第一三共株式会社のロゴ写真

第一三共株式会社

  • 4.2
  • 口コミ投稿数(344件)
  • ES・体験記(52件)

第一三共の本選考TOP

第一三共の本選考

本選考体験記(8件)

21卒 内定入社

開発職
21卒 | 岡山大学 | 女性
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. A. 外資と内資の違いはもちろんのこと、大手内資企業と第一三共との違いを自分なりに理解しておくことが必要です。なぜ第一三共なのか、第一三共の開発職でしかできないことは何なのかを、説明会やインターンシップで得た第一三共の強みを交えながら説明できなければなりません。 個人...

21卒 最終面接

コーポレートスタッフ
21卒 | 慶應義塾大学 | 女性
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. A. ESが通過したのちに企業によるWebセミナーが開催される。 そのため必要最低限の知識でESを書き、ES通過の後の面接のための企業研究を自分でやることはそこまで必要ないと感じた。 Webセミナーでは薬の作り方(形式?)、どんな種類の薬を作っているか、現在それらの...

21卒 内定辞退

研究職
21卒 | 京都大学大学院 | 女性
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. A. 3月からオンラインセミナーや会社説明会の動画をたくさん出してくれていたので、それらを見て企業理解を深めました。3月の中旬には本エントリー登録者(英語での自己紹介文と製薬企業を目指している動機など、エントリーシートの一部を提出した人)のみ参加できるライブセミナーが開...

19卒 内定入社

臨床開発職
19卒 | 名古屋市立大学 | 男性
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. A.
企業研究をするため、インターンシップに参加した。もし、第一三共株式会社のことを知りたいと考えるのであれば、インターンシップの参加を強く勧める。インターンシップ内では、製薬業界の中で、なにをしているのかわかりづらい職種である開発職に関する説明はもちろんのこと、第一三共のこれまでの歩みとこれからの戦略や、強み・弱みなどを全てさらけ出して教えてくれる。また、起業ホームページには「数字で見る第一三共」などのページや経営陣からのメッセージなども記載され、他の企業と比べてどうなのかなどが一目でわかるようになっている。インターンシップに参加できなくても、マイページには多くの社員の方のインタビュー記事があり、雰囲気をつかむことができる。どうして第一三共なのか?に、定量的・定性的に答えられるようにするとよい。 続きを読む

19卒 内定入社

MR職
19卒 | 日本大学 | 男性
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. A.
第一三共は非常に学生の人柄を重要視している企業だと思います。営業職だからといって”喋りが上手い””プレゼン能力が高い”ということよりも、第一三共にどれだけ入社したいかという熱意、その熱意を語るだけの確固たる根拠が問われます。そのため、企業としての独自の強み、将来ビジョンを詳細に調べておく必要があります。私はインターンシップや日経新聞、企業からいただいたパンフレットで企業研究をしていました。また、親交の深いOBの方がいたため、頻繁に連絡を取り合い、現場でのよりリアルな情報を得ることで、自身が社員として働くイメージを具体化していました。 面接では志望動機・学生時代に頑張ったことを中心に、深堀りが厳しい印象でした。私は面接前に、手で書き起こし、キーワードでは”なぜ”そう思ったのか、”なぜ”そのような行動を起こしたのかと、”なぜ”を3回繰り返していました。本番で思わぬ質問が来ても、しっかりとした根拠とストーリーが頭に入っているため、慌てることなく返答することができました。 続きを読む

直近の本選考の選考フロー

志望動機

21卒 志望動機

職種: 開発職
21卒 | 岡山大学 | 女性
Q. 第一三共を志望する理由を教えてください。
A. A. 私が第一三共を志望する理由は2点あります。 1点目は、優れた開発力をもって、日本主導でグローバル治験を行える点です。現在第一三共はオンコロジー領域に注力していますが、他社に比べるとその参入は遅れをとっていた印象を受けます。しかし、第一三共の優れた研究開発力により...

21卒 志望動機

職種: コーポレートスタッフ
21卒 | 慶應義塾大学 | 女性
Q. 第一三共を志望する理由を教えてください。
A. A. 私は世界中に癌の治療薬を届け、病気で家族を失い悲しむ人を減らしたい。私自身祖父を癌でなくし、現代医療でも太刀打ちできない病気に深く絶望した。現在癌は日本では死因の第一位、世界では2016年の時点で6位(気管、気管支、肺がん)と、非常に大きな位置にある。先進国だけで...

21卒 志望動機

職種: 研究職
21卒 | 京都大学大学院 | 女性
Q. 第一三共を志望する理由を教えてください。
A. A. 私は、高いサイエンス力と人材を大切にする風土に魅力を感じて貴社を志望しています。貴社は「SOCを改善する先進的医薬品を創出する」ことを掲げて新薬開発を行われており、実際に先駆け審査制度やブレークスルーセラピーに指定された候補品が多くあります。これにより、患者様に新...

