九州電力だからこそできる生活に密着したサービスがあっても...

既に内定を持っているにもかかわらず、九州電力を志望するのはなぜか

結婚、出産、育児をしながら幅広いフィールドで働くことができ、人々の生活に大きく貢献できると考えているためです。発展途上国のインフラ整備を先進国に訴えるより、実際に赴いて現地で汗を流しながら人々の生活に貢献したいと考えています。離島への送電技術や台風等の災害対策など、高い技術力の下、日本、九州の...