就活会議では、Internet Explorer11のサポートを終了いたします。今後はGoogle ChromeやMicrosoft Edgeをご利用ください。
横浜ゴム株式会社のロゴ写真

横浜ゴム株式会社

  • 3.3
  • 口コミ投稿数(396件)
  • ES・体験記(39件)

横浜ゴムの本選考対策・選考フロー

横浜ゴム株式会社の本選考のフローや志望動機、グループディスカッションの内容や内定者のアドバイス、入社を決めた理由の一部を公開しています。ぜひ、詳細ページにて全文を確認し、選考対策に役立ててください。

横浜ゴムの本選考

本選考体験記(7件)

21卒 最終面接

技術職
21卒 | 東京工業大学大学院 | 男性
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. A.
ゴム業界について、他社との比較をするようにした。特に、関東圏内にあるブリヂストンはタイヤ業界で世界1でもあるので、なぜ横浜ゴムなのかを説明できるようにしておいた。 そして、ゴムや樹脂という狭い範囲を扱うので、総合化学メーカーではなくてなぜこの業界なのかも研究した。 タイヤについてのイメージが強い会社かもしれないが、それ以外にも力を入れているので製品については知っておいた方が良いと思う。基本的に他の製品(ゴルフなど)も競合他社であるブリヂストンが扱っているので横浜ゴムとブリヂストンの違いを業務成績から考えるのは難しい。 会社も当然ブリヂストンを強く意識しているところがあるので、「人」の部分について述べることが重要であると思う。 続きを読む

20卒 内定辞退

技術職
20卒 | 九州大学大学院 | 男性
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. A.
タイヤ業界の中でも、なぜ横浜ゴムを志望したのかを自分のバックグラウンドを織り交ぜながら具体的に話す事が重要だと感じた。面接の中でも、同業他社がある中でなぜ横浜ゴムを志望したのかを聞かれた際に、しっかりと具体的に話せた方が評価が高いと感じた為。対策としては、学内や学外の企業説明会において、同業他社と比較して横浜ゴムが持つ強みや今後の事業展開など、積極的に多くの質問をしたり、OB訪問やインターンシップに参加する事を強くおすすめする。エントリーシートや面接対策等は、就活サイト (就活会議、ONE CAREER等)を参考にして、自分の書いたエントリーシートと比較して修正をしたり、面接の質問の傾向などを調べて対策を行った。 続きを読む

直近の本選考の選考フロー

志望動機

21卒 志望動機

職種: 技術職
21卒 | 東京工業大学大学院 | 男性
Q. 横浜ゴムを志望する理由を教えてください。
A. A.
私が志望した理由は、研究テーマに関連した業務を行なっていることとインターンシップを通じて「人」の部分に惹かれたからです。 業務の部分では、ゴム製品だけではなくブレンドポリマーを扱っていることから研究を活かせることができることを説明した。共同研究もしていたのでこのことについてはすでに知られていたと思う。実際に面接でも研究に関連しているから志望していることは前提で話が進んだ。 人の部分は、インターンシップに3週間参加したことからわかったとアピールした。実際に良い人ばかりであったのでここをもっと上手く説明できれば良かったと思う。 どちらかに重視するのではなく、両方をバランスよく説明する必要があると感じた。 続きを読む

20卒 志望動機

職種: 技術職
20卒 | 九州大学大学院 | 男性
Q. 横浜ゴムを志望する理由を教えてください。
A. A.
私には働く上で、3つの思いがあります。一つ目は、私は自分が携わって作った技術・製品を通じて、多くの人々や社会を豊かにする新たな価値を提供したいという思い。二つ目は、私が大学時代に培ってきた化学の知見や技術を直接生かしたい思い。三つ目は、グローバルな視点を持って働きたいという思い。貴社はタイヤ事業で培った技術力を多くの異なる事業に応用しており、多方面から世界中の人々の未来の生活を支えられると考え、私の思いを叶える素晴らしい環境が貴社にはあると考え志望しました。貴社の社員として、技術力を基礎としながらも、様々な人々と関わり、社会のニーズに応えた新たな価値の創造を通じて豊かな生活を実現していきたいです。 続きを読む