19卒 志望動機

職種: 臨床開発職
19卒 | 名古屋市立大学 | 男性
Q. 第一三共を志望する理由を教えてください。
A. A.
第一三共の志望動機は2つあります。1つ目は、「がんに強みを持つ製薬企業」を目指しているところです。個人的な理由より、自分は将来的に抗がん剤開発に携わりたいと考えています。そこで、様々な薬を開発する企業の中で、自分が抗がん剤開発に携われる可能性が最も高いのは「今がんに強い会社」ではなく「これから強みを持とうとしている会社」(パイプラインが多いと考えられるため)であると考え、第一三共を志望しています。 2つ目は社員の方の熱量が他企業を圧倒しているためです。私はインターンシップや説明会に参加させていただき、若手の方から偉い方まで、多くの社員の方にお話を伺いました。その中で感じる熱量が他企業よりも多く、ここでなら情熱を失わずに頑張れると考えたためです。 続きを読む

19卒 志望動機

職種: MR職
19卒 | 日本大学 | 男性
Q. 第一三共を志望する理由を教えてください。
A. A.
私は医療者に寄り添い、患者にとってNo.1の治療を実現するMRを目指しています。その実現には御社こそ相応しいと考える2つの理由があります。1つは「社会貢献性」、そして「自己研鑽を続けられる環境」です。現在の医療において、患者の多くは単独の疾患だけでなく、複数の疾患を併発していることがほとんどです。そこで国内最多150品目を扱い、それらを1人で全領域制を導入して活動する第一三共MRであれば、そのような合併症を持つ患者に対し、選択肢を最大限に広げられ、患者をトータルケアできると考えます。さらに、このような強みを活かせれば、複数の診療科へのアプローチが可能となり、顧客窓口が1つになる、かつ、医師の幅広いニーズに応えて、患者の病態・病期に合わせた治療提案が可能となります。また、過去の担当者に支援依頼ができるサポート制度、Knowledge Managementによる成功事例の共有、そして、手挙げによるタイムマネジメント研修やロジカルシンキング研修など、MRとして日々成長し続けられる環境があると考えます。これらの充実した制度があるように、個人の力や成果をチームに還元する風土は、他社と一線を画す強みであり、自己成長の機会を多く獲得し、MRとして高い倫理観・専門性を高め続けられると考えたため、入社を志望します。 続きを読む

エントリーシート

21卒 本選考ES

MR
21卒 | 東京薬科大学 | 女性
Q. 学生時代(大学以降)に『最も(1番)』力を入れて取り組んだ内容と、その取り組み期間をご記入ください。 25文字以下
A. A. 部員不足で廃部寸前のサークルの危機を救えたこと

21卒 本選考ES

研究職
21卒 | 東北大学大学院 | 男性
Q. なぜ製薬会社の研究職を志望したのか (200字)
A. A. 私が製薬会社の研究職を志望する理由は自らの手で新薬を創出したいからです。大学3年時に叔父を悪性リンパ腫で亡くした際、彼の最期まで必死に闘病する姿を目の当たりにして、病に苦しむ世界中の人々を救うことができる画期的な新薬を創出したいという想いが非常に強くなりました。こ...

21卒 本選考ES

MR職
21卒 | 立命館大学大学院 | 男性
Q. 目標としたものとその理由(100文字)
A. A. 企業の課題を解決することで、自分自身が成長することを目標としました。その理由は、常に自信があると言える人間になりたいからです。そのためには、日々成長することが必要だと考えています。

18卒 本選考ES

研究職
18卒 | 北海道大学大学院 | 男性
Q. 英語で30秒程度自己紹介する場面を想定した自己紹介文をご記入ください。【※英語にて記入】 1000文字以下
A. A.
Hello. My name is Kyosuke Inui, a student of the Graduate School in Life Science of Hokkaido University. In undergraduate course, I mainly studied about autoimmune diseases. In master course, however, I changed my research subject to allergy. I was interested in making monoclonal antibody, so I decided to belong to the Department of Immunology, which could make monoclonal antibodies. Now, I can make monoclonal antibodies that bind to both secretory and membrane protein. I would like to make use of my skill to immunize laboratory animals, to make monoclonal antibodies and to analyze the function of those antibodies in vitro or in vivo. My hobby is airsoft, in which participants eliminate opponents by hitting each other with plastic pellets called BB-ballet launched via replica weapons called airsoft guns. Also, in airsoft, it is interesting that I play it with the people who are difficult for me to meet, police officers, the Japanese Army personnel, and so on. Thank you. 続きを読む

18卒 本選考ES

MR職
18卒 | 日本大学 | 男性
Q. 学生時代(大学以降)に『最も(1番)』力を入れて取り組んだ内容と、その取り組み期間をご記入ください。 内容 25文字以下
A. A.
ベトナム・ハノイでの長期インターンシップ 続きを読む

面接

  • 1次面接
  • 2次面接
  • 最終面接

21卒 1次面接

コーポレートスタッフ
21卒 | 慶應義塾大学 | 女性
Q. なぜ今の大学を志望し、今の専攻に進んだのか。 そのまま選考を活かした就職をせず当社を志望する理由は何か
A. A. 私は心理学系の専攻なので、面接官の方はカウンセラーの道を想像されたのだと思う。 そもそもの原体験として、友人が精神疾患にかかったことから心理学を志望し、数ある大学の中でも、心理に強い大学を選んだ。 大学で学ぶうちに心理は万能薬にはなれないこと、また、精神に関わ...

21卒 1次面接

開発職
21卒 | 岡山大学 | 女性
Q. コミュニケーション能力が強みのようですが、どのように形成されたのですか?
A. A. 人とのコミュニケーションが得意となった一番の出来事は、小学校の転校だと考えています。私は幼いころはどちらかというと人見知りをするおとなしい性格の子でした。しかし、小学生になって3回の転校を経験し、そのたびに一から人間関係を築きなおす必要がありました。この経験がきっ...

21卒 1次面接

研究職
21卒 | 京都大学大学院 | 女性
Q. なぜ現在所属している研究室を選んだのですか。
A. A. 私が現在所属している研究室を選んだ理由は大きく3つあります。まず1つ目は、基礎研究と応用研究の両方を行っている研究室であるからです。基礎研究によって科学を解き明かし、そこで得られた知見をどのように応用していくかを学ぶことができると考えました。2つ目は、産学連携にも...

19卒 1次面接

臨床開発職
19卒 | 名古屋市立大学 | 男性
Q. 研究テーマが○○ということですが、今後この分野の研究はどうなっていくと思いますか?
A. A.
私は、この研究は好きで、成功すればすごいことだと思いますが、日本におけるこの分野の研究は厳しいのではないかと考えています。その根拠として、アメリカと日本のこの分野の研究論文数が挙げられます。最近、ニュースでも取り上げられていましたが、日本とアメリカは同様に多額の研究費をこの分野の研究につぎ込んでいますが、日本はかなり出遅れています。そのため、現在はまだ研究費は継続されていますが、将来的により成長性のある分野への選択と集中が日本政府により行われるのではないかと考えています。製薬企業でもこの分野への投資を積極的に行っている企業が多くありますが、個人的にはあまり期待できないのではないかと思っています。 続きを読む

19卒 1次面接

MR職
19卒 | 日本大学 | 男性
Q. MRはどんな職業だと思うか。
A. A.
製薬会社において重要なのは、新薬開発力に加えて、普及力であると考える。例え良い薬が開発されたとしても、その薬が適切に患者に届けられなければ、効果を発揮することはない。MRは患者と最も近い立場である医師を訪問することで、今現場で求められている薬、情報を知ることが出来る。その際にMRが持つ、薬に関する豊富な知識の中から最善の提案し、治療の選択肢の幅を広げることで、患者が必要とする薬を迅速に届ける一助となり、患者へ生きる希望を与えられると考える。また、画期的な新薬を患者へ届けることが出来れば、患者は勿論のこと、今まで診療や治療に追われていた医師等の、医療従事者の負担を削減し、医療の効率化へと繋げることが出来るのではないかと考える。MRは今後も、医療現場の架け橋として重要だと考えている。 続きを読む

内定者のアドバイス

21卒 / 岡山大学 / 女性
職種: 開発職
1
内定をもらうために大事なことを教えて下さい。

まずは製薬企業における開発職の役割について、他職種(研究やMR)との違い、外資と内資の違いは最低限理解し、自分の言葉で説明できるようにしてください。インタ...

2
内定が出る人と出ない人の違いを教えてください。

自分の芯をしっかり持っていて、成長意欲があるところが評価されたため、内定をもらえたと考えている。選考過程のグループワークでリーダーシップを発揮していた部分...

3
内定したからこそわかる選考の注意点を教えてください。

インターンシップへの参加は非常に有利です。参加するには選考もあり、狭き門ではありますので、参加出来るだけでももちろん自信につながります。しかしそこで満足せ...

21卒 / 京都大学大学院 / 女性
職種: 研究職
1
内定をもらうために大事なことを教えて下さい。

書類選考の時点で研究概要がかなり重視されていると感じました。実際、私は研究内容を活かせそうという理由で希望していた部署とは異なる部署の選考を受けさせて頂き...