18卒 志望動機

技術職
18卒 | 山形大学大学院 | 男性
Q. 横浜ゴムを志望する理由を教えてください。
A. A.
環境・エネルギー問題に向けた自動車の開発に貢献したいと考え、貴社を志望しました。 中でも低燃費タイヤの開発は自動車の排出ガスやCO2削減に大きく寄与できると考えます。さらに、貴社はタイヤ事業から航空部品など幅広い事業領域で製品を生み出していることに加え、グローバルに事業を展開しており、自身の仕事を通して世界中の人々の豊かな生活を支えられる環境に魅力を感じています。 続きを読む

18卒 志望動機

総合職
18卒 | 同志社大学 | 男性
Q. 横浜ゴムを志望する理由を教えてください。
A. A.
私は、1番の趣味であるモータースポーツ、ドライブの経験からクルマにおけるタイヤの重要性を非常に感じています。また、私のアルバイトをしているガソリンスタンドでは貴社のタイヤ製品を取り扱っており、お客様に勧めるからには自分で試さなくていけないと思い、貴社のタイヤを数本購入しました。そこで貴社の製品に魅力を感じ志望しています。 続きを読む

18卒 志望動機

総合職
18卒 | 横浜国立大学 | 女性
Q. 横浜ゴムを志望する理由を教えてください。
A. A.
私は、海外を4か国訪れた経験から日本が世界に誇る高い技術力を実感し、それを武器に世界規模で働きたいと考えています。貴社はタイヤ事業で培った技術力を多くの異なる事業に応用しており、多方面から世界中の人々の未来の生活を支えられると考え、志望しました。貴社の社員として、技術力を基礎としながらも、自らの手と頭で更に魅力度を高めた製品をより多くのお客様に提供し、豊かな生活を実現していきたいです。 続きを読む

エントリーシート

22卒 本選考ES

技術職
22卒 | 非公開 | 非公開
Q. 志望動機
A. A. 私は、購入時に「すべての人が最初に貴社をイメージする」タイヤを作ることが目標です。タイヤは自動車部品の中で唯一地面に触れるものであり、乗り心地や安全性能を向上できる点に魅力を感じています。そのタイヤの開発を行う貴社は、世界規模でスポーツ・人・環境に高価値な製品の提...続きを読む(全200文字)

22卒 本選考ES

生産技術職
22卒 | 新潟大学大学院 | 男性
Q. 当社に入社したらやってみたいことを教えてください。
A. A. 水素充填用のホースの生産に携わりたいです。自分の研究が環境問題に関連するものであるため、以前水素エネルギーの製造・輸送に関する講義を受講した経験があります。その中で、今後水素エネルギーの利用が拡大し水素社会が構築され、エネルギー問題や環境問題の解決策となる可能性が...続きを読む(全364文字)

22卒 本選考ES

技術系総合職
22卒 | 金沢大学大学院 | 男性
Q. 横浜ゴムへの志望動機を教えてください。
A. A. 私は、新たな価値を創造することで、人の生活を支えたいと考えています。オンライン化が進む中でも、荷物を運ぶためには車は必要であり、それを支えるのはタイヤです。バイオマス材料や性能を可視化する評価技術といった新技術を積極的に取り入れる貴社であれば、タイヤの未来をリード...続きを読む(全198文字)

21卒 本選考ES

事務系総合職
21卒 | 早稲田大学 | 男性
Q. 横浜ゴムへの志望動機200字
A. A.
私は、様々な産業に関わり、足元から人々の暮らしを支えたいと考えています。趣味の自転車を通じて、タイヤによって安心してどのような道も進めることから、タイヤ業界に興味を持ちました。その中でも、貴社はあらゆる種類のタイヤを手掛けており、MB事業では自動車のみならず建設や航空など様々な産業に貢献していることから、ゴムで人々の暮らしを幅広く支えていることに魅力を感じ、志望しました。 続きを読む

21卒 本選考ES

技術系総合職
21卒 | 東京工業大学大学院 | 男性
Q. 横浜ゴムへの志望動機を教えてください。(200字以内)
A. A.
私は自らの研究を通して社会を豊かにする製品を生み出したいと考えています。貴社は海外も含めた様々な地域ごとに異なるタイヤへのニーズに応える高い技術力を持つと共に、タイヤ以外の事業でもその技術力を活かしたものづくりを行っています。そんな貴社で、私の強みである努力を継続する力や学生時代に得た知識を活かしてものづくりに携わることで新たな製品を生み出し、社会貢献をしたいと考え私は貴社を志望しました。 続きを読む

面接

  • 1次面接
  • 2次面接
  • 最終面接

21卒 1次面接

技術職
21卒 | 東京工業大学大学院 | 男性
Q. 自己PRに書かれていることを詳しく説明してください。
A. A.
私は笑顔でいる時間の方が多いことから周りの雰囲気を和やかにできます。私自身の経験から、会議など話し合いをする中で張り詰めた空気の中では良いアイデアも生まれにくいと考えています。そのため、私が中心となる会議などの話し合いの場では特に笑顔でいることで全員が話しやすい雰囲気にしています。そうすることで相手の緊張も解けて非常に議論が進みやすくなりアイデアも出やすい雰囲気になります。添付してある写真は会議の場などではなく私が趣味を楽しんでいる時の写真ですが、会議の場でもこれくらい自分自身が思い切り楽しんでいる時と同じような笑顔でいるように心がけています。もちろん、場の雰囲気に合わせることも大切であるので相手に合わせることも必要になってきますが、私が今後キャリアを重ねて話を進める立場になった時に「あの人とは話しやすい」と思われるような人になることで会社全体の空気も明るくしたいです。 続きを読む

20卒 1次面接

技術職
20卒 | 九州大学大学院 | 男性
Q. 学生時代に力を入れた事
A. A.
私は大学時代に○○部に力を入れて活動していました。副部長だった私は、「勝つ」意識づくりのための練習メニューを考案し、実行することにしました。しかし、部員の中にも「楽しむ」ことを重視する部員もおり全体に私の意見が反映されていないようで、練習にメリハリがありませんでした。そこで私は、部員一人一人の気持ちを尊重した上で「勝つ」ことの楽しさを味わってもらいたいと考え、簡単な実践練習を取り入れ、練習後にはミーティングを行い部員同士が意見を共有できる環境づくりに努めました。その結果、部内全体に一体感が生まれ、部内に「勝つ」意識を共有することができました。部員全員の日々の努力が実を結び、大会においては上位成績を残すことができました。 続きを読む

内定者のアドバイス

20卒 / 九州大学大学院 / 男性
職種: 技術職
1
内定をもらうために大事なことを教えて下さい。

他社がある中で、横浜ゴムに入社したい熱意を企業研究をして横浜ゴムならではの強み等を知り、伝える事が重要だと考える。その為にもインターンシップやOB訪問など実際に社員や会社の雰囲気を味わう事でより志望動機に深みができ、より説得力が増すと思う。またどんな質問に対しても、焦らず落ち着いて順序よく論理立った返答を意識する事も大切であると思うし、そうした方が面接官も話の内容を理解しやすく、また自ずと評価も高くなると考える。

続きを読む
2
内定が出る人と出ない人の違いを教えてください。

最終面接の時に、待合室に6人くらいの学生が待機しており話してみると全員明るく自分の意見をハキハキと答える人であった。その中でも、横浜ゴムに入社したい熱意と具体的に横浜ゴムで何がしたいのかを言える人が内定を貰えているのではないか。

続きを読む
3
内定したからこそわかる選考の注意点を教えてください。

最終面接が10分しかなく、意思表示程度のものと考えていたが、最終面接でも落ちる人が多数いることに注意すべきだと思う。10分の限られた時間の中で、横浜ゴムに入社したい熱意を今後のキャリアプランを具体的に示しながら伝えるといいと思った。