2
内定が出る人と出ない人の違いを教えてください。

第一関門は研究が好きか、研究力があるかどうかだと思います。ESや一次面接の段階では会社の志望動機を聞かれることはありませんでした。また説明会では人柄も重視...

3
内定したからこそわかる選考の注意点を教えてください。

大学での研究内容と入社後の業務内容のマッチングも大切なのではないかと感じました。研究職のインターンは実施されないので、会社説明会などで各職種の業務内容を理...

21卒 / 東北大学大学院 / 男性
職種: 研究職
1
内定をもらうために大事なことを教えて下さい。

まず、なぜ製薬会社を志望したのかは自分の中ではっきりとした回答を用意するべきだと思います。そのうえで他社との違いを意識し、第一三共でなければできないことを...

2
内定が出る人と出ない人の違いを教えてください。

第一三共に関しては研究に関して、得られた結果の考察を深くまでできているかや残された時間どのような研究を展開する予定なのかを明確に持っているかだと思います。...

3
内定したからこそわかる選考の注意点を教えてください。

最終面接の倍率は比較的高いと思います。すなわち、他社よりも最終面接で落選する方が多い印象を受けています。また、筆記試験があるのですがそちらの対策はしっかり...

19卒 / 名古屋市立大学 / 男性
職種: 臨床開発職
1
内定をもらうために大事なことを教えて下さい。

まず、インターンシップに参加することが近道であると感じる。内定者の多くはインターンシップ参加者であった。企業としても、学生をより長い期間見られるという面もあるが、学生としても様々な方とお話する機会や、会社を知られる機会であるため、より企業研究が深くなる。また、なぜ第一三共なのか?というところに関してはしっかりと答えられるようにしておかないと、内定は厳しいかもしれない。あとは熱意が大事だと思います。

続きを読む
2
内定が出る人と出ない人の違いを教えてください。

質問に対して、しっかりとした受け答えができるかどうかに尽きると思います。なぜそれをしたのか?どう考えたのかまで含めて、「しっかり」答えることができている人が選考を通過しているイメージがあります。あとは笑顔が大事だと思います。

続きを読む
3
内定したからこそわかる選考の注意点を教えてください。

インターンシップに参加していると、かなり選考は有利になるのではないかと感じる。また、筆記試験はかなり難しいので、注意が必要。TOEICの点数は必要ないが、英語の筆記試験で点数が取れないと落ちるかもしれない。

続きを読む
閉じる もっと見る

内定後入社を決めた理由

21卒 / 岡山大学 / 女性
職種: 開発職
1
内定後、入社を迷った企業を教えて下さい。

アステラス製薬株式会社

2
入社を決めた理由を教えてください。

第一志望であったこと、また、開発職で選考が残っていた企業は第一三共だけだったため入社を決めた。 選考で出会った社員の方々の人柄は、他社と比較しても非常に...

21卒 / 東北大学大学院 / 男性
職種: 研究職
1
内定後、入社を迷った企業を教えて下さい。

大日本住友製薬株式会社

2
入社を決めた理由を教えてください。

抗がん剤の研究を行いたいという軸で就職活動を行っていたため、がんの研究開発に携わる確率が比較的高いのではないかと判断したのが最大の理由です。また、勤務地が...

19卒 / 名古屋市立大学 / 男性
職種: 臨床開発職
1
内定後、入社を迷った企業を教えて下さい。

PwCアドバイザリー合同会社

2
入社を決めた理由を教えてください。

コンサルティング企業と比較して、第一三共に決めた理由としては、やはり「医療に携われる可能性」が圧倒的に高いため。自分は熱意によって動くタイプであり、コンサルティング企業に入社したとしても医療系のプロジェクトに携わりたいと考えていた。製薬企業に入社すれば、必ず医療に携わることができるので、第一三共に入社を決めた。また、社員の方がみんな熱い想いを持っていることをインターンシップなどで感じていたことも大きかった。

続きを読む
19卒 / 日本大学 / 男性
職種: MR職
1
内定後、入社を迷った企業を教えて下さい。

旭化成ファーマ株式会社

2
入社を決めた理由を教えてください。

国内最多の製品数と多領域性を敷く強みがある反面、膨大な製品知識が必要であること、自身がMRとして活動する上で必要なスキルを習得し、活躍できるかという不安があった。 内々定をいただいた旭化成ファーマ株式会社は、第一三共と比較すると、少数精鋭であり、領域が限られ、自身のリズムやペースを構築していきながら働けるのではないかと考えていたため、その点では悩むこともあった。しかし、患者様の笑顔のために学んできた知識を存分に活かし活躍するためにも、第一三共に入社し、大きな責任や期待に応え、日本No.1カンパニーとしての成長に貢献していきたいと考えた。

続きを読む
閉じる もっと見る