続きを読む
19卒 / 大阪大学 / 男性
職種: 総合職
1
内定をもらうために大事なことを教えて下さい。

日系メーカーらしく、とにかく人柄の良い企業であった。 しかし冬季インターンシップの面接でも述べた通り、「頭の回転が速い人」と「計数に強い人」を強く欲しているため、他メーカーとは若干選考基準が異なるように感じた。 そのため、業界研究や企業研究が不足していると序盤の選考で落とされる可能性も十分にある。 また上記の内容にも関連するが、インターンシップに参加しているか否かが、直接的にも間接的にも大きく内定に影響する。

続きを読む
2
内定が出る人と出ない人の違いを教えてください。

自分がこれまで経験してきた事柄・学習した内容について、それ自体で止まることなく、その内容を実生活・就職活動に応用することができているか。 これが内定の有無に大きく影響すると感じる。 実際、面接では「どういう経験・学びをもとに、この子はそういう考え方に至ったのか」という点が評価されているように感じた。

続きを読む
3
内定したからこそわかる選考の注意点を教えてください。

最終選考は10分という短い時間であるが、おそらく評価をされているということ。 この企業は採用枠が非常に少ない。 それにしては自分と共に最終面接へと臨む学生の数が多いと感じた。 そのため確証は持てないが、おそらく10分間の最終面接でも、内定に至らない学生がいると考えるのが自然だろう。

続きを読む
19卒 / 関西学院大学 / 男性
職種: 総合職
1
内定をもらうために大事なことを教えて下さい。

文系職は採用人数も少なく、インターネット上でも他の大手企業に比べ情報が少ないので、説明会や先輩社員がいる方は積極的に会いに行くべきたと思います。また同業他社の説明会なども非常に良い企業研究になると思います。面接では基本的なことに加え、何故横浜か?と複数回聞かれるので自分なりの答えを用意しておきましょう。(例・業界ポジション、所有しているブランド、社風) 海外で働ける機会も多いみたいなので、東京か海外で働きたい人は良いかもしれません。(文系職は東京本社勤務)

続きを読む
2
内定が出る人と出ない人の違いを教えてください。

内定が出る人は自分のことを理解していて、自信を持っている人が多いように感じる。自分がやってきたことに自信を持っている人や自分が進みたい道が明確な人は複数内定を得ている人が多いように感じた。また就活本などに踊らされず自分の頭で考えている人が多い。

続きを読む
3
内定したからこそわかる選考の注意点を教えてください。

エントリーシートが郵送な点に気をつけた方がいい。(また締切が3月下旬と早い点も注意) WEBテストの難易度は普通。基本的に面接二日後までには連絡が来る。個人的な推測では3日で連絡がこない学生はキープされている可能性がある。すぐ連絡が来る組は他の学生より早い時期に最終面接を行う。

続きを読む
閉じる もっと見る

内定後入社を決めた理由

19卒 / 関西学院大学 / 男性
職種: 総合職
1
内定後、入社を迷った企業を教えて下さい。

日立Astemo株式会社

2
入社を決めた理由を教えてください。

私が日立オートモーティブシステムズ株式会社(以下、日立AMS)ではなく横浜ゴムを選んだ理由はタイヤメーカーとして自動車業界全体に関わることが出来る点に魅力を感じたから。日立AMSはサプライヤー(部品供給会社)であるのに対して横浜ゴムはタイヤという最終製品により近い商材を扱っていることが魅力的だった。またADVANブランドを保有しモータースポーツなどにも積極的に事業展開している姿勢もとても魅力を感じた。

続きを読む

横浜ゴム株式会社の会社情報

基本データ
会社名 横浜ゴム株式会社
フリガナ ヨコハマゴム
設立日 1917年10月
資本金 389億0900万円
従業員数 27,621人
売上高 6708億0900万円
決算月 12月
代表者 山石 昌孝
本社所在地 〒105-0004 東京都港区新橋5丁目36番11号
平均年齢 41.0歳
平均給与 631万円
電話番号 03-5400-4500
URL https://www.y-yokohama.com/
NOKIZAL ID: 1130606

横浜ゴム株式会社の選考対策